« Adobe Post | トップページ | Sony A7rII vs Phase One IQ160 »

2015.12.23

アップデート もろもろ

パソコン関係のアップデートをいくつか、、、

先に書いたようにメインのMacProのOSをアップデート。
Yosemiteからエルキャピタンへ。

これがかなりしくじった。

結果で言えばやらなければよかったかも。

でも、いつかはやるべきことだし。

今週になって起動しなくなってしまい、、、しかも、夜中の撮影が終わって朝の4時に事務所に戻って、その時間にデータからすぐに納品データまで作らないといけないと言うときにです。

朝の4時に起動しないって、、、

最悪、スタジオ撮影用のMacBookProで行こうか?という決断まで30分。

トイレに行ってる間に起動していました。

取り急ぎ、データを納品データまでにして、納品。

そのまま家に帰ってバッタリでした。

で、その日の午後、事務所に出てきて仕事しようと思ったらふたたび起動せず。

この年末にこれか・・・

と落胆してましたが、やれることをやっていこうと、気持ちを入れ替える。

起動不能を繰り返すうちに、起動することもあって、その時にどうもなにか起動時に引っかかることがあるような気がしました。

Macの場合、OSのアップデートはかなり簡単です。WInみたいに数日かかりました、と言うことはなくて、あっと言う間。でも、それには裏があって、古い環境をそのまま引きずるんですね。つまり建て増しの古い旅館みたいな感じ。だから表向きは新しくなっても使っていくうちに不具合が出ることがある。

そんなのはマックユーザーの基本なので、古いユーザーはみんな知っているのですが、それでもはまるのは、、、面倒くさいからなんですね。クリーンインストールは。

で、起動読込時にいろいろなドライバを読んでいくのですが、それが古いと判断。僕が使っているのはワコムのタブレットやナナオのモニターです。
どちらも古いものを使っていたようなので、それをアンイストール、エルキャピタン対応の新しいバージョンをインストール。EIZOはcoloredgeなので、起動時にcolorNavigatorというアプリを読み込みます。Yosemiteの時から、その読み込みの時にどうも遅い気がしていました。

結果的に、今は起動に失敗することはなくなりました。

手を抜くと、こういうことになる、と言う見本なのですが、たぶん、また次のOSアップデートでも同じことを繰り返しそうな気がします。

それと、先週だったか、CaptureOne9がアップデートしました。バージョン9.0.1になったのですが、バグフィックスが主なものです。

早速使ってみましたが、よかったのはLeafの古いデジタルバックが使える用になったこと。ここにも書きましたが、マミヤ時代のLeafを使うと、どうにも調子が悪かったのですが、9.0.1で使えるようになりました。僕のところではですが。

くだらないことで時間を食いました。

まあ、でも、機材のメンテナンスも仕事のうちですからね。パソコンも重要な機材ですから。

IMG_9492.jpg

|

« Adobe Post | トップページ | Sony A7rII vs Phase One IQ160 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Adobe Post | トップページ | Sony A7rII vs Phase One IQ160 »