« macOS CatalinaからiPad で「Sidecar」注意点 | トップページ | 最近のお仕事 グッズプレス »

2019.10.11

macOS Catalinaはやっぱりまだか?

macOS Catalinaを入れたMacBookProでテザー撮影をしてみました。

CaptureOneは問題なく接続、撮影出来ます。ソニーα7R4ですが、そもそも、C1でのサポートが未完です。

191011_0001

テザー撮影時にライブビューをサポートしていません。未だにアップデートもされていない。撮影、調整、現像は出来ますが。

Mac OS 10.14のままになっているMacProでもC1でテザーするとライブビュー画像は見えません。これは同じなので、まあ仕方ないと。

MacProでソニーα7R4をテザー撮影する際に、ライブビュー画像が必要な撮影ではソニーの純正アプリ、ImagingEdgeアプリケーションを使っていました。
若干使いにくいですが、ライブビュー画像も問題ないし。

同じようにMacBookPro(macOS Catalina)からImagingEdgeアプリケーションでテザー撮影しようとしたら、、

191011_0004

USBでの接続は出来ているようですが、この先、ダブルクリックすると

191011_0002

突然終了してしまいます。

運良く、終了しないときもあるのですが、その時でもテザー撮影は出来ません

191011_0003

このようにアラートが出て結局は撮影も出来ない。

対応していないんだから仕方ないと。

macOS Catalinaはその他、キヤノンのEOSユーティリティでも一部問題が出ているようです。

また、僕個人ですが、カードマインダーというアプリが使えなくなってしまい、若干困っています。

これはスキャンスナップの名刺スキャン管理アプリで、僕は名刺をこれでスキャンさせていました。スキャンしたデータは自動的にテキスト変換、Macのアドレス帳に入ります。これはめちゃくちゃ便利。

ぼちぼち古い機種なので、買い替えなんでしょうけど、、、こういうデータベースは換えるのが面倒くさいですよね。

カテリナにして良かったのか?

まあ、今のところはしなくても良いアップデートでしょう。

でも、いつかはアップデートするので、遅かれ早かれこういうことになりますが。





|

« macOS CatalinaからiPad で「Sidecar」注意点 | トップページ | 最近のお仕事 グッズプレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« macOS CatalinaからiPad で「Sidecar」注意点 | トップページ | 最近のお仕事 グッズプレス »