カテゴリー「写真機材」の記事

写真機材関係のお話しです。

2019.05.11

ソニーα用リモコン RMT-P1BT 使っています。

ソニーα用リモコンRMT-P1BTを使っています。と言っても、GW開けでそれほど撮影がないので数回ですが。

19050800341

その中でこちらを紹介します。

講演会の撮影です。僕はあまりこの手の撮影をしていません。久しぶりでした。この時は想像以上に大きい会場で、持っていった望遠レンズソニーα 70-200/2.8 では短くてかなり焦りました。100-400が欲しいですね。それとテレコン。

ま、それは置いておいて。

短いので近くまで寄って撮ります。

この手の撮影では寄り引きを撮るのが鉄則。でも、カメラマンは僕一人。

会場を前に行ったり後ろに移動したりを繰り返して撮影します。ものぐさな僕は「新しいリモコンで三脚に付けたカメラを遠隔操作すれば良い」と思いつきました。

昔から良くある方法です。ワイヤレスでシャッターを切るためにいろいろなリモコンが存在しました。よく使っていたのはストロボの無線シンクロ。これをシャッターの端子に変換して無線で切れるようにしたものも持っています。

今回はソニーのリモコンを使ってみたのですが、上の写真が引きのカット。一番後に三脚据えたカメラです。24ミリでこのくらい。

僕は前に居ます。左側の赤丸の部分

19050800342

僕が写っていますね。

僕はここから演者のアップを狙い、引きのカットはリモコンで撮ります。

三脚に付けたカメラはソニーα7R3。今のところこのカメラしか使えないのがネックですが、この時はむしろよかった。理由は、、、

高画素なので、トリミングすれば壇上の人の正面カットとして使える。大きく使うカットとしては不足ですが、ほとんどの場合、それでも何とかなるレベルです。

もし、もっと寄りのカットが欲しいとなったら、そのカメラに標準レンズ、もしくは24-70を付けているので、ズーミングすれば良い。さすがにズームはリモコンでは出来ないですが。(対応のレンズがあればそれも可能になるらしい)

使ってみて不便だなと思ったのは、撮ったときのフィードバックがないこと。リモコンを押しているけど、実際に撮れているかどうか?は分かりません。カメラのところに行って見て、再生して、撮れていることを確認出来ます。

便利なところは、AFが効くので顔認識にしておけばその人にピントを合わせられる。が、これも目的の人の顔面に持って行かれることがあるので、要注意ですが。でも、回避方法は簡単。AFエリアを目的の人だけをカバーするようにすれば大丈夫です。

高いリモコンですが、まあ、持っていても良いかもね。

 

| | コメント (0)

2019.04.30

ソニーα用リモコンRMT-P1BT

新発売のソニーα用リモコンRMT-P1BTが届きました。

ネット上ではいくつかリポートが上がっていますが、どれもプロ向けとは言いがたいので、自分で書くことにしました。

Img_9904

まず、僕が使っているのはこのRMT-P1BTで4個目のリモコンとなります。

写真の左から順番に買ってます。

 

一番左が最初に買ったものでとにかく安いもの、という基準で買いました。

左から2番目がインターバルシャッターを切るために買ったもの。この二つがROWAのリモコンです。

Img_9906

3番目が現在最も使っている赤外線リモコン。これもアマゾンで買いました。値段が500円程度と安かったので試しに買ってみたところ、十分使えるので今でも便利に使っています。

 

右端が今回の新製品RMT-P1BTです。

Img_9905

大きさは上から見るとこういう感じですが、横から見ると厚みがあります。3番目の赤外線リモコンはカードタイプ。

Img_9908

新しいリモコンRMT-P1BTの使い勝手はブルートゥースなので今までの赤外線リモコンやワイヤードリモコンと違って非常に便利です。赤外線リモコンだとカメラ前面にある赤外線受光部に向けてスイッチを押さないとシャッターが切れません。ブルートゥース式だとそんな事もなく、極端に言って隣の部屋からもシャッターが切れます。

これはインテリアの撮影など便利に使えるでしょう。

 

で、実際の使い勝手ですが、、、

 

ここで問題があります。

 

リモコンの問題ではなく、カメラのAF問題ですが。

 

ソニーαに限った話ではないのですがAFとシャッターの関係性が問題になります。

ソニーαの設定ですが、AF-SAF-Cの二つのシーンでそれぞれ設定が出来ます。確か初期設定ではバランス重視になっていたかと記憶しています。

Img_9912

フォーカス優先

AFで合焦してからシャッターが切れる。合焦しないとシャッターが切れない。

レリーズ優先

AFでの合焦は関係なくシャッターが切れる。とにかくシャッターチャンスを優先したい時に使う。

バランス重視 上の二つの中間設定。AFでチャレンジするが、何回かチャレンジしても合焦しない時はシャッターが切れます。

 

以上の違いです。

Img_9913

この設定はリモコン使用時にも反映されています。

つまり、リモコンからシャッターを切った時、場合によってはシャッターが切れないことや、ピンボケ写真が出来ることもある、ということです。

 

手持ち撮影ならそういう事態になった時の対処をすぐにすれば良いのですが、リモコンだと対応出来ないこともあるでしょう。例えば、高いところにカメラを設置して撮影するとか。わざわざセットしたのにリモコンからシャッターが切れない、、、ということもあり得ます。

 

そこで僕が考えた設定です。

Img_9914

RMT-P1BTには二つのカスタムボタンがあります。C1AFオンボタンです。これにカスタム設定が出来ます。が、このボタンはカメラ本体のボタンと同じ設定になります。

つまり、今、手持ち撮影でC1にカスタム設定をしていて、それを多用しているなら、リモコンのためにその設定を変更することになるので、それは現実的ではないだろうと思います。

 

僕の場合、AFオンボタンはAFONで使っていますがC1ボタンはそれほど使っていません。で、その帰りC1ボタンにカスタム設定を割り当てました。「再押しAF/MFコントロール」です。

 

この設定をすると、MFになるので、例えピンボケだろうがシャッターが切れます。

 

でも、ピンボケでは意味がない、、、

 

そこでRMT-P1BTにはピントをマニュアルで動かせる機能が付いています。

シャッターボタンの上の+-がピント位置を変えることが出来るボタンです。

AFでピントが合わなかったらC1ボタンを押してMFにして+ボタンで手動でピントを合わせ、シャッターが切れば良いのです。

 

文字だと分かりにくいので動画にしました。以下をご覧いただきたい。

注意:このサイトから見ると右が切れます。上のリンクから直接YouTubeで見て下さい。

 

いかがでしょうか?

 

結構面白くなりますよね。

 

僕は物撮りが多いので、三脚に付けていてもリモコンでシャッターを切りたい。なぜなら、後で合成する時に手でシャッターを押すと微妙にカメラが動いていて、それを合わせる手間が発生するからです。このリモコンを使えばカメラは全く動かず正確にシャッターが切れます。ピント合わせもマニュアルで正確に出来ます。

 

更にこのリモコン、iPadProなどでソニーαのアプリで無線接続した時でも同時使用出来ます。これは地味に便利。もちろん、ピントチェックはiPadProから出来ますし。

 

と言うことで、ちょっとプロ向けなRMT-P1BTのリポートでした。

 

 

 

| | コメント (0)

2019.04.24

GODOX AD200 は Profoto B2の夢を見るか?

この商品が出たときから気になっていて、先日の外ロケの時にProfoto B2と同時使用する時、あったら良いなと思ったので買いました。

 

値段が安いので、それなりの作りです。

Img_9889 内容物はこれだけ。

丸形ヘッドのAD200を一回り大きくするとProfotoのヘッドに合う、と言う発想から出来た商品です。

Img_9890丸形ヘッドをこれに入れてもう一方をはめれば出来上がり。

Img_9892 Img_9891

結構無理矢理な感じですが、、、まあ、使えます。

Img_9888 チューブタイプのヘッドを入れることも可能。その際は反射板が付いています。たぶん、こういう使い方の方が光が散光になります。このままと言うよりも、ボックスライトに入れる時の話ですが。

