カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2019.01.05

Adobeは値上げするか?

12月にあった話ですが、AdobeCCが値上げするんじゃないか?と言う噂。

早速、斎賀先生がそれに備えての対処法を公開しています。

Adobe CC のライセンスを少しでも安く買う

この問題は、Adobeからのアナウンスで、年明けにAdobeCCの改訂に関してのアナウンスがあるという事前告知があって、すでにあるディーラーにはグループ版は価格が上がるというお知らせが有ったと言うことで、これは値上げに違いないという憶測が飛び交った、というのが年末でした。

僕も値上げだろうと思いますが、、、ここは1つ、その裏を読んでみたいと思います。>あまのじゃくなので。笑

なぜ、この段階で価格改定をするのか?

僕はここに引っかかっています。

CCに移行してもう何年も経っています。買い取り版からサブスクリプションモデルになると言うことで、誰しもが「いつかは値上げするんじゃ??」と予想していました。今回のアナウンスでとうとうその日が来たか、という感じですね。
ライバルがいなくなった時点で値上げは、あまりにも予想通り。

これだとなんのひねりもないので、以下は僕の邪推です。

2019年、AdobeはPhotoshopのiPad版を出します。

これはもうAdobe自身がアナウンスしているので100%確実。

さて、それでは今のままの価格設定、アプリケーションを含めてのセットで、このiPad版Photoshopは誰が使えるのでしょうか?

単純に考えれば、現状のPhotoshopの契約しているユーザーがそのまま使える、と言うのが普通の考え。

では、Adobeから見たとき、わざわざ多額の投資をしてiPad版Photoshopを作ったのに、現状のままで付加価値を追加するでしょうか?

僕がAdobeの社長だったら、そうはしないです。しかも、iPad版Photoshopは今後のPCレスという時代の流れを加速させるだろう転換点にもなる商材ですから、安売りはしないはず。

なら、この際にiPad版Photoshopは別料金で、と考えるのが普通じゃないでしょうか?

また、iPad版Photoshopを使うに当たり、iPadに画像ファイルを持っていく必要があります。現状ではiPadProで外部ストレージが読めませんから、クラウド経由で巨大なPhotoshopファイルを持っていく必要があります。これはAdobeのクラウドか、AppleのiCloudがその役をになうようになるはず。

仕事で使うようなPSDファイルだと1枚100MB以上になりますから、そういうファイルをいくつもデスクトップとiPadProの間でやりとりするには、それなりのクラウドが必要になります。

今はAdobeのクラウドはコンプリートプランで100GB。フォトプランの1TBで1980円です。

ここに単純にiPad版Photoshopを使えるようになるかどうか?

これが今回の改訂のポイントでじゃないかと思っています。

iPad版Photoshopはまだ誰も触っていないので何とも言えませんが、出来がデスクトップ版Photoshopと同じになったら、PCレスというユーザーが出てくるでしょう。その時にAdobeはどうするか?今と同等の収益構造を維持していくなら、iPad版Photoshopでもサブスクリプションとするはず。もしくはクラウドストレージ容量に課金するか?

また、今年はiPad版Photoshopだけかもしれませんが、動画系のiPadアプリも将来的には出してくるから、そうなった未来のAdobeCCはどうするか?

で、今回の改訂は単純な値上げではないんじゃないか?

と言うのが、僕の推理。

フォトプランが980円で済んでいるのも含めて、大幅な改訂があるんじゃないか?と睨んでいます。

ただし、、、

今のうちにCCを買ってそれに備えておく、と言う人も多いでしょうし、僕もそうですが、この先数ヶ月先、数年先までの料金を買って登録済みの人も多いはず。その人たちを裏切るようなことはしないはず。

ですが、例えば、新たにストレージ容量を増やしてiPad版Photoshopを使えるプランはそれに含まれない、とかはあり得ないことではないでしょう。

僕はすでにLightroom CCがプライベートではメインのアプリケーションになっています。事務所のPCでも、iPadでも、iPhoneでも、いつでもどこでも使えるというのは想像以上に便利です。
同じことがPhotoshop、そしてpremiereなどでも起きるでしょう。

Adobeは常に先を見ています。それが僕たちにとって幸せかどうかは別にして。

| | コメント (0)

2018.12.28

年賀状プリント

3
12月28日ですが、今頃年賀状をプリントしています。

まあ、いつも例年的にこんな感じですが。

今年は年末年始に海外に行かないので、気分的にものんびりしていました。

この時期に海外に行かないのは3年ぶりか?

