« 近くの公園 薔薇 | トップページ | CaptureOne 20 バージョンアップしたヒーリングブラシがすごい »

2020.05.11

本日の撮影もZoom

こういう状況下でも撮影を頂いています。ありがたいことです。

非常事態宣言が出て、自宅からのリモートワークをしている人が多い世の中ですが、すべてのものが売れていないわけではなく、今だからこそ売れているものも有ります。そういうところにビジネスあり。

まあでも、これは運次第という感じですね。今までやっていた撮影分野が偶然そういうところだったという人も少ないけど居ますよね。

今日の撮影は確かに今売れている分野でもあります。

クライアントさんは自宅からのリモート立ち会いで、僕のスタジオと繋いでいます。

今回は3名様のクライアントと同時に繋ぐ必要があったので、この機会にZoomの有料会員になりました。やはり40分では撮影の立ち会いには短すぎるし、複数名を長時間繋ぐとなると有料会員にするしかない。

Dsc03386

今回もiPadProでZoomミーティングを開いて、そこからクライアント3名を招待する形にしました。

撮影風景はiPadProのカメラから中継。マイクもスピーカーもiPadProです。移動が楽なので、撮影セットに近づけるのもすぐだし。

ある程度撮影が進んできたところでCaptureOneから軽いデータを現像してLightroom CCでウェブ共有させます。

200511_0001

Lightroom CCに読み込ませるとWebにも反映出来ます。

Webは招待者だけが見られるようにしているので、新製品の撮影でも気密は保たれます。

Zoomで画面共有させないのは撮影カットの細部確認がZoomでは無理だから。

ウェブ共有なら拡大しての確認も出来ますし、JPEGデータをダウンロードしてPhotoshopなどで確認も出来ます。今回のクライアントさんも素人ではないので、その辺りはご自分の自由なアプリケーションで見た方が良いでしょう。

全くの素人でもLightroom CCのウェブ共有ならそこそこの拡大も簡単だし。

ただ、この印象は僕個人のもので、クライアントから聞き込み調査をしたわけではないので、クライアントさんは別の感想をお持ちかもしれません。やりにくいとか面倒くさいとか。

こういうテクノロジーを使ったものは得てしてその人の独りよがりになりがちで、、、僕なんかは特にそういう傾向があります。

他のスタッフが着いてこない、そういうデメリットは避けたいですね。

そういう意味で、結局はスタッフ間でのコミュニケーションがいつもよりも必要なんでしょうね。

|

« 近くの公園 薔薇 | トップページ | CaptureOne 20 バージョンアップしたヒーリングブラシがすごい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。