« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.29

昨日の写真を500pxへ

昨日撮った写真で気に入っているのを500pxに上げました。

500px.comのtatsushi yuasaさんによるBridge

これは暗くなって帰り間際に撮ったものです。

昨日は比較的暖かだったので、日が暮れてからも楽でした。

やっぱりこういう写真が好きなんですよね〜。

| | コメント (0)

2016.01.28

ゲートブリッジへ

月末で請求書を書いたりで終わり、、、
夕方、時間があったし、ひさしぶにゲーツブリッジにでも行ってみようかと思い立ちました。

本当は時間のあるうちに冬っぽいところまで行ってみようかと思ったのですが、だいたい週末になるといろいろなご依頼を頂くといういつものパターンで、それを考えていると、どこへも行けなくなってしまいました。

ゲートブリッジは近場で開けているので、気分転換には良い場所です。
DSC06626.jpg以前に比べて、かなり一般的になっていて、平日の今日でさえも10人前後のカメラマンの方が居ました。

みんな何を撮っているんだろう??と気になりましたが、、、

僕は僕で自分の好きなように撮ります。

日も暮れて、人の顔も分からないくらいになった頃、長時間露光で撮っていたら、一人のアマチュアカメラマンの方に声を掛けられました。

「良い写真は撮れましたか?」

たいてい、どこの撮影スポットでもこんな感じで声を掛けられます。

特に風景の場合、その場所に通い詰めている、その道にプロがいらっしゃいます。

ちょうどその声を掛けた人がそうだったようです。

橋が出来る前からここに通っていて、どう撮れば良いか?すべて分かっている、と言うことでした。どう撮りたいか、聞いてくれれば教える、みたいなことを言われました。

確かにありがたいことです。

それから延々とダイアモンド富士の話になって、、そうしていたら、完全に真っ暗になってしまいました。

まあ、撮影スポットでは良くあることです。
付き合わなくても良いのですが、そういう人と話すのも、何かプラスになるかな〜と。いろいろな場所を教えて頂いたし。

風景写真って、いつ、どこで、どういう機材で撮るか?でほとんど決まります。

偶然行って、良い写真が撮れることはかなりまれです。行く前にすでに勝負は付いているんですね。

だから何度もそこに行くことになるし、そういう人ほど、チャンスに巡り会う可能性も高くなります。

ただ、そうではない写真もある訳で、、、普段、そういうところに行けない人は、だったらどうすればいいか?を考えるようにしたいですね。

僕もそうなのですが。

| | コメント (0)

2016.01.27

サヨナラ!SoftBank。

Img_4079携帯を変えました。

iPhone6プラスを使っていたのですが、iPhone6sにしました。

別にsにしたかったわけでもなく、、、通信費を少しでも安くしたいなと思っていたところ、仕事も一段落で時間があったし、docomoからはiPhone値上げのニュースも流れてきたりで、変えるなら今かな、と思い立った次第です。

携帯は東京デジタルフォンの時代から、ずーっと同じキャリアでした。

東京デジタルフォン、Jフォン、ボーダーフォン、SoftBank、、、とキャリアの名前は変わってきましたが、一貫して同じでした。

請求書には20年と数ヶ月と書かれています。

長く使っていてもなんのメリットもないのが携帯電話。

知り合いには2年ごとにキャリアを換えている人が何人か居ます。僕はそこまでマメじゃないので、へ〜という感じで横目で見ているだけ。

今回は思い切ってdocomoにして見ました。

というのは、先のdocomo値上げのニュースで、換えるなら今月がラストチャンスみたいなことをどこかで読んだし。
浜松町のドコモショップに行ってきました。

店頭で思いついたのは、事務所の光回線もドコモなので、それと一緒にすれば安くなるんじゃないか?と言うこと。店員にそれと伝え、法人でもそういうことが出来るのかどうか、確認したところ、同じように割引が出来ると言うこと。しかも、月2000円近く安くなるみたい。

これはもう換えてしまおうと、事務所に一旦戻って書類を用意して再度docomoに行って変更してしまいました。
法人契約の面倒な点は、会社の登記簿謄本が必要なことです。それと、会社の通帳、判子。

実際のところ、これをすべて用意するのはなかなか難しい。会社の社長ならまだしも、会社員だと無理でしょう。
偶然、登記簿謄本を別の目的で取っていたので、用意する書類はすぐに準備できました。
ちょっと面倒だったのは、Bフレッツが10年以上前の契約だったので、ドコモのセット割りが効く契約に変更しないとダメだと言うことで、それに時間を要しました。
確認したら、うちの事務所は去年からネクスト光になっていて、問題ないと言うこと、こう言うのって何の連絡もないんですね。確認したらあえて連絡はしないと言うことでした。

2時間程度掛かってiPhone6Sへ。

iPhone6を使っていたので、別に感動もありませんが、6と6Sは結構スピードが違います。触って分かるくらい何をするにも反応が速い。
たった1年くらいの違いなのに、この差はすごいなと思いました。

ドコモになって、戸惑ったのは留守番電話。

SoftBankは無料なのに、ドコモは有料サービスなんですね。月300円。

道理で、電車の中で呼び出し音が鳴りっぱなしの人が居るはずです。SoftBankなら自動的に留守電になりますから。留守電に関してはSoftBankの圧勝ですね。

電話を変えて、テストしたいのですが、まったく電話も掛かってこない、、、ヒマです。苦笑

| | コメント (0)

2016.01.22

Capture One Pro 9 Webinar

1月22日(金)のCapture One Pro 9 Webinar に出ます。

Capture One Pro 9 Webinar - Capture One Pro 9にアップグレードする?しない? スペシャルゲスト 湯浅立志

Webinarとはウェブ上でのセミナーです。

地方の人など、東京のセミナーに出られないという人に、ウェブ上で同じようなセミナーを受けることが出来ます。

当日は僕がメインのゲストという形で、CaptureOne9についてお話しいたします。
参加者はそれをウェブブラウザから画像と音声を聞くという形です。

質問などはテキストベースで送れます。

うまく行けば4月頃まで月一で話す予定です。

参加は無料です。取りあえず参加しておいて、当日、仕事などで見られなくてもかまいません。

僕も過去、このWebinarに参加希望出しておいて、見られないことが数回有りました。それでも、ペナルティはないし、もちろんキャンセル料もないので、お気軽にどうぞ。

今週のはアップデートについての僕の意見、そして、日頃使っている機能などの概要的な説明をいたします。

お気軽に参加して下さい。
DSC00677.jpg


| | コメント (2)

2016.01.20

MacBook Air (mid 2011) バッテリー交換

MacBook Air (mid 2011)のバッテリーを交換しました。

このAirですが、普段は女房のアシスタントが使っているMacです。これにThunderboltディスプレイを繋いで、デスクトップとして使っています。

また、僕の軽いロケ用としても持ち出すことがあります。11インチなので、軽くて、それでいてテザー撮影も出来るので、あると便利です。

2011年モデルなので、さすがにバッテリーが死んでしまいました。

Thunderboltディスプレイに繋いでおけば使えるので、そのままでも良いか〜と思っていましたが、いざ持ち出そうと思ったときに、使えないんじゃ意味ないし。

今週は仕事がヒマなので、アップルストアに持っていくことにしました。

ネットで予約を取って、、、前日に予約して、昨日、銀座のアップルまで行ってきました。

で、そこでトラブル、、、、

と言うか、僕が悪いんですが、予約をしたことが余りないので、やり方をミスして、3個、予約を取ってしまい、そのうち2個の予約をキャンセルしたはずが、すべてキャンセルしてしまい、そうとは知らずにその時間に銀座に行ったら、予約は入っていません、と言われてしまったのです。

