« ヨガマット購入 | トップページ | Apple Watchにほめられ »

2020.04.19

東京は青空

この土日、久しぶりに撮影でした。

この時期は例年、雑誌のゴールデンウィーク進行があり、ほとんど休みのないのがいつもの年です。

今年はほぼ仕事がないゴールデンウィーク前になっています。

少しながら雑誌の仕事があるので、そのために今日も撮影で事務所に出ています。

こういう非常事態でも印刷する定期刊行物は発行する限り仕事はあります。ありがたいことです。

Apc_0022

事務所に来る道すがら、青空が素晴らしい。

全国的に自宅待機の自粛態勢ですから、交通量もないし、工場なども止まったままです。

だから、と言うこともないでしょうけど、東京は素晴らしい青空。季節は新緑の時期になります。

こんな素晴らしい日本なのに、、、

Apc_0027

浜松町の駅から見た芝離宮公園。

ここももう長い間入ることが出来ません。駅のコンコースからは無人の庭園が見えます。

今日の撮影は編集者が立ち会いました。

久しぶりに妻以外の人と話をした感じ。人と会えないのは寂しいものです。

その人といろいろ話をし中では、、

5月6日に自粛態勢も解除されるでしょうけど、それで元に戻ると思っている人が多いのに驚く、ということでした。確かに、周りにはそう思っている人が多いです。そんな事あり得ないでしょう。今よりは緩くなるでしょうけど、この感じは数ヶ月、もしかしたら来年も続くかもしれない。

コロナ騒ぎも夏くらいには終息すると思っている人は、ここでも紹介した東大の先生のFBをもう一度よく読んでください。

そんな夢は跡形もなく吹き飛びます。

これから1年以上、こういう状況下でどうやって生きていくか?それを考えないと。

旅行業界、スポーツ業界、演劇映画業界、、、たぶんほとんど壊滅的な影響になるんじゃないかと思っています。それに携わっているカメラマンも。

コロナ以前の好きなときに好きな場所に行ける、そんな時代はもう2,3年は来ないと思います。

どう生きていくか?生きるってなんなのか?すべての人が考える時期なんでしょうね。

|

« ヨガマット購入 | トップページ | Apple Watchにほめられ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。