日本に居てもダラダラしてしまうし、どこに行っても混んでいるし、海外の方が面白いのですが。ただ、北半球の場合、赤道近くの国でなければ冬なので、どこもシーズンオフで華やかさはないです。しかも寒いし。余裕があれば南半球に行った方が楽しめますね。

で、年賀状プリントに戻りますが、、、

例えば100枚年賀状プリントするとして、Photoshopからプリントにデータを送りますが、この送り方が100枚分のデータを一括して送るという仕様になっています。
(マックの場合。OS10.13.6 Photoshop Epson PX-5002)

100枚送っている間、なんと!!プリントはしないという仕様。

別に一気にプリント出来るなら良いのですが、例えば何らかのトラブルで途中でプリント出来なくなったとき、それまでプリンターにスプールされていたデータはなくなります。

100枚分のデータをスプールするのもかなりの時間を食っているので、途中のトラブルがあると時間の無駄が相当出来てしまいます。

で、考えた方法が、、、

上の写真のように5枚ずつプリント指示して、それを何度も繰り返す方法。スプールする時間も短いし、途中で止まってもダメージが少なくて済みます。

プリント指示は面倒ですけどね。

年賀状は年々かなり減っています。

クライアントが減っていると言うこともあるし、外資系の会社や、経費節減が徹底している会社などはこちらが年賀状を出しても、向こうから年賀状は送ってきません。お客様なので、送ってもらわなくても良いのですが、それが数年続くと、その送り先の人がいつしか退社していることもままあって、それを知らずにこちらから年賀状を送り続づけていた・・・という事案が何度も有って。

その年に仕事があった人には出すけど、それ以外の人には翌年は出さないようにしました。

ここ何年か、海外に行っていたこともあって、そのチェックが全くやれてなかったので、今年は久しぶりにキッチリさせてみました。

将来的に年賀状はなくなるかもしれませんね。仕事以外の人とのやりとりも年賀状だけという人も多いのですが、毎年、表向きの言葉だけ書かれるのも、、、そんなことを考えると、ね。

| | コメント (0)

2018.12.14

Capture One Pro 12 割安にアップグレード

すでにご存じのようにCaptureOneがバージョンアップしました。

バージョンは12。

ここのところ毎年この時期にメジャーアップしています。そして、アップグレードの費用が掛かるようになりました。


1_4


これは僕の場合のアップグレードの費用。

毎年アップすると月払いのサブスクリプションと変わりません。Adobeと比べると、PhotoshopとLightroom CCのフォトグラファーズプランで月1000円くらいですから、割高感は否めません。

そこで少しでも安くする方法がこれ。

2_3


webサイトで購入するときにコードを入れます。

写真のコードを入れると10%オフになります。

これはAlex on RAW Capture One Blogというサイトのコードで、このコードを入れると安くなるのですが、その分、このサイトにお金が行くという仕組みになっています。そんな事は気にならないという人はこのやり方が今一番安くなる方法かと思います。

たぶん、日本国内でも同じような手法は出てきます。そこまで待っても良いかもしれません。


| | コメント (0)

