« α7R II 非圧縮RAW対応 アップデート 注意! | トップページ | 写真展へ 2015/10/20 »

2015.10.19

ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回? その真相

「ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回?」に関しての追記です。

先日、ある業界関係者から指摘がありました。

このシャッター耐久回数ですが、電子先幕になったからといって、先幕が動かないということではない、と言うことでした。
つまり常に前後一対で動いているということらしいです。(サイレントシャッターは別)

ということで、電子先幕シャッターだから耐久回数は50万回になったのではなく、ソニーの技術力があったから耐久回数50万回を達成した、と言うことです。

いや〜、いろいろなメーカーさん、業界関係者がここをご覧になっているようで、油断できません・・・適当なことが書けなくなります。
まあ、そんな事はあんまり気にしていないんですけどね。どこのドメインから見に来ているか?なんてチェックしたことないし。これからも安心して見にいらして頂ければうれしいです。
DSC01742.jpg

|

« α7R II 非圧縮RAW対応 アップデート 注意! | トップページ | 写真展へ 2015/10/20 »

コメント

写真のこと、α7のこと、楽しく拝見させていただいています。

シャッターの耐久回数について、シャッターを切っていて思うに……。

サイレントシャッターでは機械式シャッターは動かない。

電子先幕シャッター使用の際は閉めて(露光を終える)開く(ファインダーに画像を送るため)

電子先幕OFFの場合は閉めて(撮影の準備)開けて(露光開始)閉めて(露光終了)開ける(撮影終了)

と理解しています。なので先幕OFFだと、一眼レフのシャッターより倍の回数動いてるんじゃないかと。サイレントシャッターも使うしいろいろなので、トータルでは同じか、通常の一眼レフよりシャッター回数は少なくなるかもしれませんが。

シャッターの耐久性とは機械式シャッターのことだけをいうのか、配線やシャッターボタンを含めてのことなのかは、これまた疑問ですが、この耐久性がつきる以前に、デジタルカメラは旧態化している気もします。

投稿: ShimaTakata | 2016.06.23 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« α7R II 非圧縮RAW対応 アップデート 注意! | トップページ | 写真展へ 2015/10/20 »