« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016.03.25

Phase One XF

Phase One XFを買いました。

Img_0087

今、年度末と言うことで、都内のプロショップでは中判デジタルカメラのセール中です。

Phase One XFは去年、新型の発表と同時にテストさせて頂きました。

その時から、欲しいと思っていたのですが、、、、いかんせん高い。

中判デジタルを使う仕事が、それほど多くないと言うこともあって、これ以上、そのジャンルにリソースを投入するべきかどうか?自分でも悩みました。

ただ、2年前に買ったIQ280が、このところ使用頻度がかなり高くなっていて、だったら地獄の底まで付き合うか?と言う気持ちになりました。特に最近、Phase One XFのファームアップで更にIQ2シリーズとの親和性が高くなったので、セールと言うこともあって、買うことにしました。

ボディだけで100万ですからね・・・そりゃ悩みました。

100万あればもうすぐ出るニコンのD5も、キヤノンの1Dxmk2も、買えますから。

上の写真は、ちょうど届いたところ。

左側の箱は今まで使っていた645DF+を処分しようと思って、箱に詰めていたところです。

マミヤLeafのデジタルバックをほとんど使わなくなってしまったので、ボディ共々、売る予定です。良いカメラなんですが、、、手元に置いておいても。

Img_0089
買ったのはボディと標準レンズですが、今まで使っていたペリカンのケースに入るのかどうか?気になったのですが、なんとか収まるようです。

昨日届いて、すぐに午後からモデル撮影に使いました。

なぜこのところ8000万画素のIQ280の使用頻度がかなり高くなっているのか?

それはsensor+を積極的に使っているからです。

sensor+機能を使うと2000万画素のデジタルバックとして使えるので、日常使用にちょうど良いんです。8000万画素あってもほとんどの仕事ではオーバースペックですから。

8000万画素機のPhase Oneデジタルバックのメリットは使用頻度が上げられるという点ですね。

これがソニー製CMOSのデジタルバックだと、常に高解像度データで使うしかありません。また、6000万画素以下のデジタルバックでも、sensor+が付いていますが、画素数が1500万画素と、ちょっと心許ないサイズになってしまいます。

2000万画素あれば、ほとんどの仕事で不足を感じることはないでしょう。足りないと思ったら8000万画素として切り換えれば良いんですから、非常に楽です。

今回、Phase One XFを買って、2年前に無理してIQ2シリーズを買って良かったと思いました。新しいカメラに対応していけるというのは高額なデジタルバックでは、普通の個人ユーザーには助かります。

昨日はモデル撮影、今日は朝から会社役員の撮影とPhase One XFでやっていますが、一部失敗もありで、まだまだ自分のものにしていない感じです。クライアントには迷惑を掛けていませんが。

もっともっと使い込んでいかないと。


| | コメント (0)

2016.03.23

大洗にて

500px.comのtatsushi yuasaさんによるsunrise burst

連休は水戸方面にロケでした。1泊2日のロケなのですが、撮影はお昼からだったので、クライアントさんに無理を言って、自分だけ単独行動で現地集合にしていただきました。

早朝、4時起きで向かったのは大洗磯前神社。結構有名な撮影スポットですが、僕は行ったことがなく、今回が初めてです。こちらのブログが詳しいです。
最初はPhase Oneを持っていこうかと思っていたのですが、早朝、暗いうちに現地について、そこで当てもなくうろうろは、中判ではキツい。

その日の仕事でα7R IIを使う予定だったので、そのカメラで行くことにしました。

4時起きで行ったのに、現地はすでに日の出あと、、、やはり3時起きじゃないとダメですね。

当日は仕事だし、そんなに無理したくなかったので日和りました。

鳥居は素材として絵になります。しかも波をぶらして、、、まさに日本。

NDフィルターを忘れたりして、もうダメダメな撮影でしたが、なんとか面白く撮れたのが上の写真。

この時に思いっきり波をかぶりました。頭からずぶ濡れ。

ゴアテックスのジャケットを着ていたので、中まで濡れませんでしたが、頭から首に掛けてはびっしょりでした。

三脚に据えて、波をぶらして撮るのはこの前にやっていたので、この時は帰る前に高速シャッターで波を止めて撮ることに変更していました。だからこんな写真が撮れたんですね。面白いです。

実はこんなこともあろうかと、レンズ前には保護フィルターを付けています。画質的に、余計なフィルターは付けない方が良いに決まっていますが、海や滝など、水しぶきがかかるような撮影では、掛けていないと怖い。高価なレンズをすぐにメーカー点検に出せるなら良いですが、普通の人はそうじゃないでしょう。プロでも同じです。

この時はα7R IIにソニー純正レンズの16-35ミリ/F4です。海水をかぶりましたが、すぐにハンカチで拭き取って、その後、仕事にも使っていますが、問題はないようです。せめてタオルにくるんで撮影しておいたら、ダメージはもっと少ないと思います。

久しぶりに仕事以外の写真を撮りました。ホントに久しぶり。やっぱりダメですね。何もかもがにぶっている気がしています。


| | コメント (0)

2016.03.18

Phase Oneデジタルバック IQシリーズもファームアップ

Img_0086
C1のバージョンアップだけでなく、デジタルバックIQシリーズもファームアップされました。

写真はファームアップ後。インターフェースが新しいIQ3シリーズと同じになりました。よりフラットデザインが徹底された感じ。

C1のバージョンアップの項目にも書かれていますが、新しいカメラ XFとの親和性が増してきたので、旧型のバックタイプもそれに合わせてと言うことでしょうね。

そう言えば、ソニーα7シリーズもファームアップがあって、そちらもやりました。これも新しいレンズGシリーズに対応するためでしょう。

ハードとソフト、写真には両輪です。どちらが行き過ぎてもバランスが悪く、使いにくい。

先月のC1ウェブナーでも言いましたが、自分の使っているPCのOSも、古いままにしておくと後で痛い目に遭います。面倒なことですが、コンスタントに上げていく方が、結局はリスク分散になると思います。

| | コメント (0)

CaptureOne9 バージョン9.1へ

CaptureOne9 がバージョン9.1へバージョンアップ。

ダウンロードはこちらから。

1

以前から書いていると思いますが、C1の場合、アップデートはアプリケーション単体がそのままそっくり新しくなるので、新しいバージョンが不安な人は以前のバージョンを残しておくとイイです。

画像は僕のMacのアプリケーションフォルダ。こんな感じで、C1の名前の後ろにバージョンナンバーを付けておきます。するといくつかのバージョンを取っておくことが出来ます。

万が一、バグかと思うような不具合があった時、以前のバージョンを起動して確認が出来ます。以前のバージョンで正常だったら新しいバージョンのバグの可能性が高いし、以前から同じ挙動ならC1以外のトラブルの可能性が高い。

トラブルが起きたとき、その切り分けをするクセを付けておいた方が、解決までの時間が短くなります。

自分でそういうこともしないで、「新しいバージョンはバグだらけだ」みたいな根も葉もないウワサを広げないようにしましょう。
漠然とした不安を読んだ人に思わせるのは、写真界全体としても良いことではないですから。

さて、新しいバージョンはどうなのかな?今ある仕事に使ってみます。

|

2016.03.17

最近のお仕事2016/03/17

先月の撮影です。

仕事も恋も成功に導く“三種の神器”を使いこなせ!!
新社会人に贈る!男前身だしなみ術

仕事も恋も成功に導く“三種の神器”を使いこなせ!!
新社会人に贈る!男前身だしなみ術

仕事も恋も成功に導く“三種の神器”を使いこなせ!!
新社会人に贈る!男前身だしなみ術

160317_0001

これも先月の撮影から。


160317_0002

GQ IDメンバー限定の特別な体験

| | コメント (0)

2016.03.16

新宿へ

Dsc07288
新宿へロケ。

簡単に撮った伊勢丹の外観だけど、タイル面にモアレが、、、

使ったカメラはα7R II。さすがにモアレが出やすいカメラです。こういう時は何枚か撮っておかないと、あとあと怖いですね。

仕事の方は、、、そんなに忙しくない状態が続いています。まあ、そういう時もあるでしょう。一時のことなら良いのですが。年齢的にも55歳だから、仕事が減っていく方向にはあると思います。

なかなかいい話がないですが、、、

| | コメント (0)

2016.03.11

ホワイトデーにキールズ

Img_4347
明日がホワイトデーですが、土曜日なので、会社関係の人には前日の今日、お返しをあげる人が多いですよね。日にちを完全に勘違いしていました。てっきり日曜日がホワイトデーかと思ってた。すみません!訂正いたします。

僕も今日、社内の女性にお返しをしました。

いつもはゴディバにしているのですが、今回はFBで以前一緒に仕事をさせていただいた藤村さんが薦めていたキールズのリップバームを付けてみました。

ホワイトデー用に、専用のパッケージになっていて、メッセージカードも入れられて、なかなか気が利いています。

女性はいつも唇に塗り塗りしている人、多いですからね。もらってもうれしいんじゃないかと。

こういうところ、気がつくのがさすが藤村さんという気がします。

もう明日ですが、まだお求めで無い方は、キールズショップに行けば売っていると思います。奥様にもあげると喜ばれるんじゃないかな。

| | コメント (0)

So-net 0円SIM

去年の12月でしたが、雑誌デジモノステーションでの付録が0円SIMでした。

SNSなどで話題になって、あっと言う間に完売。FBで「アマゾンで買えなかった〜」と書いたら、本屋には山積みになっていると言うことで、買いに行きました。

この0円SIM、欲しい人にとっては欲しいけど、なにそれ?と言う人も多いでしょう。たぶんですが、大都市圏の、しかも限られた人にとっては面白いと感じた付録だと思います。

僕は電話としてのiPhoneを1月にドコモに変えて、その他にiPadと6プラスのiPhoneを持っています。どちらもSIMフリーなので、それまで使っていたニフモの契約にプラス、0円SIMでも入れておこうかと、この雑誌を買いました。

2月中頃まで忙しくて、そんなに気にしていなかったのですが、昨日になってメールが届きました。
1
0円SIMはSo-netがやっているのですが、そこからのメールで無料で使える500MBまでわずかですよ、というお知らせが来ました。

え?
そもそも、このSIMはiPadに入れてて、LTE回線で使ったのはかなり頻度が少ないはず。しかもiPadはスタジオに置きっぱなしだし、スタジオのWi-Fiに繋がっているから、LTE回線は使わないはず。

そう疑問に思っていました。

iPadの環境設定で、モバイルデータの使用量を確認すると、確かに500MBになっている。

なぜ??

と、気がつきました。

僕のスタジオは生活するところとは別なので、夜間はWi-Fiを切っているのです。これはルーターの設定でタイムスケジュールをくめるので、無駄な電力、無駄な電波は出さない方が良いだろうと、そういう設定にしていました。夜中の2時から早朝7時くらいまではオフになっています。

すると、置いてあるiPadはどうするか?というと、その時間帯にもデータ通信を行います。
これは確認したらEye-Fiモバイルアプリがほとんどでした。

Eye-FiモバイルはCloudと端末を常に同期させる仕様になっているので、iPadに入っている写真をCloudに上げていたようです。

てっきりモバイルデータ使用時はEye-Fiモバイルアプリはデータを上げないのがデフォルトかと思っていたので油断していました。

0円SIMはたまにしか使わない人には良い選択だと思います。特にオマケですから、使わなくなってもお金掛からないし。

先のデジモノステーションは完売後、ヤフオクあたりでは3000円で売られていたらしいですが、、、

2月になって正式な商品として0円SIMがSo-netから出たので、今後、オマケにはならないかもしれませんね。
オマケで買えた人は、初期の事務手数料3000円分がお得だったと言うことですね。


| | コメント (0)

