« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019.05.18

アマゾンでAdobe Creative Cloud セール中

例年のことですが、アマゾンでAdobe Creative Cloud がセール中です。

Img_6118

自分のPCからみてみると履歴が残っていて、、、やはりこの時期に買っていました。

値上げするか?と言う噂も明日昨今、この機会に買っておいた方が良いでしょうね。

 

| | コメント (0)

2019.05.13

ツツジの季節

_ds70503

先週末は甲府までロケ。そのロケ先にあったツツジです。ちょうどしたから見える位置だったので珍しいアングルになりました。

あっと言う間に季節は巡っていきますね。

| | コメント (0)

2019.05.11

ソニーα用リモコン RMT-P1BT 使っています。

ソニーα用リモコンRMT-P1BTを使っています。と言っても、GW開けでそれほど撮影がないので数回ですが。

19050800341

その中でこちらを紹介します。

講演会の撮影です。僕はあまりこの手の撮影をしていません。久しぶりでした。この時は想像以上に大きい会場で、持っていった望遠レンズソニーα 70-200/2.8 では短くてかなり焦りました。100-400が欲しいですね。それとテレコン。

ま、それは置いておいて。

短いので近くまで寄って撮ります。

この手の撮影では寄り引きを撮るのが鉄則。でも、カメラマンは僕一人。

会場を前に行ったり後ろに移動したりを繰り返して撮影します。ものぐさな僕は「新しいリモコンで三脚に付けたカメラを遠隔操作すれば良い」と思いつきました。

昔から良くある方法です。ワイヤレスでシャッターを切るためにいろいろなリモコンが存在しました。よく使っていたのはストロボの無線シンクロ。これをシャッターの端子に変換して無線で切れるようにしたものも持っています。

今回はソニーのリモコンを使ってみたのですが、上の写真が引きのカット。一番後に三脚据えたカメラです。24ミリでこのくらい。

僕は前に居ます。左側の赤丸の部分

19050800342

僕が写っていますね。

僕はここから演者のアップを狙い、引きのカットはリモコンで撮ります。

三脚に付けたカメラはソニーα7R3。今のところこのカメラしか使えないのがネックですが、この時はむしろよかった。理由は、、、

高画素なので、トリミングすれば壇上の人の正面カットとして使える。大きく使うカットとしては不足ですが、ほとんどの場合、それでも何とかなるレベルです。

もし、もっと寄りのカットが欲しいとなったら、そのカメラに標準レンズ、もしくは24-70を付けているので、ズーミングすれば良い。さすがにズームはリモコンでは出来ないですが。(対応のレンズがあればそれも可能になるらしい)

使ってみて不便だなと思ったのは、撮ったときのフィードバックがないこと。リモコンを押しているけど、実際に撮れているかどうか?は分かりません。カメラのところに行って見て、再生して、撮れていることを確認出来ます。

便利なところは、AFが効くので顔認識にしておけばその人にピントを合わせられる。が、これも目的の人の顔面に持って行かれることがあるので、要注意ですが。でも、回避方法は簡単。AFエリアを目的の人だけをカバーするようにすれば大丈夫です。

高いリモコンですが、まあ、持っていても良いかもね。

 

| | コメント (0)

2019.05.06

体重計(体組成計)購入 タニタ インナースキャンデュアル

体重計を買いました。

去年、雑誌SPA!の撮影で体重計を撮影したのですが、その時に使ってみて、これは良い!と思って、いつか買おうと思っておりました。

1809180689この時の撮影。

タニタの体組成計です。
偶然、タニタのプレスの人が以前一緒に撮影した人で、この写真をみて喜んで頂いたそうです。余談ですが。

体重計と言っても昔ながらのものとはもう全然違っていて。今は何でもそうなのですがスマートフォンに連動しています。少し前まではバーが付いていて体重計に乗った上に更にバーを握るというものでした。これは身体の中の電気抵抗値を測るためです。

今のものはそのバーが無くなり、足の裏からの電気抵抗値を測って全体を推測しているようです。

Img_7125

これが僕のデータ。

毎週のようにゴールドジム浜松町に行ってるので、普通の同世代の人よりはマシだと思います。それでも内臓脂肪レベルが多いのが気になります。これだけ運動していてもそうなのか・・・と思うと気が遠くなりますが。

こういうデータが乗る度に蓄積されていきます。

このデータはiPhoneのアプリ「ヘルスケア」が読み込み、統合されます。

更にヘルスケアにはApple Watchから歩数と心拍数のデータ読み込まれます。更に更にですが、ここ半年くらいはApple Watchの睡眠アプリを使っているので、睡眠時の記録もこのヘルスケアにまとまります。自分の身体データは今のところすべて一元化されていることになります。

だからどうした?ってこともありますが。

Img_7124

Apple Watchは日々の運動量を見ているので、少しでも運動が足りないときはアラート出してくれるし、座りっぱなしの時もアラートしてくれるので、僕にとってはすごく便利な時計になっています。

今回、体重計のデータも蓄積されていくので、この先どうなるか?ちょっと楽しみ。

 

| | コメント (0)

最近のお仕事 SAVAS プロテイン

SAVASのカタログ、イメージ撮影をいたしました。

Img_7120

カメラはPhase One XF、レンズはシュナイダー120mmマイクロ

 

この時に買ったプロテインを飲んでいますが、すごく飲みやすくてビックリしました。

プロテインはゴールドジム浜松町に通うようになってから飲んでいるのですが、最初はゴールドジムオリジナルのものを飲んでいました。結構お高いので最近は安いものをアマゾンで探して購入していました。ザバスは昔、やっぱりジムに頻繁に行き始めたときに飲んだことがあったのですが、その時は長続きせず、、、

今回、その時以来にザバスを飲んでみたのですが、あまりにも飲みやすい。と言うか、溶けやすいですね。安いのはアメリカからの輸入品がほとんどですが、品質的に安心出来るのは国内メーカーのものだな、と改めて感じました。

| | コメント (0)

2019.05.04

最近のお仕事 ホテルユニゾグループ

190406_0004

ホテルユニゾグループの撮影をいたしました。webサイトが更新されています。

| | コメント (0)

Adobeは値上げするか? 再び

連休中だったり令和になったりでこれも話題にもならなかったのですが、再びAdobeは値上げするか?です。

YOUのデジタルマニアックス

リンクにも書かれていますが、北米ではすでにこの価格設定しか契約出来ないようです。

思えば今年の1月にAdobe系のアプリが値上げするのではないか?という話を書いています。

Adobeは値上げするか?

ここにも書いているように、iPad版のPhotoshopの行方次第で値上げはあり得る、と思っています。この時の予想は完全に外しましたが。

北米での価格設定を見ると、クラウド容量が1TBになっているので、これはLightroom CCをメインで使っていくことを想定していると誰もが簡単に想像出来ます。

それ以外でもiPadでPhotoshopが出来るようになるとクラウド経由で画像ファイルをいじるようになるはずなので、今の容量ではとても足りなくなってくると予想されます。時代的にもなんでもクラウド依存になっていく背景もありますし。

日本での価格変更は不明ですが、いずれは、と思えますね。ビジネス系のニュースを読んでいるとAdobeは黒字続きという話。サブスクリプションモデルの成功例として取り上げられています。

クリエイティブ系アプリではもうAdobe1強です。このまま値上げされてもどうにも逃げられません。後はどうやって元を取っていくか?ですね。クラウドが大きくなるのならそれを使い倒すことを考えましょう。

| | コメント (0)

連休中ですが。

10連休中です。

仕事はないのでまんま休みなのです。が、毎日のように事務所に出ています。家に居てもやることないし。

以前は休みの度にどこかに出かけていたのですが、ここ数年は全く出なくなってしまいました。どこ行っても混んでいるし、行き帰りの車は渋滞するし。お金かかる割に効率がよくないな、と考えてしまうともうダメ。

事務所に居るのが結構好きで。というのは音楽も自由に掛けられるし、PCはあるし。家には数年前からPCを置かないようにしています。仕事は家でしない、を徹底させています。だから、家でやることと言ったらテレビ見ているくらいで。これまた、面白くない。

妻が居るときは妻と一緒に出歩くのですが、妻が居ないときはやることなし。ここ2,3日は妻が出かけているので、僕一人。もし、結婚していなかったらどうなっていたんだろう??といつも考えてしまいます。それくらい依存度が高い感じ。

さて、昨日のことですが、事務所でPCを起動しようとしたら、まったく起動しなくなってしまいました。

事務所は2フロアあって、3階がスタジオ、4階が事務所です。3階で撮影用のMacBookProを使っていて、4階事務所には画像処理、事務作業をやるMac Proがあります。そのMac Proが起動しないのです。

と言っても、実は急にそういう事態になったわけではなく、、、

もう、1.2年前からそんな感じでした。

起動しない、という言葉は正しくなく、本体は起動しているがモニターに映らない、というのが正しい。そうなるとモニターの電源を入れ直してもモニターが写ることはありません。仕方ないので、本体メインスイッチから強制終了。再度電源を入れて、本体の起動スイッチを入れた瞬間にモニターのスイッチをオンにすると起動画面が表示されます。

そんな感じでごまかしながら使っていました。が、あるときから普通に起動出来るようになって、なんだか分からないけど、ま、いいか!って感じでよかったのですが、去年末にMacOSを新しいOSにアップデート(Mojave)したらまたまた同じ症状になってしまい、今日までその状態でした。

メインPCなので、大幅なOS入れ替えなどはやりたくない。かと言って不便だし。

そもそも、問題の切り分けが出来ていない。モニター、Mac Pro本体、OSと3つトラブルの原因が想定出来ます。

スタジオにあるイイヤマのモニターにMac Proを繋ぐと問題なく起動、表示します。

また、スタジオのMacBookProを事務所のモニター(colorEdge)に繋ぐとこれも問題なし。

これで何が悪いのか?原因究明出来なくなっています。MacProとcolorEdgeモニターの相性が悪い、ということになる。

MacProのOSを入れ替えて試す、と言うことも考えたのですが、OSの入れ替えはかなり面倒な作業です。MacのOSを入れ替えるのは簡単だ、と言う人も居ますが、それは単純に移行アシスタントを使って移行した場合で、それだと、トラブルを抱えているときはそのトラブルも一緒に移行してしまうので、問題解決にはなりません。OSのクリーンインストールをしないと根本的な解決にならないことが多いです。

と言うことで、事務所のPCが使えないのでは仕事にならないので、暫定的措置としてスタジオ用と事務所用のMacを入れ替えて使うことにしました。

Img_7128

単純に本体だけつなぎ替えれば済むと思っていたのですが、、、

そもそも、MacProの端子がThunderbolt2という今では古い規格で、新しいMacBookProのThunderbolt3とは違っています。今のMacは本体のストレージがSSDなので画像データなどはすべて外付けハードディスクに持つようにしています。事務用MacProではThunderbolt2接続のG-RAID 8TBを使ってます。RAID0でスピード重視にしています。これをMacBookPro(2018モデル)に繋ぐにはThunderbolt3-Thunderbolt2のアダプターが必要です。

去年、MacBookPro2018を買ったときにそのアダプターも買ったので持っているのですが、その時にテストしてみましたところ、転送スピードがガックリ落ちるんですよね。

だから、今まで使っていたG-RAIDと画像データのやりとりが遅くなっています。

その他にもHDDが2機、プリンターなどが繋がっているので、それを使えるようにしていく作業はかなり時間が掛かりました。またRAIDなので、そのデータを自動的にバックアップさせるように設定し直すとか、とにかく面倒くさい作業でした。

そこまでやっても暫定的な措置ですから。

でも、何が悪いのか?分からない状態で例えばモニターを買い替えるとか、本体のOSを入れ替えるとかはこれ以上に被害が大きいことになるので、今はこれでしのいでいこうと思っています。

普段、何事もなく使えているPCが突然使えなくなる、、、そういう時に限って急ぎの仕事だったら、、、と思うと、この連休中に使えるようにすることは運が良いとも言えます。

Thunderbolt2のG-raidも古くなってきたのでThunderbolt3接続の新しいのを探しています。これかな〜

| | コメント (0)

2019.05.01

令和の花

L1000426

妻が先日行ったフラワーアレンジメント教室で作りました。

令和がテーマだそう。

平和で良いな。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »