カテゴリー「文化・芸術」の記事

2020.02.25

原美術館「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」

原美術館の「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」展へ行ってきました。

森村さんの作品はかなり好きで、展示がある毎に行っています。

Dsc01295

原美術館は今年いっぱいで閉館になります。そういう意味でも今のうちに行っておきたいところですね。

うちからは歩いて行ける場所なので、ここがなくなるのは寂しい限りです。

あまりおおぴらにしていませんが、ここは駐車場もあって、クルマで行っても駐められます。数台分しかないので空いていないとダメですが。ダメなときの保険が近くにないんですよね。だから、そこまで読んでクルマで行かないと。

展示に関しては、今回はムービーがメイン。だからムービーを見ないと意味がありません。時間毎に早い者勝ちなので、休みの日はあらかじめ早めに行ってチケットをもらってから待っていないと座れる席にはなりません。立ち見で良いなら結構見られます。50分なのでちょっとつらいかもしれません。

ムービーの内容は、、、

かなり刺激的。

いろいろ考えさせられる内容です。日本がアメリカに敗戦後、受けた教育、内政、天皇制など。森村さんの持論が展開されます。それに対して異を唱える人だと最後まで見ているのは苦痛でしょう。どちらかと言えば右よりと言われる内容です。

数年前に三島由紀夫さんの市ヶ谷駐屯地での自決事件をテーマにしたムービー作品がありますが、あれの発展系という感じです。僕はそのムービー作品も横浜美術館で見ましたが、森村さんの頂点とも言える作品だと思います。

 

 

| | コメント (0)

2020.01.21

新国立美術館 「DOMANI展」へ

日曜日、映画までの時間に六本木の新国立美術館へ。

Domani 展というのを見てきました。

作品的にはまあ、それほど面白くもなく。

コンセプトが傷ついた風景ということで、東日本大震災のあとの風景を題材にしているものが多かったです。

個人的には、もう震災の話はいいかな、という気持ちはあります。もちろん、復興半ばだ、という人、まだ避難している人がいる、というのも分かりますが、いつまでもそれを引きずっていくのか?という気持ちも僕にはあります。

前を向いて生きていかないとならない。

時間だけが経っていってしまいます。

L1010372

 

展示はかなり余裕があり、ここの美術館ならではの空間です。

静かにここに座っている時間を持てるのは幸せなことです。

六本木の新国立美術館は展示を見なくても、建物が素晴らしいので写真を撮るには事欠きません。

L1010369

L1010382

特に冬の午後の傾いた日差しの時間帯がフォトジェニックです。

ここでもモデルを連れて個人撮影をしているカメラマンの人がいましたが、悪くはないですけど、目立たないようにやって欲しい。

結局はゲリラで撮影していると思うので、目立つと写真を撮ること自体が禁止になりかねないし。そこら辺はうまくやって欲しいと思います。

| | コメント (0)

2019.09.05

写真展へ 「玉内公一写真展 光で紡ぐ身体」

今週はほとんど撮影がなく、時間があったので旧知の方の写真展へ

「玉内公一写真展 光で紡ぐ身体」

たぶん2年ぶりにお目に掛かったくらい、久しぶりでした。

昔は電塾という団体に僕も玉内さんもかかわっていたので、毎月のように顔を合わせていましたが、いまは二人ともその団体とはご縁が切れているので、こういう写真展や展示会会場でもないと会うことはありません。

僕がフリーになった時からのお付き合いなので、かれこれ20年以上になりますね。フリーになるにあたり、機材面でお世話になりました。

今回の写真展はご家族が舞踏家ということで、その写真で構成されています。

こういう被写体が近くにあるのは写真家として非常に幸せなことです。

多くのアマチュア写真家、また、僕のようなプロカメラマンで、撮る対象に困っている人は多々居ます。僕もそうです。仕事以外でほとんど写真を撮って来なかった報いとも言えます。撮る意味とか、そんな事を考えてしまいます。

偶然、写真展会場で何人かの知り合いと一緒になり、久しぶりにいろいろな話をしました。

まあ、プロカメラマン業界の将来はどうなる?とか、そんな事。

プロカメラマンもそうですが、それ以前に日本の未来も気がかりです。地方に行くとヒシヒシとそれを感じます。

人口減少は必ずやってくる、その時、どういう日本の姿が良いのか?

考えても仕方ないですね。

それよりは明日の仕事、来月のお金、、、そっちの方が大事ですから。

玉内さんの写真展は9月13日(金)まで。六本木です。

| | コメント (0)

2019.08.27

埼玉近代美術館へ MAY I START? 計良宏文の越境するヘアメイク

埼玉まで行ってきました。

目的は「MAY I START?計良宏文の越境するヘアメイク」という展覧会を見るため。

妻が見たいと言うことで行ったのですが、結果、行って良かった展覧会でした。

埼玉まで行くのか〜〜と個人的には及び腰だったのですが、、、クルマで行くとドライブ気分で良いのですが、電車だと新幹線にでも乗らない限りは通勤と変わりませんからね。しかも、40分くらい電車に乗るって、久しぶりでした。

北浦和の駅近くにある美術館ですが、施設も立派で良い美術館でした

L1010037

埼玉に行ったのは久しぶりだと思いますが、驚いたのは若い人が多いこと。

これは都内との比較で実感します。東京は若い人もそれなりに多いと思うのですが、老人もすごく多い。それが目立つんですよね。

埼玉、浦和付近だと、東京にも近いし、都内に通勤している人も多いと思います。一戸建てを持つとなると、どうしてもこのくらいの距離になってしまうし。だから、子供が多くなるのだろうと推測しています。

L1010039

これが近代美術館。

建物もデザインが良いし、立派です。

計良さんの展示も素晴らしかった。

さすがに資生堂の人ですね。レベルが高い。

それと、僕が好きな森村泰昌さんの作品でも、ヘアメイクを担当しているので、その作品も展示されていました。森村さんの作品は展示サイズが大きく、見応えがあります。細部まで緻密に再現されている写真で、どこを見ても破綻がないのがすごい。

残念ながら、今週で終了です。

見られる方はお早めに。

| | コメント (0)

2018.12.25

マイケル・ケンナ展へ

L1000221

もう、かなり前になりますが、、、マイケル・ケンナの写真展に行きました。

Scannable_2_20181223_0_56_00_2
ここのブログを書く事がすごく億劫になってしまって、いろいろなことがあってもそのままにしている時期がありました。

まあ、長い間生きてればそういうこともあると言うことで。
Scannable_20181223_0_56_00_2

マイケル・ケンナの写真はホントに素晴らしい。

風景を撮る人ならああいう写真を撮りたいと一度くらいは思うはずです。

特に日本人の感性に合っていると思います。わびさびというか、シンプルな画面構成が日本人好みですよね。

北海道を撮ったシリーズを見ると冬の北海道に撮影に行きたくなります。現実を考えるとそうそうは行けないのですが。

昔はジムニーに乗っていたとき、年末年始の休みに友人3人で北海道にスキーに行った思い出があります。フェリーで苫小牧まで行き、そこから自走でニセコまで。冬のニセコは雪質が最高で、へたな僕でも快適でした。

スパイクタイヤを4輪に履いてのジムニーだったので、ほぼ無敵です。その時代はよくスキーに行ったものです。ホント毎週のように。

今はそういう情熱もないですが。

マイケル・ケンナの写真展はオススメ。このお休みの間に行かれることをオススメいたします。

| | コメント (0)

2018.12.21

北海道胆振東部地震 被災者支援チャリティー写真展の写真

本日より北海道胆振東部地震 被災者支援チャリティー写真展が始まっています。

銀座方面にお越しの際はぜひお寄り下さい。 よろしくお願いいたします。

僕の写真はこの2点です。

Ds704365
こちらの写真は今年の10月に行ったサンフランシスコでの写真です。

現地には3日しかいませんでしたが、仕事はタイトではなかったので、朝、ホテルから海の方に歩いて行って撮ったものです。
サンフランシスコの朝はやっぱり霧が出ます。橋が見えたり見えなかったりするのが良い感じでした。
カメラはソニーα7R3
レンズは24-240mm

L10600772

こちらの写真は去年、やはり仕事で行ったパリでの写真。

やっぱり仕事がタイトではなかったので、オフの1日があって、ポンピドゥー・センターに行ったとき、登るエスカレーターから撮りました。
カメラはライカQ

こういう写真はライカQが便利です。

どちらも1点15000円で販売しています。売り上げは北海道胆振東部地震 被災者支援のため日本赤十字社を通して寄付されます。(経費を除いた金額)

売れないと本来の目的が果たせない。

その目的が果たせないと何の意味もありません。

今回も僕の写真は販売に手こずるでしょう。その時は最終日に自分で買います。

今日も半日、会場に行ってましたが、ルークさんの飛行機の写真はその間だけでも数点売れていました。売れる人と売れない人の落差が激しい。

それを目の当たりにするので、刺激にはなりますが、落ち込みます。

どうしようもない差なんですよね。こればかりは。

どうせ買うんだったら有名写真家の写真を買いますよね。僕もそれは分かります。

ということで、愚痴を言ってても何も変わりません。取りあえず売れることを祈って。

会場にいらっしゃれない方へ

| | コメント (0)

