« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019.01.31

Phase One IQ4 150MP

Apc_0009今週、Phase Oneの新しいデジタルバックの発表会があったので行ってきました。

場所は豊洲の先。とにかく遠い。駅から歩くと20分くらいかかるみたいなので、クルマで行くつもりだったけど、その前に銀行も行かないと行けないし、その後、銀座のソニーにα9を持っていかないと行けなくて、銀座経由で車だと駐車場代も掛かるし、、、時間も掛かるし、、、で結局電車で。

博報堂のスタジオと言うことで、そっちの方が興味が有りました。
大手の広告代理店のスタジオを見られるチャンスなんて、僕みたいなフリーにはそうありません。

湾岸に良くある、倉庫を改良したスタジオで、たぶんクルマも入るくらいの大きさ。うらやましい設備です。駅から遠いのは仕方ない。

さて、ワンショットで1億5千万画素のデジタルカメラと言うことで、楽しみでした。

すでにウェブ上にはオリジナルのサンプルRAWデータが出ているので、それを見た限りではビックリするほどの解像感ではありません。ただ、画素数が多いという感じ。これは1億画素のモデルが出たときも感じた感覚です。

たぶんですが、、、

6000万画素のデジタルバックから8000万画素になった時が最も違いが見て取れたと思います。

もはや1億5千万でもそんなにすごいと思わない自分にも驚きますけど。

Phase Oneで撮影していると、解像感に麻痺してくるんですよね。

解像感よりも僕が一番ビックリしたのはセンサーplusでの撮影。これが感度が上がらないで撮影出来ます。と言っても意味が分からない人がほとんどでしょうけど。
センサーplusという機能は4画素を1画素として取り込むという機能で、IQシリーズには以前より搭載されていたものです。
僕の使っているIQ280でもそれが付いていて、僕はよくそれを使っています。

なぜなら、、、

8000万画素も必要ない撮影の時に便利なので。ただし、このデメリットが感度が2段上がってしまうことです。

IQ280の最低感度はISO35ですが、センサーplusを使うとISO140になります。この感度だと物撮りの際にストロボの光量を相当落とさないと常に最小絞りを使うようになってしまいます。

新しいIQ4はこれがそのままの感度で画素だけ1/4になります。

これはホントに使いやすい。

1/4になっても3000万画素以上ありますから、ほとんどの撮影はこれで十分。
実用性が高いです。

あと、USB-C端子になったので転送が早い。

バックのOSがLinuxに変更されたことも大きい。開発のラウルさんによれば、今後のアップデートがしやすくなって進化していく、と言ってました。その意味で、今までで最も大きな変化であり、長く使えるモデルとなっている、と。

バックタイプはかなり壊れにくく、長い期間使えます。もちろん高価なので、当たり前といえばそうなのですが。

そうそう買い替えられないので、良いものを長く使えるシステムになっていることが重要です。

マジで欲しくなりました。

が、、、

これが必要な仕事はほとんどないのが実情。

でも、趣味で持つというのも悪くはない。

Liveシューティングをしていた博報堂のフォトグラファーも言っていましたが「最高のものを使ってみたい」ということが、すごく共感出来ました。

そうなんですよね。

必要かどうか?じゃなくて、せっかく写真家として生きているのなら世界最高のものを使ってみたいと思うのは理解出来るでしょう。

さてと、そんな事よりも日々の仕事を大切にしていきましょう!

| | コメント (0)

2019.01.25

GODOX AD200

961d6d5575694726b8627b733532a001もう一月くらい前ですが、ストロボを買いました。

GODOX AD200です。

プロカメラマン界隈では有名なストロボですね。アマチュアの人でも最近はこのクラスを買う人もいらっしゃる。

ロケ用ストロボとしては今ではデファクトスタンダードと言っても過言ではありません。(プロの間では。)

