« 仁義なき戦い とんかつ屋さん | トップページ | MacBook Air (mid 2011) バッテリー交換 »

2016.01.20

生きていくこと

SMAPのことでニュースが多い昨今ですが、、、

SMAPの「夜空ノムコウ」という曲を思い出しました。その歌詞の一節が象徴的でした。


「つまらない常識など つぶせると思ってた」
 「夜空ノムコウ」から引用

一時は事務所を辞めてもなんとかうまく行くと思ったのだろうと、推測しています。

だけど、いろいろな事情からか事務所を出ることは出来なくなった、というか、その計画は頓挫した。

その代償として、TVでの謝罪会見になった。それは事務所の意向を100%反映させるものだった。

と言うのが今のところの流れのようです。

これって、ちょっと前のベッキーの謝罪会見と同じですよね。

ベッキーの場合も相手側の奥様に対しての言葉が一言もなかった、というのが騒ぎを大きくした一因でした。

あくまでも事務所が考えて、事務所にとって良い記者会見を用意した、と言うことなのですから。

ベッキーの場合もたぶん、川谷さんとうまく行くと思っていたのだと思います。だからそういう仲になってしまったのだし。

話は極端に変わりますが、去年の夏頃の安保法案反対のデモも同じことを感じました。

SEALSを始め、参加者はデモによって法案が覆るのではないか?と本気で思っていた。もしくは、少しでも何とかなるんじゃないか?と思っていた。

が、結果はデモがあってもなくても、同じでした。

「つまらない常識など つぶせると思ってた」

TVの世界も、政治の世界も、ある意味、理想と現実が乖離している世界です。

現実を知らないで、もしくは理解しようともせず、表面的な理想の世界だけを見てしまい、それが現実だと勘違いしてしまっている。
自分たちの力で何とかなるんじゃないか?

でも現実はそうではない。

数年前に政権を取った民主党が良い例です。民主党にやらせても日本は何とかなる、と、なんの背景もなく、理由も無く、そう思った人が多かった。

でも、現実はそうではなかった。

まったく無駄な3年でした。

でも、当時、自民党に票を入れるべきだと、表だって言える人は少なかったでしょう。そんな事言ったら非国民扱いですから。

現実を冷静に見ること。

イヤなことですが、どうしようも無い事もあります。

何かを変えようと思うなら、用意は周到に。そして、いきなりではなく、近いところから変えてみること。

僕はそういうことが大事かなと思っています。

IMG_6090-Edit.jpg

|

« 仁義なき戦い とんかつ屋さん | トップページ | MacBook Air (mid 2011) バッテリー交換 »