« 花をPhase Oneで撮る | トップページ | 忙しい毎日:ロケでAD200 »

2019.02.10

GODOX AD200で花を撮る

123
再び咲いたユリを撮りました。

最初はグリッドを付けたコメットかProPhotoで光を当てようかと思っていたのですが、どうしてもスポットの半径が大きくなるので、AD200にスヌートを付けてやってみました。

Img_9876

モデリングランプがあるので、自分の目で見ながらギリギリ光の当たるところ、当たらないところを見極められます。


Img_9873

センチュリーで吊って、上から一発だけ。

ヘッドコードが短いので、本体もブームに付けましたが。

さて、カメラとのシンクロが問題でした。

カメラはPhase One XF。ホットシューが付いているので、GODOXのトランスミッターを付ければシンクロするかと思いきや・・・ソニーα専用のマウントなので、シンクロしませんでした。


Img_9874
AD200のシンクロターミナルにProfotoのトランスミッターを付けます。Profotoのトランスミッターは受信機にもなるので、Phase OneXFならそのままシンクロします。

Img_9871

フォーカススタックはPhase OneXFだと割に簡単に自動撮影出来ます。

C1を繋いでますが、カメラ単体で撮影可能。

XFは高いですが、スゴいカメラです。

|

« 花をPhase Oneで撮る | トップページ | 忙しい毎日:ロケでAD200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花をPhase Oneで撮る | トップページ | 忙しい毎日:ロケでAD200 »