本体とヘッドがケーブルで離せるようになってからは便利さが倍増した感じですね。で、今週買ったのが丸型のヘッドとそれに付ける付属品。ヘッドと付属品で2万以下だったような。アマゾンですが。

ストロボ本体も4万を切っているのでかなり安い部類です。そもそもこのクラスではモノブロックと言って一体型ストロボは昔から使われていたのですが、ロケ現場での自由度から電池式のストロボの便利さが席巻。今ではモノブロックを取材などの小規模撮影で持っていくカメラマンは少数派になりました。撮影の時、先方に行って「電源をお借りいたします」っていちいち言うのも、、、ね。今ではそんなカメラマンは昭和の時代と言われてしまいます。

ただでさえおっさんカメラマンなんですから、こう言うところは気をつけないとね。

僕は以前からプロフォトB2を使っていたのですが、その流れでB10か、A1を買おうか?と思っていたのですが、なにせ高い。それと、A1はソニー対応モデルをいつまで待っても出さない。本来はA1を買うつもりだったのですが、、、ストロボのメーカーをプロフォトとGODOXの2系統にはしたくなかった。

もっとシンプルにしたい。

でも、背に腹は変えられません。

取材系の、金額的に決して高いわけではない仕事で高い機材はペイできないんですよね。

GODOXはクリップオンを数年使っていますが、どうせ壊れると思って4台も買いましたが、結果的に一台も壊れていなくて、それなりに耐久性はあると思えます。

すでにワールドワイドでは相当な数を売っているメーカーですから、ある程度の信頼性も期待出来るでしょう。

ロケ機材は小型化軽量化の為にだいぶ買い換えました。お陰でかなり楽です。

その話はそのうちに、、、

| | コメント (0)

2019.01.15

Apple Watch 4 やっと電話になる

Img_7029
写真はApple Watch 4でお正月の1月1日に表示されたメッセージ。

懐かしいですね〜。昔はMacをお正月に起動すると「あけましておめでとうございます!」のメッセージが表示されたものです。もう何年も前からそんな事はなくなりました。

Apple Watchにだけその名残があるのは不思議です。

さて、僕が去年買ったApple Watch 4ですが、GPS + Cellularモデルを買ったのですが、セルラーとして契約していませんでした。

実は契約しようと思っていたのですが、、、、

ある事情で契約出来なかったのです。


それは、、、

僕の携帯は法人契約のiPhoneだったので、その場合のApple Watchを追加でセルラー契約するには法人の登記簿謄本が必要だという決まりがあったのです。

それを知らずにドコモショップに行って、Apple Watchで通話出来るようにしたい、と言ったのですが、待たされたあげく、法人の場合、登記簿謄本が必要です、って言い出すし、、、浜松町の支店の場合、Apple Watchの扱いがないので、Apple Watchの契約に疎いと言うことでした。

登記簿謄本は法務局に行かないと発行出来ません。これがへんぴなところにあって、、、

港区なのですが、事務所からはそれほど離れていませんけど、それほど便利じゃない。年末は忙しかったこともあって、年明けの時間の有るときに行きました。

そもそも、ドコモでこのiPhoneに追加でApple Watchの契約をなんというのか?分かりませんでした。

「Apple Watchで通話したい」と伝えたら、そのまま通話をする説明をされて、、、いやいや、そうではなくて、Apple Watch単独で通話をしたいんです、と言ってようやく通じた。

この機能はドコモではワンナンバーと呼んでいます。

Apple Watchはセルラー無しでもiPhoneを経由して時計で通話出来ますから、それとゴッチャになったのでしょう。

で、やっと登記簿謄本を用意して、再びドコモショップに行ったのが先週末。

手続き自体はそれほどではなかったのですが、時間が掛かりました。

やはり受付の人が不慣れだと言ってました。

手数料は500円。これは手続き自体の料金で、あとは基本料金が毎月500円掛かります。これと消費税。

Apple Watchで通話出来るようになったということは、そのままネットにも繋がります。時計単独でネットに繋がっているので、メールの受信、天気、交通情報などはiPhone無しでも見られます。

