« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.28

最近のお仕事2017/02/28 Sony’s feature

最近のお仕事 Sony’s featureの第3弾です。

Sony’s feature

170228_0001


| | コメント (0)

ペンタブレットでマウスを使う

Img_5959
去年末だったか、使っているペンタブレットのマウスが調子悪くなったので、マウスを買い替えました。

使っているのは定番のペンタブレット、ワコムのインティウスです。僕のは4ですが。紺色のがワコムのインティウス純正品のマウス。
ワコムのインティウスはすでに2台目だったかですが、純正品のマウスはその度に買っています。

でも、結構高いんですよね。

調子悪くなったからどうしよう?と悩んでいたのですが、試しに女房が使っているロジクールの安いヤツを接続してみました。

今までも何度かレーザーマウスや光学マウスを試したことがあったのですが、ワコムのインティウスの上でマウスを使うと盛大にカーソルが飛んでしまい、使い物になりませんでした。

このロジクール、まったく飛ぶこともなく、普通に使えます。値段も安い。

こんなことなら最初からロジクールにすればよかった。

さて、ペンタブレット、Photoshopを使う人には必須のアイテムです。ごく少数、Photoshopを使っているのにマウス、と言う人も居ますが、、、しかも、Photoshopを教えているような先生業の人でペンタブレット使っていないというケースも見られます。正直な感想では「よく仕事でPhotoshop使えるな〜」という感じ。

先日のAdobeのセミナーでご一緒させて頂いたレタッチャーの北岡さんともいろいろなお話をしましたが、さすが日本トップクラスのレタッチャー、マウスはまったく使っていないそうです。メール見るのも、Webサイト見るのも、エクセルでさえペンでやっているそうです。

僕はペンも使いますが、Photoshop限定。しかも、ブラシツールや修復ブラシ、ペンツールを使うときだけです。だから、常に持ち替えの連続。なので、ペンタブレットの上でマウスが使えるのが便利なのです。

Photoshop使いの人から言わせると、持ち替えの時間がもったいない、面倒と言われますけど、マウスの良さもありますからね。例えば、カーソルを動かしたくないときなど、マウスから手を離せば絶対に動きませんから。ペンだと、そこで止めたいときに手の動きによっておつりが来るんですよね。これも習熟度合いで解決できるでしょうけど、僕レベルでは無理。

僕が買ったときは980円でしたけど、少し上がったみたいですね。こういうのは変動がありますね。


| | コメント (0)

2017.02.26

CP+2017横浜 Adobe すべて終わりました。

CP+2017Adobeブースにいらして頂きありがとうございました。

今日ですべてのセッションが終わりました。
僕が最後のセッションで、その時に作ったWEBサイトです。

CP+横浜

LRで写真を編集、その後、AdobeのSparkというアプリで作っています。すべてiPhone上で。iPhoneだけでここまでのサイトが出来ます。しかも、たったの数分で。

そのアプリもタダですし。

せっかく月額1000円とか、5000円近く払っているのですから、使い倒しましょう。ガンガン使った人だけが楽しめます。

これで取りあえず一段落。

明日から、と言うか、もうすでに事務所で撮影してきたので、もう僕は平常運転です。

バリバリ仕事していかないとね〜。


| | コメント (2)

2017.02.25

CP+2017横浜 もラスト1日です。

CP+2017横浜、3日目が終了しました。

とりあえずは順調に行ってます。

1

写真はセミナーを受け持っている写真家 四銃士。

塚本さんとはAPAとか、他の写真セミナーでもよく一緒になっていたし、同級生と言うこともあって、仲良くさせてもらってます。御園生君は数年前のAdobeのセミナーで一緒になってからの仲。桐生さんとは今回が初めてでしたが、話が面白くて、気さくな感じであっと言う間に打ち解けた感じでした。

4人で、控え室でいろいろな話をしています。それがまた楽しい。

とはいえ、明日で終わります。

たまっていた仕事を今、横浜から事務所に戻ってやっています。明日も同じように横浜から事務所に来て、撮影をしないとなりません。ちょっと大変ですが、、このイベントのために他の仕事を断るのは極力避けないと・・

久しぶりのイベントの仕事でしたが、スタッフにも恵まれ、お客様にも恵まれ、楽しい日々でした。

あと一日、楽しんで終わりたいです。

| | コメント (0)

