カテゴリー「写真機材」の記事

写真機材関係のお話しです。

2018.02.15

ソニー用 GODOX Xpro-S送信機

Img_6750
GODOXストロボを使っています。

ソニーα系でストロボをシンクロさせるためのトランスミッターで、新型のFomito®GODOX Xpro-S送信機がようやくデリバリーされました。

評判が良さそうなので、買ってみました。

取材系のロケではProfotoB2を主に使っているのですが、それさえも重いと言うときはgodoxなどのクリップオンのストロボを使います。

トランスミッターはすでに1つ持っていて、、


これを使っているのですが、結構使いにくい、、、

なにせ液晶がファインダー側に直角に着いているので、見づらい。それと、ボタンを押して、ダイヤルを回して、という動作が急いでいるときにやりにくく、分かりにくい。更に、スイッチが移動中にオンになってしまうことが多く、肝心なときにバッテリー切れになっていることも数回。予備電池を持っていくのですが、いざ使おうという時に電池交換って・・・いかにも出来ないカメラマンぽいでしょ。だからそういう無様なことは避けたい。

それと、これ一個だと、万が一の故障したときのバックアップがない。もう一台同じのを買おうかと思っていたところ、新型が出ると言うことで待っていました。

取材系のロケでは、常にカメラ2台を使うので、トランスミッターも2台必要です。

上記のトランスミッターをそれぞれソニーα9、α7R 3に付ければ、どちらのカメラで撮ってもストロボは発光します。
しかも、それぞれの出力調整で、光ります。

例えば一台に85ミリの1.8開放で撮影している。もう一台は16-35/4.0のレンズで撮影する。こんな時、カメラのISO感度を変えて対応するのが普通ですが、同じ感度で撮りたいとき、トランスミッターでの設定を2〜3段上げておけば、そのままカメラを変更しても同じ露出での撮影がシームレスに出来ます。

手ごろな価格でここまで出来るのって、スゴいことですね。


| | コメント (2)

キヤノン TS-Eレンズをテスト

Img_6747
キヤノンの新型レンズ TS-Eレンズ3種類をテスト撮影してました。

3月に某所でセミナーをやる予定で、そのためのものです。

結果は、、、、

テストしなけりゃ良かった・・・

想像以上に良いです。このレンズ。一本30万は伊達じゃない。最近のレンズはどれもこれも良いレンズは高価格です。去年買ったソニーのレンズなどほとんど20万以上。昔は、と言ってもフィルム時代ですが、20万以上するレンズってよほど特殊でした。

今は20万くらいするのが当たり前の時代。ちょっとすごいレンズだと30万コースです。

まあ、Phase Oneの100万近いレンズと比べれば安いものですが。。。

で、セミナーは3月の中頃、東京都内でやる予定です。告知はそのうち。ぜひいらして下さい。

| | コメント (0)

2018.01.23

ソニーα7R Ⅲ ピクセルシフトマルチショット

ソニーα7R Ⅲでの ピクセルシフトマルチショットの作例を作りました。

DSC05310_PSMS

高解像度データをダウンロード出来ます。

写真の左がピクセルシフトマルチショット合成後の画像、右がピクセルシフトマルチショットの4枚のうちの1枚を同じ現像処理をして重ねたものです。

右の画像4枚から左の画像を作っている、、、それにしては違いすぎです。サグラダ・ファミリアの文字が読める読めないくらいの差があります。

撮影時、ほぼ無風だったのですが、クレーンが動いていて、上部真ん中のクレーンが合成の際にエラーを起こしています。あと、水面の波紋。30秒という長時間露光なので、いろいろなものが動きます。しかもそれを4枚撮るのですから、、、

撮影時には30秒の長時間露光をすると、ノイズリダクションの動作が各カット毎に入ります。だから1枚撮るのに30秒露光、30秒のノイズリダクションの動作で1分、そこから若干のコマ間隔が空きます。なので、大体5分弱、Ⅰカットのピクセルシフトマルチショットを撮るのに掛かることになります。

この細部を見ると、非常に有効な機能ですが、活かせるシーンを考えないと。


| | コメント (0)

2018.01.22

ソニーα9のファームアップ その後

ソニーα9のファームアップが出来なかった! という件のその後です。

結論から言うと、ファームアップ出来ました。

やり方ですが、

Img_6734

この写真のように、PCからすべての周辺機器を外してからファームアップを掛けると正常にファームアップ出来ました。

なぜ、そのようなことに気がついたか?というと、、、、


Img_6733


ファームアップのアプリケーションを起動して、動作を見ていると、繋がれている周辺機器を調べているような挙動をしている点に注目しました。

ソニーから出ている事前ソフトはこの周辺機器の認識を何かしている?というような気がします。

僕のメイン機のMac Proは周辺機器がかなり繋がっているので、というか、Mac Proは本体に何もないので、キーボードからマウスから、すべて繋がっているわけで、しかも、僕はそれがハブ経由だったりもするので、外しようもないことから、スタジオで使っているMacBook Proでファームアップアプリケーションを起動することにしました。

ノート型なのですべての周辺機器を外すことは簡単です。僕はロケにも持っていく機械なので、そもそも、外しやすいようにセットしていますし。

で、すべて外して、やってみれば一発OK。

お騒がせしましたが、、、これもMacOSの仕様、ソニーα9のファームアップの仕様と言うことでしょう。

α9はその後、使っていませんが、、、、

たぶん、大丈夫です。

| | コメント (0)

2018.01.14

ソニーα9 ファームアップ出来ず、、、

ソニーα9のファームアップが告知されました。

ここにも書いていますが、アップデートにマックの場合、OSが最新のHighshela 10.13だと事前にあるソフトを走らせないと行けません。
180114_0001

僕はそれをよく読まずに5回くらい試してアップデート出来ず、、、

よくよく読んで再度、事前ソフトを起動してから、本来のアップデートをやってみました。

が、、、、

180114_0002

何度やってもダメ。

PCを変えてもアップデート出来ません。PCとはMacのことですが。僕の使っているMacはすべて10.13にアップデート済みです。

180114_0003


こんなにダメなアップデートは久しぶり、というか、初めてかも。

180114_0004

これの直前に70-200mmのアップデートもあったのですが、その時も10.13ではアップデート時に挙動がおかしく、2,3回のトライでようやくアップデート出来たことがありました。

今回のα9のアップデートはもう10回以上やってもダメでした。

MacOSの問題かと思うけど、、、でも、メーカーたるもの、それを超えてアップデートは公開しているだろうし、、、

PCからのアップデートではなく、他のメーカーのようにメモリーカードにアップデートデータをコピーして、そのカードをカメラに入れてからカードから読み込んでのアップデートというのは出来ないのだろうか?

そうすればOSによる問題はある程度回避出来るはずだし。

ソニーの場合、とにかくアップデートが多い。それが魅力にもなっている点でもあるけど、、、

僕のところではもうお手上げなので、銀座まで持ち込んでアップデートしてもらう予定。
うちから銀座までは歩いて15分程度だからまだ良いけど、地方の人でアップデート出来ない、と言う人はどうするのだろう?

まあ、致命的でもないアップデートならしなくてもイイか??


| | コメント (0)

2017.12.21

Shuffleサイトでのソニーズームレンズ解説 補足

Shuffleサイトでのソニーズームレンズ解説ですが、これはコマーシャルフォト9月掲載のをウェブ転用しているものです。

ですから文字数が少なくて、言いたいことをかなり削っています。

文章を書いているときに削った表をこちらに載せます。

各メーカーの同クラスレンズとソニーを比較したものです。

こちらは70-200/2.8の比較

171221_0001

これは24-70/2.8の比較


171221_0002


そしてこちらが16-35/2.8の比較

ニコンはこのクラスのレンズがないので、同じくらいの焦点距離のものを2本、比較対象としました。

171221_0003

まさかニコンで16-35の2.8のレンズが15年前のままで新型が出てないとは思いませんでした。調べてもなかったので、念のためニコンユーザーのプロカメラマンに問い合わせたら、この15年前のレンズしかないという話。決して悪いレンズではないですが、、、僕もニコンD1を使っていたときに買いました。昨今の高画素化しているカメラには新しい設計のレンズの方が向いているのは間違いないことで、15年もそのままというのはいかがなものか?と思います。その代わり14-24mmがスゴく良いのも分かりますが、フィルターを付けられる超広角ズームというジャンルはフォトグラファーとしては欲しいレンズです。

特にソニーの16-35mm/2.8が素晴らしいので、その差がありすぎます。

解説にも書いていますが、ソニーのレンズは後出しジャンケンなので、他社メーカーよりも良いと思います。悪かったら出せないし。特に2.8通しのズームはメーカーの威信をかけたレンズですからね。

Shuffleサイトでのソニーズームレンズ解説と共にこの表をご覧頂ければ幸いです。



| | コメント (0)

2017.12.06

最近はオフカメラと呼ぶらしい

171206_0482
今日は朝から狛江の方で撮影。

基本、室内での人物取材的な撮影で、現場は動くし、人も多いので、いつも使っているProfotoB2ではなく、クリップオンのストロボを使いました。

クリップオンストロボは上の写真のように2灯。1つはボックスで、1つは透過の傘です。

Apc_0544


カメラ側のトランスミッターはこれを使っています。

これでハイスピードシンクロも出来るし、マニュアルでの出力調整もワイヤレスで可能です。


ストロボ側は数年前に一世を風靡したGODOXの充電池式クリップオン。当時は初期出荷のバッテリーに不具合のあるものが混じっていて、僕も6個のバッテリーを買って、今残っているのは3個だけです。

いまはもうそんな事も無いらしいですが、、、

そんな充電池がイヤだったので、ソニーでTTLが使えるように新たにクリップオンを買いました。もう5月くらいのことですが。

これはα9の上に直接付けてのTTLオートが使えます。

先に紹介したトランスミッターでもTTLオートでオフカメラで使えます。

GODOXのトラブルの多かったV850をうちは4台持っているので、それをなんとかこの新しいクリップオンストロボと一緒に使えないか?と思って探したのがこれです。

これをV850の横に付ければ上のトランスミッターで無線で出力調整が出来ますし、ハイスピードシンクロも可能です。

今日は外の天気が晴天だったので、マド抜けの人物撮影のアップという良くある撮り方で、そんな時にはハイスピードシンクロが出来ると出来ないでは雲泥の差になります。

レンズを絞って撮れば良いのですが、そもそもが背景をぼかしたいわけで、今日もα9で使った絞りはほとんど開放の2.8です。それでシンクロスピードのマックスで1/200secでは後は飛びきってしまい、光が強すぎます。
そんな時、1/800secくらいで撮れれば背景のディテールも感じさせて、ぼかせるので、さすがはプロ!みたいな評価になります。

ソニーを使い始めたカメラマンにはオススメのストロボですね。


| | コメント (4)

2017.12.05

ソニーα7R3とα9の無音シャッター

日曜日、あるイベントの撮影でした。

イベントの撮影で便利なのは、なんと言っても無音シャッターです。

この手の仕事で同業のカメラマンと一緒になることがありますが、僕以外のカメラマンはたいていキヤノンを使っていることが多くて、必然的にシャッター音がします。

ソニーを使い出してからスゴくその音が気になるようになってしまった。基本、無音シャッターで撮影していますから。

で、その日も無音シャッターを使うつもりでした。

こちらがα9で撮影したもの。
Dsc03001


α9の無音シャッターで撮影しています。何ら問題ありませんよね。

そして、同じように無音シャッターで撮ったα7R 3

Dsc00380


盛大に縞模様が出てしまいました。

多分ですが、ステージを照らしているライトがLED照明だったのではないか?と想像しています。

会場内は蛍光灯が主なライトで、観客席は縞模様が出ていません。

同じ無音シャッターでもこれだけ違いがあります。

α9の無音シャッターはかなり使えると言う印象です。買ってから半年使っていて、無音シャッターで縞模様が出たことがありません。

反対にα7R 系は盛大に出ます。

だからステージなど照明の種類が分からないときは無音シャッターでの撮影は気をつけないとやられます。

α7R 3は良いカメラですが、いろいろな面でα9とは違います。α9は飛び抜けての性能があり、今のところ唯一無二の存在です。


| | コメント (1)

2017.12.04

ぶれるソニーα

α9とα7R3、2台態勢になって、快適に仕事しています。

それほど仕事が多くないのが難点ですが、、、

この2台を使っていてメニュー構成や表示などの違いが気になります。

こちらはα9

Img_6621

そしてこちらはα7R3

液晶に表示されている撮影枚数の表示が違います。

どちらもRAW+JPEGにしています。


Img_6622

R3になって、1番スロットと2番スロットの表示が分かれたのは良いのです。

が、よ〜く見ると1と2の順番が9と7R3では逆になっています。

α9になってから悪評なのがメモリスロットの番号が2が上で1が下という点。

僕はこれは気にならないのですが、、、慣れてしまえば良いという問題で。

ただ、普通の人なら上が1で下が2と思うでしょう。

R3では現実的なスロットの順番は9と同じなのに、表示が1が上で2が下になりました。

これ、9と同じように2が上で1が下にしておいた方が良かったんじゃないかな??

現実的なスロットの順番と液晶表示は同じ方が人間的にも間違わないはず。

α9ではそうなっていたのだから、R3で変えたのはなぜか??

その他にもメニューがやたら複雑になっていて、α9よりも更に分かりにくくなっています。

R3が届いてから小一時間程度、カスタマイズに時間が掛かりました。それを楽しいという人は良いのですが、僕は面倒です。
しかも、この環境設定は記憶出来ない。例えば修理などで初期化したとき、再度同じ環境にするのにまた小一時間の時間が掛かります。

このあたり、キヤノンは良く出来ていて、設定をカード保存出来ますし、その設定を別のカメラでも読み込んで即座に同じ設定のカメラにすることが出来ます。

例えば修理期間中、借りたカメラでもすぐにそれまで使っていたカメラと同じ設定にすることは簡単にできるのです。

これはプロにとってスゴく重要なところ。仕事に切れ間を作ることなく撮影出来るのです。

新型を出す度にメニュー構成が変わるのはキヤノンでも以前はよくありました。そろそろソニーも落ち着いて欲しいところです。


| | コメント (0)

2017.12.02

ソニーα7R3のテザー撮影に便利なのは

R3を使っています。というか、そればっかりという感じ。
物撮りにも使えるし、モデル撮りにも使える、、、スゴい。

とは言っても、やっぱり人を撮る時のAFはα9は更に1つ上の感じです。瞳AFも手前の目に来るし。α7R3だとなぜか奥側の目にAFが行くことが多いです。これがどういう理由なのか?分かりません。

で、スタジオ撮影でのテザー撮影で便利なモノを買いました。

Img_9716

アルカスイス規格のL型プレートを使っているのですが、縦位置の時にケーブルの処理に困っていました。

3型はUSB-Cなので、新たにケーブルを買おうと思って、アマゾンを見ていたら、、

これの10センチのを買ってみました。

付けてみたのが上の写真。

Img_9717

レンズ側から見るとこんな感じ。

ちなみにこのシグマの135ミリも最近買ったのですが、ものすごくよく使っています。人物撮影のアップの時ですが、物撮りにも使えます。絞ってもシャープ。ビックリするくらいです。


Img_9718

縦位置でもプレートの中に収まるサイズなので普通に雲台につきます。今まで、ケーブルを避けるためにレンズセンターが真ん中に来なくて、気持ち悪かったのですが、このケーブルを使えばバッチリ。

テザー撮影で、僕は基本的に延長ケーブルを使っています。

その先に、今回のケーブルのような短いものを挿してカメラに繋ぎます。

理由は、いろいろなカメラを使うので、先だけ換えれば良いのです。

Phase One使うときはここにUSB3.0のケーブルを付けるし、ソニーα9などはUSB2.0ですから、それも短いのを付け替えればすみます。

このL字アダプターは面白い商品でした。オススメです。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