カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019.05.01

令和の花

L1000426

妻が先日行ったフラワーアレンジメント教室で作りました。

令和がテーマだそう。

平和で良いな。

| | コメント (0)

2019.04.16

今日の撮影は俳優さん。そんな時にトラブル

今日の撮影はある俳優さんでした。そりゃもう、誰でも知っているような有名な人。

 

それなりの緊張をして現場に行きました。やることはそれほど変わらないので、いつも通り撮影すれば良いお仕事です。

 

なのに、そんな時に限ってトラブル。

まず、ソニーα9でGODOXのトランスミッターが不調。これには参りました。

いつから不調になったのか?僕もよく分かりません。いつもGODOXばかり使っているわけではないし、ProPhotoも普通に使いますから。

シャッターを切っても飛ぶときと飛ばないときがあって、、、その場ではたぶんファームウェアアップしたときにすべてが初期化されたので、ストロボ関連の設定を戻し忘れたと思っていました。

事務所に戻って調べると、設定は問題ない。

撮影時にはあまりにも不発が続くので、もう一台持っていったソニーα7R3で撮影していました。R3が悪くはないのですが、やはり軽快に撮れるのは9の方で、出来ればそちらを使いたい。

R3の方にトランスミッターを付ければまったく問題なくシンクロします。

Img_7105

で、いろいろ調べた結果、ホットシューに付けたときシンクロ不良を起こす、と特定されました。明日も撮影、しかもロケなので、GODOXを使う予定です。シンクロコードを繋いでトランスミッターを使うようにします。面倒くさいけど。

 

さて、もう一つトラブル。

そのR3が突然こういう表示。

Img_7107

撮影中に見たくない表示です。

9はストロボ不調、R3はメモリーカード不調、、、持っている2台が両方とも不調になってしまいました。そんな事態に備えて3台目を持っていく人はそれほどいませんよね。僕も2台だけ。

 

撮影終盤だったので、R3はこのままにして持ち帰りました。ストロボを使わない撮影だったので、ソニーα9でその場をしのぎます。

 

常にカメラは2台持って行くので、こういう時でも何とかなりますが、まさか2台ともトラブルが出るとは思っても見ませんでした。長い人生、そんな事もありますね。ちなみにですが、事務所に戻って、スイッチを入れると、やはいこの画面になってしまいます。

上の写真のあと、キャンセルを押すとどうなるか?テストしてみました。(メモリーカードに入っていたデータはコピー済みです)

Img_7108

この画面になり実行をしないで、キャンセルとすると前の画面に戻ります。つまり、キャンセルのループに入ってしまい、実行を押すしか逃げ道がありません。

しかも、問題のカードを抜いても、そのカードを入れろと言ってきます。

 

試さなかったですが、たぶん、バッテリーを抜くしか方法がないみたい。

この時はコピー済みのカードを入れて実行しました。データを調べてみましたが、欠損などはなかったようです。

が、これがロケ先で起こったら?と思うと、かなり焦りますね。実行を押したらすべてのデータがなくなってしまうのではないか?と悪い方に考えてしまう。そんな事はないだろうと思いますが、万が一を考えますから。

トラブルの原因はカードかもしれません。1年ほど前にエラーが出たカードで、その後は予備のカメラに入れたりして使っていました。今回もR3は予備カメラだったので、このカードが入っていたというわけです。

ということで、もうこのカードは使いません。ちなみにトランセンドのカードです。(間違えました。レキサーのカードです。)

俳優さんがいい人で助かりました。でも、シンクロしていないときの表情の方がよかった。残念ですが、、

| | コメント (0)

2019.02.17

忙しい毎日:ロケでAD200

忙しい毎日が続いています。

超久しぶりに1日3本立てとか、そんな感じ。

取材系の仕事だったら3本でも平気なのですが、僕の場合、取材もやるし、商品撮影もやるし、モデル撮りもやるし、とかなり多彩な内容なので、なかなか大変です。

最も大変なことは、、、、

商品の受け取りと、返却。

宅配便などで僕のスタジオに送られてくるのですが、取材系の仕事に出ていると、受け取りが困難で、そういう時に限って、翌日の撮影なのに、受け取れない、というストレスがあります。

宅配便の人もうちだけに配達するわけじゃないから、指定の時間に来ないのは仕方ない。そんな事もあるだろうと、前々日に届くようにお願いしているのですが、メーカーの配送担当にまでそのお願いが届いていないことも多々あって、結局、ギリギリのタイミングになることも多々。

さて、取材系の仕事でこのところメインなのがこれ。
190205_0139

AD200を丸形ヘッドにして、透過型の傘でライティングしています。足はカーボンのヤツ。

AD200の本体は足の下に下げているので、倒れやすいカーボンスタンドの時の転倒防止にもなっています。ヘッドコードが2mなので、スタンドを延ばしてちょうどくらい。

カーボンスタンドは軽くて持ち運びには良いのですが、いかんせん弱い。

上の写真をよ〜〜く見れば分かりますが、後の壁の垂直面に対して前のめりになっているのが分かるでしょうか?

傘などを差すとこのくらいはしなります。しなって折れることはないですが、しなると言うことは重心が中央からずれるので、転倒しやすくなります。それは避けたいですね。

室内で使う分にはそれほどの危険はないのですが、外ではほとんど使えないですね。このスタンドは。風が怖くて。


この傘はオススメ。

折りたたみ式でバッグに入ります。現場での移動時でもヘッドに刺したまま、傘をちょっと閉じるだけで小さくなって、外さなくてもそのまま移動出来ます。これって、すごく便利。取材系の仕事では狭い場所で何人もいることがあって、ちょっとライトの位置を動かすでも気を遣いますからね。


| | コメント (0)

2019.01.06

プロカメラマンは生き残れるか?

いつも拝見している吉村さんのブログで興味深い文章がありました。

写真家になるには

ここでも風景写真家として生きていくには?ということが書かれています。

今に始まった事ではないのですが、ここ1、2年のプロカメラマンの環境の変化を感じています。

新たなステージに入ったような気がする。

それは、、、

アマチュアに仕事を奪われるということです。

先の吉村さんのブログでも触れられていましたが、風景写真などは特に綺麗な風景の現地にいる人にはどんな有名写真家でもチャンスという数では負けます。旅行者と一緒で、その場所に行って撮る限り、気候にも左右されるし、限られた時間は極端に短いですから、勝負になりません。だから、北海道などに移住して写真を撮っている写真家は多いのです。東京から行ったのでは限界がありますから。

僕が感じているのはこれとは別のアマチュアとの戦いなのですが。

以前はよくあった取材、記者会見などの撮影ですが、今はほとんどの場合、ライターが写真を撮っています。写真を撮る専属でその場に居る人はよほど大手のメディアか、オフィシャルなどの専属のカメラマンです。

つまり、カメラマンはこういうジャンルからは必要なくなったのです。

また、僕のメインの商売である商品撮影の分野でも、その会社の人が撮るケースが多くなりました。もちろん、イメージカットなど機材も必要で、クォリティも求められるものはプロが撮りますが、そうではないカット、例えば機械の内部やスイッチの配置など説明カットと言われるものは、もうプロカメラマンに依頼されなくなりつつあります。
これは、プロカメラマンに依頼するとカット単価になるからで、撮れば撮るほど経費がかかるからです。

逆に言えば、、、

こういうカットがあったからこそ、僕たちプロカメラマンが稼げたのです。イメージカットだけでは時間がかかり手間がかかり、その割にはギャラが安いからです。ギャラ設定が説明カットが多くある前提で決めれれていた時代のままだから。イメージカットが安くてもトータルとしてそこそこの売り上げになればいいという考え方ですね。
その前提で、稼げる多数のカットが無くなればどうなるか?
割に合わない仕事だけ残ることになります。

今は高額なギャラで高品質な撮影をするトッププロか、一般人が撮るか?の両極端になりつつあります。
それまでは底辺カメラマンと言われていたような人たちすら存在出来なくなるでしょう。

それをどうこう言ってもどうしようもない。

それは先の吉村さんも同様です。

違う方法で稼ぐように、売れるようにしていく。

今やっているプロカメラマンはデジタルの波を乗り越えて生き残ってきた人たちです。次の波はアマチュアとの戦いです。この波をしのげるか?

| | コメント (0)

2018.01.14

あけましておめでとうございます 2018

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

すっかり遅くなってしまいました。新年のご挨拶。

スペインから戻ってきてちょうど1週間、その間、やり残した仕事をしていました。なんとなくボウッとしてしまい、ブログがおろそかになってしまいました。

そういう時もあると言うことで、ご理解、そして今年もお読み頂ければうれしいです。


Nenga_2018


こちらが今年の年賀状です。

去年の10月にパリに行ったとき、ポンピドーセンターで撮りました。

フランス語でなんて書いてあるのか?

