« 今度はDroboが・・ | トップページ | 原美術館 「篠山紀信×原美術館=快楽の館」へ »

2016.09.08

リニューアルされた東京写真美術館 杉本博司 ロスト・ヒューマンへ

日曜日、先週末にリニューアルされた東京写真美術館へ行ってきました。

目的は杉本博司 ロスト・ヒューマン展。


まあ、混んでいるのは予想していたので、午後の遅めに行ったのですが、、それでも、チケット売り場の行列は館外まで繋がっていました。

日曜日だし、杉本さんだし、リニューアルされたばかりだから、仕方ない。

Img_5762

とは言え、チケット売り場が混んでいただけで、中に入ればそれほどでもありませんでした。
というのは、展示スペースは2フロア使っているので、かなり広いし。

内容的には・・・

杉本さんをどう捉えるか?に寄るかもしれません。

写真家として注目を集めてきましたが、もう何年も前から肩書きはアーティストとなっていると思います。

今回の展示は現代アートです。1フロアには写真の展示もありますが。

ロスト・ヒューマンは完全に現代アート。

面白いと感じればそれでいい。

展示を見て適当に作っている感じを受ける人もいるでしょう。でも、適当ではないんです。

見終わった後にミュージアムショップに行って下さい。そこに今回の目録があります。買わなくても良いですが、立ち読みするべきです。
目録の出来が良いです。
この目録、完全に今回の展示内容と同じです。「は?それって当たり前だろ」と思う人もよく考えて下さい。

今回の展示と目録が同じと言うことは、その目録を印刷するために数ヶ月前に撮影されていないと出来ません。つまり、今回の展示はほぼ同寸のものを作っていることになります。「そんなの当たり前じゃん」と思うでしょうけど、展示内容は写真美術館の1フロアとほぼ同じ。それだけのスペースをどこかに確保して、杉本さん自身が作品を作っていった、と言うことを証明しています。

それを想像してみれば、どれだけの労力があったか、思い知るでしょう。
Img_5764

せっかく行ったので、もう一つの展示、世界報道写真展も見てきました。

これはもうここに何度も書いていますが、毎年観に行ってます。

毎年、なかなか厳しい現実を思い知る内容です。

今回は、ある写真の前で思わず泣いてしまいました。もう、どうしようもなく・・

どうしようもない現実を見る。平和な毎日を送っている日本ですが、そういう一日もあって良いはずです。

Img_5765

|

« 今度はDroboが・・ | トップページ | 原美術館 「篠山紀信×原美術館=快楽の館」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度はDroboが・・ | トップページ | 原美術館 「篠山紀信×原美術館=快楽の館」へ »