« ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回? | トップページ | ソニーα7R2でモデルをテザー撮影 »

2015.09.16

ソニーα7S2で14ビットロスレス圧縮を採用か?

ソニーα7R2のRAWデータは圧縮ファイルだけどは人気なスレッドらしいですが、その続報となります。

昨日、FBに流れてきたニュース

Breaking news! Sony Announces Addition of Uncompressed 14-Bit RAW Still Image Capture for New α Cameras!!!!

S2が発表されましたが、その後、ソニーは公式にS2で14ビットロスレス圧縮をサポートすると言うことらしい。しかも、すでに発売済みのα7のMark2、R2も含めて、ファームアップで同様の14ビットロスレス圧縮RAW記録が出来るという話。

ここからは僕の邪推ですが、、、>相変わらずの展開。w

Mark2を開発する段階で、ロスレス圧縮を入れることは考えていただろう。それが、どうしたはずみか、ソニー純正のテザー撮影アプリケーションで撮影すると、14ビットロスレス圧縮RAWデータが出てしまった。。。本来は、ファームアップ後にそうなるつもりだったが、そこを見落としたか、意図的かは不明だけど、現実はそうなった。

以上が純正のテザー撮影アプリケーションでファイル容量が変わる件の顛末ではないかと推測しています。

実際に14ビットロスレス圧縮RAWと思われるファイルでいろいろやってみましたが、僕の撮影環境では違いがほとんど分からなかった。
たぶん、極端な撮影シーンでは違いが出てくるのかもしれない。

まあ、そもそも論として、問題のファイルがロスレス圧縮のRAWファイルなのかどうかも分からないので、比べても意味がないのですが。
DSC02153.jpg

|

« ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回? | トップページ | ソニーα7R2でモデルをテザー撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回? | トップページ | ソニーα7R2でモデルをテザー撮影 »