« 今度はiPhone7でカードが消えた | トップページ | α9 発表 »

2017.04.22

洗濯機の故障

今週、洗濯機が突然壊れました。

症状は電源が入らなくなってしまったのです。

うちの洗濯機は日立のビックドラム、初期型です。すでに10年以上前のものです。


さて、どうするか?

選択肢は買い替えるか?直すか?

洗濯をしようと思ってスイッチが入らなかったわけで、すでに洗濯物がたまっています。速く判断しないと生活に支障が出ます。
翌日の朝には買い換えで一度は決まったのですが、女房からやっぱり直そう、と言うメールがお昼頃に入りました。

彼女の意見は買い替えるには次の機種選定もあるし、その時間も掛けていられないから、当座、お金が掛かっても直したい、と言う意見でした。

メーカーに電話して、修理の依頼をして見たら翌日には家に来られるということで、お願いすることにしました。

ただし、、、、

症状を伝えたら、たぶん、電源スイッチが怪しいと思われるが、すでに生産終了から年数が経っていて、部品の保管期間を過ぎているとのこと。生産終了は2009年だそうです。
当時、ビックドラムが出て、買ったのですが、この後、毎年のようにマイナーチェンジを繰り返してきました。つまり、あっと言う間に生産終了になっていたんですね。

とりあえず、部品を探してみて、持って伺いますと言うことで、お願いしました。
Img_6043

修理当日、その部品があったそうで、持ってきたものと交換です。

写真の赤い部分がそれです。

表のパネルとアッセンブリーになっていて、パネルごと交換です。そのパネルがカラーバリエーションになっていて、今回は偶然、使用していたカラーと同じ部品が残っていたそうです。
別に人に見せるものじゃないから、パネルの色が違っていてもかまわないんですけどね。

交換に30分程度、料金は出張修理費と合わせて12000円でした。

安くはないけど、一人の人件費と技術料、を考えると、僕の仕事でもそのくらい頂かないとやっていけません。

洗濯機はまだまだ使えます。が今回みたいにたったスイッチが壊れただけで廃棄になります。うちも買い替えるつもりでしたから。
もったいない、とは思いますが、どうしようもないことですね。小さな部品が1つないだけでも、修理不能になりますから。よほど思い入れがあるものなら、その部品をカスタムメイドで作るという手もありますけど。

時計など、思い出が詰まっている機械はそうやって直しているところもありますね。

先の車のタイヤもそうですが、経年劣化がゴムやプラスチックには付き物です。10年以上経つとそれが顕著に出てきます。
長く使うにはそれなりの技術、お金が掛かりますね。


|

« 今度はiPhone7でカードが消えた | トップページ | α9 発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度はiPhone7でカードが消えた | トップページ | α9 発表 »