« 写真展 終了いたしました。 | トップページ | Sony SEL70200GM »

2017.08.23

写真展のメモ

写真展のメモです。

1週間の会期中にいらして頂いた方々は2000名以上。お盆時期としては多かった人数です。

僕への来客者の方と記念写真を撮っていて、それのスライドショーを作りました。

有名な写真家が何人も居ましたからね。僕にとってもクライアントの人が多くご来場頂き、この時期だったのがちょうど良かったと思いました。以前の個展の時は9月末という結構仕事も忙しい時期だったので、平日だと来られない、休日には行きたくない、と仕事している人なら当然の感覚だと思います。

お盆で実家に帰っている人も多いですが、東京が地元の人も多いし、そういう人は却ってヒマだったりしますから。

銀座という立地も良かったと思います。

久しぶりにまあまあの写真展をやったので、自分としては満足しています。でも、やっぱり、個展をやるのが一番ですけどね。

ちなみにこれが掛かった経費。


1

グループ展でもこれくらいは掛かります。

クリエイト銀座の場合、ここでの展示の条件は自社でのカラープリント使用が前提になっています。昨今の写真展だと安くインクジェットプリンタでプリントしてフレームに入れるだけ、というのも良くありますが、ここはラボが経営しているので、そんなのは許されません。銀塩プリントなので、質感も高いし、耐久性もあります。値段も高いですが。

このクラスの展示会場だと全紙が普通のサイズ。今回、宮嶋さんは全売くらいのプリント展示していましたが、そのくらいの方が見栄えはします。

僕の場合、展示後、欲しいという人に差し上げるために木製パネル張りにしておきました。

そういう用途が無い場合は、マット加工のみで、パネルは貸しフレームで行くという手もあります。その場合はもう少し安く上がるでしょう。

クリエイト銀座は通常は3つの展示会場に分割して使われています。大きい展示、有名写真家の展示などは3つをぶち抜いて一つの展示会場にします。この場合、1週間で33〜4万程度の会場費が掛かります。今回は頭割りでした。

このクラスで個展をやるとだいたい100万近く、50万以上の金額は掛かってしまうことになります。

その価値があるのかどうか?

個展をやるときには悩むものです。

でも、写真家として生きているのなら、一度くらいはやってもイイでしょう。グループ展は何度もやっていますが、満足感という面では個展には遠く及びません。

今回のグループ展は僕以外の写真家は結構有名どころばかりでしたから、お客もそれなりに多くて、写真家としての格差を見せつけられた感じです。

某写真雑誌の編集長などは僕の展示の前は素通りでした。ここまで扱いが違うのか、と愕然としました。まあ、でもそれも実力。その編集長を立ち止まらせるほどの写真の力がなかったと言うだけですから。

それにしても、ほとんどのカメラメーカー関係者、写真雑誌の関係者はいらっしゃったのではないでしょうか。それだけビックネームが展示していたと言うことなのですが。

いろいろあった1週間ですが、良い思い出になりました。


|

« 写真展 終了いたしました。 | トップページ | Sony SEL70200GM »

コメント

いつもオープンで率直なご意見をありがとうございます。真面目にカメラ(撮影)ワークをしている人に非常に参考になる貴重な情報にいつも感謝しています。

投稿: Taka-san | 2017.08.25 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展 終了いたしました。 | トップページ | Sony SEL70200GM »