2017.02.23

CP+ 2017 アドビブースのセッションにShuffle講師陣が登壇

いよいよ来週となりました。

CP+ 2017 アドビブースのセッションにShuffle講師陣が登壇

まだ準備していません、、、、

撮影の仕事が優先ですので。とにかくそれまでに仕事をやらないと。ある意味、この期間は休みみたいなもので、、、実際のところ、いくつもの仕事を断っていますから。

それでもちゃんとイベントもやらないとね。

お時間のある方は横浜までどうぞ!


| | コメント (1)

2017.02.20

Lightroom 10周年

Lightroomが10周年になったそうだ。

もうそんなになるのか〜と言うのが正直な感想。

ベータ版が出たときから使ってきたので、僕も10年使っていることになる。

バージョン1までのLightroomはカタログも1つしか使えなくて、今のようなプロが使うものではなかった。Adobeからはすべての写真家へ、という触れ込みだったけど、写真家とプロフェッショナルフォトグラファーは違う。職業カメラマンと言った方が分かりやすいけど。

いわゆる写真家にはカタログが1つでも問題はないだろうけど、プロはそうは行かない。

これではプロは使えない、と言うような要望をベータ版の時に提出したような気がする。

その後、バージョン3が出たときだったか、玄光社の方からLightroomガイドブックを出すので執筆して欲しいという依頼があって、そこからどっぷりとLightroomとのお付き合いになったというのが僕の歴史だ。

Lightroomのすごいところはこのベータ版の頃からほとんどUIが変わっていないこと。これはC1にも言えることで、C1の使いやすいUIをLightroomは参考にしていると推測している。コンセプト的にはAppleのiTunesの音楽データ管理と似ていて、iTunesをいじっていた人にはLightroomは分かりやすいはずだ。
そう言えばiTunesも最初のiPodが出たときから使っている。これが出たときは本当に驚いた。

そんな風にLightroomは良いところを取り入れて、最初から完成度がかなり高かった。

バージョン3の時に執筆してた頃、思ったのは、一度Lightroomを使ったら他のアプリケーションにはいけなくなる、ということ。その頃、僕は「Lightroomはカタログを人質に取る」と表現したものだ。>もちろん親しい人にだけしか言っていないけどね。

Lightroomを使えば使うほど、自分の写真の整理がLightroom頼みになってしまい、他に移れなくなるのだ。

Adobeはそこまで考えたのか、と当時は「世の中には頭のいい人がいるな」と驚嘆した。

Lightroomはほとんど完成状態になっていると思う。

これ以上、あとは何を入れるのか?

写真はどうなるのか?人は写真に何を求めるのか?

今週、Lightroom mobileばかり使っているけど、写真の未来はこの方向なのか?

次の10年はどうなって居るんだろう。
僕はどうしているんだろう。

| | コメント (0)

最近のお仕事2017/02/20 Sony’s feature

ソニーの掲載、続きです。

Sony’s feature

170220_0001

今週はCP+2017横浜なので、タイトなスケジュールになっています。

突発的には、横浜から夜戻って撮影もあるんだろうな・・

| | コメント (0)

2017.02.19

CP+の準備中

今週のイベント、CP+の準備をしています。

すでに告知の通り、CP+のAdobeブースでセミナーをやります。

Lightroom mobileを主体に話す予定です。

素材の仕込みで手間取りました。

Lightroom mobileを知ってもらうには実際にそれをやってみせる。これが一番だと思っています。

ということで、 思いっきり実演販売の様相になりそう。

ネット環境が未知数なので、危ないんですよね。こういうの。

一応、録画でLightroom mobileの画面は撮ってますので、最悪の時にはそれを見せることも可能ですが、ハッキリ言って面白くない。魅力が伝わりません。

一か八かで本番でやってみるつもりですが、、、どうなるかな?

Img_5950

iPhoneを使うので、いろいろなコネクターが必要です。

このイベントのためにすでに3個買いました。
iPhoneは256GBに買い替えたし・・・出費が大きいです。

イベントは4日間あるので、その間の仕事が出来ませんから、もう何件も仕事を断っています。
もちろんイベントのギャラは頂きますけど、断った仕事を考えると、マイナス面も大きい。

この手のイベントに出演する写真家はある意味、出演が仕事ですから、断る仕事はないでしょうけど、僕の場合、雑誌広告の撮影が仕事ですから、4日間、休みと同じです。覚悟はして引き受けてますが、毎年やっている仕事が他に行ってしまうと、気持ちは複雑です。
クライアントからすればそんなイベントに出ているかどうか?なんて関係ないですからね。

もうグチグチ言っても始まりません。あとは楽しんでやるだけ。自分が楽しめるというのが一番良いこと。

| | コメント (1)

2017.02.14

最近のお仕事2017/02/14 Sony’s feature

去年末の撮影でした。


Sony’s feature

170214_0001

もちろん使用カメラはソニーα7R II。

レンズもソニー純正です。

このシリーズはしばらく続くと思います。

窪川さんとお仕事は久しぶりで、良い刺激になりました。やはり活躍している人は違う。手を抜かないところがさすがです。当たり前ですけどね。でも、当たり前がなかなか出来ない。多くの場合、そういうシーンが見えたりします。


| | コメント (0)

2017.02.11

Spotify か Apple MUSICか?

今月からApple MUSICの有料会員になりました。

さんざん迷ったあげく、Spotify は無料で行くことに。

今、スタジオで久しぶりにSpotifyを聞いてますが、やっぱりイイよね。Apple MUSICはどうしてもダサイ。それに比べてSpotifyは圧倒的に洗練されている。

でも、iPhone、マックとアップル製品に囲まれていると、なにかとApple MUSICの方が便利だし。

両方とも同じ月1000円くらいだから、まだ悩んでいます。

L1010112.jpg

| | コメント (1)

2017.02.10

ISSの復活

Img_5944今週、納品が終わってひと段落したので、かねてよりの懸案だった、ビューカメラ用レンズをどうするか?という案件に着手しました。

ビューカメラで使ってきたのはここで何度か書いているISSという機材です。

これはレンズシャッターを自動化するフィルム時代からある機材なのですが、ビューカメラでもPhase Oneデジタルバックを使うようなカメラマンだと今でも必要だし、あるとないとでは大違いなくらい便利な機材なのです。

ISS本体が故障した話は書きましたが、ビューカメラでの撮影はあるので、なんとかしないとなりません。

で、電子シャッターから手動シャッターにレンズを戻しました。

僕は電子シャッターにしてから長いので、手持ちのレンズが電子シャッター用のボードに付いていて、普通のリンホフボードを持っていないのです。

で、まず、リンホフボードを買いに行くところからです。

銀一のココというお店では今でもフィルム関連の商品を多数扱っているので、助かりました。


Img_5945_2
久しぶりに出したビューカメラ用レンズ。こんなにあったと言うことさえ自分でも忘れていました。デジタルになる前までは4×5が僕のスタンダードカメラでしたから。焦点距離も細かく持っていました。

今では売るに売れないくらいの品ですが。

取り外したISSのシャッターをヤフオクで処分しようと思って、念のため動作確認をしました。

なんと言うことでしょう!

動きました。
と言うことで、せっかく取り外したレンズをまた電子シャッターに戻しました。
Img_5947


ちょうど、今日からこれを使う撮影が入ったので、本当にラッキーでした。これがあるとないとでは雲泥の差です。電子シャッターなので、最小1/10段刻みでの露出を調整できます。必要かどうかは別にして、出来るのと出来ないのではまったく違うのです。
手でシャッターをセットするのと比較して、圧倒的に繰り返し精度が高いのです。当たりまえですが。

一度はダメだった機械なので、たぶん、そうは持たないのではないかと思います。でも、当座、これを壊れるまで使っていきます。

| | コメント (0)

2017.02.09

伊藤計劃 映画「虐殺器官」

仕事がヒマなときは映画を見に行くことが多いです。

今週、早めに終わる日があったので、夕方から映画に行きました。

「虐殺器官」

小説がすごく面白かったので、それが映画化されるということで楽しみにしていました。

この小説、設定が素晴らしいし、その世界観がたまりません。SF好きには設定と世界観がすべてなんですよね。

映画の方はかなり原作に忠実で、台詞などは同じ部分も多いです。後日、調べると、アニメになる前にマンガがあるようで、そちらからのアニメ化というのが流れのようです。

Img_5942
これは映画を見に行った人に配られているグッズ。

劇中のセリフに、

「人は見たいものしか見ない」

と言うのがあって、映画に限らず、世の中すべての真理だなと感じます。

これだけ情報があふれている今、くだらないウソニュースをよく読みもせずに良く理解もせずにシェアしてしまう、もう、見たいものしか見ない、と言う典型のような症状です。

自分の信じていること、価値観を押しつけてくる人が多いのには本当に疲れます。気がつかないうちに自分もそうなっている恐れがあるところもあって、余計に滅入ることになるのですが。

物事にはいろいろな面、いろいろな見方がある、それを理解して、自分の見方が正しいのか?常に自問してみるように。そして、寛容な心で受け流す。

それが大事ですね。


| | コメント (0)

2017.02.06

不毛な2日間

金曜日、義理の父親から「Macが調子悪い」という連絡が入りました。

義父が使っているMacは、僕が以前使っていたものを譲ったものです。ものはMac Proの初期のXeon。たぶん2008モデルじゃないかと思います。

土曜日、仕方ないので行くことにしました。

電話ではPage(Appleのワープロのようなアプリケーション)で文字入力が出来ない、と言うことだったので、まあ、アクセス権の修復とかで治るかも、と、簡単に考えていたのですが、、、

起動しようとしたのですが、起動もままなりません。セーフモードで起動させて、ディスクの検証、アクセス権の修復をやって、とりあえず起動したので、夕方、家に戻りました。

その日の夜にまた電話があり、「やっぱりダメ」

と言うことで、これはもうシステムを入れ替えるか、と思って、再度、日曜日に行きました。

システムは10.6・・・そう、今が10.12が最新ですから、6世代も前のものです。

新しいHDDがあれば、そこに新規インストールすれば良いのですが、そんなのありませんから、Mac Proに入れてある3機のHDDのうち、比較的空き容量のあるものに、再インストールしました。そこには以前使っていたシステムが入っていたのですが、本来なら、HDD初期化、その後、新規インストールするのが良いと、分かっていたのですが、とにかく時間が掛かります。
品川の家から、実家のある練馬まで1時間30分くらいかかります。往復で3時間、作業に4時間と考えると7時間が失われます。
週末に間に合わない仕事ならやりますが、この作業は出来るだけ早く終わらせて、休みたい。

そう思った僕は、上書きインストールをやってしまいました。

これが結局は更なるトラブルへ。

今まで使っていたシステムよりはマシになりましたが、今度は別のトラブルが起きるようになってしまい、それの対処が出来ませんでした。その時点で夜の7時過ぎ、、、、これ以上、実家に居るのも、僕の身体がつらい。ず〜っとマックの前でしたから。。。

とりあえず、義父が使うアプリケーションだけ、使えるようにして、暫定的に終了しました。

土日、2日間掛かって、結局、解決しなかった。参りました。

自分のパソコンじゃないので、重要なファイルがどこにあるのか、分からないから、とにかく見つけられるものをアクセス権のあるフォルダに移動させたり、コピーしたりで時間ばかり消費してしまいました。

その割に、結果、トラブルは解消していない。

時間が出来たらまた実家に行かないとなりません。

とにかく古い本体、システム、アプリケーションで、その状態をどうやったら維持していけるか?頭を使いました。

たぶん、世の中の多くの人がこういう状態なんだろうな、、、PCやシステム、アプリケーションを頻繁に更新している人なんてごく一部。壊れるまで現状で使うというスタイルが多いように思う。

しばらくはそのままでも良いのですが、何かトラブルがあると、もうダメですね。例えばPhotoshop、今はCCですから、サポートされるOSのバージョンはどんどん上がっていきます。古い本体には新しいOSは入りませんから、そうなると、PC本体、アプリケーションと出費が大きくなります。

まあ、今はMacMiniとかで安く上げる方法もありますけど、それでも5万はしますしね。

自分なら5万出すけど、年金暮らしの人に5万出せ、とは言えない。

そこが問題点ですよね。
L1000887.jpg

| | コメント (0)

最近のお仕事2017/02/06週刊スパ!、グッズプレス

最近のお仕事です。

週刊スパ! 2017年2月7日号 ギークロ通信
170206_0002








170206_0001









雑誌「グッズプレス」2017年3月号

170206_0003









170206_0004


| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »