« MacBook(12inch)をスタジオで使う | トップページ | 時計バンド »

2016.08.14

ポール・スミス展へ

DSC03853.jpg
ポール・スミス展へ行ってきました。

ポール・スミス展

ポール・スミスは説明するまでもないファッションデザイナー、ファッションブランドですよね。

数ヶ月前だったか、ポール・スミス展にちなんで、ポール・スミスの番組を見ました。その時のナビゲーターが松田翔太さん。その番組がよかったので、見に行きたいな〜と思っていました。

今月の23日までなので、これを逃すと見逃すかなと思って14日の日曜日、混んでいるのを承知で行ってみました。

到着して、チケット売り場の列はなかったので、ホッとしていたのもつかの間、会場内はやっぱりかなりの人で、、、

若い人が多いですね〜。ポール・スミスを若い世代が知っているのか、とちょっと驚きました。

入り口で渡されるのはイヤフォン。ピンクのイヤフォンで、「お!イヤフォンをくれるのか!」とちょっとうれしい。で、なんでそんなことをしているかというと、展示会場内に展示物の横に2次元バーコードが掲示されていて、それをスマホなどで読み取ると、展示の説明が聞こえるという仕組みです。

よくあるイヤホンガイドですね。これを無料で配布しているという、新しいやり方でした。

入場料が1500円とちょっと高めなのですが、イヤフォンガイドと、イヤフォンが付いていると思うと、まあ許せるかな。

ただ、会場内はかなりの混雑。しかも、会場内での撮影は自由です。だからみんな写真を撮りまくります。
中には展示物を1点ずつ撮っている人も居て、、、、だったら図録を買えば良いのに、、、と思ったりして。まあ、自分で撮りたいんでしょうね。

前にも書きましたが、美術館博物館などで撮影OKにしているところは嫌いです。ルーブル美術館がそうだったのですが、みんな撮ることに一生懸命で、展示物の前からどかない。だから非常に流れが悪くなります。

この時もまさにそれ。しかも、日本のスマホは撮影時に音が鳴るようになっているので、あちこちからシャッター音が響き渡ります。そして、その場でSNSへ投稿、、、行ったと言うことが重要で、見て何を感じたのだろう??

2次元バーコードでの説明とか、撮影OKとか、今の時代なんですが、入場者数を稼ぐと言う意味では有効でしょうけど、見るという本来の目的からすれば、邪魔でしかないですね。

で、内容はどうだったか?と言うと、、、番組で見た内容とほとんど同じだったので、その放送を見ていれば会場に行かなくても良かったかも?

ま、行くこと、その場の空気を感じることが大事ですから。

興味のある方はどうぞ。23日までです。

|

« MacBook(12inch)をスタジオで使う | トップページ | 時計バンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MacBook(12inch)をスタジオで使う | トップページ | 時計バンド »