« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015.09.29

J-wave 試験電波 88.3MHzがオススメ

今日、クルマに乗っていてFMを聞いていて気がついたのですが、東京のFM局のJウェーブが試験電波を出しています。
東京の古いリスナーなら覚えていると思いますが、東京でFM東京に続いて民間のFM局として2番目のJウェーブが出来る前に、試験放送をしていました。
これが伝説的によかった。

曲だけを流していたのです。

アナウンスもほとんどなし、当然、広告も無し。

まあ、民間の放送局で広告無しは経営していけないので、あり得ないのですが、試験放送ということでこの期間中は常に曲だけを流していたのです。

今、88.3MHzで当時と同じように曲だけを流しています。

僕の事務所ではFMが入りにくくなってしまいました。これは電波の発信地が東京タワーからスカイツリーに変更になったためです。ビルの向きでスカイツリー側にないと室内アンテナでは受信感度がかなり悪いのです。

そんなことで数年前からラジコなどネット系の音楽放送を聞くようになってしまいました。

それ以前というか、そもそもの問題点として、昨今のFM局では広告収入が減っているからだとおもいますが、過払い金返還請求の広告など、聞きたくない広告が多くなっています。
うちなんかはその度ごとにチャンネルを変えています。

広告を作っている立場で、そんな事言うのはまずいのですが、、、オシャレじゃない広告は単なる公害です。

試験放送は六本木ヒルズから出ていますので、港区域じゃないと受信できないかもしれませんが、音楽好きなら一度聞いてみてください。

注意! 試験電波なので曲が流れずにピー音のみの時があります。

0K6A6013.jpg

| | コメント (5)

2015.09.28

最近のお仕事2015/09/28

先日の撮影です。

持ち運び可能なキャリングハンドル付きの小型ゲーミングPC「LITTLEGEAR」

こちらの撮影はいつもIQ280で撮影しています。

何もしないうちに秋がどんどんやってくる。

DSC02569.jpg

| | コメント (5)

2015.09.26

ソニーα7R2で14ビットロスレス圧縮?

カカクコムの掲示板で非常に面白いスレッドが立ってますね〜

14bit Uncompressed RAWが実装される

勉強になります。

そして更にこちらが興味深い。


α6000のというか、Sonyの圧縮RAW形式を調べてみました。SonyのRAWは不可逆圧縮で、最良の場合でも、11bitである、ということが分かります。う〜んの巻。(汗)

正直なところ、R2を買って、C1で現像していますが、階調がそんなに良いとは思えないんですよね。やっぱり35だからこんなもんか・・と思っていました。

一部にはシャドーがスゴいとか、良い面もあるのですが、どうしてもバックタイプと比べてしまう。そうするともうダメ、、、解像感と画素数はあるんですけどね。
この点についてはS2が出て、ロスレス圧縮を採用されてどうかわるか?を見守りたいですね。

DSC02527.jpg


| | コメント (0)

2015.09.25

最近のお仕事2015/09/25

先日の撮影でした。

近未来デジタルライフで大切な人をおもてなし!たった5秒でできる?
大画面テレビ200%フル活用術

すべてのカットをソニーα7R2で撮影しています。

レンズはソニー55ミリが多いかな。あとはキヤノン85/1.2L,16-35/2.8Lが主に使ったレンズです。

前にも書いたけど、AFがダメなときはマニュアルフォーカスで撮っています。当時はキヤノンの85ミリだったのですが、それでも結構ピントは合いました。
今は85ミリのBatisがあるので、もう少し楽に撮影できるかもしれません。

それにしても杏璃ちゃんはかわいい・・

| | コメント (0)

2015.09.23

身体を大切に

DSC02676.jpg
2週間ほど前、大切な仕事仲間をなくしました。

外注の編集として、ある編集部にいらしたのですが、2週間前の週末、その編集部から電話があり、担当編集者と連絡が付かなくて、校了を控えていて困っているという話でした。

その前の週に一緒に仕事をしていて、その画像データを送って欲しいと言うことだったので、事務所に戻ってすぐに送りました。

その際に電話で、かなり深刻な事態になっているらしいというお話しをされました。

週明け、次の撮影に関しての連絡が編集部からあって、その時に、その担当編集者が亡くなったことを知らされました。

その人とは20年来の付き合いで、所属する編集部が変わっても、僕に撮影のお仕事を出してくれてました。女性ですが、年齢が僕と同じと言うこともあって、ある意味、戦友のような感じでした。

亡くなって、通夜、告別式に出たいと思ったのですが、家族葬にするということでうかがうことが出来ませんでした。

後に、聞いたところに寄ると、治療中の医院へタクシーで行く時に、車内で意識がもうろうとなって、そのまま病院に着いたところで意識不明になり、そのまま帰らぬ人となったようです。意識不明の時に治療方針を探るためCTを撮ったところ、脳に腫瘍が出来ていたとか。

数年前から婦人科系の治療をしていたらしく、たぶん、それがガンで転移していたのではないか?ということでした。

病院に行くときも机の上は仕事の途中で、すぐに戻ってくるような状態で出ていったとか。

僕と一緒に仕事していたその前の週も、腰が痛いといって、僕の車の後ろの席で横になっていました。

なぜ、僕はその時にもっと親身になってやれなかったのだろう?同い年と言うこともあって、腰が痛かったり、肩が痛かったりはよく話題になります。その時は笑い飛ばしていたのに。こんなことになるのなら、もっと方法があったのではないか?と後悔しています。

たぶん、仕事が忙しくて、相当無理をしていたのだと思います。

外注の編集ということで、社員ではないので、自分の身体は自分で管理しないとなりません。とにかく今有る仕事をこなしていくというのが、雑誌などの業界では当たり前の日常です。自分の身体を削って仕事している人はいくらでもいます。というか、そのくらいやっていないと、今残っている人はほとんどそんな感じです。若いときはそれでもやっていけるのですが、40〜50くらいの年齢になると、ほとんどの人は何かしらの故障を抱えています。特に酒を飲む人はてきめんに内臓系の病気になっています。

今年になって雑誌業界の知り合いが亡くなったのはこれで3人目です。
いずれも僕と同年代か、若い世代の人です。
残念です。

フリーの人はどうしても仕事優先になります。

くれぐれも自分の身体からの警告に耳をかたむけ、手遅れにならないようにして下さい。

| | コメント (0)

2015.09.22

そんなに良いのか? FE 16-35mm F4 ZA OSS

DSC02644.jpgFE 16-35mm F4 ZA OSSで撮った写真です。

以前ここでも買った直後に感想を書きましたが、そんなに良いとは思えないレンズです。もちろん、僕の期待値が高かったせいですが。もっとすごいと思っていました。

逆光耐性とかは良いと思うのですが、像の流れが気になるかな。気になる人は上の写真をダウンロードして見て頂ければ。

ソニーのカメラ、レンズなど全般に言えますが、ある意味、イメージ先行です。ユーザーがニコンやキヤノンほど多くないので、評価が極端と言えます。ネットに強い人もソニーユーザーは多いような気がします。だから発信力があるので、現実以上に良い評価を目にするという現象になっているのかも。あくまで想像ですが。

そこらへんはキヤノンなんかはアンチが多いメーカーですから、非常にたたかれる。メーカーもその点をスゴく配慮している製品作りになっていると思います。
ある意味、鍛えられている。

ソニーもアンチが居ますが、カメラ製品以外のアンチが多いので、それに比べればカメラはまだマシかも。

| | コメント (4)

500pxに「Early Autumn」

500pxに久しぶりにアップ。

一時は毎日のように上げていたのですが、やはり飽きますね〜

マメさがないのでダメです。

写真を撮りに行きたい!仕事で毎日のように撮影していてもそう思います。

| | コメント (0)

彼岸花にBatis 85mm

DSC02487.jpg浜離宮恩賜庭園で撮った彼岸花です。

この時期はあちこちで咲いていますね。好きな花の1つです。

この写真はBatis 85mmで撮ってます。しかも開放のF1.8で。

常にAFで撮影をしていますが、こういう写真を撮りたいときは無理です。なぜならピンポイントにおしべの先に合わせることが出来ない。

AFで合わせて、その後にマニュアルフォーカスで目的のところに持ってくるというやり方を取ります。そういう操作がやりやすいかどうか?それがカメラの使いやすさになります。

だったら最初からマニュアルフォーカスでやれば?と言う意見は現実的ではないのです。AFの方が圧倒的に早いですから、最初は。そこからの微調整は手でやるしかない。そういう流れが自然にやれるようになりたいですね。

| | コメント (0)

浜離宮恩賜庭園でα7R2

シルバーウィークでどこもかしこも混んでいます。こんなに人がいるのか?と思いますよね。

どこかに行こうと思っていたのですが、毎朝、高速の混雑状況を見て断念、、そんな毎日です。

DSC02625.jpgそんな中、事務所から歩いて行ける浜離宮恩賜庭園へ。

ここへはカメラテスト、作例でプロカメラマンがよく行くところです。プロのみならず、アマチュアカメラマンにも人気が高いですね。

レンズはFE 16-35mm F4 ZA OSS。評判の高いレンズです。

α7使いとしても名高い、フォトグラファーのケント白石さんもよくお使いになっているレンズです。逆光耐性が高い。確かにそう思います。この写真はクローズアップフィルターを付けているので、それほど良い状況ではないですが、それでもこれくらいは写るので助かります。

それと、逆光時でも目が楽。

光学式のファインダーでは直接太陽を見てしまうので、かなり危ない撮影です。

ケントさんもそうですが、僕も目が普通の状態ではないので、気を遣います。

EVFは良いところもあるし、悪いところもある。

すべてを満たすものは有りません。

ただ、この逆光の時はホントにありがたいファインダーですね。


| | コメント (0)

Phase Oneフェア ありがとうございました。

遅くなりましたが先週末に行われたPhase Oneフェア、ご来場いただきありがとうございました。

このブログを見ているという人が何人かいらして頂き、感謝の言葉もありません。

肝心のセミナーは、不手際が多く、自分としてはかなり不本意な出来となってしまって、申し訳ございませんでした。
大阪のでセミナーはまあまあだったので、慢心してしまいました。

150918_28729.jpg写真はそのセミナーで撮影したカット。

アオリの説明をするために事務所から四角い花瓶を持ち込みました。花はスタジオギアにあった花を一輪もらって入れただけ。オープニングの祝い花だったのでかなり枯れています。

そして、現場で一発撮影でした。

細工はあとでPhotoshopで消していますが。

自分の機材でないとダメだな〜と思った一日でした。セミナーの場合、ほとんどの機材は借り物です。特に、ストロボメーカー様やカメラメーカー様の協賛があると、そこのを使うのが普通です。僕自身、Phase Oneユーザーですが、当日のカメラはDNPから借りていますし。ストロボもブロンですが、電源のオフすら分かりません。

まあ、そんなのは了解済みでのセミナーですから、その上で何とかするのがプロですしね。

事前に自分のスタジオでシミレーションをしていくのですが、本番でその通りにならないのは、、、かなり焦ります。

また機会が頂けたら、頑張ります。

| | コメント (0)

2015.09.18

Phase Oneフェア - 東京

東京でもセミナーをやります。

Phase Oneフェア - 東京

CF002496.jpg
写真はお借りしているPhase One XF IQ3-80で撮影した蓮。

と言っても、sensor+で撮っていますが。暗かったので感度を上げる必要がありました。80の場合、sensor+を使っても2000万画素あるので、結構使える機能です。

昨日だったか、銀一からメールニュースが来て、このPhase One XF IQ3-80がレンタル可能になりましたというお知らせでした。

その金額、75000円/1日。

なかなかの金額です。

正直なところ、僕の仕事ではこの金額を自腹で払うことは出来ません。クライアントが払ってくれればいいですが、、、僕の仕事はほとんどそういう仕事はありませんから。と言うか、機材費を請求したこともありませんけどね。他のカメラマンは請求しているという話を聞くと、心中穏やかではありません。

まあ、他人は他人。

それよりも、何も言わずにこのカメラをぽんと貸してくれるメーカーさんに感謝しています。1日7万5千円ですよ!
ホント怖いです。そんなの持ち歩いているのは。

| | コメント (0)

2015.09.16

ソニーα7R2でモデルをテザー撮影

α7ネタばっかりですが、、、

誰かのブログで読んだのですが、ソニーα7R2でモデルをテザー撮影するには向いていない、と書かれていました。
3

このところ毎日のようにモデル撮影をR2でやってますので、その経験から、その点を少し補足します。

テザー撮影アプリケーションはCaptureOne8を使っての前提です。

α7R2はちょっとクセのある転送をします。

そのクセとは、、、、

ほとんどのカメラはそうなのですが、シャッターを連続的に切っていても、データの転送も平行して行います。つまりシャッター切りながらC1の方にも次々と画像が転送されると言うこと。これが普通です。もちろん、転送速度は落ちますが。

α7R2の場合、連続的にシャッターを切ると、転送しません。連続と言ってもストロボ撮影で、チャージ時間をおいての撮影くらいでも転送はストップしています。それではいつ転送するのか?というと、すこしシャターを切るのを止めて、若干の時間をおくと、転送が始まるのです。

α7R2の内蔵メモリーは2GBだったかな?不確かですが、モデル撮影ではそのバッファを使い切ってしまいます。シャッターが切れなくなって、どうしようもない状態で待っていると、おもむろに転送が始まる。

今のところ、C1でのテザー撮影でしか上記の現象は確認していませんが、、、

USB2.0だから遅いとか、そういう人もいますが、それ以前の問題として、この問題の方が大きい。転送スピードはUSB3.0に超したことないですが、普通の撮影でもバッファを使い切って、シャッターが切れなくなるというのが、モデル撮りにはつらい。

まあ、中判カメラのハッセルでフィルムで12コマしか撮れない時代を知っている人なら、このくらいは我慢できる範囲かも?
RAWで12コマ以上は連続で撮れますから。バッファが一杯になったら、モニターを見つめて待っていれば良い、、、まあ、現代のモデルさんはデジタルに慣れていますから、間が取りにくいでしょうね。

ちなみにですが、、、僕はα7でテザー撮影していて、モデル撮りに向いていないとは思いません。AFの精度などを考えると、非常に使いやすい。ですが、難点もあって、絞ってギチギチの解像感で撮影すると、服にモアレが出るケースが多いと思います。アパレル撮影に向いているか?というとこの点がネックですね。

| | コメント (0)

ソニーα7S2で14ビットロスレス圧縮を採用か?

ソニーα7R2のRAWデータは圧縮ファイルだけどは人気なスレッドらしいですが、その続報となります。

昨日、FBに流れてきたニュース

Breaking news! Sony Announces Addition of Uncompressed 14-Bit RAW Still Image Capture for New α Cameras!!!!

S2が発表されましたが、その後、ソニーは公式にS2で14ビットロスレス圧縮をサポートすると言うことらしい。しかも、すでに発売済みのα7のMark2、R2も含めて、ファームアップで同様の14ビットロスレス圧縮RAW記録が出来るという話。

ここからは僕の邪推ですが、、、>相変わらずの展開。w

Mark2を開発する段階で、ロスレス圧縮を入れることは考えていただろう。それが、どうしたはずみか、ソニー純正のテザー撮影アプリケーションで撮影すると、14ビットロスレス圧縮RAWデータが出てしまった。。。本来は、ファームアップ後にそうなるつもりだったが、そこを見落としたか、意図的かは不明だけど、現実はそうなった。

以上が純正のテザー撮影アプリケーションでファイル容量が変わる件の顛末ではないかと推測しています。

実際に14ビットロスレス圧縮RAWと思われるファイルでいろいろやってみましたが、僕の撮影環境では違いがほとんど分からなかった。
たぶん、極端な撮影シーンでは違いが出てくるのかもしれない。

まあ、そもそも論として、問題のファイルがロスレス圧縮のRAWファイルなのかどうかも分からないので、比べても意味がないのですが。
DSC02153.jpg

| | コメント (0)

2015.09.14

ソニーα7R2のシャッター耐久回数は50万回?

ここのところα7ネタばっかりになってしまった感があります。

まあ、それもまた良いでしょう。

そんな事で仕事も詰まっているのにもう一つ書いておきます。

R2のシャッター耐久回数は50万回と確かどこかに書いてあったと思います。メーカー公式発表だったと思いますが。

この回数を見て「すごい!」と思った人は多いはず。

でもそのからくりを誰も語らない。

α7R2を買った人でないと分からないかもしれませんね。テスターで一時的に借りている人だとなかなか分からないことかも。

R2のシャッターですが、デフォルト設定が電子先膜シャッターになってます。ここまで読んで「なるほどね」と思った人はさすがですね。

つまり電子先膜シャッターなので、シャッターの開ける閉じるの動作は通常のフォーカルプレーンシャッターの半分の回数しか動作しません。

だから耐久回数は50万回というのは、事実上、通常のフォーカルプレーンシャッターの25万回と同程度ではないか?と個人的に推測しています。
あくまでも僕個人の邪推ですから、気になる人は突っ込まないように。面倒くさいので。w

だっておかしくないですか??ニコンキヤノンのフラッグシップ機種でも耐久回数は30万〜40万回と言われてます。それがいきなり倍の50万回ですから、どんな技術革新があったんだ?と思いますよね。

僕も最初、デフォルトで電子先膜シャッターだとは思ってなかったので、設定をいじっていて気がつきました。

電子先膜シャッターで撮影される画像って、不都合なことがあるんじゃないか?と思ってそれを切ろうとしたのですが、、、デフォルトで設定されていると言うことは、ソニーはそれなりの自信があると推察しました。

だから今はデフォルトのまま使っています。

R2はこれ以外もいくつか意味不明な部分があって、なかなか楽しめるカメラです。

DSC02151.jpg


| | コメント (0)

Batis 1.8/85

Batis 1.8/85で撮影した写真を何枚かFlickrに上げました。

DSC02154.jpg

小型軽量で良いですね。
今まで85ミリはキヤノンのF1.2Lを使っていたので、重さが半端なかった。持っていくのにちょっと考えるレンズでした。

これからは軽いので気軽に持って出られます。

でも、思ったよりも色収差がある感じ。もっとないのかと思っていた。

現物を見ることなく買うしかないレンズというのも考え物ですね。

| | コメント (0)

ソニーのレンズ 増殖中

Img_1509
先週、書こうと思って書いたのですが、なぜか途中で消えてしまったので、そのままにしたスレッド。

ソニーのレンズが増えてます。

と言っても、自分で買ってるわけで、勝手に増えたわけではないのですが、、、w

今日、こんなレンズも手に入りました。


Img_5246

物欲が止まりません、、、、

と言いつつ、αを買うときに残価設定ローンにしたのは、レンズを買うために資金を取っておきたかったという意味もありました。

ボディを買っただけでは何の意味もありませんからね。

良いボディには良いレンズを付けないと価値が半減です。

ここまではある意味予定通り。

これ以上、ソニーレンズを増やすかは分かりません。

α7は万能ではありませんから。やっぱりキヤノンの方がなんでも撮れるし、仕事に使うには向いてます。α7を使ってみればニコン、キヤノンの良さが改めて分かるはずです。

さて、仕事しないとねぇ〜

| | コメント (2)

CaptureOne徹底使いこなし術 「カラーバランスの使いこなし」

CaptureOne徹底使いこなし術 「カラーバランスの使いこなし」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

_8ds4470

モデルのカノンさん

すごくステキな女性です。
また撮りたいですね〜

| | コメント (0)

2015.09.11

ソニーFE 16-35mm F4 ZA OSS

ソニー用の新しいレンズ買いました。
FE 16-35mm F4 ZA OSS
DSC01907.jpg
ロケ帰りに受け取って、帰り道の東京駅の前で試し撮り。

予想通りというか、予想以下というか、、、

期待値がすごい高かったので、この程度か・・・と言う印象でした。

今のところ、すっげーなと思ったのはZeiss35mm/1.4と55mm/1.8ですね。

他のレンズはまあ金額からすればこのくらいだよね、という感じ。

やっぱ20万前後のレンズとは同じ土俵にはないですね。

とはいえ、今までこのレンジはキヤノンの16-35/2.8Lでやってきましたから、それよりは良い感じだといいのですが。

| | コメント (0)

2015.09.09

雨の中、横浜へ

Dsc01864
今年はモーターショーがある年なので、その関連の撮影がいくつかあります。

今週は特にモーターショーガイドブックの撮影をしています。

横浜に行ったのは日産本社での撮影で。

コンパニオンの撮影なので、こんな感じのセットです。一人で機材を運んでセット、撮影、撤収と、数十分程度でやります。

切り抜きなので、背景があった方がいいんですよね。切ってしまえば良いと考える人が多いですが、切り抜くのも大変ですから。
もし、自分で切り抜きをするなら、と考えれば、どうやって撮影したらいいか?分かるはずです。
なんでも切り抜けるから適当に撮って良いという問題ではありません。

後々までの処理時間、手間を考えるのがプロというもの。
DSC01409.jpg

| | コメント (0)

2015.09.06

ソニーα7R2 不具合いろいろ

150906_0001
α7R2をここのところ、仕事のメイン機として使っています。

メイン機として使うにはこういうところがつらい、と言う点がいくつか。。。

まず上の画面、C1でテザー撮影する際、何かの拍子に接続が切れることがあると、その度にファイルネームが1から始まってしまいます。
これは設定をいろいろ変えても同じ。α7の問題と言うよりもこれはC1の問題かもしれないですね。

DSC01773.jpg
もう一つ、AFについて。

AFがとにかく使いにくい。

撮るものによって、AFの方式、AFポイントを変えたいのですが、それが使いにくい。

それと最大の問題点として、AFからMFに瞬時に変えられないこと。

キヤノンを例に取ると、フルタイムマニュアルフォーカスといって、手動でピントリングを動かせばそのままマニュアルフォーカスが効きます。同じことをソニーでやろうとすると、設定を変えなければならない。まったくお馬鹿な仕様です。
マウントコンバーターを使ってキヤノンレンズを付けると、これがフルタイムマニュアルフォーカスになる。つまりはレンズのAF機能の問題でしょうね。
この辺りはキヤノンのレンズ内モーターは歴史も古く、よく出来ている。

ソニーではレンズによって、AF、MFの切り替えをピントリングの前後で切り換えるという方式が付いているものも有ります。サードパーティー製レンズならあきらめも付きますが、純正レンズでこれか??っていう仕様。もう現代のレンズとは思えません。

先日買った55ミリですが、非常に良いレンズです。

こんなに良いレンズなのに、、、、AFを使う度にガッカリする。

合わせたいところに合わせたい、ただそれだけなのに・・

| | コメント (17)

2015.09.04

Phase One フェア - 大阪 9月4日

大阪でセミナーをやります。

Phase One フェア - 大阪 9月4日

お時間のある方はいらして下さい。

CF001401-2.jpg
マミヤ645DF+ Phase One IQ260 での撮影。
パリのルーブル美術館にて。
有名なガラスのピラミッドを下から見たところです。拡大してみると鳥の糞がスゴいですね!


| | コメント (0)

2015.09.02

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 水中ニーソ展

撮影がない日が続いているのですが、レンズを購入。

さんざん悩んだ末に買ったのがSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

α7R2にマウントコンバーターでキヤノンマウントのレンズを使っていますが、使いにくいのでやっぱり純正レンズが欲しいなと思って買ったのが24-240mm

でも、R2には決して良いとは言えない。やっぱりガッカリする画質です。
かと言って、マウントコンバーターでキャノンレンズを使っても、すべての面で良いとは言えません。

単焦点レンズの純正が欲しいと思っていました。

α7にはこのレンズしかないと言うくらい評判のいい55ミリ。それをもって原宿に行ってきました。

DSC01751.jpg

それをもって原宿をぶらぶら。

15年前までは、裏原に事務所を持っていました。

その当時はデジタルではなかったのでよく現像所まで歩いたり、時間が空くと原宿を歩いたりしていました。ホントに懐かしい。

何もかもが変わってしまいましたけどね。

そんな原宿に行ったのは水中ニーソ展が今日までと言うことだったので行ってきました。

写真集がスゴくよかったので、実物を見てみたかった。

プリントはちょっと残念な感じだったかな。写真集の色合いはキレイだったので、それに比べると。ちょうど最終日だったので、陳列していたグッズや写真を販売していました。ファンが多かったですね。僕は場違い・・・

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »