カテゴリー「写真機材」の記事

写真機材関係のお話しです。

2018.11.09

取材系の撮影はカーボンで決まり!

取材系の撮影が多いというお話しは書きましたが、そのための機材を充実させています。

カーボン製スタンドは結局、もう一本買い足して2本になりました。更に今週、カーボン製の小型三脚、ビ・フリーをヤフオクで買って、これで取材系の撮影用としては完成。

すべてキャリーバッグの中に収納出来ます。
Img_9855

三脚やスタンドが外に出ていると危ないですからね。東京の電車移動のロケだと、他人を傷つけてしまうアクシデントが怖いです。そんな事でトラブルになりたくないし、そもそも、金属製のスタンド、三脚をノーガードで満員電車に持ち込むのって、誰が考えても危ないですよね。
Img_9850

今回のマンフロットの三脚を買う前はジッツォの小型三脚を使っていました。これだとバッグには入らないので、側面に取り付けていました。


ビフリーはこのサイズとしてはまあまあだと思うのですが、雲台がショボい。

アルカ規格の雲台じゃないし、、、、

で、それを今使っている雲台に交換しました。

Img_9852
この雲台もアマゾンで安いのを買ったので、よくないですが、純正の雲台よりはマシ。

取材系の撮影の場合、必ずしも三脚を使うわけじゃないと言うことが多いのです。でも、万が一、室内で長時間露光するしかないとなったら、、、感度を上げて手持ちで行くという方法もよくやるのですが、決して良いわけでもなく。

ガクガクの三脚でも無いよりはマシです。

取りあえずはこんな感じで使って見ます。

| | コメント (1)

2018.11.01

ソニー FE 24mm F1.4 GM

DS705173
あんまり機材の話ばかりしたくないのですが、、、

他に話題もないし、、、

先日届いた新しいレンズを、初めて仕事で使って見ました。

ナカナカです。

仕事では人物撮影で使ったのですが、当然、その写真は出せないので、帰りに六本木ヒルズのマックから撮ったカットを。

フリッカーの方にはフルサイズの画像を載せています。ソニーα7R3なので大きいですが。

ソニーのことだから、てっきり歪み補正をカメラ内でやっていると思ったのですが、純正以外の現像ソフトで見た限りは歪んでいません。もう少しじっくり見ないと判断出来ませんが。

かなりよく出来たレンズのようです。

24ミリの明るいレンズはキヤノンのFDの時代に持っていました。同じく1.4のレンズで、当時はよく使ったものです。フィルム時代ですよね。

そこから数十年ぶりに買った24の1.4。

やっぱり、この焦点距離で1.4は使えます。しかも、ソニーαなら開放からピントバッチリ。

このレンズとBatisの25ミリのどっちか?迷いましたが、今ならソニー純正の方が使いやすいと思います。Batis 85mmを使っていますが、スイッチでマニュアルフォーカスに出来ないのが難点。フォーカスリングの動きもリニアじゃないし。AFで使う分には良いのですが、、、小型軽量で、今でもよく使うレンズです。

この24ミリも小型軽量。

こういう良いレンズを今後も期待します。

| | コメント (0)

2018.10.11

カメラリュックを購入

Img_6926
銀一にキャリーバッグを見に行ったのですが、そこで見つけたリュックを買ってしまいました。

展示品で半額だったので、、、安値に弱い、、、、

これ、カメラ用のリュックではありません。正式には望遠レンズ用らしい。

でも、開くとこんな感じで、、、

Img_6927

これだったら普通にカメラ用として使えると思って。厚みがあるのでソニーαなら縦で入ります。

バッグサイドに三脚、スタンドも付けられるので、軽い取材ならコレで行けそうです。


| | コメント (0)

2018.10.09

Nissin ニッシンデジタル スーパーライトスタンド LS-50C

Img_6918
久しぶりにスタンドを買いました。

Nissin ニッシンデジタル スーパーライトスタンド LS-50C

以前から欲しいと思っていたのですが、なにせ高い。

1万4千円はこのクラスのスタンドとしてはほぼ2倍の価格じゃないかと思います。

これの特徴はカーボン製だということ。

それに寄ってかなり軽いです。たたんだ時のサイズも細い。持った瞬間、軽い!って驚きます。

これが発売になった当初は、足の3本あるうちの1本が調整式になっていて、そのネジを緩めないと足の開閉が出来ないという仕様でした。これがとんでもなく使いにくい。

カメラマンでこの手の軽いスタンドを求める人は、移動が多い人です。

移動して撮影して、、、みたいな繰り返しを日々やっています。

だからネジ一本緩めるのもストレスを感じるようなものは使えないのです。

初期型からこの足の件が気になっていて、どうしても買えませんでした。メーカーの人もこの件はとうにご存じのポイントでしたから、、、そのうち対策された改良品が出ると思っていたので。

このところ電車移動のロケが多くなっていて、少しでも軽くしたいと思っていたところ、来週からアメリカ取材に行くことにもなってしまい、このスタンドを買うことにしました。

まさか改良されているとは知らず、アマゾンから届いたスタンドを開いてみてびっくり。ちゃんとネジ部分が改良されていました。

だから最初からこうしておけば良いのに、、、と満足。

このカーボン製のスタンドはニッシンデジタル以外からも最近は出てきています。

こっちの方が安いので、僕ももう一本買う時はこちらにします。

その他、中国系の三脚メーカーからも出てますね。

| | コメント (0)

2018.09.16

EOS RマウントはEFマウントと同じ?

そういえばもう一つ確認したいことがありました。

前にも書いたようにマウントのことです。

新しいRマウントは今までのEFマウントと径が同じです。

これについてはいろいろな憶測が飛び交っていますが。

ユーザーとして気になるのは、、、、

レンズを間違えて入れたらどうなるか?

ですよね。

これもやって見ました。

少しは入ります。が、回転はできませんし、入ったと言ってもほんの少しです。爪の角度を変えているのでまっすぐには入らず、入ったとしても斜めになる感じ。

さて、これで何が分かるかというと、、、、

間違えて入れたとしても、レンズ側、ボディ側、どちらもダメージを受けないということ。

CanonはEOS EF-Sレンズを出したときもそうですが、間違って入れようとしても、大丈夫な設計を頑なにしています。当たり前のことですが、、、

今日もプロサービス用の部屋でじっくりと試しましたが、その点はトラブルの元になるようなことはないと判断できました。

というか、同じテーブルの上にRマウントとEFマウントがゴロゴロ有るので、Canonのデザインもほぼ同じだし、誰でも間違えて入れてしまう状況でした。

それでも大丈夫なのです。

前に書いたようにCanonRマウントはフランジバックがでかいのですが、その点も有利に働いています。マウントよりも奥にセンサーがあれば、万が一の時でもセンサーまで届く可能性が少ない。

この点、ニコンZマウント、ソニーEマウントはどうでしょうか?リスクという面では高いと言わざるを得ません。

マウントを大きくする、またはフランジバックを小さくする、ぱっと見には先進的で、ミラーありの一眼レフとは時代が変わった感じがしますが、話はそう簡単にはいかないでしょう。

使ってみて、ゴミがつくとか、傷がつくとか、いろいろな問題がはっせいしてくるでしょう。評価は数年かかるでしょうね。

| | コメント (0)

キヤノン EOS R 体験イベントでEOS RをiPadにつなぐ

キヤノン EOS R 体験イベントに行ってきました。

6f1963222f064e2fb577e54d8f0c53db

写真は頂き物。

最近はステッカーが流行りなんですかね?

ストラップはCPS会員のみみたいです。一般の人にはありませんのでご注意ください。

確認したかったのは2点。

まずはAFポイントの移動について。

これは結果的にいうと惨敗。残念な結果でした。

前にも書いたようにここが気になっています。僕としては。

理由は、、、、

どんなカメラでもそうですが、どんなに優秀なAFを搭載していても、撮る人の意思は伝わらない。瞳AFはモデルの瞳にAFポイントが自動的に行くという事で、かなり理想に近づきましたが、それは人を撮る条件だから。モデルが持っている商品にピントを合わせたいときはどうしますか?というのが、プロならではの特殊状況なのです。

ソニーαが出て、誰でもモデル撮影でピントを外すことがなくなった、といっても、それで全ては解決にならない。

瞳AFに設定していたけど、瞬時に手に持っている商品にピントを合わせるにはどうするのか?

僕が使っているαではそれができるようにカスタマイズしています。

同じようにEOS Rでも可能なのか?

残念ながら今日のところはダメでした。設定でそれが可能かどうかが追いきれませんでした。ただし、今後はどうなるかわかりません。担当者の知識不足ということもあり得ます。

根本的にダメだと思うところは、、、そもそも、AFポイントの移動がやりにくい。これは前回指摘した通り。他の解決方法が有るかな?と確認しに行ったのですが、やっぱり解決にはなっていません。
ツイッターで、タッチパッドの挙動について質問もありましたが、タッチパッドでの移動がファインダーを覗きながらタッチパッドを右手親指で任意のポイントに動かすのは至難の技です。背面液晶を見ながらの撮影なら大丈夫ですが。

もう一点はiPadなどと接続した時の挙動。

Canonの「camera connect」というアプリが出ていて、Rと繋がります。

実際にやってみていただきました。

これが結構いい感じです。

繋がるのも簡単だし、繋がった後の使い勝手も良い。ライブビューの動きもまあまあ。ライブビューでのピント拡大もまあまあのレベル。
最大の改善点はEye-Fiカードと同じで、カメラから一方的に自動転送される点。Canonの人の説明ではEOS M以降、新しくなったということでした。道理で知らなかった。。。

何度も書いていますが、iPadからカメラに見に行くタイプでは使いにくいのです。Eye-Fiのようにカメラから自動的に転送してくれるタイプの方がプロの現場では使いやすい。

Canonはさすがに分かっている。

設定によってRAWも転送可能。もちろんJPEGのみも可能。転送も見た印象ではかなり速いです。

Rで僕が今までで一番惹かれたポイントでした。

CanonからはDPPのiPad版も出る予定です。

予想ですが、たぶんこれとのコネクトするようになるはずです。そうなると、もうPCレスという未来はそこまで来ています。

ソニーのiPad転送はこれに比べると、、、頑張ってバージョンアップしていって欲しいですね。
追記:ソニーのiPadとのコネクトも同様に撮影したら自動転送されます。が、ソニーの使いにくい点は接続のところと、接続中にカメラ本体をいじると接続が切れてしまう点。例えば、本体液晶で再生、拡大してピントチェックすると接続が切れます。これはもう決定的にダメなとこ。たぶん、再生はiPadでやる、ということなのでしょうが、100%拡大してのピントチェックはできません。シビアなチェックがiPadで出来ない以上、カメラ本体でやるしかない。でも、接続が切れます、、、、、というジレンマ。

| | コメント (0)

モデル撮影でMacBookProとテザー撮影

Img_6896edit
今さらですが、先月の撮影でのお話し。

モデル撮影をしたというスレッドです。


もうこの仕事も納品済みなので、その当時の写真を出しても良いかなと。

肝心なところはぼかしますが。

上の写真はテザー撮影中のMacBookProです。外部モニターはイイヤマの27インチディスプレイ。これは僕がいつも自分のスタジオで使っているモニターでそのままロケの時にも持ち出しています。

広告系の撮影ではどうしてもスタッフの数が多くなるので、何人もの人が撮影画像を確認にモニターの周りに集まります。

モニターは僕にとっても仕事場なので、出来れば余計な人がいない方が好きです。が、そうも言っていられないので、、、で、MacBookProの15inchモニターだと、小さいので、よく見えないから余計にモニターに集中してしまいます。

だから、外部モニターは必要。27インチディスプレイ以上が理想です。

これだと2m位離れていても何となく分かります。出来れば30インチ以上あると良いと思いますが、それだと今度は持っていくのが大変になってしまうので。落としどころとしては27インチディスプレイ。

もう一つ、上の写真で見ていただきたいのは、テザー撮影で使っているアプリケーション。

これはもうCapture oneの一択なのですが、最近の僕はそうじゃありません。

よ〜く見ていただくと分かりますが、、、

ソニーのRemoteを使っています。

Remoteでソニーαをテザー撮影して、特定のフォルダに撮影画像を保存して、C1でそのフォルダを監視するという流れにしています。

この方法はもう昔からある方法で、、、、今さら感はあります。

が、なぜ、僕がこのやり方に戻ったか?

それは追々書きます。

Img_6897

写真はカメラ側。

MacBookProとはUSBコードで接続しています。

僕の場合、コードは3本繋いでいます。

まず、カメラ側。
ソニーα9なのでUSBマイクロB
そこからUSBタイプA。銀一で売っている5mの延長ケーブルを使って、タイプAをUSBタイプCへ変換してMacBookProに繋いでいます。

3本継ぎと言うことで若干の不安は残りますが、、、、

逆のメリットもあるかなと・

というのは、前述のようにスタッフが多いので、ケーブル周りに動く人が多くて、万が一、ケーブルに足を引っかけることも良くあることです。

その時、ハズレにくいようになっていると、カメラを倒すとか、パソコンがテーブルから落ちるとか、かなり致命的なトラブルになる可能性があります。

3本継ぎだと、継ぎ手からハズレることで衝撃を逃がすことも可能です。あくまでも可能性の話ですが。

撮影は何が起こるか分かりません。でも、プロである以上、何が起きても最小限のデータ確保はするべきです。

それは幾重ものデータbackup、そして、こういうコードの繋ぎ方の工夫など、万が一を考えたやり方に表れます。

| | コメント (4)

2018.09.12

リュックでロケへ モンベル mont-bell フォトウォーカーパック 25

Img_6909
このところ取材系の撮影が多いです。

たいていはクルマで行くのですが、都内だと駐車場代がバカにならない。ま、それは請求するとして、僕の場合、ガソリン代は請求していません。(東京都内の場合)

自費負担での移動になると言えばそうなのですが、楽だし、待ち時間の居場所としても助かりますから。

ただ、他のスタッフが電車移動ですし、それをどう整合性取るか?ということや、そもそも、取材系の撮影はギャラが安いのです。
駐車場代や、高速道路料金など、もしくは、ちょっと離れたところだとガソリン代も請求するので、安いギャラなのに交通費だけが突出してしまうことになって、経理から言われかねません。
また、中には交通費込みという仕事もあるらしいし。

掛かった経費なので当然と言えば当然なのですが、、、

いろいろな事情から車移動ではないカメラマンが多くなったという、最近の時代背景があります。

Web系の編集者に伺ったところ、最近一緒に仕事したカメラマンのほとんどは車を持っていないそうです。「湯浅さんは珍しい方です」って聞いたときにはかなりびっくりしました。

普通、ボルボくらい乗るのが昭和のカメラマンでしたから。
昔は車持っていないカメラマンなんて存在するのか?って言う感じでした。(東京で仕事している人に限る)

都内で車を持つのも大変だし、カメラマンで生きていくことだけでいっぱいという現実もあります。

もう、時代が変わってしまいました。

で、最近のカメラマンはどうやって移動しているか?というと、、、、

リュックです。

一時はコロコロ、(トローリーとかドーリーとか言う人がいますが)が主流でしたが、それだと都心部の駅の階段で苦労します。

リュックで背負っていけば、他のスタッフと同じスピードで移動が出来ます。

リュック移動が可能になったのは、機材の小型化ですね。

ミラーレスカメラを使うようになったことが大きいし、ストロボもモノブロックからクリップオンストロボへと、更に更に小型化されてきました。

今日、小田急線に乗って柿生という駅まで行ったのですが、上の写真のスタイルで行きました。

僕が使っているのはモンベルのフォトウォーカーパック 25というもの。

これは海外旅行に行くときに使ったり、自然の撮影、風景など、歩いて移動するようなときに使っているザックです。
カメラバッグと言うよりも、普通のリュックに近いのですが、三脚が取り付けられたりして、便利です。なんと言っても軽いのがメリット。カメラが入るようにクッション材が入っていないので、クッション性のあるケースに入れてるのですが、それでも、カメラ用として売っているリュックの中では最軽量でしょう。

ただ、これでも、結構な重さになります。

ソニーαが2台。レンズが3本、ストロボ1台、傘1本、スタンド1個、リモートコマンダー、LEDライト、、、

撮影機材の他に、自分が存続していくためのものも必要です。例えば防寒用ジャケット、雨傘、財布、iPhone、予備電池など、、、

もう少し軽くなれば良いのですが、、

今、このリュックではやはり使いにくいので、他のリュックを探しています。

もし、良いものがありましたらコメントください。

| | コメント (0)

2018.08.21

本日は俯瞰撮影

Img_6876本日は俯瞰撮影でした。

フードコーディネーターのご自宅兼スタジオに行っての撮影です。

このくらい天井高があるスタジオが欲しい。

すごいですよね!

都内でこういう物件を所有するって、夢ですね。

ハスキーハイボーイにマンフロットのバーを出して俯瞰撮影をしました。


| | コメント (0)

2018.08.16

ピークデザイン ストラップ リコール

僕が使っているソニーαのカメラはすべてピークデザインのストラップにしています。今年くらいからかな。

基本、スタジオ撮影ではストラップはいらないので、邪魔だから外せるようなストラップにしていました。メーカーのプロストラップをこれ見よがしにするのって、かっこ悪いし。もらってもほとんど使ってないです。

で、そのピークデザインですが、アンカーと言われる部分にリコールが出ました。

詳しくはここ。

Img_9829

このように使っていたのですが、この使い方だと、コードが切れることがある、というのがリコールに発展しました。

カメラ側の金属部分が、滑らかになっていないことがあって、コードが切れるらしいです。そりゃそうですよね、元々は三角の金属環が付いていて、その前提でのボディの作りですから。研磨していないこともあるでしょう。


Img_9830

7月末に届きました。

それほど急ぐ必要もないので、このお盆休みの間に交換しました。


Img_9831

届いた中身はこんな感じ。

新しいコードと金属環が入っています。

つまり、この金属環を付けてコードを取り付けてね、と言うことです。


Img_9832

僕が使っていたのは細いタイプで、それがリコール対象です。

これだけ太さが違います。


Img_9833

この金属環を使わなくても、カメラに付属している三角の金属環を使えば同じです。


Img_9834


ピークデザインのをつかうとこんな感じ。

リコールはこちらからの申請で、その個数が送られてきます。

コレ、性善説に基づいていて、何の証拠も求められません。

一瞬、すごいですよね!って思います。

が、、、、、

よく考えてみれば、このアンカーだけ持っていても何の役にも立ちません。これを使うにはこの先のストラップが必要で、アンカーが増えれば、その分、ストラップも欲しくなり、やがては買うことになる。

と言う仕組みです。

よく考えられていますね。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