2018.11.21

iPadPro 2018 到着

Img_6970
月曜日、ようやくiPadPro 2018が到着しました。

これが発表になった日の翌日くらいに注文したのですが、約1ヶ月経った今頃になりました。

遅かった。。。

で、撮影の合間に使えるようにPCに接続して今使っているiPadProと同じにしようとしたところ、、、

ファームウェアのアップデートの際にフリーズしたらしい。。。

撮影していたので見ていなかったのですが、気がついたときにはこの状態でにっちもさっちも行かなくなりました。

もちろん、Appleのホームページにある強制再起動方法も試しました。

どうやってもダメで、、、

昨日はAdobeMAXに行く予定だったので、そのままにして横浜に行ってしまい、今日になって、また見てみたら、相変わらずこのまま。

もうダメだなと思ってApple銀座のgeniusに持ち込もうとしたのですが、全然予約が取れない。

いつからか、geniusの予約は取れなくなりましたね。
うちの事務所からは歩いて行けるので便利だったのですが、、、

他のサポート方法ということで電話によるサポートをお願いしました。

3分くらい待たされたところでやっと繋がり、事情を話して、更なる強制再起動方法を教えてもらいました。

方法は、、、

ボリュームアップのキーを押す

ボリュームダウンのキーを押す

メインキーを押し続ける

Appleマークが出て再起動する。

というものでした。

が、これもダメ。

何度も試してダメだったので、サポート電話の人が上司に相談に行ってくるということで、待ってました。

その間、ダメ元で何度か同じことを試していたところ、起動し直しました。

やっと、やっと使えるようなりました。

今回は参りました。こんなことはアップル製品ではなかったのに。

最近、僕自身の運がついていないから。

先日のドライブレコーダーもそうだったし。

取りあえず、新しいiPadProは使えるようになりました。

仕事で使えるようにしていきます。

| | コメント (0)

2018.09.27

Seagate BarraCuda 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB

Img_6914
久しぶりにハードディスクを買いました。

数年ぶりかも??

なんでこんなに買わなかったか?というと、、、

RAIDを止めたので、その中に入っていた5個のドライブがまるまる空いてしまったのです。で、そこにバックアップデータを入れて使っていました。

壊れたのはDROBO。数年にわたり、バックアップとして使っていたのですが、、、ケース側の故障と言うことで廃棄しました。

RAIDは安全だと思っているのですが、ケース自体の故障までは担保しないと言うことを身をもって知りました。

新しく買ったのは今最も安いと思われる、シーゲートの4TB。


アマゾンで買いました。

届いて開封して驚きました。薄い。そして軽い。ハードディスクドライブって、金属の塊ですから、それなりの重さがあるものだと思っていました。このドライブを持った瞬間、その常識がひっくり返りました。

上の写真は、それと、今使っているWDの2TB、グリーンレーベルのドライブを比べたものです。

厚さもこれだけ違います。

大容量なのに、薄くて軽い。

転送速度も測ってみましたが古いものよりもかなり速いです。

ドライブの進化もすごいですね。

これにLightroom で管理している過去の画像データを移行する予定です。
今日、一部やりましたが、、、、かなり難航しています。

そのお話はまた、、、

| | コメント (0)

2018.09.17

ShutterSnitchはサブスクリプションへ

ShutterSnitchを久しぶりに起動してみたら、、、、

Img_9439


サブスクリプションへ移行していました。

それも月350円、、、消費税は別かな?

よほど多用する人でないと毎月400円を払う気にならないかな。

僕の場合、何度もこれを使おうとトライしてみたのですが、、、うまく行かず、、、

東芝FlashAirからEye-Fiのアプリ、Keenaiで転送、Lightroom CCで閲覧という流れなのですが、Keenaiもアプリのバージョンアップはしなくなりそうで、代わりのものを探しているところでした。東芝FlashAirの純正アプリがあるのですが、使い勝手がイマイチで、、、

多分ですが、多くのプロフェッショナルフォトグラファーがShutterSnitchを使っていると思われます。だから影響が大きいような、、、でも、誰もこういうことをどこにも書かないんだよね。不思議。

| | コメント (0)