参ったな〜と思っていたら、1時間後に予約を取れるというので、1時間、時間つぶしして待ちました。

MacBook Airの電池交換はネットで検索するといろいろ出てきます。もちろん、部品を買って、自分でやることも出来ます。が、それで半額程度にケチれるのですが、リスクもあるし、今回はAppleに依頼することにしました。

その場で検証、交換と言うことになりました。

交換は3時間程度で出来るので、待ちますか?と言われましたが、さすがにそこまでは待っていられないので、翌日引き取ることにしました。

金額は14800円。税別です。

ネットで検索したとおり。

まあ、これで保証も付くし。

買い替えるかも知れないから、怪しいバッテリーにするよりも安心な正規品のほうがトータルで考えるとそれほど高くもないでしょう。

問題は処分するかどうかですね。PCは5年も経つと中古で売るにも厳しくなりますから。売れるうちに処分してしまい、新しいものに更新していった方がいろいろ考えると良いような気がします。

次をどうするか?悩みますけどね。

Airは一台あると便利なんですよ。海外ロケの時もこれに画像データを退避させていく用途に使うし。もちろん、内部SSDでは足りないので、外部HDDにコピーですが、最低限PCは必要になりますから。そのためだけに15インチとか、持って行けないです。iPadだけに出来れば良いんですけどね。iPadも最大で128GBだから、ちょっと心許ないし。

今週、ウェビナーをやるCaptureOne9でも、1ライセンスで3PCで使えるので、メインのMacPro、撮影用のMacBookPro、そして、軽いロケ用のMacBook Airと3台で使うことが出来ます。

これだけでも新しいバージョンにアップしても良いくらいと思う人も居るでしょう。

ウェビナーは金曜日の夜です。ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

DSC06148.jpg


| | コメント (0)

生きていくこと

SMAPのことでニュースが多い昨今ですが、、、

SMAPの「夜空ノムコウ」という曲を思い出しました。その歌詞の一節が象徴的でした。


「つまらない常識など つぶせると思ってた」
 「夜空ノムコウ」から引用

一時は事務所を辞めてもなんとかうまく行くと思ったのだろうと、推測しています。

だけど、いろいろな事情からか事務所を出ることは出来なくなった、というか、その計画は頓挫した。

その代償として、TVでの謝罪会見になった。それは事務所の意向を100%反映させるものだった。

と言うのが今のところの流れのようです。

これって、ちょっと前のベッキーの謝罪会見と同じですよね。

ベッキーの場合も相手側の奥様に対しての言葉が一言もなかった、というのが騒ぎを大きくした一因でした。

あくまでも事務所が考えて、事務所にとって良い記者会見を用意した、と言うことなのですから。

ベッキーの場合もたぶん、川谷さんとうまく行くと思っていたのだと思います。だからそういう仲になってしまったのだし。

話は極端に変わりますが、去年の夏頃の安保法案反対のデモも同じことを感じました。

SEALSを始め、参加者はデモによって法案が覆るのではないか?と本気で思っていた。もしくは、少しでも何とかなるんじゃないか?と思っていた。

が、結果はデモがあってもなくても、同じでした。

「つまらない常識など つぶせると思ってた」

TVの世界も、政治の世界も、ある意味、理想と現実が乖離している世界です。

現実を知らないで、もしくは理解しようともせず、表面的な理想の世界だけを見てしまい、それが現実だと勘違いしてしまっている。
自分たちの力で何とかなるんじゃないか?

でも現実はそうではない。

数年前に政権を取った民主党が良い例です。民主党にやらせても日本は何とかなる、と、なんの背景もなく、理由も無く、そう思った人が多かった。

でも、現実はそうではなかった。

まったく無駄な3年でした。

でも、当時、自民党に票を入れるべきだと、表だって言える人は少なかったでしょう。そんな事言ったら非国民扱いですから。

現実を冷静に見ること。

イヤなことですが、どうしようも無い事もあります。

何かを変えようと思うなら、用意は周到に。そして、いきなりではなく、近いところから変えてみること。

僕はそういうことが大事かなと思っています。

IMG_6090-Edit.jpg

|

2016.01.18

仁義なき戦い とんかつ屋さん

Img_54251週間ほど前に事務所の近くにとんかつ屋が出来ました。

開店直後から満員で行列が出来ていたので、行きたい!と思っていたけど並んでまでは、と行けなかったお店です。

先週末、土曜日だから多少空いているかと思って行きました!

久しぶりにこういうとんかつを食べた。

店内は狭くて、半分以上の客が特ロースを頼んでいる。景気がよくないとか言われている昨今、こんなに昼から2000円3000円を払う人が居るという事に衝撃。

それだけの価値があるとんかつですけどね。お店はここと同じみたいです

実はこの場所、以前から飲食店の入れ替わりが激しいところです。僕が記憶しているだけで3,4回は変わっていると思います。良くありますよね、そういう続かない立地のお店って。

で、とんかつ屋になるのが分かったのが2週間ほど前。

かなり驚きました。

というのは、うちの事務所の斜め前がとんかつ屋なんです。しかも、そこも今年の夏にオープンしたばかり。

今回のこのお店はそのとんかつ屋から50メートルも離れていません。

新規出店するにあたり、当然、下見はしているでしょうから、近くにとんかつ屋があるのは知っていて、この場所にお店を出したことになります。

価格帯が違うと言うこともあるでしょうけど、同じジャンルの飲食店をぶつけてくるって、、、

僕も同じ客商売として考えるに、すごい自信だなと感じました。

どこに出しても絶対勝てる、そんな自信を感じるとんかつでした。確かにうまかった。

もし浜松町にいらっしゃることがありましたら、ぜひ食べてみて下さい。ビックリしますよ。
DSC00744.jpg


| | コメント (0)

2016.01.12

笹口悦民写真展 無言の恍惚 - 彫刻の森美術館

箱根まで笹口悦民写真展を観に行きました。

笹口悦民写真展 無言の恍惚 - 彫刻の森美術館

広告写真家としてかなり有名な方です。

三連休と言うこともあり、冬の箱根にしては想像よりも人が多かったですね。

ピカソ館に行く前のカフェの2階が会場で、メルセデスとのコラボイベントのようです。たぶん、メルセデスのお仕事をしている関係かなと想像いたしました。

会場は結構広く、内容はそれは素晴らしいものでした。これぞ広告写真!というような、ハイクォリティの写真の数々。
それと対峙するように、美ヶ原高原美術館や、箱根彫刻の森美術館での風景写真がペアとして並列に展示されています。

たぶん、広告写真だけだと、一般の人は飽きるのかもしれません。見せ方としてスゴくよかった。

見終わった後は横にある足湯で一休み。

ここも無料なのでオススメです。

わざわざこの写真展のためだけに箱根に行くのもなんですが、1日楽しめるドライブとしての箱根、と考えれば良いのではないかと思います。
帰りに御殿場に行ってアウトレットに行っても良いし。

ただ、この時期は念のため冬用タイヤにした方が良いでしょうけど。

DSC01330-Edit-2.jpg

| | コメント (0)

2016.01.09

便利なProfotoB2

昨日は早朝からロケでした。調布のハウススタジオです。

調布って、いつも府中と区別が付かない、、どっちが東京よりなのか?

ま、そんな事はどうでも良くて、やっぱり便利なProfotoB2を感じた1日でした。

早朝から深夜の2時まで撮影。ムービーチームと一緒だったので、かなりの長時間になってしまいました。

ハウススタジオをあちこち動き回って、モデル、そして物撮りと、ほとんどの撮影をProfotoB2でこなせます。本当に便利。

さて、深夜3時くらいまで掛かったロケの翌日というか、その日というか、今日なのですが、昼から自分のスタジオで今度は物撮り。メガネメーカーのタイアップ広告です。

イメージカットの他、メガネの単品撮影でもProfotoB2を使いました。

スタジオなので、B2を使わなくても良いのですが、このB2の特徴は小型と言うことと、出力を落とせること。
Img_4078

メガネは折りたたんで、ライトボックスの上に置いて俯瞰撮影しますが、その時にライトボックスに仕込むライトにうってつけです。

写真はお手製のライトボックス。こんな感じで、B2ヘッドを横から入れます。

メインライトは同じくProfotoD1なので、ProPhotoAirシンクロでどちらもコントロール出来るし、そのまま発光します。

チャージャーを繋いでおけば、バッテリー消費もなく、満充電で使えます。

若いカメラマンで、当座のしのぎでモノブロックを買う人が多いと思いますが、無理してもこのB2を買った方が良いです。ロケでこれほど使えるストロボはありません。クリップオンストロボで苦労している人もB2使ったらクリップオンストロボには戻れなくなります。

値段が高いけど、若いカメラマンなら、十分元は取れるはず。早く買えば買うほど、元を取るのが早くなります。オススメです。

僕は2灯キットを買ったけど、1灯だけでも十分使えます。サブはクリップオンストロボでやるという手もある。

| | コメント (0)

2016.01.07

イワキ lafont webサイト

昨日は今年1発目の撮影でした。

例年だと12月のスケジュールで撮影しているイワキメガネ様の撮影です。

過去の撮影を見本にしようと、久しぶりにイワキ様のlafont WEBサイトを見たら、、、
160107_0001
僕の撮影したカットばかりで、本当にうれしくなりました。

我ながら良い写真ばかり。

こちらのウエブサイトの作りが良いですね。写真がいっそう引き立って、カメラマン冥利ですね。

こちらの撮影は大きく使うものはPhase Oneを使っていますが、webサイトがメインの撮影はキヤノンを使っていました。

今回、初めてα7R IIにして見ましたが、解像感は十分過ぎる。使い勝手も悪くはない。これからレタッチに入りますが、トータルで考えて、どうなるか?まだ分かりません。
今回はすべての撮影を非圧縮RAWデータでやったので、猛烈なファイル容量になりました。1日の撮影で30GBオーバー。Phase Oneよりも容量を食います。

今週は結構忙しく、ほぼ毎日撮影です。がんばって行きましょう。


| | コメント (0)

2016.01.06

α7の便利なところ Anker PowerPort 2 Lite

最近、ソニーα7の悪口ばかり書いているような感じですが、それでも、なんだかんだ言ってよく使っているカメラです。

特に便利なところは充電ですね。
Img_3995

デジタルカメラはバッテリーがウィークポイント。これはデジタルである以上、宿命的なものです。

特にα7R IIは電池の減りが早い。

まあ、それはそれで仕方ないことですが、それならばいかに充電を簡単に、そして、どこでも出来るような仕組みがあるか?その点、ソニーはよく考えています。

この写真のように汎用のUSB充電器から本体へ充電が出来ます。

これって、なんてことないようなことですが、かなり便利。

僕は今まで、事務所と家の2カ所に、仕事で頻繁に使うカメラは、その上更に車の中にも充電器を用意しておきました。

それがα7R IIなら、必要ない。

今やスマホをどこでも充電できるようにしているので、家、車、事務所、などなど、いろいろな場所にUSBチャージャーがあります。
つまり、カメラもどこでも充電出来る。

この写真で使っているのはこちら

Amazonで安いキャンペーン期間に買いました。

大きさが小さく、(iPadの充電器と同じくらい)二口あってiPhone、iPad、両方同時に充電できます。
僕も女房も、iPhone、iPadの2台持ちなので、家での充電が難点でした。もちろん、専用の充電器でそれぞれ充電すれば良いのですが、充電器だらけってかっこ悪いし。

これは小さくてスマート。その上、充電時間もまあまあ早いし。

α7もちょっと繋いでおけば100%になりますね。

こういう点は、他のメーカーの一眼レフも見習って欲しい。海外へ行くときなど、荷物がチャージャーだらけになるので。チャージャーの予備も持っていきますからね。

ダメなところばかり気にすると、良い写真は撮れません。w

ダメなところをどうカバーしていくか?それもプロですからね。


| | コメント (0)

ボーズWave systemsプレゼントキャンペーン

ボーズのWave systemsプレゼントキャンペーンに僕が撮影した写真が使用されています。

Wave systemsプレゼントキャンペーン

商品が切り抜きで入れたような感じになっていますが。最終の合成、修正は僕の手を離れています。
メーカーの撮影ですから、商品重視なのは当たり前です。

ボーズのこのオーディオはかなり良いです。欲しい人は多いでしょうね。僕も大型のコンポーネントを持っていなかったら間違いなく買っています。コンポーネントはそのうち処分しないとならないときが来るかな。

| | コメント (0)

2016.01.05

映画、そして写真展

仕事始めの人も多くなりましたが、僕はまだ撮影の仕事がありません。

女房も元旦まで仕事だったので、ゆっくり休んでいて、7日始まり。

本来はどこかに行く予定だったのですが、いろいろ事情があって家に居ます。

でも、日中は出かけてます。昨晩は映画へ。スターウォーズはもう年末に観ているので、昨日は「サンローラン」を観てきました。

同性愛と言うことでも知られているイブサンローラン氏の半生を描いている映画ですが、昨年の映画「イブ・サンローラン」はパートナーであるピエール氏から見たイブ・サンローランの映画で、今回の「サンローラン」はたぶんご自身のインタビューから起こした映画化と思います。

結果的に僕は両方観たのですが、今回のはかなり同性愛的な映画になっていて、劇中、きわどいシーンが多いのが特徴です。

映画的に観ると、ストーリーとかよく分からない描写が多く、退屈、もしくは観ていられない、という人も居るかもしれません。
ファッション、特にハイブランドのメゾンを垣間見る、と言う意味ではかなり面白い映画でした。

Img_5421

劇中に2回、写真撮影のシーンが出てくるのですが、最初のシーンはサンローラン氏のヌードの撮影シーンと、YSLのファッションシューティングのシーンです。
パリの夜、ストリートでのヌードモデルとスーツを着たモデルを絡めての撮影、と言うことで、どこかで見たな?と瞬時に思いました。

一緒に観ていた女房も、そのシーンで「あ!」と小声を上げたくらい。
女房も今はスタイリストですが、元は写真好きの女性です。僕よりもこの手の写真は詳しいくらい。

今日、事務所に出て、本棚から探してきました。

ヘルムート・ニュートンの写真集にそのカットはありました。

「そうだよ、ヘルムート・ニュートンだったよね」と思い出しました。

雑誌WWDでも表紙になっていました。

やはり心に引っかかる写真ってあるものですね。

ハイブランドの広告写真はレベル的にすべての写真のジャンルでも最高のものだと思います。
僕も学生時代は洋雑誌の広告を真似して撮ろうとしてたものです。
と言うか、少し前までの日本のフォトグラファーは、たいていは向こうの雑誌の真似からスタートしたものです。今はネットの社会になってしまったので、瞬時にヨーロッパのファッション写真が見られますが、昔は航空便で取り寄せて、それをいち早く真似する、と言うのが日本の写真家でした。(一部のジャンルですが)

写真は流行があって、今は一瞬で流行り、そして一瞬で廃れていきます。まるでお笑い芸人のように。


さて、写真展にもいくつか行きました。

アイデムフォトギャラリー「シリウス」 年頭企画展 桐島ローランド 写真展

野口 里佳 写真展:夜の星へ

石川 直樹 写真展:まれびと

石川 直樹さんのは年末、CHANELでのK2の写真展も行きました。

石川 直樹さんの写真はプロの写真家から見ると賛否があるだろうな、と言う気がします。

桐島さんのは、年末に撮影で伺ったときに写真展をやると聞いたので伺いました。桐島ローランドさんらしい写真かなと思います。

野口さんのは、かなり変わっている。海外での評価が高い人ですが、個人的にはちょっと、、、な感じです。こういう写真で大舞台での写真展が出来るというのはすごいなと思いました。

その他にもニコンサロンとかにも寄ってきたのですが、それもなかなか面白かった。

東京はヒマなときでも写真展めぐりが出来るので、助かります。

| | コメント (0)

2016.01.04

年越しは増上寺へ

年越しは増上寺へ行きました。

ここ数年は、日本に居なかったので、年越しに増上寺に行くのは数年ぶりです。

今年は女房が年越しのイベントの仕事が入ってしまい、僕一人になってしまい、どうしようかな〜と思っているうちに31日になって、取りあえず事務所から近い増上寺に行ってみようか、と思いつきました。しかも、日が暮れてから。

以前は、やはり女房が年末の仕事が多かったので、何年もの間、増上寺に行っていました。

年末に休めるようになったことと、僕のヨドバシでの新年の撮影会がなくなったので、一緒に休めるこの機会に海外に行くようになったのが、ここ数年。

今年はそういう意味で、久しぶりの一人っきりでの年越しでした。

増上寺は、以前は年越しのイベントをやっていたので、一人で行ってもそんなに寂しくもないし、楽しめたのですが、数年前に人が多くなりすぎて、危険と言うことでイベントは中止になりました。

中止以降、僕が行ったのは初めてです。

とはいえ、人は相変わらず多く、どんな感じでの年越しになるのか?興味津々だったのですが。

新年はいつの間にか過ぎていました。カウントダウンとかもなし。

行列が12時になってから動き出し、少しづつ本堂に入ってお参りしていきます。

写真的に撮りようもない。山場がない年越しになってしまいました。

東京タワーが2016の数字を出すのか、と思ってたのですが、それすらも無し。

後で聞いたところ、1月1日の夕方4時以降に2016の文字を出したようです。

そんな中、撮ったのを数枚、Flickrに上げています。
DSC00655.jpg

増上寺の年越しは外人率が非常に高いのです。

その雰囲気が伝われば良いです。

そして、翌日、というか1日の午後、再度、増上寺に初詣に行きました。
その時は女房と一緒に。

事務所を浜松町に移してから、初詣は増上寺に行ってます。

年越しの撮影で、増上寺には行くのですが、一人なので、初詣は別の機会にしています。
今回、残念な点は、おみくじが別の場所になってしまったこと。しかも、無人。やっぱり有人のところでおみくじを引きたいんですよね。残念でした。

さて、今年も始まりました。

まだ撮影の仕事はありませんが、がんばって行きます。

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます。2016

あけましておめでとうございます。

本年もこのブログをよろしくお願いいたします。

Nenga_2016

この画像は弊社Y2の年賀状です。

引き続きY2、およびカメラマンの湯浅をよろしくお願いいたします。

なお、この写真のオリジナルは以下の写真です。



500px.comのtatsushi yuasaさんによるNew Year in Paris 2015





500pxにて公開しています。

撮影は昨年のパリで。

2014年末から2015年の年越しをパリで過ごしていました。

その時に撮影したシャンゼリゼ通りでのニューイヤーセレモニーです。オリジナルの凱旋門に映っている2015の文字を2016に合成して、今年の年賀状用にしました。

この時はテロの前なので、警備もそれほどではありませんでした。

今年の報道を観ていると、花火は止めているようですね。凱旋門へのプロジェクションマッピングで花火を投影していました。

日本からパリへの観光客は激減の模様。
JALだったか、成田パリ間は運休になってしまったようですが。

こういう写真が撮れる日がまた来るのか?

早くそういう時代になって欲しいと思いますが、たぶん、長期的に難しいままかもしれません。

日本だけが平和なら良い、というのでは済まない時代です。

それをよく考えて、地球全体でよりよい関係になるように、僕個人では祈るしかありません。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »