« 最近のお仕事2017/02/20 Sony’s feature | トップページ | CP+ 2017 アドビブースのセッションにShuffle講師陣が登壇 »

2017.02.20

Lightroom 10周年

Lightroomが10周年になったそうだ。

もうそんなになるのか〜と言うのが正直な感想。

ベータ版が出たときから使ってきたので、僕も10年使っていることになる。

バージョン1までのLightroomはカタログも1つしか使えなくて、今のようなプロが使うものではなかった。Adobeからはすべての写真家へ、という触れ込みだったけど、写真家とプロフェッショナルフォトグラファーは違う。職業カメラマンと言った方が分かりやすいけど。

いわゆる写真家にはカタログが1つでも問題はないだろうけど、プロはそうは行かない。

これではプロは使えない、と言うような要望をベータ版の時に提出したような気がする。

その後、バージョン3が出たときだったか、玄光社の方からLightroomガイドブックを出すので執筆して欲しいという依頼があって、そこからどっぷりとLightroomとのお付き合いになったというのが僕の歴史だ。

Lightroomのすごいところはこのベータ版の頃からほとんどUIが変わっていないこと。これはC1にも言えることで、C1の使いやすいUIをLightroomは参考にしていると推測している。コンセプト的にはAppleのiTunesの音楽データ管理と似ていて、iTunesをいじっていた人にはLightroomは分かりやすいはずだ。
そう言えばiTunesも最初のiPodが出たときから使っている。これが出たときは本当に驚いた。

そんな風にLightroomは良いところを取り入れて、最初から完成度がかなり高かった。

バージョン3の時に執筆してた頃、思ったのは、一度Lightroomを使ったら他のアプリケーションにはいけなくなる、ということ。その頃、僕は「Lightroomはカタログを人質に取る」と表現したものだ。>もちろん親しい人にだけしか言っていないけどね。

Lightroomを使えば使うほど、自分の写真の整理がLightroom頼みになってしまい、他に移れなくなるのだ。

Adobeはそこまで考えたのか、と当時は「世の中には頭のいい人がいるな」と驚嘆した。

Lightroomはほとんど完成状態になっていると思う。

これ以上、あとは何を入れるのか?

写真はどうなるのか?人は写真に何を求めるのか?

今週、Lightroom mobileばかり使っているけど、写真の未来はこの方向なのか?

次の10年はどうなって居るんだろう。
僕はどうしているんだろう。

|

« 最近のお仕事2017/02/20 Sony’s feature | トップページ | CP+ 2017 アドビブースのセッションにShuffle講師陣が登壇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のお仕事2017/02/20 Sony’s feature | トップページ | CP+ 2017 アドビブースのセッションにShuffle講師陣が登壇 »