« 山形へ | トップページ | 山形のロケはこんな感じです。 »

2015.11.07

ソニーα7からiPadへ画像転送

Img_5310
山形のロケで使ったのはソニーα7R IIとα7無印の2台でした。α7無印は実は先日買ったモノ。ソニーの仕事があって、ソニーのカメラでないと、、という感じです。α7R IIだけではサブもないので、欲しいと思っていたところタイミングが良いかなと思って、中古の出物を買いました。
新品で買っても10万円くらいですからね。かなりお得なカメラだと思います。

仕事では撮影した画像のチェックをするためにノートPCなどで画像を表示させます。

キャノンを使うときはアイファイカードを使っています。

ソニーでは以前ここにも書いたようにアイファイカードは使っていません。

でも、やっぱり撮影画像のチェックはどうにかやりたい。

で、最近、試しているのが、ソニーのアプリケーション、PlayMemories Camera Appsの中のスマートフォンシンクというものです。

リンク先を観ていただければ分かると思いますが、撮影後、本体スイッチをオフにした際に、iPadなどとWi-Fiで接続、iPad内のソニープレイメモリーズアプリで撮影した画像を転送するというものです。

これのメリットは転送が始まれば、放っておけば良い点。RAWデータだけの記録でも転送はプレビュー表示用の軽いJPEGファイルを転送するという仕組みで、Eye-FiのようにRAW+JPEGで撮影しなくても良い点です。

デメリットは市街地など、Wi-Fiがいくつも有るときや、フリーのアクセスポイントがある場合、そちらに接続を持って行かれてしまうので、無線LANの接続のところからやり直さないとならないこと。接続をやり直してから、ソニーのアプリで転送をかけるので、ちょっと手間取ります。

慌ただしい現場では結構つらい。

ただ、今回のように複数台のカメラで撮影していても、取り終わったボディから転送を掛けられるので、2台でテレコで撮影しているときは、まあまあ便利です。

ソニーのアプリの問題というよりも、iPadの無線LANの接続のところの問題というべきでしょう。

アイファイカードもそうなのですが、Wi-Fiは常時接続していないと、その再接続からになってしまうので、その点が手間です。

まあ、しかし、このアプリはアマチュアカメラマン向けに作られているものだし、プロが使って「使えね〜」って言ったところで、どうしようもないですね。

ソニーに限らず、この手の転送する仕組みはキヤノンでももちろんアマチュアカメラマン向けですから。

DSC07514.jpg

|

« 山形へ | トップページ | 山形のロケはこんな感じです。 »

コメント

ありがとうございましたm(_ _)m
助かりました。

投稿: iPad 画像 転送 | 2017.08.11 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形へ | トップページ | 山形のロケはこんな感じです。 »