« 写真展のメモ | トップページ | TOSHIBA SDXCカード 128GB UHS-II U3対応 »

2017.08.29

Sony SEL70200GM

Img_6405
結局、ソニーのレンズをまたまた買うことになってしまいました。

70-200/2.8GMです。

来月発売の某雑誌で、ソニーのGMズームレンズ、F2.8の3本について解説をするのですが、そのために今月の初めから1週間、レンズを借りていました。

24-70/2.8GMは持っているので、借りずに自分のレンズでテストしましたが、その他の16-35/2.8GMと70-200/2.8GMはソニーからの貸し出しでした。

70-200は何度かお借りして使っていたので、まあ良いのは分かっていたのですが、新しい16-35/2.8は驚くほどよくて、こりゃ買うしかないな、と思いました。

が、すでに僕は16-35/4.0ツァイスを持っているので、まだ焦る必要はない。

仕事ではキヤノンの70-200/2.8Lにマウント変換アダプターを付けて使っているのですが、純正レンズとは比較にならないほど使いにくく、特にα9ではマウント変換アダプターなんか付けている場合じゃないくらいの差があります。

α9を使ったことないとか、純正レンズを使ったことない、というのならたぶんそのままで大丈夫。知らない方が幸せです。

もし、α9でGMズームレンズを使ってしまったら、、、もう、純正レンズ以外は使えないと感じるでしょう。

速いカメラには速いレンズがないと、何の意味もありません。

散々悩んだあげく16-35/4.0を持っているので、16-35/2.8GMは我慢して、70-200/2.8GMを買うことにしました。

キヤノンで行くつもりだったんですけどね・・・もう無理です。

かと言って、スタジオでのテザー撮影ではキヤノンの方が数倍使いやすいから、そのためだけにキヤノンを残しているのも、効率が悪いです。

現状、撮る被写体、ターゲットごとに向いているカメラを使い分けてしまっていて、経済的にも負担になっています。

ロケの動きものにはソニー。モデル撮影でテザー撮影しないときもソニー。物撮りの手早くしたいときはキヤノン、高解像度で速く撮影するときはα7R II、ちゃんとした商品撮影ではPhase Oneデジタルバックと言う感じで、細分化してしまいました。

あまりに効率が悪い。

ある程度あきらめれば、キヤノン5Dmk4ですべての仕事は出来るでしょう。けど、それでは、、、

まだ頑張れるのなら、行けるところまで頑張りたい。



|

« 写真展のメモ | トップページ | TOSHIBA SDXCカード 128GB UHS-II U3対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展のメモ | トップページ | TOSHIBA SDXCカード 128GB UHS-II U3対応 »