« Capture One Pro 9 Webinar - 1月 | トップページ | ProfotoAirからクリップオンストロボを発光させる »

2015.12.24

150センチのアンブレラ

直径が150センチあるアンブレラを買いました。

以前より欲しかったところ、タクマさんのブログに紹介されていたので、購入しました。

直径150センチの白いアンブレラとなると、これだけでかなり光が拡散されます。通常は直径100センチもないですから。

急いで買ったには訳があります。

Img_3928
これは今日の撮影状況。

この150センチの白いアンブレラをトップにして、更にデフューザー越しにします。この下に商品が3,40点並んでるのですが、36のアクリルを2枚並べてその上に並んでいるので、それを均一な光でまわすとなると、この位のライトが必要になります。

今まで、このレベルのライトを作ろうとすると、かさを付けたヘッドを2個並べて、トレペ越しにしていました。

写り込みが2個になることもあって、出来ればヘッド1個で済ませたいところ。

この撮影もあったし、来週にはモデル撮影もあるから、今回買っておこうということにしました。

Amazonの評価を観ていただければ分かりますが僕が星2つの評価を付けています。

新品で買っているのに、すでに軸が錆びていて、その錆びが傘の裏側に付いていました。拭き取れば白くなりますが、新品ですから、そういう問題でもないでしょう。

中国製で品質管理が悪いとは思っていますが、格安のアンブレラではないので、この値段ならもう少しちゃんとしていて欲しいものです。

アンブレラと言えば、以前、やはりこのクラスのアンブレラを買いました。

その時は、某有名写真家のブログで取り上げられてたり、某有名写真関係者のブログでも取り上げて、絶賛だったのですが、いざ買ってみれば、軸が短い。誰もそんな事を一言も書いていない、と言う事実で、もうこういう人たちのブログは信用ならないなと、思いました。たぶんメーカーから提供を受けているのでしょう。悪いことは書けないのは理解できますが、ブログでそういうことをやると、価値が下がると思うのですが。

で、今回の傘はそんな事なくて、軸も長く、使いやすいです。

錆の点を自分で汚れを拭き取って使う、という気持ちなら、オススメできる商品です。

|

« Capture One Pro 9 Webinar - 1月 | トップページ | ProfotoAirからクリップオンストロボを発光させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Capture One Pro 9 Webinar - 1月 | トップページ | ProfotoAirからクリップオンストロボを発光させる »