試しに日曜日、iPhoneを持たずにApple Watchだけで銀座に出かけました。特に不自由は感じず。日曜日なので仕事の連絡も入りませんからね。

今日は仕事関係から電話があって、Apple Watchで電話を受けたのですが、やはり聞き取りにくい。発信者の名前はアドレス帳に入っていれば表示されますが、無い場合は電話番号表示だけなので、誰なのか?聞き取らないとなりません。
いつも話している人なら良いのですが、数年ぶりの人や、スポンサーなど、滅多に僕に電話を掛けてこない人だと、誰なのか?分かりません。

このあたりは時計の限界ですね。ただし、ブルートゥースでヘッドホン、イヤフォンと繋がっていればこのあたりは解決します。

僕はゴールドジムに週2回くらい行くので、ジムに行っている時間に電話があると対応が遅くなります。それでApple Watchで電話を受けられるようにしたかったのです。これでiPhoneを持たずにジムに行けます。いつでも電話を受けられるのはやっぱり便利ですよね。

| | コメント (0)

2019.01.12

CaptureOne アップグレード価格の謎

年末にC1のバージョン12の試用期間が終わってしまいました。

年始まで使わないので、そのままにしていて、今週、仕事が動いてきたので、使おうとしたら当然、使用期限切れ。想定内なので、バージョン11のC1を起動して、仕事していました。

12で作ったカタログがあって、そちらに過去1ヶ月くらいの画像データが読み込まれているので、やっぱりバージョンアップしないとダメか・・とあきらめてバージョンアップをしました。

20190111_154914


これがその時の画面

なんか金額が先月見たときと違う、、、

ちなみに、先月の記事がこちら

Capture One Pro 12 割安にアップグレード

この時のアップグレードの費用は18906円で今回は18010円。値下がりしています。

考えられるのは円高になったと言うこと。

この端数が存在する金額設定からも推測出来るのですが、ひょっとしたらその時の円-ユーロの換算レートから日本円表示にしているのかもしれません。

実はアップグレードの費用を少しでも安く出来ないか?いろいろな試したのですが、Capture One Pro 12 割安にアップグレードに紹介されている方法しか探せませんでした。
が、もうこのコードの有効期限が切れているようで、仕方なく普通にアップグレードした次第です。

探し方が悪かったかな〜〜と言うか、どうせアップグレードするんだから、去年のうちにアップグレードしておけば良かった。

正直なところ、新規対応のカメラを持っていなければ、旧バージョンでも問題ないと思っています。と言うか、毎年アップグレードするという姿勢に付いていけない。

ということで、撮影の仕事もぼちぼち入ってきていて一安心です。


| | コメント (0)

2019.01.10

noteで「フォトグラファーのためのiPad活用法」第2弾公開

noteで公開しているシリーズ「フォトグラファーのためのiPad活用法」の第2回を公開しました。

フォトグラファーのためのiPad活用法

もっと簡単に短くつもりだったのですが、際限がなくなってしまって。

自分ではいつも使っているものなのですが、人に読ませる、となると検証してみたりで、恐ろしく時間がかかっています。わかる人にはわかる、でも、そうではない人にとっては、結局使えるの?使えないの?という疑問が残ってしまうかも。

この辺りが、このnoteのいいところで、例えばこのFlashAIRのネット記事はいくらでもありますけど、メーカータイアップだと「こんなに便利」でいい面しかないのですが、実際に使ってみて、オイオイということが多いのです。

だからよいしょ記事とか言われちゃうわけで、なんの制約もなくホンネを知りたい、となると利害関係なしの僕みたいなのが書くしかないか〜、というのが始まりです。

だから、役に立った、という人から応援されると素直に嬉しいです。

先の1の回では100円で出しているのに、ポンと1000円もサポートしてくれる人もいらっしゃいました。信じられません。

ありがとうございます。

モノによっては役に立たない内容の時もあると思いますが、頑張ってみます。

| | コメント (0)

2019.01.07

noteを始めました。

noteを始めました。

まず第一弾はiPad活用法を書きました。

どうなるか?わかりませんが、、、このシリーズは追々公開していきます。

| | コメント (0)

2019.01.06

プロカメラマンは生き残れるか?