その時は意味も分からなかったのですが、、、

調べたら、

「申告するものはありますか?」

という問いかけみたいですね。

その答えが ARTというところがしゃれている。僕はそう感じました。

スペインの話はまた追々、、、


| | コメント (0)

2017.11.01

ボルボV60 T3

新しいボルボが来ました。

Img_6522

でも、新車じゃないです。中古です。

ですが、登録以外はすべて新車状態。いわゆる新古車です。

輸入車では販売店で売れ残りを自社登録することが良くあります。このクルマはそれです。登録は去年の11月で、ちょうど一年前のクルマです。販売店としても一年以上売れ残るとそこからの販売はキツくなるので、かなりの値引きで処分することがあります。これはまさにそれで、登録まで入れて300万を切ってました。それまで乗っていたボルボV60を下取りに出して、差額が少なかったので、まあ乗り換えても良いかなと思って。

値段的にも大きさ的にもこのクルマがちょうど良いんですよね。2台続けて同じクルマに乗るのはVWゴルフワゴン以来かな。

お金は掛かるけど、もう年齢的にも自由にクルマを乗るのはあと10年くらいかもしれません。新しいカメラも同じように、今のうちに楽しんでおかないとね。

| | コメント (0)

2017.10.22

Photoedge2017へ

Img_6475この写真はパリで。iPhoneで撮ってます。こういうのはよく写りますね。ビックリ。

さて、、、

金曜日はPhotoedgeというイベントへ行きました。

これは玄光社という会社が催行しているイベント。玄光社と聞いて分からない人は、、コマーシャルフォトを出している雑誌社ということなら知っているでしょうか?

コマーシャルフォトと言う名前の通り、広告業界をターゲットとしている雑誌なので、写真家でも知らない人はいるかもしれません。

僕は結構古いお付き合いになります。

このイベントは日本広告写真家協会が協力しているということもあって、セミナーのトリはその会長である白鳥さんが壇上に立ちました。

僕が聞いたのは2本、白鳥さんのは聞いていません。その2本の感想は、、、

セミナーはまあまあ、、、1時間程度の短時間なので、どうしてもこのくらいの感じでしょう。

驚いたのは来場者が多かったこと。雨が降っていると言うことも良い方向になったのかも。

セミナーはほとんど満員。メーカーの展示も結構な人数の人出でした。

このイベント、僕にとっては非常に居心地が良いイベントです。CP+のようなアマチュア対象でもなく、プロ対象でも営業写真家向けでもないので、知り合いが多いし、メーカーの人も知っている人が多いイベントでした。

あちこちで立ち話に花が咲きます。

ついでの日頃、そこの製品を使っていての不満点を伝えたり。

要望をメーカーに伝えるのは、仕事でもないし、そこの製品を愛しているわけでもないので、適当です。そんなことに自分の時間を割かれたくないので。

と言うことで、このようなイベントの時に来ている広報の人などに伝えています。その先がどうなるか?分かりませんが。

表向きは一生懸命メモしてますが。

このところ、ソニーを始め、欲しい機材が目白押しです。

ソニーも機材を拡充していきたいし、Macも更新の時期だし、Profotoのストロボも魅力的なものが出ています。キヤノンのTS系レンズ、出来るなら3本すべて買いたい。バックタイプを付けるビューカメラもジナーをこのまま使うのか?という積年の課題も解決できていません。

と言いつつ、、、

車を買うことにしました。

車も6年目で更新の時期なのです。最近は年間5000キロ程度しか走らないので、必要なのか?自分でも結論が出ません。が、このまま古い車を乗り続けるのもリスキーだし。
新車ではないですが、新古車にしてみました。値段も安かったし。

そんなことで、まだまだお金の掛かることばかりです。


| | コメント (0)

2017.08.17

写真展 終了いたしました。

今日で写真展は終了いたしました。

いらっしゃって頂きありがとうございました。

企画展「1961's Photographer」


20882287_1499669326788097_485623671

こちらはトークショーの模様



こちらは展示の様子。


おかげさまで2000名以上の来場者数でした。
お盆時期にしてはすごい記録です。

僕にとってはタイミングがちょうど良かったのかも。仕事もほとんどなかったし、クライアントも多くの人がいらして頂いたのはこの時期だったからでしょう。

本当にありがとうございました。

大阪でもやるようですので、その時はまたお知らせいたします。

| | コメント (0)

2017.06.03

Apple Pay 使いまくり

5月末にクレジットカード会社から請求明細が届きました。

Img_6126

いや〜ビックリ。全部Apple Pay。

って、そりゃそうです。

このカード、Apple Watch2でApple Payしてます。コンビニとか、ファーストフード系とか、少額で今まで現金で払っていたところはすべてApple Watch2で払っています。

実際、ここまで生活が変わるとは思って見ませんでした。ホント便利。

財布の現金が以前よりも減らないので、いつまでも現金がある感じがします。

ま、使っているのですけどね。いい気にならないように気をつけましょう。


|

2017.04.17

AUTOWAYでタイヤ交換

久しぶりの更新です。

いろいろあって、どうにも書く気が起きなくて、、ネット環境にはあるのですが、消費するだけになってしまいました。ボーッとネットを見ていて、時間が経ってしまう。
書こうかと思ったものも、ネットで同じようなことを見つけてしまうと、別に僕が書かなくても良いか?って思ったりすると、もうダメですね。

さて、今回は久しぶりなのですが、、、

乗っている車、ボルボV60のタイヤ交換をしてきました。

今年で新車で買ってからちょうど5年になります。買ったときにすでに前年モデルだったと思うので、タイヤの年数で言えば6年経っている可能性もあります。

さすがに5年以上となると、走行距離は行ってなくても劣化が激しく、、、指で触ってみても堅くなっている印象です。路面状況によってはタイヤのスキール音が激しく、ヤバいなと思っていたところです。

履いているタイヤは235/40-18インチです。純正ですが、特別仕様車なので、1つ上のサイズになっていて、これが今回の難点でした。
Img_6039

値段を調べると想像以上に高い。

スタッドレスから夏タイヤに履き替えた時に近所のガソリンスタンドでも聞いたところ、アジアブランドではない一番安い値段で4本10万という金額でした。

ちなみに東雲のオートバックスで聞いたら20万という値段。タイヤメーカーのブランドは違いますが、おおよそそんな感じです。

で、ネットで調べたらAutowayでメジャーブランドでの最安が5万。
DUNLOP DIREZZA DZ101 235/40R18 91Wと言うもの。

これに決めて、それを送ってもらいました。

送り先はタイヤ交換するお店を指定できます。

事務所に近いところで白金のお店があったのでそちらにお願いしました。

取り付け料と古いタイヤの処分台を含めて1万ちょっと。

合計6万でタイヤ交換出来ました。

値段は安かったですが、このタイヤ、そんなに評判はよくありません。まあ値段に比例しますよね。ただ、もうすぐ車検だし、車にお金を掛けるほど余裕はないし。かと言って、安全性は落としたくないし。妥協案としてはまあまあかな〜。

オートウェイは初めて使って見ましたが、思ったよりも簡単で、値段だけ考えればこれ以上のものはないかも。探せばもう少し安く換えることは出来たでしょうけどね。
それにしても車は維持費が掛かります。

例えば今回タイヤ交換が10万円かかったとして、新品から交換まで10万キロ走っていたら、1kmあたり1円かかる計算になります。タイヤ代だけで。

通常、そんなには走りませんから、3万キロと計算するとその3倍、1km3円ですね。

普通はガソリン代が最も掛かるのですが、タイヤ交換も考えると、本当にいろいろなところでお金が掛かるというのが車です。

まあ、とはいえ、それ以上のメリットもあるので持っているのですが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