« 最近のお仕事2018/03/03 | トップページ | 最近のお仕事2018/03/07 »

2018.03.05

結婚式での撮影

Dsc01806
日曜日、姪の結婚式に出席しました。

結婚式に出るなんて、何年ぶりだろう??もう、この年齢だと葬式の方が多いし、、、でも、葬式も最近は親族だけで済ませることが多くなってしまい、親戚、もしくは友人だからと言って、連絡も来ないから、亡くなったのを知らないと言うことが多くなりました。寂しいことですが、、、

で、超久しぶりの結婚式です。

親族としての出席だったし、別に写真を撮ることを頼まれてもいないから、気楽なものです。

でも、せっかくなので、α9にシグマの135ミリを付けて持っていきました。ちゃんとしたのは業者カメラマンが居るでしょうし、僕がしゃしゃり出ることもないでしょう。遠目からスナップする、と言う意味で、135ミリ一本勝負で良いかなと。あと、記念写真用にライカQを持っていって、レンズ的にはこの2本でという極端な構成。

で、案の定、業者さんが入っていました。

僕も同業者として、撮り方などを見学させて頂きました。

印象としては、本当によく頑張っている。あれだけ休みなく撮り続けるのはすごいと思いました。ただ、、、音がうるさい。使っていたのはニコンD5だろうと思いますが、そのクラスのボディが2台、それに24-70と70-200のズームをつけての撮影。D5は良いカメラですが、音が大きすぎです。しかも、休みなく撮っているから、いつもそのシャッター音が聞こえてきて、、、僕はプロなので、余計に気になりました。

実家に戻って、お茶を飲みながら結婚式の話を家族としてましたが、その時に84歳になる父親が同じように「あんなに写真撮っていて、うるさいったらなかった!」とこぼしていました。

やっぱり素人でも気になったんだな〜。

昔ならいざ知らず、今は無音シャッターというカメラもあります。昨日のように太陽が出ている明るい室内だったら、無音シャッターでムラが出ることもないし。

もう、この手の撮影でニコンのフラッグシップカメラを使う必要はないでしょう。それよりも場の雰囲気を壊さず、溶け込む撮り方をしたほうが良いと思いました。

僕はと言えば、もちろんソニーですからほとんど無音シャッターです。音を出す必要なし。

もう、時代は変わったのです。


|

« 最近のお仕事2018/03/03 | トップページ | 最近のお仕事2018/03/07 »

コメント

事もあろうに、演奏会でシャッター音させて、熱心に撮影されちゃうと、なんなの?それがプロの機材選択なの?え?ww って不思議に感じちゃいます。。ww 時代の変化に鈍感なんですかね。。 D5とか1Dだからプロ!みたいな思い入れがなせる技なのか、、、

投稿: はんだゆうじ | 2018.03.06 00:35

ハンダさんありがとうございます。
誰のための撮影なのか?って思うことは良くあります。結婚式でも演奏会、踊りの舞台などの撮影でも、撮影に対してお金を払う人は来てくれているお客ではなく、主催者、演者、結婚する人ですよね。そういう人はカメラマンの近くには居ないことが多く、音がしているのに気がつかないことも多いでしょう。写された写真はその分、数も多いし、良い写真も多いかもしれない。お金を払った人にとっては「ああ、やっぱりプロに頼んで良かった」となるでしょう。でも、お客は迷惑千万。仕方ないから何も言わないだけ。僕も過去、演奏会などで撮影の音が気になってイヤになったと言うことは何度もあります。お客が主催者にクレームをつけることはまれでしょうから、この問題も気付かれずに長期化しますよね。
カメラマンも一度くらいはお客の立場になってみて、どう感じるか?経験した方がいい。

投稿: tats | 2018.03.06 11:12

こんにちは。
僕はジャズライブとかのライブ撮影させてもらうことが多いのですが、プレイヤーの一瞬の動きや表情を捉えようとシャッター押す回数が多くなりがちで、7r3のサイレントシャッターは本当に助かっています。過去にバラードとか静かな曲の時にシャッター押せなかったことが嘘のようです。ただこの機種はアンチディストーションではないので、動体歪みが気になることがありますが。その点、α9は羨ましい限りです。

投稿: hirosy | 2018.03.06 23:17

Hirosyさん、ありがとうございます。
ステージ写真ですか!いいですね。僕も撮ってみたいジャンルですが、機会に恵まれなくて。
ステージとか舞台だったら、もう絶対サイレントシャッターですね。光源さえ気をつければ。
α9は色々な意味でも頂点と言える出来です。r3を買っても、結局は9を使う時が多いです。R3はブツ撮り専用に近いかな。AFでも比べて見ると歴然な違いがあって、2400万画素で足りない時でないければ、ほとんどの場合9ですね。高いけど、あのレベルにはまだどのカメラも追いついていないと思います。

投稿: Tats | 2018.03.07 19:23

湯浅さん、こんばんは。
そうですか。やはりα9は本当に凄いカメラなんですね。前から欲しい欲しいと思いながら高くて買えないです(笑)
ところで先日のジャズライブでの撮影だったんですが、最初数枚撮ったところでウッドベースの筐体に反射した光にもろにフリッカーが出てることに気づきました。この時の照明は結構豪華で規則的に色の組み合わせとかが頻繁に切り替わるもので露出には結構苦労したんですが、スローシャッターにするわけにもいかず、7R3で装備されていたフリッカーレス機能を使ってみました。結果的に楽器表面のフリッカーは出なくなったんですが、壁面のはどうしても消えなかったですね。α9だと少しはマシなんでしょうか。

投稿: hirosy | 2018.03.07 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のお仕事2018/03/03 | トップページ | 最近のお仕事2018/03/07 »