2018.09.07

MacBookPro 2018で使うもの 4

Img_6895MacBookPro2018にしてから、バックアップ用のHDDも新しくしました。

というのは、以前から使っていたのがSSDながら256GBと容量が小さいものでしたから。

500GBになったので、256GBでは到底収まりません。

1TB位のSSDにしようかと思ったのですが、いろいろ考えるともう少し大きいHDDのものにしました。

今回買ったのはこれ。

StoreJet 200 for Mac TS2TSJM200

アマゾンでは扱いがなく、カカクコムで最安のお店で買いました。

1万円ちょっとで2TBと格安。

僕が以前から使っていたのは、バルクのSSDを、バルクのケースに入れて使っていました。安く上がるのですが、どうも不安感が拭えません。

1,2年使っていると中のSSDがダメになることがあって、結局、またバルクのSSDを買い直す感じでした。

今回は製品としてメーカーが売っているものにしたので、多少、安定感は増すでしょう。

この手の外付けハードディスクは僕の場合、バックアップなので、多少、不安定でも元データがあるので、最悪なくなっても大丈夫なのです。

中には、このような外付けハードディスクにデータを入れて、それ自体をいじっているカメラマン、編集者などがいて、時々、「ハードディスクが読めなくなって困りました!」なんていうツィート、Facebook、Blogに書き込んでいる人がいます。
そもそも、2.5インチの持ち運びタイプの外付けハードディスクでデータをいじること自体が間違い。そりゃ便利でしょうけど、万が一を考えたら、怖くて。

そういうリスクマネジメントも出来ないカメラマン、フォトグラファーは早くプロを辞めて頂いた方が業界全体のためになります。趣味で写真やって下さい。

さて、このHDD、i/oがUSB-C3.1で2.5インチのHDDタイプながらまあまあ速いです。

僕の場合、上の写真のように撮影で使っているPCに繋いでいて、常に1時間毎にバックアップを自動的に取るように設定しています。

テザー撮影をしているので、Macで言うところのピクチャフォルダに画像データがたまっていくのですが、コピー専用のアプリケーションを使って1時間毎にピクチャフォルダのバックアップを取ります。

使っているアプリケーションはこちら

CarbonCopyCloner

Macの世界では定番のCopyソフトですが、素晴らしいです。確かドネーションウェアだと思いますが、お金払う価値があります。

| | コメント (0)

2018.09.06

MacBookPro 2018で使うもの 3

Img_9836
新しいMacBookProですが、本体は薄くなって、それは結構なことなのですが、頂けないのはACアダプター。

これがバカにならないくらいデカい。

しかも、Appleなので高い。

持ち歩くのがイヤなので、例えば家と事務所の2カ所にACアダプターは欲しいところです。

ロケに持ち出すにも、スタジオに設置してあるのを外して持っていくのも面倒。

ということで、小型のACアダプターを探して、買ってみました。

写真の左がApple純正、右が今回買ったものです。ステッカーは僕が貼ったもの。

ものはこちら

Omars USB C PD充電器60W「PSE認証済」ノートパソコン充電器 PD3.0 急速充電対応 折り畳み式ACプラグ付き ACアダプターusbc to cケーブル付き (PD充電器60W1ポート) (60W)

MacBookPro用ではないので、自己責任でMacBookProに使いました。

容量も60Wですから、正規のものよりも少なく、充電時間が掛かります。が、使えます。

ロケでテザー撮影をしていて、丸一日使っても問題ありませんでした。使用中でも電池が減ると言うことはなく、100%充電されます。

アダプターからコードが直付け。

これも、コードを忘れることがないので、むしろ便利。

なにせ、小型軽量なのがありがたいです。

新しいMacBookProをお使いの人にはオススメです。

| | コメント (0)

2018.08.29

MacBookPro 2018でモデル撮影

Img_6894

MacBookPro2018での初ロケ。

モデルカットで50GB弱の撮影だったけど、何のストレスも感じず。やっぱり新しいのは快適、というのが実感出来る。

でも、USB端子4個はすべて使ってしまう。

電源、外部モニター、カメラ、外付けハードディスクで。次のモデルは6個くらい付けて欲しい。

| | コメント (0)

2018.08.21

MacBookPro 2018で使うもの 2

Img_9837二つ目はこちらのカバー。

もう何年も前からこの手のカバーを使っています。

ロケとかに持ち出すときに、置く場所によってはあまり置きたくないようなところでパソコンを置くことが有ります。

例えば、工場のコンクリートの床とか、アスファルトの道路の上とか、、、

その度にパソコンのことを気にするのがイヤなので、傷が付かないようにこのカバーを買った直後から点けるようにしています。

白と黒の部分はマジックテープ。ここに外付けハードディスクなど、マジックテープで付けておきます。ノートPCで撮影に使う場合、万が一に備えて、必ずバックアップを外付けハードディスクにコピーを取るようにするのは常識ですが、ロケ場所によっては置き場所が困るのでこうやって裏に付くようにしています。かっこ悪いですが、便利です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