2016.03.09

アニー・リーボヴィッツの世界巡回展

現在、アニー・リーボヴィッツの世界巡回展が東京で見られます。

WOMEN: New Portraits

今週で終了してしまいます。

僕は先日の日曜日に行ってきました。
IMG_9566.jpg
写真は会場でのパンフレット。

会場は僕は行ったことのない倉庫でした。ただ、倉庫がイイ雰囲気を出していて、アートの空間をより引き立てていたと思います。

会場内には3面の巨大なモニターが。そのうちの2面で、作品のスライドショーが映し出されています。残りの一面にはエリザベス女王のポートレートが固定されて表示されています。

イスがあるので、そこの座って2面の映像を交互に見ます。

奥に写真集が見られるスペースがあるのですが、アニーさんの巨大写真集があって、それの見応えがスゴいです。
その写真集の詳細はこちら

同じ写真集ではないようですが、形態は同じです。
驚くのはその中身。信じられないくらいの有名人を撮っています。しかも、集合写真って。。。

確か、以前は大判カメラで撮っていたと思いますが、大判カメラで有名人の集合を撮るって?想像しただけでもそのプレッシャーで震えます。

写真展は今週末で終わりです。もう日本では見られないでしょう。
何を差し置いても、絶対に見るべき写真展です。
特に奥の写真集は順番待ちしても見た方が良いでしょう。

行く前にこちらの取材記事も読んでおきましょう。
アニー・リーボヴィッツが捉える、変わりゆく女性の肖像

こんだけスゴくて入場料無料。しかも、コーヒーサービスもあります。

ヨーロッパの銀行はアートに対しても懐が深い。素晴らしいことです。

| | コメント (0)

2016.03.03

最近のお仕事 G-Tune、Core i7 6700K/GeForce GTX 980搭載17.3型ゲーミングノート 画像

最近のお仕事です。

G-Tune、Core i7 6700K/GeForce GTX 980搭載17.3型ゲーミングノート 画像

簡単に撮れそうと思うかもしれませんが、結構大変でした。写り込みがあるんで、そこを考えると、どうやって合成していくか?ゲームみたいな感じですね。

特のこの撮影では、PCが重量級の商品だったので、浮かすのが大変で。。

こういう公開画像を見ると、苦労した甲斐はあったなと思います。


| | コメント (0)

久しぶりに500pxへ

500px.comのtatsushi yuasaさんによるorchid

久しぶりに500pxへ写真を上げました。

写真はC1で現像して、その後、Lightroomへ。そこからsilverEffectProというプラグインを使いました。絵画調のモノクロームにしたかったので。C1だけだとフィルム調という粒子感にならないんですよね。フィルムライクな、と言う意味では新しく出た富士のX-Pro-2が良さそうな感じですね。

さて、今週、まったく仕事がないのです。
この花は先週の撮影で使ったもの。スタジオに置いたままだったので、もったいないから撮影しています。
1つの花を撮っているのは面白いのですが、、、自分の限界を思い知りますね。

特にカメラはPhase OneデジタルバックIQ280で撮っているので、、、でもそんなのはなんの関係もありませんね。見る人にとっては。どうでもいいことです。

ただ、撮っている方としては、面白いというか、失敗の確率が高いので、撮れるだけでうれしいというか。

これが35のデジタル一眼レフカメラだったら、誰が撮っても撮れるから、面白くないんですけど。

こんなに仕事がないんだったら、どこかに撮影に行けば良かった。いつも後の祭りなんですよね。

| | コメント (0)

2016.03.02

2台目のKindle

2台目のKindleを買いました。

僕はprime会員なので、Kindleなどが割引で購入できます。

Kindleというものを体験してみたかったので、最初、一番安い、モノクロのタイプを買いました。

これは常に広告が表示されるというタイプで、その分、割安です。
広告と言っても読んでいるところに出てくるというものではなくて、スリープしている状態で広告を表示するというもので、全然邪魔になりません。というか、むしろその方が、Kindleのこういう本を薦めてくるのか、と僕なんかは広告表示してくれて便利に感じているくらいです。

モノクロなので、小説を読むには良いのですが、写真集や雑誌には向いていません。表示させてみましたが、見ない方がマシという感じ。

Kindleで雑誌や写真集を買いたいと思っても、カラー表示する端末がないので、欲しいなと思っていたところ、去年、普及機としてKindlefireが発売されて、これがprime会員だと4980円で買えると言うことで、発売してからずーっと悩んでいました。
iPadも持っているし、そんなに液晶端末があってもね、、、

仕事が一段落したこともあって、買ってみることにしました。

Img_0032

リビングに置いておいてその場専用として使っています。
リビングには携帯を置きたくないんですよね。常に気になってしまうから。だから今まではiPadを使っていたのですが、iPadを撮影で使うことが多くなってしまったので、スタジオに置いておくようにしました。
持ち歩きはiPhone6プラス、そして、家のリビングではこのKindle、ということで場所によって使い分けるようにしました。ちなみに携帯はiPhone6sです。

タブレットではアップル製品ばかりを使ってきたので、OSが違う事が新鮮でした。

安いからどうせダメだろうと思っていましたが、結構使える。

もちろん、iPhone、iPadと比較したら全然ダメですよ。でも5000円でこれだったら、まったく問題ないでしょ。

Img_0035

しかも驚くことにMacのキーボードがUSBケーブルで繋いで使える。これで長文とか打つのがかなり楽です。この楽さはiPad以上じゃないかな。変換がiPad、iPhoneよりも自然で、タイピングの邪魔になりません。ビックリしました。

接続は普通のケーブルでは出来ません。OTGケーブルというアダプターを途中にかまして接続します。


ちなみに、ここにカメラを接続すると、カメラで撮った画像をKindleで見られ、それをコピーできます。ま、取り込めると言うことですね。コピーのスピードと容量が小さいので、とてもじゃないけど、ストレージとしては使えませんが、プロではない普通の人ならこれでも十分でしょう。

メールもFacebookも、Twitterもアプリで対応しているので、後からインストールすればiPadと同じように使えます。ウェブブラウザもあるし。

Kindlefireは大きさ的にiPadMini位なので、iPadMiniが欲しいという人は、試しにKindlefireを買ってみてもそんなに損にはならないと思います。思ったように使えなくても、書籍を読む端末としては問題ないわけですから。

10日間ほど使っていますが、iPadじゃないと、と思ったことはほとんどありませんでした。
もう、これで十分。


文句を付ける人は5000円という価格を考えてから言った方が良いと思いますね。

それにしてもアマゾン、恐るべしですね。

|

デカアンブレラ活躍中

Img_5367以前ここにも書きましたが、デカいアンブレラですが、ロケの時に活躍しています。

先週、ハウススタジオで終日撮影だったのですが、これはその時の様子。

普通の家の天井高は2mちょっとですから、このアンブレラだと最高に高くしてもこのくらいになります。
光の感じだとちょうどレフを置いた感じで撮れます。
もっともストロボがProfotoB2なので、光量がかなり小さく出来るという点もありますね。窓からの自然光がメインで、それに対してちょっと押さえを入れる、とそんな感じのライティングになります。
レフを使っても良いんですが、レフのデメリットとして、起こした側の明るさの調整がしにくい点が挙げられますね。ストロボでやっていると、光量調整だけで明暗比を変えられます。
その点が忙しいロケではすごく便利。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »