« LightroomからInstagramへ | トップページ | オメガ メンテナンス »

2016.07.06

CaptureOne9でProfotoAirが使える!

なかなかブログが書けません、、、

そんなに忙しいと言うこともないのですが、、、

現に、今日はPhase OneのProfotoでのセミナーに顔を出したくらいですから。最後まで居られませんでしたが。なかなか平日に数時間縛られるのは難しい気がしますね。

忙しいのになぜそこに行ったか?というと、、、、

ProfotoのC1プラグインが使える、と言う情報を得て、その話を伺いに行きました。

以前、このブログでも書いたり、プロカメラマン.jpでのC1解説でも書きましたが、C1のアプリケーション内でProfotoAirのコントロールが出来るのです。

正確に書くと、出来ていた、のです。以前までは。

バージョン7までは僕の環境でもこのプラグインは動いていました。が、バージョン8になって、C1では動かなくなりました。スタジオではよく使っていたので、参った〜と思っていて、その代換え手段として、Profoto純正ソフトからProfotoAirのコントロールをしていました。

それでも十分だったのですが。

今回、バージョン9でも使える、という情報を聞きつけて、その話を伺いに行きました。

2015年にプラグインがバージョンアップして、C1のバージョン8の後半、そして、今のバージョン9以降で使える用になったと言うことでした。

160706_0001

ネットでその情報を見て、自分でも数回試したのですが、C1でのプラグインが読み込まれない、、、

おかしい??

と、これはPhase Oneに聞くしかないな〜と、今日のロケ帰りに立ち寄りました。

結論から言うと、、、

なんと、プラグインは読み込めていた。がプラグインの名前が以前と変わっていて、「ライトコントロール」というツール名になっていたので、それに気がつかなかった、というのが顛末でした。

今までは英語でProfoto...と言う名前のツールだったので、てっきりアルファベットで探していました。まさか、カタカナになっていたとは・・・

早速、スタジオに戻って、撮影に使ってみましたが、普通に使えるようです。

Profoto純正ソフトからのコントロールとどちらが使いやすいか?
しばらく使ってみます。
IMG_9597.jpg

|

« LightroomからInstagramへ | トップページ | オメガ メンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LightroomからInstagramへ | トップページ | オメガ メンテナンス »