« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016.06.22

LightroomからInstagramへ

相変わらず忙しい毎日が続いています。

忙しい?本当に??いつも夕方頃になって、今日一日何やってたんだろう??と思うことが多いです。撮影をしていれば忙しいというのも自他共に明快ですが、撮影ではない日常で、あっと言う間に夕方になってしまいます。メールして、見積もり書いて、請求書書いて、調べ物して、、、そんな事で大切な時間が過ぎていきます。

ブログもおろそかになってしまい、すっかりここを見てくれる人も少なくなっていると思います。

なんとか頑張って書いていかないと。老後の楽しみがなくなりますからね。笑

で、今回はつい先日、アップデートされたLightroomで、そこから話題のInstagramに写真を公開出来るプラグインが出た、というお話しです。

プラグインはこちらからダウンロード出来ます。

LR/INSTAGRAM

プラグインの入れ方はヘルプなどに書いてあると思います。分からなかったらコメントください。

で、早速、LightroomからInstagramに写真をアップしてみました。

LRプラグインを使って。Lrからインスタ出来るとかなり楽だな。

Tats Yuasaさん(@tatsphoto)が投稿した写真 -

160622_0006

Instagramはけっこう前からやっているのですが、、、

最近のInstagramって昔と違って、iPhoneで撮った写真ではなく、ちゃんとしたカメラで撮った写真を上げるというのが主流になってしまい、個人的にそれは違うだろう?と思っていて、だんだん写真を上げなくなっていました。

ただ、もうそんな事言っててもどうにもならないので、だったら自分もちゃんとしたカメラで撮った写真を上げていくか、ということで今に至っています。

そんな時にLRからインスタに上げられることになったのは、かなりタイムリー。

今まで面倒でしたから。

LRに写真をストックしている人ならこの便利さがすぐに分かるはずです。

| | コメント (0)

2016.06.07

Phase One XF 活躍中 ヘリコンフォーカス

Img_0116この写真はもう2週間ほど前のものです。

忙しい毎日が続いています。

今週の広告のお仕事だけで、B●W、サ●トリー、パ●ソニック、エ●ソン・・と、これだけ聞くと、どこの売れっ子写真家だ?と思うくらい、、、ありがたいことですが。

そんな忙しい毎日ですが、今年に買った中判デジタルのPhase One XFをほぼ毎日のように使っています。

たぶん、僕が使うカメラで最も使っているのがXFだと思います。

買ったばかりだからと言うのもあるのですが、画素数的にちょうど良いんですよね。IQ280なので8000万画素と思うでしょうけど、現実的にはそんな大きなお仕事はそれほど多くないので、常時は2000万画素のデジタルバックとして使っています。でも、ホントにちょうど良い。2000万画素と言っても、35タイプのカメラで撮ったのとは段違いにキレイだし。感度もIQ280なのでsensor+を使ってもISO140だから、まだマシだし。これが最新のIQ3の8000万画素だと感度が200からになってしまうので、それだけでも使いにくいんですよね。

問題はピントが合わないと言うことだけ。

深度が浅いので、絞りきっても奥まで合わすのは無理です。特に物撮りでは致命的。

そこで最近使っているのはフォーカスブラケット。

XFではフォーカスを自動でずらして何枚か撮るという設定が出来ます。それを使ってフォーカスブラケットして撮影、その後、ヘリコンフォーカスという深度合成ソフトを使って、ピントの合っている部分を合成します。

ヘリコンフォーカスは今、Phase OneXFを購入した人に一年間の無料使用が出来る特典が付いています。

最初は、C1から自動でこのヘリコンフォーカスへいけるのかと思ったのですが、どうもそうではないらしい。僕の使い方がまだ正しいのかどうかも分かりませんが、今のところ、手動で現像したファイルをドラッグしてヘリコンフォーカスで合成しています。8000万画素のTIFFデータでもMacProだとかなり速く合成が出来ます。

このやり方を取ることによって、今まではジナーの後に付けてアオリを使ってピントを合わせていたカットが、XFで簡単に撮ることが出来るようになりました。

つい先日、シュナイダーレンズが生産終了したというニュースがありましたが、このヘリコンフォーカスを使ったフォーカススタックを実際に使ってみると、もう、ビューカメラであおるとか、アオれるレンズを使って撮影するとかの時代ではなくなってしまったと、しみじみ感じます。つまり、シュナイダーレンズがなくなるのは、そう言った背景があるのではないか?という僕の感想です。

何でもかんでもPC上でやる、というのは好きではありませんが、個人の感想を言っても世の動きは止められません。やったものが勝つのなら、やっていかないと市場から退場せざるを得ません。

ヘリコンフォーカスについては、今週のプロフェッショナルミーティング 6月11日でやるようなので、東京の人は見ておいた方が良いでしょう。

本音を言うのなら、僕自身がこれのセミナーをやりたかったと言うくらいのものです。

使いこなしにかなりクセがあるので、万人に勧められるものではないですが。>XFの使いこなしのことです。

土曜日は行く予定でしたが、仕事が入ってしまい、難しくなってしまいました。残念です。
DSC09296.jpg


| | コメント (1)

2016.06.05

決算も無事終了

5月末のぎりぎり、28年度の決算が無事終わりました。

数年前に仕事の1つの大きな柱としていた雑誌の休刊があり、そこから順調に?というのもおかしいですが、売り上げは下降しています。が、元々は広告写真しか仕事としてはなかったと言っても良いくらいなので、それが元に戻っただけとも言えます。
雑誌は仕事としてはかなりありがたいものです。月刊誌なら毎月定期でそれなりのお金になりますから。それの穴埋めを他の仕事でまかなおうと思っても、金額が大きくなればなるほど、穴埋めは難しいです。

雑誌の休廃刊は、僕たちカメラマンなどの業種の裾野が広いので、そのインパクトはかなり大きいのです。

うちの会社としては女房の方の部門が頑張っているので、十分やっていけてます。こういう時は分野がいくつかあると助かりますね。

お金の話ついでですが、固定資産税のお知らせも来ました。

うちでは自宅と事務所を併せて年間50万円くらい、固定資産税を払っています。どちらも港区にあるので、それなりに高いと思うのですが、、、それにしても年間50万円は仕事がなくなったらどうやって払っていくか?ちょっと考えてしまいますね。しかもちょっとずつ毎年上がっているし。土地の値段が上がっているのはうらやましがられますが、それは売ったときに利益が出るからで、そこにそのまま住み続けようとしている人にとっては、路線価が上がるのは1つも良いことがありません。

東京は家賃が高い、とよく言われますが、その一因が固定資産税などの税金の高さですね。安い家賃では収益が出ないんですよね。どんなに古くても。

そんな事が影響しているのか、このところ、この界隈での事業撤退がありました。

僕が通っていたフィットネスクラブのコナミ銀座店、これが5月末で閉店になりました。

つい昨日知ったのは、いつも買い物をしているクィーンズ伊勢丹品川店も今月6月いっぱいで閉店することになりました。

コナミ銀座店は銀座アップルストアのすぐ裏、クィーンズ伊勢丹品川店は品川駅のアトレに入っています。どちらも立地的には最高の場所でしょう。つまり地代が高い。

フィットネスクラブは会員数を増やしていかないと収益が改善しません。そこから家賃、人件費を払うわけですから、家賃が日本一高い銀座では相当無理があったと思います。

同じく、品川駅のアトレにスーパーがあるというのも、ちょっと無理ですよね。品川に引っ越したときにクィーンズ伊勢丹品川店に買い物を行ったとき、あまりの値段の高さに目眩がしたのを覚えています。それまでは千葉の浦安でしたから、しかも、ダイエーで買い物をしていた人間が、クィーンズ伊勢丹に行ったら、そりゃあカルチャーショックを受けますよね。

それでも、一個売って数円の利幅のスーパーでは、品川駅のアトレで成り立つのは難しいと言うことだったのでしょう。

日本はシュリンクの時代を迎える、と言われて何年も経っています。

実際に地方ではガソリンスタンドがなくなったり、大手スーパーが撤退したりというニュースは見ます。

でも、日本の中でも一等地と言われるような港区でも、シュリンクしてきていると実感します。

地方とは逆かもしれませんが、地代の高さから、それに見合う利益を出せるような商売でないと成り立たなくなっている、という感じです。

デフレが止まらない中、商品、サービスの値段は下がっていますから、そこから地代を払うのは、今まで通りのものを売っていたのでは難しいのかもしれないです。
かと言って、銀座ですから、牛丼は1000円です、とは出来ないですよね。全国チェーンのお店は。独立系のお店、老舗などでは、特徴を出して、そういう値段設定は可能でしょう。

女性に人気のスィーツなど、2000円くらいの値段は普通にありますから。

地方には地方の問題があるように、東京には東京の問題があります。そこで生き残って行くにはどうするか?

自分はどうするのか? いろいろ考えてしまいますね。
DSC01419.jpg

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »