« iOS12 スクリーンタイム | トップページ | 最近のお仕事 キリンウイスキー「富士山麓 Signature Blend(シグニチャーブレンド) »

2018.10.03

マウントが大きいことは良いことなのか?

Img_6917

各社の新しいミラーレス一眼で、新しいマウントが大きくなったことを書きましたが、大きくなったことは良いことなのか?疑問でした。

写真はキヤノンのAPS-CサイズミラーレスのEOS-M初期型です。右はソニーα7。7にはアルカ規格のプレートが付いていますから、一回り大きく見えます。それを抜きにして見るとやっぱりソニーαは35フルサイズのジャンルでは小型だったというのがよく分かります。

ニコン、キヤノンの新しいミラーレスはこのソニーα7に比べると大きいです。

僕がソニーα7にした理由の1つは小型軽量になることでした。

それが打ち砕かれるのはソニーの新しいGMレンズが軒並み大きくなってしまったことでした。

これじゃミラーレスの意味がないだろう。って

まあ、性能を突き詰めていくとどうしても大きく重くなっていくのですよね。それはソニーαでも。

ニコン、キヤノンの新型マウントのレンズは軒並み大きく重く、そして高価になっています。

これがおかしい、って言う人もいますが、高性能なものを出せば大きくなります。また、レンズのガラス原料が相当高騰していると言うことなので、新型レンズは軒並み高くなっています。

マウントを大きくして、先行しているソニーαに対抗して行くには、高性能なレンズを出していくしかありません。ソニーよりも劣るものは出せない。ニコン、キヤノンの意地に掛けても。

それはソニーαがGMレンズで他社よりも高性能なものを目指してきた道を同じです。

もう一度上の写真を見ていただくと、、、

7に付けているのはツァイスの35ミリ2.8という最も小型軽量なレンズです。α7にしたのはこのレンズがあったから、と言うのも1つの理由としてあります。

α7にこの35ミリを付ければ単焦点でのスナップカメラとしてかなり小型になるのです。僕が使っているライカQみたいに。理想を言えばライカQのように明るい1.7のレンズで小型軽量なものが出れば良いのですが。

ミラーレスのイメージって他の人はどうだか分かりませんが、僕は小型軽量。

新しいマウントを使ったカメラがどんどん小型ではなくなっていくことが残念です。

まあ、仕方ないですけどね。スマートフォンでかなりの部分写真として成り立ってしまう時代ですから。カメラ単機能としては高画質方向に行くしかない。

ソニーEマウントが小さいからダメ、みたいな評判もなくはないですが、小さいからこそ、小型軽量のレンズも出せるわけで、時代がどうなるか分かりませんが、ソニーの選択は結構良い選択だったのではないか?と思っています。

|

« iOS12 スクリーンタイム | トップページ | 最近のお仕事 キリンウイスキー「富士山麓 Signature Blend(シグニチャーブレンド) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iOS12 スクリーンタイム | トップページ | 最近のお仕事 キリンウイスキー「富士山麓 Signature Blend(シグニチャーブレンド) »