いつも拝見している吉村さんのブログで興味深い文章がありました。

写真家になるには

ここでも風景写真家として生きていくには?ということが書かれています。

今に始まった事ではないのですが、ここ1、2年のプロカメラマンの環境の変化を感じています。

新たなステージに入ったような気がする。

それは、、、

アマチュアに仕事を奪われるということです。

先の吉村さんのブログでも触れられていましたが、風景写真などは特に綺麗な風景の現地にいる人にはどんな有名写真家でもチャンスという数では負けます。旅行者と一緒で、その場所に行って撮る限り、気候にも左右されるし、限られた時間は極端に短いですから、勝負になりません。だから、北海道などに移住して写真を撮っている写真家は多いのです。東京から行ったのでは限界がありますから。

僕が感じているのはこれとは別のアマチュアとの戦いなのですが。

以前はよくあった取材、記者会見などの撮影ですが、今はほとんどの場合、ライターが写真を撮っています。写真を撮る専属でその場に居る人はよほど大手のメディアか、オフィシャルなどの専属のカメラマンです。

つまり、カメラマンはこういうジャンルからは必要なくなったのです。

また、僕のメインの商売である商品撮影の分野でも、その会社の人が撮るケースが多くなりました。もちろん、イメージカットなど機材も必要で、クォリティも求められるものはプロが撮りますが、そうではないカット、例えば機械の内部やスイッチの配置など説明カットと言われるものは、もうプロカメラマンに依頼されなくなりつつあります。
これは、プロカメラマンに依頼するとカット単価になるからで、撮れば撮るほど経費がかかるからです。

逆に言えば、、、

こういうカットがあったからこそ、僕たちプロカメラマンが稼げたのです。イメージカットだけでは時間がかかり手間がかかり、その割にはギャラが安いからです。ギャラ設定が説明カットが多くある前提で決めれれていた時代のままだから。イメージカットが安くてもトータルとしてそこそこの売り上げになればいいという考え方ですね。
その前提で、稼げる多数のカットが無くなればどうなるか?
割に合わない仕事だけ残ることになります。

今は高額なギャラで高品質な撮影をするトッププロか、一般人が撮るか?の両極端になりつつあります。
それまでは底辺カメラマンと言われていたような人たちすら存在出来なくなるでしょう。

それをどうこう言ってもどうしようもない。

それは先の吉村さんも同様です。

違う方法で稼ぐように、売れるようにしていく。

今やっているプロカメラマンはデジタルの波を乗り越えて生き残ってきた人たちです。次の波はアマチュアとの戦いです。この波をしのげるか?

| | コメント (0)

2019.01.05

Adobeは値上げするか?

12月にあった話ですが、AdobeCCが値上げするんじゃないか?と言う噂。

早速、斎賀先生がそれに備えての対処法を公開しています。

Adobe CC のライセンスを少しでも安く買う

この問題は、Adobeからのアナウンスで、年明けにAdobeCCの改訂に関してのアナウンスがあるという事前告知があって、すでにあるディーラーにはグループ版は価格が上がるというお知らせが有ったと言うことで、これは値上げに違いないという憶測が飛び交った、というのが年末でした。

僕も値上げだろうと思いますが、、、ここは1つ、その裏を読んでみたいと思います。>あまのじゃくなので。笑

なぜ、この段階で価格改定をするのか?