2018.11.13

Nick Knight (ニック・ナイト) の個展「Still」

日曜日、久しぶりに妻と出かけられたので、写真展へ。

表参道に日曜日に行くのは久しぶりです。出来れば行きたくない場所です。猛烈に混んでますから。

でも、たまには行かないとダメダメですね。


Nick Knight (ニック・ナイト) による日本初個展「Still」

「scannable_20181113_11_41_47.png」をダウンロード

写真展はキャットストリート横の脇道。

こういうところがある、と言うのが原宿。日本中で原宿でしか存在出来ない。

立地的にはスタバの裏で、こんなところに、、と言う場所。

写真は素晴らしい。年齢的にも僕よりも少し上の人で、それでも創作活動を行っているのは参考になります。しかも、庭に咲いているバラの花。

どこかに行かないと写真が撮れない、みたいな僕とは違いますね。比べるべくもないですが。

下の写真は表参道で。

Dsc01243

新しいソニーの24ミリです。

これで撮るとライカQみたいな感じになります。要は明るい広角レンズで開放で撮る。ということ。

ピントの合ったところだけしっかり解像していて、そこからぼけてくる。

フルサイズで、広角レンズの開放で撮るとそうなります。

コレが結構好きで。人を撮っても雰囲気がありますよね。

しばらくはこのレンズばかりです。

| | コメント (0)

2018.06.05

ひびのこづえ展

D45a4c3bbb1b4da791cf35b66da65cec更新が久しぶりになってしまいました。

かなり忙しかったこともありますが、なんとなく書く気にならなかった。毎日生きてれば嫌なこともあるし、いいこともありますから。やらなければならないことが多くて、、常に心の中に引っかかっているものがある感じ。文章を書く仕事を受けていると、いつもこんな感じです。

土日に仕事が続いていて、ちゃんと休めるのが久しぶりだった先日の日曜日、市原湖畔美術館でやっている「ひびのこづえ展」に行ってきました。

空いていれば車で1時間ほどなので、近くていいのですが、日曜日の東京湾横断道路は読めません。行きはスムーズでしたが帰りはやっぱり渋滞。時間つぶしに木更津のアウトレットに寄るのはいつものコースです。

展示は割に大規模でした。うちの妻が行きたいと言っていたので、僕はひびのさん自体、全く知らなかった。旦那さんの方は知っていますが。

衣装を作る人にはかなり面白い展示だったと思います。写真は撮影可能だったので展示物を撮影したものです。心臓をテーマにしている作品でこの中に入れます。インスタレーションと言ってもいいかな。

行った主な目的はダンスのショーがあったためです。ひびのさんの衣装を着てモダンダンサーが踊るもので、それが非常に良かった。元新体操の日本代表の女性だそうですが、素晴らしい体、踊りでした。撮影は禁止だったのですが、それが本当に残念。撮りたかった。心の底からそう思いました。フォトジェニックです。

写真を撮りたい、日々そう思っています。


| | コメント (0)

2018.01.22

CHANELネクサスホールにてフランク ホーヴァット写真展

昨日の日曜日、写真展をいくつか回ってきました。

最初に行ったのは新宿、リコーイメージングスクエア新宿での写真展。伊豆の天城峠付近での撮影された写真展です。知り合いが展示しているので観に行きました。

受付にいらしたスタッフの人にご苦労話をうかがえて、かなり楽しめました。やっぱり風景写真は大変です。夜中から歩いて撮影場所まで行って、日が出るのを待っている。。。わくわくするようですが、実際にやってみれば大変ですよね。真っ暗闇の中、朝3時くらいに山の中を歩いて行く、、、その苦労で写真が撮れていると思うと、見方も変わってきます。残念ながら今日までなので、、、

もう一つは銀座のシャネルでやっているフランク ホーヴァット写真展

「20180123151038.pdf」をダウンロード

フランスが主な活動だと思いますが、1950年代くらいの写真が多いフォトグラファーです。御年90歳とか。

好きな写真が多いのですが、やっぱり古く感じます。今はもっと違った撮り方をするんだろうな。と言うか、そうじゃないと仕事の写真にはならないから。

DSC01096

表通りに出ると、ちょうど夕方でした。
シャネルのマネキンはステキです。顔立ちといい、ポーズと良い、さすがCHANEL、という感じ。

この日は先週届いた新しいレンズ、ソニーのFE24-105/4.0をα7R IIに付けて行きました。

良いレンズです。

頼んだのは12月で、スペインに行く前でした。スペインに出発するまでに届いたら良いな〜と思って注文したのですが、、、届いたのは1月半ば。

これでスペインを撮りたかった。

24-70も良いのですが、重いですからね。長い方も105ミリまであると便利だし。

まあ、ぼちぼちと使っていきます。