« アニー・リーボヴィッツの世界巡回展 | トップページ | ホワイトデーにキールズ »

2016.03.11

So-net 0円SIM

去年の12月でしたが、雑誌デジモノステーションでの付録が0円SIMでした。

SNSなどで話題になって、あっと言う間に完売。FBで「アマゾンで買えなかった〜」と書いたら、本屋には山積みになっていると言うことで、買いに行きました。

この0円SIM、欲しい人にとっては欲しいけど、なにそれ?と言う人も多いでしょう。たぶんですが、大都市圏の、しかも限られた人にとっては面白いと感じた付録だと思います。

僕は電話としてのiPhoneを1月にドコモに変えて、その他にiPadと6プラスのiPhoneを持っています。どちらもSIMフリーなので、それまで使っていたニフモの契約にプラス、0円SIMでも入れておこうかと、この雑誌を買いました。

2月中頃まで忙しくて、そんなに気にしていなかったのですが、昨日になってメールが届きました。
1
0円SIMはSo-netがやっているのですが、そこからのメールで無料で使える500MBまでわずかですよ、というお知らせが来ました。

え?
そもそも、このSIMはiPadに入れてて、LTE回線で使ったのはかなり頻度が少ないはず。しかもiPadはスタジオに置きっぱなしだし、スタジオのWi-Fiに繋がっているから、LTE回線は使わないはず。

そう疑問に思っていました。

iPadの環境設定で、モバイルデータの使用量を確認すると、確かに500MBになっている。

なぜ??

と、気がつきました。

僕のスタジオは生活するところとは別なので、夜間はWi-Fiを切っているのです。これはルーターの設定でタイムスケジュールをくめるので、無駄な電力、無駄な電波は出さない方が良いだろうと、そういう設定にしていました。夜中の2時から早朝7時くらいまではオフになっています。

すると、置いてあるiPadはどうするか?というと、その時間帯にもデータ通信を行います。
これは確認したらEye-Fiモバイルアプリがほとんどでした。

Eye-FiモバイルはCloudと端末を常に同期させる仕様になっているので、iPadに入っている写真をCloudに上げていたようです。

てっきりモバイルデータ使用時はEye-Fiモバイルアプリはデータを上げないのがデフォルトかと思っていたので油断していました。

0円SIMはたまにしか使わない人には良い選択だと思います。特にオマケですから、使わなくなってもお金掛からないし。

先のデジモノステーションは完売後、ヤフオクあたりでは3000円で売られていたらしいですが、、、

2月になって正式な商品として0円SIMがSo-netから出たので、今後、オマケにはならないかもしれませんね。
オマケで買えた人は、初期の事務手数料3000円分がお得だったと言うことですね。


|

« アニー・リーボヴィッツの世界巡回展 | トップページ | ホワイトデーにキールズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニー・リーボヴィッツの世界巡回展 | トップページ | ホワイトデーにキールズ »