僕はここに引っかかっています。

CCに移行してもう何年も経っています。買い取り版からサブスクリプションモデルになると言うことで、誰しもが「いつかは値上げするんじゃ??」と予想していました。今回のアナウンスでとうとうその日が来たか、という感じですね。
ライバルがいなくなった時点で値上げは、あまりにも予想通り。

これだとなんのひねりもないので、以下は僕の邪推です。

2019年、AdobeはPhotoshopのiPad版を出します。

これはもうAdobe自身がアナウンスしているので100%確実。

さて、それでは今のままの価格設定、アプリケーションを含めてのセットで、このiPad版Photoshopは誰が使えるのでしょうか?

単純に考えれば、現状のPhotoshopの契約しているユーザーがそのまま使える、と言うのが普通の考え。

では、Adobeから見たとき、わざわざ多額の投資をしてiPad版Photoshopを作ったのに、現状のままで付加価値を追加するでしょうか?

僕がAdobeの社長だったら、そうはしないです。しかも、iPad版Photoshopは今後のPCレスという時代の流れを加速させるだろう転換点にもなる商材ですから、安売りはしないはず。

なら、この際にiPad版Photoshopは別料金で、と考えるのが普通じゃないでしょうか?

また、iPad版Photoshopを使うに当たり、iPadに画像ファイルを持っていく必要があります。現状ではiPadProで外部ストレージが読めませんから、クラウド経由で巨大なPhotoshopファイルを持っていく必要があります。これはAdobeのクラウドか、AppleのiCloudがその役をになうようになるはず。

仕事で使うようなPSDファイルだと1枚100MB以上になりますから、そういうファイルをいくつもデスクトップとiPadProの間でやりとりするには、それなりのクラウドが必要になります。

今はAdobeのクラウドはコンプリートプランで100GB。フォトプランの1TBで1980円です。

ここに単純にiPad版Photoshopを使えるようになるかどうか?

これが今回の改訂のポイントでじゃないかと思っています。

iPad版Photoshopはまだ誰も触っていないので何とも言えませんが、出来がデスクトップ版Photoshopと同じになったら、PCレスというユーザーが出てくるでしょう。その時にAdobeはどうするか?今と同等の収益構造を維持していくなら、iPad版Photoshopでもサブスクリプションとするはず。もしくはクラウドストレージ容量に課金するか?

また、今年はiPad版Photoshopだけかもしれませんが、動画系のiPadアプリも将来的には出してくるから、そうなった未来のAdobeCCはどうするか?

で、今回の改訂は単純な値上げではないんじゃないか?

と言うのが、僕の推理。

フォトプランが980円で済んでいるのも含めて、大幅な改訂があるんじゃないか?と睨んでいます。

ただし、、、

今のうちにCCを買ってそれに備えておく、と言う人も多いでしょうし、僕もそうですが、この先数ヶ月先、数年先までの料金を買って登録済みの人も多いはず。その人たちを裏切るようなことはしないはず。

ですが、例えば、新たにストレージ容量を増やしてiPad版Photoshopを使えるプランはそれに含まれない、とかはあり得ないことではないでしょう。

僕はすでにLightroom CCがプライベートではメインのアプリケーションになっています。事務所のPCでも、iPadでも、iPhoneでも、いつでもどこでも使えるというのは想像以上に便利です。
同じことがPhotoshop、そしてpremiereなどでも起きるでしょう。

Adobeは常に先を見ています。それが僕たちにとって幸せかどうかは別にして。

| | コメント (0)

2019.01.01

あけましておめでとうございます! 2019

Y2nenga2019
あけましておめでとうございます!

本年もこのブログをよろしくお願いいたします。

上の写真は今年の年賀状の写真です。

2018年に行ったバルセロナでの撮影。

今年は海外に行きませんでした。3年ぶりの日本かも。

夫婦揃って休めるのはこの時期だけなので、本当はどこかに行きたかったのですが、、、今回はそういう雰囲気でもなかったので。

いろいろありますが、今年もがんばって行きましょう。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »