« カメラマン・湯浅立志のイチオシ 3 | トップページ | Seagate BarraCuda 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB »

2018.09.26

Phase Oneが富士フイルムのカメラをサポート テザー撮影も

Imbfckvdhiyaem1cpbjw
フォトキナの話題一色のこの頃です。

今朝のビッグニュースはこちら

Phase One、富士フイルム株式会社のカメラをサポート

プロフェッショナルフォトグラファーならびっくりしますよね。

Phase Oneが出しているCaptureOneは自社以外の中判デジタルには対応してきませんでした。

それは、自社製品と競合するからで、当然の仕様でしょう。

それが今回の発表で、富士フイルムのカメラに対応することとなりました。すでに新しいバージョンはダウンロード可能です。フジのカメラを持っている人なら今日からテスト出来るはず。

フジは35mmフルサイズを出してこなかったけど、ニコン、キヤノンのミラーレス化でどうせマウントが変わるのならこの際、フジの中判を選択する、と言う手も現実的になります。

気になるのはC1 for Fuji はサブスクリプションしかないという点。C1全体がサブスクリプション化される前触れかもしれません。去年くらいからサブスクリプションモデルの価格設定を出していましたから。

あるいはPhase One以外の中判にはお金を払ってもらう、と言う意思表示かもしれません。

何らかの続報があると良いけど。

フジのカメラで興味深いのは1億画素越のセンサーを使った上位機種を開発していると言うこと。

てっきり今出ている他社の1億画素モデルのセンサーを使ったものか?と思いがちですが、現存している一億画素モデルはすべて36×48ミリのセンサー。多分ですが、フジのGFXシリーズのマウントには入らないのではと思います。また、入ったからと言って、フジはそのサイズのものは出さないような気がしますが。

で、この新型カメラのセンサーは?というと、ソニーの新しいセンサーでしょう。すでに1億5千万画素のカメラは発売されていますから、44×33ミリのセンサーは現在の5000万画素から1億へ世代が進む予定です。>ロードマップで発表済み。

この新しいセンサーが新しいフジの中判に入るでしょう。

センサーシフト式の手ぶれ補正機能も付くと言うことで、1億オーバーでも使いやすい機種になればすごいことです。

フジはXシリーズでAPS-Cサイズにこだわり、そのステップアップ先として中判デジタルを用意してきました。フルサイズをジャンプして。
今年、各社からフルサイズのミラーレスがここまで出てくると、フジの選択は正しかったことになります。

もう、35フルサイズのジャンルはレッドオーシャンです。

ソニーαのブルーオーシャンだった時代は過ぎ去ってしまいました。

フジはそこに参入しないで中判デジタルに行く選択をしたフジの上層部の判断はすごいですよね!

Phase One、ハッセルと、ますますオーソドックスな中判デジタルメーカーは大変になってくるんじゃないでしょうか。高画素方向に行くにも限界がありますから。。。


|

« カメラマン・湯浅立志のイチオシ 3 | トップページ | Seagate BarraCuda 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。