Img_9893 ネジが切ってあるので、そこに丸形ヘッドに付いているダボを入れればスタンドに着くようになります。

Img_9894 Img_9898

傘もその穴を利用。ボックスライトはアマゾンで売っている3000円くらいのこれもGODOX のボックスライトを流用したProfoto用に付くようにしたものがそのまま使えるようになります。

僕がやりたかったのはこういうこと。Profoto B2を使っていて、どうしても離れたところにもう1灯使いたいというシーンは良くあります。その時にProfotoをもう1個持っていくのは難しい。そもそも、ロケ用のバッテリータイプはB2しか持っていないし。

Img_9897 Img_9899

ボックスの方は僕がアマゾンで買ったリングを改造しています。Profotoのオカマはこんな感じで使えます。

泣けることにちゃんとメモリも付いている。スゴいな。

Img_9900

ProfotoとGODOXの違いはスタンドに着ける部分です。ここの強度が全然違う。

Profoto B2はヘッド部分に傘を差す穴があるので、それも便利。GODOXはクランプ部分に傘用の穴が付いていて、強度的には全然ダメです。が、この部分は自分で他のパーツを使うことも出来るでしょう。コメットあたりのパーツが流用出来るかも。

Img_9901

左がProfoto、右がAD200。まあ、よくもこういう商品を出せるな、と感心します。悪い意味で。

Img_9902

左がAD200,右がProfoto B2。パワーが違うのでジェネレーター部分の大きさが倍以上違っています。

ネット上ではもうGODOXで十分という意見はよく見ますが、実際にProfotoと比較すると、ある意味十分ですが、実際に使うと長期使用は難しいと感じます。耐久性もたぶん違うでしょうし、それ以前に普通に使う時でも使い勝手が落ちます。Profotoはさすがによく出来ている。

まあ、値段の差がありすぎですが。

本来ならProfotoは新しいB10と比較するべきですが、B10はバックオーダーを抱えているくらい売れているようで、すぐ欲しいという人には難しいでしょう。こういうところがProfotoがビジネスチャンスを逃しているところなんですよね。A1もソニー対応モデルが出ないとか。

Profoto B2はこのところ使う機会はめっきり減りましたが、先日の外ロケのようにちょっとハードな想定だとやっぱりProfoto、となります。丸一日使っても全然平気だし。

 

| | コメント (0)

2019.04.18

取材用ストロボはこんな感じ

僕の仕事で取材系の仕事は数としては最も多い仕事かもしれません。

本日もそういうお仕事。

そんな取材系で最近使っているストロボセットがこんな感じです。

_dsc0917

ここには何度か書いているカーボンスタンドにGODOX AD200というストロボ、それに透過型の傘。

たぶん、これでほとんどの人物系取材ものは撮っています。

カーボンスタンドは軽くて良いのですが、その分、ストロボをセットすると重心が上に行くので転倒しやすくなります。いろいろ考え、試行錯誤して今はAD200の本体部をここに下げています。

_dsc0870

タイラップで丸いキーリングをスタンドに直で止めています。そこにAD200のソフトケースに付けたカラビナでぶら下げるというやり方。

現場でのセッティングが早く、しかも、重心が下がるので安定感もあります。

透過型の傘は折りたたみ式なので、上の写真のようにたたんだ状態だと邪魔にならずに置くことが出来ます。この状態で片手で移動も楽。これ一灯でもたいていは大丈夫です。が、僕は2灯持っていきます。2灯ないとライティングの自由度が全くありませんから。

| | コメント (0)

2019.04.17

アマゾンの背景はどうだったか?

本日、朝から某メーカーさんへ撮影。

昨日アマゾンから届いた背景を使いました。

190417_0239

使っていないバックペーパーの芯に巻いて放っておいたらご覧のようにしわは目立たなくなりました。

この背景はテーブルクロスのようなナイロンベースの生地にシルクスクリーンのようなプリントをしたものです。

プリントの質がそれほどよくないので、クローズアップではその粗さが写ってしまいます。これの幅いっぱいの引きで撮るくらいなら問題ない。数回使えれば御の字でしょう。

 

 

今日は別の背景が届きました。

 

これについてはまた時間が出来たときに。

| | コメント (0)

2019.04.16

アマゾンで背景を買う

アマゾンで背景を買ってみました。

 

 

届いたらしわだらけ。

と、コメント欄にはそう書いてあったので、驚きません。シートをたたんで出荷しているので、そりゃしわにもなります。

Img_7104

スチームを当てて、しわを取っています。

これは裏面で、表面はもっとキレイな色になっています。

この後、丸筒に巻いて、しばし置いておきます。

買値2000円ですから、こんなもんでしょ。明日のロケに使う予定。

| | コメント (0)

2019.03.22

シンクタンクのキャリーバッグ

なんかこのブログのシステムであるニフティの仕様が変わって、使いにくい。
ということで、相変わらず忙しい毎日を送っております。
このところ入っている仕事がマンションの内観の撮影。ちょっと特殊で、普通の撮影と言えば普通、新築物件としてはちょっと変わっている感じの撮影です。
Img_1400_1
で、活躍中なのがこのキャリーバッグ。
去年買ったシンクタンクのキャリーバッグですが、取材系の仕事はもちろん建築の内観撮影などもこれでいってます。
これの特徴は少し長めの作りなのでスタンド、三脚など本来はカメラバッグに入らないようなモノも一緒に入れられるという点です。さすがに長いものはダメですが。この撮影で持って行っているのはジッツオのカーボン。

GT2540

センターポールを外せばバッグに入ります。バッグ1つだと電車移動のロケも楽だし危険性もないです。
今日もこれから中央線方面に行きますが、クルマで行こうかと思ったのですけど、中央快速電車行く予定。
効率的に仕事をしていきます。

| | コメント (0)

2019.03.13

Phase One IQ4 150MP がスタジオに

Img_9885_1

先日発表されたばかりのPhase One IQ4 150MPがスタジオに来ました。

買ったわけではなく、ご厚意で見せていただいただけなんですが、、、

1億5千万画素というワンショットでは現在最高のカメラです。

このカメラで簡単に撮った画像ですが。

20190313_194210

しょうもないモノしかなくて、、、

ちょうど撮影台があったので、その上に小物を置いて撮っただけです。ライトも前の撮影のまま。

カメラはXFを使っています。レンズはマクロの120ミリAF

適当なので寄っていませんが。

これを100%拡大してみます。

20190313_194334

比較として右が僕が使っているIQ280の8000万画素です。

1億5千万と8000万画素で、ほぼ2倍の違いなのですが、このくらい違うと100%拡大したときの大きさでここまで違っています。この違いでほぼ緻密さも違いが出てきます。

これのすごいところは実はビューカメラに付けたときに顕著です。


1303130535

ジナーPという4×5のCameraにPhase Oneを付けて、レンズはローデンシュトックの35mmを使っています。僕が持っている大判用レンズの最広角となります。35換算で言うと18ミリくらいだったかな。

これも先ほどと同じ背景で簡単に撮った画像なのですが、撮った画像をそのまま現像してこの画像です。そのままと言うことはLCCを掛けていません。

LCCはレンズキャストキャリブレーションの略で、広角レンズを使ったとき、色むらが激しく出るのです。現像時にその色むらを除去する作業がバックタイプの場合は必須となります。

まったくそれをやっていないでこの画像です。
周辺が落ちているのは商品台のライティングがそこまで均一でないからです。

恐ろしいくらい、というか、普通に撮れることに驚きました。

バックタイプは普通に撮れないんです。小さいカメラと違って。ちゃんと写真として使えるような画像にするにはよほどの技術が必要な世界です。

その職人的なバックタイプの世界に、いよいよEasyなカメラが出てき始めました。

昔を知らない人にはなにを大げさに言ってるんだろう?と思うでしょうけど、そんな感じです。

テザー撮影もいろいろな方法で出来るのでそれもテストしました。

USB-C接続が最も速い転送をします。これは当たり前。

Img_9886

無線LANアクセスポイントを使って、Wi-Fi転送も可能です。

デモのために現在最も速いルーターを持ってきてもらいました。それで繋いだときのRAWデータ転送は20秒くらいかかります。1枚あたり。200MBのRAWデータなので、そのくらい掛かるのは仕方ない。

その他、LANケーブルを直接バックに繋いでの転送もテストしました。

こちらはそこそこのスピード。

どちらでもライブビュー画像が出ます。無線の場合、若干のタイムラグがありますが、僕の使っているIQ280よりは全然速い。

転送に関しても、カメラ内のカード記録にしても、ストレスは感じません。理由は内部メモリがデカいので、ほとんどの場合、連写してもバッファに収まるから。シャッターが切れないと言うことはよほどでないとありません。

XQDカードにRAWデータを書き込みますが、ダブルスロットでSDカードにも書き込めます。が、SDカード単独使用が出来ない。これが想定外です。XQDカードは普及しているとは言いがたいのでSDカードが使えれば便利かと思っていましたが、あくまでもメインがXQDカードで、SDカードは予備的な位置づけ。メインには出来ない仕様です。

1億5千万という途方もない画像が撮れるカメラですが、扱いとしては今までは最も扱いやすいカメラになっています。と言ってもプロ用なのは変わりないことですが。

レンズ、ボディ付きで560万円くらい?

まあ、よほどでないと買えませんね。

| | コメント (0)

2019.03.08

バーでの撮影

190308_0492
忙しい毎日が続いています。

こんなに忙しいのに、会社の通帳を見るとそれほど余裕があるわけではない、、、なんなんだろう??忙しさと比例していない。

効率が悪いと言うことなんでしょうね。

と言う話は止めて、今日の撮影から。

朝からホテルのバーで撮影でした。

地下のバーなので窓もなく電球がぽつぽつあるだけで暗い。。。。その中で取材系の撮影でした。この手の撮影は対象の右向き左向きを押さえるのが基本。カメラマンは動き回らないとそれが撮影出来ません。

地明かりだけでは暗いし、顔に影が出来るので、ストロボを使います。使用ストロボは相変わらずのAD200。最近はこればかりですが。
丸形ヘッドに別売りのバーンドアを付けて天バンで撮影しました。バーンドアを付けたのは余分な光が被写体に直撃しないように。ヘッドには更にこれも別売りですが、タングステンの色温度になるようなフィルターを付けています。
バーンドアとフィルターは磁石式のアタッチメントになっているので現場ですぐに付けられます。

このシステムはホントに便利。最初にこのシステムを作ったのはProfotoですが、、、GODOXも同じシステムになっています。先のCP+でもGODOXから丸形ヘッドのクリップオンストロボが出らしいので、完全にProfotoを模倣している感じです。それが発売されたら僕も買うでしょう。Profotoも特許なり取っておかなかったのでしょうか?みすみす他社に同じようなシステムを作られて、しかもそっちの方が安いとなると、市場での勝ち目はなくなります。

そもそもProfotoのA1がソニーα対応しないのがミスだとは思いますが。

どんどん良いものをジャストタイムで使っていかないと、プロカメラマンとしても置いて行かれます。ソニーαに切り替えたカメラマンはある意味、それに長けた人たちです。

時代の波に乗る。

そうしていかないと生き残れません。

| | コメント (0)

2019.02.10

GODOX AD200で花を撮る

123
再び咲いたユリを撮りました。

最初はグリッドを付けたコメットかProPhotoで光を当てようかと思っていたのですが、どうしてもスポットの半径が大きくなるので、AD200にスヌートを付けてやってみました。

Img_9876

モデリングランプがあるので、自分の目で見ながらギリギリ光の当たるところ、当たらないところを見極められます。


Img_9873

センチュリーで吊って、上から一発だけ。

ヘッドコードが短いので、本体もブームに付けましたが。

さて、カメラとのシンクロが問題でした。

カメラはPhase One XF。ホットシューが付いているので、GODOXのトランスミッターを付ければシンクロするかと思いきや・・・ソニーα専用のマウントなので、シンクロしませんでした。


Img_9874
AD200のシンクロターミナルにProfotoのトランスミッターを付けます。Profotoのトランスミッターは受信機にもなるので、Phase OneXFならそのままシンクロします。

Img_9871

フォーカススタックはPhase OneXFだと割に簡単に自動撮影出来ます。

C1を繋いでますが、カメラ単体で撮影可能。

XFは高いですが、スゴいカメラです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