« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.30

ソニーα用リモコンRMT-P1BT

新発売のソニーα用リモコンRMT-P1BTが届きました。

ネット上ではいくつかリポートが上がっていますが、どれもプロ向けとは言いがたいので、自分で書くことにしました。

Img_9904

まず、僕が使っているのはこのRMT-P1BTで4個目のリモコンとなります。

写真の左から順番に買ってます。

 

一番左が最初に買ったものでとにかく安いもの、という基準で買いました。

左から2番目がインターバルシャッターを切るために買ったもの。この二つがROWAのリモコンです。

Img_9906

3番目が現在最も使っている赤外線リモコン。これもアマゾンで買いました。値段が500円程度と安かったので試しに買ってみたところ、十分使えるので今でも便利に使っています。

 

右端が今回の新製品RMT-P1BTです。

Img_9905

大きさは上から見るとこういう感じですが、横から見ると厚みがあります。3番目の赤外線リモコンはカードタイプ。

Img_9908

新しいリモコンRMT-P1BTの使い勝手はブルートゥースなので今までの赤外線リモコンやワイヤードリモコンと違って非常に便利です。赤外線リモコンだとカメラ前面にある赤外線受光部に向けてスイッチを押さないとシャッターが切れません。ブルートゥース式だとそんな事もなく、極端に言って隣の部屋からもシャッターが切れます。

これはインテリアの撮影など便利に使えるでしょう。

 

で、実際の使い勝手ですが、、、

 

ここで問題があります。

 

リモコンの問題ではなく、カメラのAF問題ですが。

 

ソニーαに限った話ではないのですがAFとシャッターの関係性が問題になります。

ソニーαの設定ですが、AF-SAF-Cの二つのシーンでそれぞれ設定が出来ます。確か初期設定ではバランス重視になっていたかと記憶しています。

Img_9912

フォーカス優先

AFで合焦してからシャッターが切れる。合焦しないとシャッターが切れない。

レリーズ優先

AFでの合焦は関係なくシャッターが切れる。とにかくシャッターチャンスを優先したい時に使う。

バランス重視 上の二つの中間設定。AFでチャレンジするが、何回かチャレンジしても合焦しない時はシャッターが切れます。

 

以上の違いです。

Img_9913

この設定はリモコン使用時にも反映されています。

つまり、リモコンからシャッターを切った時、場合によってはシャッターが切れないことや、ピンボケ写真が出来ることもある、ということです。

 

手持ち撮影ならそういう事態になった時の対処をすぐにすれば良いのですが、リモコンだと対応出来ないこともあるでしょう。例えば、高いところにカメラを設置して撮影するとか。わざわざセットしたのにリモコンからシャッターが切れない、、、ということもあり得ます。

 

そこで僕が考えた設定です。

Img_9914

RMT-P1BTには二つのカスタムボタンがあります。C1AFオンボタンです。これにカスタム設定が出来ます。が、このボタンはカメラ本体のボタンと同じ設定になります。

つまり、今、手持ち撮影でC1にカスタム設定をしていて、それを多用しているなら、リモコンのためにその設定を変更することになるので、それは現実的ではないだろうと思います。

 

僕の場合、AFオンボタンはAFONで使っていますがC1ボタンはそれほど使っていません。で、その帰りC1ボタンにカスタム設定を割り当てました。「再押しAF/MFコントロール」です。

 

この設定をすると、MFになるので、例えピンボケだろうがシャッターが切れます。

 

でも、ピンボケでは意味がない、、、

 

そこでRMT-P1BTにはピントをマニュアルで動かせる機能が付いています。

シャッターボタンの上の+-がピント位置を変えることが出来るボタンです。

AFでピントが合わなかったらC1ボタンを押してMFにして+ボタンで手動でピントを合わせ、シャッターが切れば良いのです。

 

文字だと分かりにくいので動画にしました。以下をご覧いただきたい。

注意:このサイトから見ると右が切れます。上のリンクから直接YouTubeで見て下さい。

 

いかがでしょうか?

 

結構面白くなりますよね。

 

僕は物撮りが多いので、三脚に付けていてもリモコンでシャッターを切りたい。なぜなら、後で合成する時に手でシャッターを押すと微妙にカメラが動いていて、それを合わせる手間が発生するからです。このリモコンを使えばカメラは全く動かず正確にシャッターが切れます。ピント合わせもマニュアルで正確に出来ます。

 

更にこのリモコン、iPadProなどでソニーαのアプリで無線接続した時でも同時使用出来ます。これは地味に便利。もちろん、ピントチェックはiPadProから出来ますし。

 

と言うことで、ちょっとプロ向けなRMT-P1BTのリポートでした。

 

 

 

| | コメント (0)

2019.04.24

GODOX AD200 は Profoto B2の夢を見るか?

この商品が出たときから気になっていて、先日の外ロケの時にProfoto B2と同時使用する時、あったら良いなと思ったので買いました。

 

値段が安いので、それなりの作りです。

Img_9889 内容物はこれだけ。

丸形ヘッドのAD200を一回り大きくするとProfotoのヘッドに合う、と言う発想から出来た商品です。

Img_9890丸形ヘッドをこれに入れてもう一方をはめれば出来上がり。

Img_9892 Img_9891

結構無理矢理な感じですが、、、まあ、使えます。

Img_9888 チューブタイプのヘッドを入れることも可能。その際は反射板が付いています。たぶん、こういう使い方の方が光が散光になります。このままと言うよりも、ボックスライトに入れる時の話ですが。

Img_9893 ネジが切ってあるので、そこに丸形ヘッドに付いているダボを入れればスタンドに着くようになります。

Img_9894 Img_9898

傘もその穴を利用。ボックスライトはアマゾンで売っている3000円くらいのこれもGODOX のボックスライトを流用したProfoto用に付くようにしたものがそのまま使えるようになります。

僕がやりたかったのはこういうこと。Profoto B2を使っていて、どうしても離れたところにもう1灯使いたいというシーンは良くあります。その時にProfotoをもう1個持っていくのは難しい。そもそも、ロケ用のバッテリータイプはB2しか持っていないし。

Img_9897 Img_9899

ボックスの方は僕がアマゾンで買ったリングを改造しています。Profotoのオカマはこんな感じで使えます。

泣けることにちゃんとメモリも付いている。スゴいな。

Img_9900

ProfotoとGODOXの違いはスタンドに着ける部分です。ここの強度が全然違う。

Profoto B2はヘッド部分に傘を差す穴があるので、それも便利。GODOXはクランプ部分に傘用の穴が付いていて、強度的には全然ダメです。が、この部分は自分で他のパーツを使うことも出来るでしょう。コメットあたりのパーツが流用出来るかも。

Img_9901

左がProfoto、右がAD200。まあ、よくもこういう商品を出せるな、と感心します。悪い意味で。

Img_9902

左がAD200,右がProfoto B2。パワーが違うのでジェネレーター部分の大きさが倍以上違っています。

ネット上ではもうGODOXで十分という意見はよく見ますが、実際にProfotoと比較すると、ある意味十分ですが、実際に使うと長期使用は難しいと感じます。耐久性もたぶん違うでしょうし、それ以前に普通に使う時でも使い勝手が落ちます。Profotoはさすがによく出来ている。

まあ、値段の差がありすぎですが。

本来ならProfotoは新しいB10と比較するべきですが、B10はバックオーダーを抱えているくらい売れているようで、すぐ欲しいという人には難しいでしょう。こういうところがProfotoがビジネスチャンスを逃しているところなんですよね。A1もソニー対応モデルが出ないとか。

Profoto B2はこのところ使う機会はめっきり減りましたが、先日の外ロケのようにちょっとハードな想定だとやっぱりProfoto、となります。丸一日使っても全然平気だし。

 

| | コメント (0)

2019.04.18

取材用ストロボはこんな感じ

僕の仕事で取材系の仕事は数としては最も多い仕事かもしれません。

本日もそういうお仕事。

そんな取材系で最近使っているストロボセットがこんな感じです。

_dsc0917

ここには何度か書いているカーボンスタンドにGODOX AD200というストロボ、それに透過型の傘。

たぶん、これでほとんどの人物系取材ものは撮っています。

カーボンスタンドは軽くて良いのですが、その分、ストロボをセットすると重心が上に行くので転倒しやすくなります。いろいろ考え、試行錯誤して今はAD200の本体部をここに下げています。

_dsc0870

タイラップで丸いキーリングをスタンドに直で止めています。そこにAD200のソフトケースに付けたカラビナでぶら下げるというやり方。

現場でのセッティングが早く、しかも、重心が下がるので安定感もあります。

透過型の傘は折りたたみ式なので、上の写真のようにたたんだ状態だと邪魔にならずに置くことが出来ます。この状態で片手で移動も楽。これ一灯でもたいていは大丈夫です。が、僕は2灯持っていきます。2灯ないとライティングの自由度が全くありませんから。

| | コメント (0)

2019.04.17

ポメラ 10周年記念サイト

ポメラの撮影ですが、こちらの10周年記念サイトにまとまりました。

https://www.kingjim.co.jp/pomera/10th/?fbclid=IwAR03N454o5CzPpAo-DTHyz08-cg2X1FQsWGu1f3KWgZIyEonuAP0C9VEx0s

 

ご覧頂ければうれしいです。

| | コメント (0)

アマゾンの背景はどうだったか?

本日、朝から某メーカーさんへ撮影。

昨日アマゾンから届いた背景を使いました。

190417_0239

使っていないバックペーパーの芯に巻いて放っておいたらご覧のようにしわは目立たなくなりました。

この背景はテーブルクロスのようなナイロンベースの生地にシルクスクリーンのようなプリントをしたものです。

プリントの質がそれほどよくないので、クローズアップではその粗さが写ってしまいます。これの幅いっぱいの引きで撮るくらいなら問題ない。数回使えれば御の字でしょう。

 

 

今日は別の背景が届きました。

 

これについてはまた時間が出来たときに。

| | コメント (0)

2019.04.16

今日の撮影は俳優さん。そんな時にトラブル

今日の撮影はある俳優さんでした。そりゃもう、誰でも知っているような有名な人。

 

それなりの緊張をして現場に行きました。やることはそれほど変わらないので、いつも通り撮影すれば良いお仕事です。

 

なのに、そんな時に限ってトラブル。

まず、ソニーα9でGODOXのトランスミッターが不調。これには参りました。

いつから不調になったのか?僕もよく分かりません。いつもGODOXばかり使っているわけではないし、ProPhotoも普通に使いますから。

シャッターを切っても飛ぶときと飛ばないときがあって、、、その場ではたぶんファームウェアアップしたときにすべてが初期化されたので、ストロボ関連の設定を戻し忘れたと思っていました。

事務所に戻って調べると、設定は問題ない。

撮影時にはあまりにも不発が続くので、もう一台持っていったソニーα7R3で撮影していました。R3が悪くはないのですが、やはり軽快に撮れるのは9の方で、出来ればそちらを使いたい。

R3の方にトランスミッターを付ければまったく問題なくシンクロします。

Img_7105

で、いろいろ調べた結果、ホットシューに付けたときシンクロ不良を起こす、と特定されました。明日も撮影、しかもロケなので、GODOXを使う予定です。シンクロコードを繋いでトランスミッターを使うようにします。面倒くさいけど。

 

さて、もう一つトラブル。

そのR3が突然こういう表示。

Img_7107

撮影中に見たくない表示です。

9はストロボ不調、R3はメモリーカード不調、、、持っている2台が両方とも不調になってしまいました。そんな事態に備えて3台目を持っていく人はそれほどいませんよね。僕も2台だけ。

 

撮影終盤だったので、R3はこのままにして持ち帰りました。ストロボを使わない撮影だったので、ソニーα9でその場をしのぎます。

 

常にカメラは2台持って行くので、こういう時でも何とかなりますが、まさか2台ともトラブルが出るとは思っても見ませんでした。長い人生、そんな事もありますね。ちなみにですが、事務所に戻って、スイッチを入れると、やはいこの画面になってしまいます。

上の写真のあと、キャンセルを押すとどうなるか?テストしてみました。(メモリーカードに入っていたデータはコピー済みです)

Img_7108

この画面になり実行をしないで、キャンセルとすると前の画面に戻ります。つまり、キャンセルのループに入ってしまい、実行を押すしか逃げ道がありません。

しかも、問題のカードを抜いても、そのカードを入れろと言ってきます。

 

試さなかったですが、たぶん、バッテリーを抜くしか方法がないみたい。

この時はコピー済みのカードを入れて実行しました。データを調べてみましたが、欠損などはなかったようです。

が、これがロケ先で起こったら?と思うと、かなり焦りますね。実行を押したらすべてのデータがなくなってしまうのではないか?と悪い方に考えてしまう。そんな事はないだろうと思いますが、万が一を考えますから。

トラブルの原因はカードかもしれません。1年ほど前にエラーが出たカードで、その後は予備のカメラに入れたりして使っていました。今回もR3は予備カメラだったので、このカードが入っていたというわけです。

ということで、もうこのカードは使いません。ちなみにトランセンドのカードです。(間違えました。レキサーのカードです。)

俳優さんがいい人で助かりました。でも、シンクロしていないときの表情の方がよかった。残念ですが、、

| | コメント (0)

アマゾンで背景を買う

アマゾンで背景を買ってみました。

 

 

届いたらしわだらけ。

と、コメント欄にはそう書いてあったので、驚きません。シートをたたんで出荷しているので、そりゃしわにもなります。

Img_7104

スチームを当てて、しわを取っています。

これは裏面で、表面はもっとキレイな色になっています。

この後、丸筒に巻いて、しばし置いておきます。

買値2000円ですから、こんなもんでしょ。明日のロケに使う予定。

| | コメント (0)

外ロケでMacBookProが起動しない!

先週末のロケでしたが、当初の予定とは違って外ロケと言うことに。それはどちらでも大丈夫なようにして行ってるので問題ありません。

 

が、

 

スタート直後、機材の準備をしていたらMacBookProが起動しない。起動しているような感じがしない、というのが正しい印象。

僕が使っているのは去年出た2018モデルです。

Apc_0016

通常はこんな感じで自社スタジオで使っています。Adobe系のアプリが2台まで使えるので、メイン機とこのノートで2台と言う使い方です。以前はスタジオ用、メイン、ロケ用と3台にしていたのですが、Adobe系のアプリが使えないと不便なので、ロケ用とスタジオ用を兼用するようにしました。

ラックの下段に入れて外部モニタを接続、モニタはミラーリングさせています。だから、MacBookProの液晶の輝度は落として使っています。

この使い方が外ロケには悪かった。

明るい屋外で液晶がどういう状態になっているのか?まったく判断出来ませんでした。

起動音もうるさい外だと聞こえない。

Macの最新のOSだと、起動時にユーザーを選んでパスワードを入れるという1段階が入ります。つまりこの時に液晶が見えないとその先に進めない。

僕は起動していないのかと思って、起動スイッチを長押しして強制終了させたりを繰り返してしまいました。キーを押しても反応があるのかないのか?よく分からない。新しいMacBookProって、起動スイッチが押している感じがかなり少なくて。

更に悪いのはタッチバー。

ここに輝度調整も入っているので、起動しないとその調整すら出来ない。

液晶の輝度を落としていると何も出来ないのです。

で、現場でこれは起動しているのかもしれないけど、見えないだけなのか?と思って、ビルの中に入って暗がりで画面を見たら、、、

やっぱりログインの画面になっていました。が、その時点で数回、ヘンなキーを押してしまっていたので、初期化するかどうか?のアラートが出ている。。。

危ね〜。

ここで画面が分からないまま、適当なキーを押し続けていたらMacBookProを初期化してしまうところ。>ま、たぶんそこまでには至らないと思うけど。

 

まあ、どちらにしても、このMacBookProは使いにくい。タッチバーなんて止めてしまえ!

Img_7102edit

 

撮影はこんな感じでした。

寒い中、2時間以上、這いずり回って撮影。アシスタント君には助けられました。

 

| | コメント (1)

最近のお仕事 ゲットナビでポメラ

2月くらいからの撮影分です。

ゲットナビでポメラの撮影をしました。有名人ばかり。

 

乃木坂46の高山さんのこのカットはシグマの135mmを開放で撮っています。ノートリの写真ですが、こういうかんじで画面の端の方に顔があって、目にピントって、数年前の僕なら躊躇していたカットです。今は押すだけでほぼOK。カメラはソニーα9ですが。

 

9を使っているときの安心感は絶大です。

 

| | コメント (0)

最近のお仕事 グッズプレス 2019/05月号

 

先月は雑誌グッズプレスのお仕事が多かったので、まとめて。

190414_0024_1 190414_0026_1 190414_0025_1 190414_0017_1 190414_0021_1 190414_0019_1 190414_0018_1 190414_0020_1 190414_0022_1 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »