« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016.04.29

最近のお仕事2016/04/29

先月の撮影です。

パルセンスで始める!

運動しても効果が出ない

にわかに話題沸騰中

DSC08319.jpg

ゴールデンウィークは全くのヒマです。

何にもないのは初めてかも??

女房の方は仕事が忙しいので、僕一人で過ごさないとなりません。写真を撮ろうと思うけど、、、


| | コメント (0)

2016.04.26

中古のコメットストロボ

Img_0095銀一で中古のコメットストロボのヘッドを買いました。

先月くらいだったか、銀一に寄ったときに、大量にコメットの中古が出ていたので、気になっていたものです。

中古といっても、程度がかなり良い。外観もほとんど傷がありません。

買ったのはヘッドだけ。CAX-32というモデルです。

スタジオでのストロボはProfotoをメインにしているのですが、使っているProfoto D1はヘッド部がかなり重くて、例えばトップに使うときなど、ちょっと気を遣うし、疲れます。

年取ってくると軽い機材が良いと思うようになります。

Profotoを買ったときに、それまで使ってきたコメットのほとんどを処分しました。その時はProfotoが一番だと思っていたので。ま、今でも一番使いやすいと思っていますけどね。

Profotoの良いところはメーカーもいっているようにライトシェーピングですね。オカマを調整する事で、微妙な光を調整出来る。これが慣れるとすごく便利です。コメットなどはこの機能が付いているのはあるにはあるのですが、特殊なヘッドと言えます。Profotoの場合、ロケ用のB2から同じオカマが使えるし、よくデザインされています。

ただ、修理の時の金額や、消耗品の金額の高さはやはり海外製品ですから、コメットと比べるべくもなく高価です。

普段使い?というか単に光れば良い程度の時にはコメットでも十分。コメットの人が読んだら嫌な気分になるかもしれませんが。コメットの中でも微妙な調整が出来るヘッドは存在しています。僕が持っていないだけで。

と言うことで、一時は処分していったコメットを最近はふたたび買い戻す方向にあります。用途によってはD1よりも使いやすいですから。特に中判デジタルのIQ280など、低感度での撮影をするような機材を使うと、とにかく大光量が必要になります。2400WS位のジェネレーターはあっても良いくらい。
昔は2400のジェネなんて、普通にフリーのカメラマンが持っていましたからね。僕も2台持っていましたが、今は1台のみです。その一台も年に数回程度しか使っていませんでした。IQ280をISO35で撮影するときには、出番が多くなりますが。

さて、その中古のコメットストロボのヘッドですが、中古にしては使用感がほとんどありません。新品に近い状態でした。いくつかあるうちのチューブがキレイな一台を65000円だったかな?で購入。

スタジオで使用していたら、あっと言う間にモデリングが切れました。

モデリングが死んでいましたね。そこまでは気がつかなかった。でも、どうせ球は切れるから、手持ちのハロゲンを入れて、今は問題なしです。

コメットストロボの中古を探している人だったら、今、銀一に問い合わせれば残っているかもしれません。

新品で買うとこれです。


| | コメント (2)

2016.04.25

ライアン・マッギンレー BODY LOUD ! 展へ

すっかりブログを書くのが億劫になって、今頃になりました。
地震があったりで気が滅入るし。

さて、写真展に行ってます。昨日行ったのは
ライアン・マッギンレー BODY LOUD !

始まったときから行きたいと思っていた写真展です。

ライアン・マッギンレーさんの写真は、確か数年前、アマナだったと思いますが、渋谷ヒカリエの上で展示をしたとき、観に行き来ました。当時から注目の若手写真家という切り口だったと思います。

今回のはかなり大規模で、見応えがあります。

会場は篠山紀信さんや、蜷川実花さんが過去に個展をやったところ、初台のオペラシティです。良い写真展をやるのですが、行くのが面倒な場所です。

日曜日と言うこともあって、そこそこの人出でした。

会場内での撮影はOKということで、あちこちでスマホで撮影されていました。
Img_5457
前にも書いたように、僕は展示会場での撮影は嫌いなので、良い感じはしませんでしたが、、、一応、そんな事言ってる割にこの写真を撮ったりするんですけどね。

スマホの写真はどうにかならないかな〜〜、せめて音がなければ、気にならないんだけど。とにかくあちこちから例の電子合成されたシャッター音が響き渡ります。

肝心の写真ですが、、、もう圧倒的。

特に上の写真での壁面一面のヌードフォトは圧巻です。

説明によると、ニューヨークの街中で声を掛けてスタジオに連れて行きヌードを撮らせてもらった作品だそうです。

良くある、と言えばそうなんですが、それがこの数を出来るのか?と言われれば、それはもう、突き抜けてます。

今の時代、写真は数になったと、そう感じています。

とにかく猛烈な数の写真を撮る、昔はそれってなかなか出来なかったことです。一写入魂、みたなことを言う人もいるくらい、魂を込めていた。

今はそうではありません。

魂がないと言うことではなく、魂を込めて沢山撮れる、と言うことなんです。

本当に良い刺激を受けてきました。



| | コメント (0)

2016.04.04

日本写真家協会

今回、日本写真家協会(JPS)の会員になることになりました。

Dsc02256

以前より日本広告写真家協会(APA)には入っていましたので、これで二つ目と言うことになります。

2つも入る必要、ないんですが、、、

ある方から「入らないか?」とお誘いを受けたので、悩んだ結果、入ることにいたしました。協会に入るには推薦人が必要です。たいていの場合、推薦人から推薦を受けて入会します。

入ることにした理由は、、、、

仕事として写真をやって十年以上にもなれば、ほとんどの場合、誰かしら、この手の団体に入らないか、と誘われることとなります。

誘われて入る入らないの選択は自由ですが、もし、その時に入らないと決めたなら、一生入らないとした方が良いでしょう。なぜなら、後々に入ることになったら、最初に誘っていただいた方に失礼ですから。

だからチャンスは一度きり。。。僕はそう思っています。

入ったからと言って、ものすごくメリットがあるわけではないし、会費が高いから、むしろ入らない方が良いのかもしれません。

ただ、メリット、デメリットはその人次第。

積極的にいろいろなことに参加していけば、それなりに人脈が広がりますから。それはお金では買えません。

今期、50人以上の写真家が入りました。

中には非常に有名な人もちらほら。

自己紹介には時間が掛かり、それを聞くと、さすがに自己アピールがスゴいなと言う人ばかりです。
自己アピールすることに慣れていないので、ちょっと気後れしてしまいました。

若い人は前に出て行きますね。見習わないと。。。


| | コメント (0)

2016.04.01

折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2016 (タツミムック)

折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2016 (タツミムック)の表紙を撮影いたしました。

Img_5414


カメラはPhase Oneデジタルバック IQ280、レンズは80ミリでした。

弊社スタジオにて俯瞰撮影。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »