« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015.06.30

イニシエーション・ラブ

この間の日曜日、イニシエーション・ラブを見てきました。
女房が見たいと言ってて、、、僕はあまり興味が無かったのですが、いつも読んでいる映画評論のブログに取り上げられていて、そこを読んだら見たくなりました。

映画『イニシエーション・ラブ』僕ならこうする!ネタバレ解説

ここを読む前はアイドル映画だろうと思ってまったく興味なし。前田敦子だし、、、

ここを読んでからは俄然興味がわきました。

映画はいつもの地元の映画館、プリンスシネマ品川です。たぶんどこの映画館でもそうだと思いますが、夫婦50歳割引というのが有って、夫婦のうちどちらかが50歳以上なら二人で2200円になります。だからひとり1100円というかなり割安な設定。一人でレイトショー行くよりも安い。

このシステムを知ってからは二人で良く映画に行きます。僕も女房も映画が好きですから。ただ、二人とも見たいというのがなかなか無くて。共通するのって難しいですよね。でも一緒に見たあとはその話題で盛り上がりますが。

で、映画に戻りますが、これは面白かった。

舞台設定が30年前と言うことで、当時、青春時代だった50代の人にはもう絶対にウケます。

映画の最初のシーンでカーステが出てくるのですが、それがアルパインのカーステで、僕もクルマに入れてました。今と違って、クルマに標準で着いていなかったので、車を買ったら、後付けで入れ替えるというのが主流でした。スピーカーも意味もなくイルミネーションで光っていましたし。笑

すべてが懐かしい映像でした。

あとで調べたら、原作者はうちの女房とほぼ同い年。やっぱりね〜

前田敦子さんも絶妙な役どころで、演技が素晴らしかった。あの年代は、その年でしか演じられませんからね。松田翔太さんも、なかなか。

50代のかたには絶対にオススメします。面白い映画です。
出来ればご夫婦で観ることを薦めます。


| | コメント (0)

2015.06.29

Lightroom 実践力アップ講座 第39回GPU支援とフィルターブラシ機能

Lightroom 実践力アップ講座 第39回GPU支援とフィルターブラシ機能が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。小ネタがあるので参考になるかと思います。

この解説も残すところあと1回になりました。来月にまた書かないと。
0K6A0778.jpg


| | コメント (0)

2015.06.28

ソニーα7R-2を買うならこれが良いかも?

ソニーα7R2が出て、ちょっと高いな〜と思った人は多いでしょう。

そんなあなたにはこれ。

残価設定ローン

なんと、ソニーcreditで残価設定ローンが出来ます。

残価設定ローンは車を買うときに使われることがあるローン形式ですが、あらかじめ、数年後経ったときの、その商品の価値をあらかじめ見込んで、新品価格から引いた額でローンを組むというものです。簡単に言うと。

だから高価格のクルマにはよく使われていたのですが、それがカメラにも使われていると言うことで、ちょっとビックリしました。

デジカメは数年経ったときの価格の下落がかなり大きい商品ですから、この残価設定ローンはひょっとするとかなりお得な購入方法になるかもしれません。

試算では2年後の価格が165000円です。2年経った後、この価格よりも高く売ることが出来れば、ローン支払後に買い取って、それを中古で売ると言うことも出来るし、中古価格がこれよりも下がっていたら、そのままローン支払後、終了して、その時代の新しいカメラにしちゃえば良いし。
どっちに転んでもそんなには損しないかも。

もう、カメラは月の使用料を払っていくような所有形式になるかもしれませんね。

| | コメント (7)

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきました!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきました!

めちゃくちゃ面白かった。

ある意味、今年後半のスターウォーズ新作よりも期待していたのですが、期待通りの素晴らしい仕上がり。いや、期待以上でした。予告編も良いし、本編も最高。

40代以上の人にはマッドマックスはかなり響く映画でしょうけど、20台の子にはまったく分からないようで、、、先日、髪を切りに行って、そこの男の子が20代だったんですが、マッドマックス、知りませんでした。。。もう、映画語れないでしょ?それじゃあ。

まあ、新作はオリジナルバージョンを知らなくてもある程度は楽しめるから良しとしましょう。

先週から始まっていますが、絶対オススメの映画です。間違いなくここ数年で最高の部類に入ります。
出来ればIMAX3Dで観て下さい。こういう映画はそうやって楽しまないともったいない。僕は川崎の109シネマまで行ってます。
夏にはジュラシック・パークも新作が日本で上映されますから、それも楽しみ!

玄光社から出ていると言うことでちょっと宣伝。
玄光社もいろいろやってますね〜〜

| | コメント (0)

PHASE ONE XF 体験イベント  終了しました

先の土曜日、PHASE ONE XF 体験イベント / 東京が終了しました。いらしていただいた方、ありがとうございます。
1506221772

全体としては少ない観客動員数でした。僕の力不足ですね。もっと魅力的なものができないか、今後の課題として検討していきたいと思います。

このカメラの解説も書く予定ですので、内容的にはほぼ同じになります。参加できなかった方はwebの方をご覧になって頂ければうれしいです。



|

Bluetoothのワイヤレスインナーイヤーヘッドフォン

先月だったか、Bluetoothのワイヤレスインナーイヤーヘッドフォンを買いました。

期間限定で安かったので、ちょっと買ってみた、と言うくらい。

ヘッドフォンはいくつか持っていて、割に買い替えている方かもしれません。でも、最近はめっきり安定しています。ボーズのクワイエットコンフォートを買ってからは移動のあるときはそればっかり。それまではシェアの3Cだったかな、インナーイヤーを愛用していました。

BluetoothのワイヤレスインナーイヤーヘッドフォンはSoundPEATS(サウンドピーツ) ワイヤレス スポーツ ヘッドセット QY7というもので、また期間限定の安売りをやっているみたいですね。

欲しい人はすぐに買った方が良いです。2000円ちょっとでBluetoothでそこそこ音が良いのって、なかなか有りませんから。

音が良いと言っても、この値段にしては、と言う但し書き付きです。2000円ちょっとなら大満足でしょう。これが7,8000円だったらどうかな〜と思いますけどね。

このヘッドフォンですが、耳への装着がかなりクセがあって、自分に合った方法を見つけないと、音も聞こえないし、付けていてもすぐに落ちてしまったりと、使い勝手がかなり悪いです。

落ち着いて、鏡を見たり、他人に観てもらって、耳への装着をしっかり自分で出来るようにしましょう。

僕はフィットネスクラブ用に使っていますが、通勤の電車でもワイヤレスというのは便利です。iPhoneにはスイカを貼り付けているので、改札で出すときとか、コードがないのはやっぱり便利。

| | コメント (0)

2015.06.26

「PHASE ONE XF 体験イベント / 東京

 Phase One Japan・(株)DNPフォトイメージングジャパン
注目の新製品「PHASE ONE XF 体験イベント / 東京」のお知らせ

来る2015年6月27日(土)にPhase One Japanと(株)DNPフォトイメージングジャパンは今月発表された、新設計のカメラシステムPHASE ONE XFの体験イベントを実施します。

PHASE ONE XFは新設計の中判カメラシステム。まったく新しいAFシステム「ハニービーオートフォーカス・プラットフォーム」とそれをサポートするプログラマブルCMOS AFセンサー。ジャイロ・加速度センサーなどの最新技術を織り込んだ、高画素時代に対応する最先端の中判カメラシステムです。

--------------------
日時:2015年6月27日(土)
 10:00〜12:30 / 13:30〜16:00 (2回)
主催:Phase One Japan、(株)DNPフォトイメージングジャパン
場所:株式会社スタジオD21   東京都新宿区本塩町11
費用:無料 ※事前登録が必要です。
講師:湯浅立志氏
--------------------

事前登録が必要です。
事前登録の方法、詳細な内容の確認は下記をご確認ください。

http://phaseone.seesaa.net/article/420741000.html

CF001493.jpg

| | コメント (2)

2015.06.24

う〜〜ん、思ったよりも差が出ない。

新しいカメラをテスト中です。

体感的にはかなり違うのですが、客観的な違いが欲しい。。と思って、いろいろテストしているのですが、体感以上の差が出ない。感覚では違うんですけどね。
xf_19-09-52.jpg
8000万画素で撮影した東京タワー。
圧倒的なクォリティですね。

| | コメント (2)

Profoto D1 500 AirでPanasonic eneloop pro

うちのメインストロボはProfoto D1 500 Airというものなんですが、これの便利なところはリモートで発光、シンクロはもちろん、光量の上げ下げ、モデリングランプのオンオフなど、ほとんどのことがリモコンで操作ができることです。

これはアシスタントがいないカメラマンにとっては、ホントに楽。いちいちストロボのところまで行って光量の調整をしなくて良いし、イルミネーションと一緒に撮る時など、モデリングランプも消灯して撮影しますから、そのオンオフもリモコンで出来るし。

ただ、これの欠点というか、難点はリモコンの電池が消費する点ですね。
すべての写真-839

そこでここ半年くらい、パナの充電電池に替えて使っています。

これはプロタイプということで、普通のエネループよりも容量が有るものです。このリモコン、トランスミッターなので、一種のストロボと同じ役目です。つまり、電池を食う。単4なので容量も小さいし。以前はアルカリ電池を使っていましたが、使い終わったアルカリ電池単4がかなりたまってしまって、ちょっともったいないかな〜と思ったのです。

最初は普通のエネループの単4にしてましたが、すぐになくなってしまい、充電が面倒なので、プロタイプに変えてみました。

まあ、でも、充電電池は面倒ですね。ロケの前の日など、いろいろな電池を充電しなくてはならなくて、、、よほどヒマなカメラマンじゃないと、それの管理は無理。その時間を考えると、アルカリで使い捨てが最も安心で失敗がないかもしれません。


| | コメント (2)

2015.06.23

GPU支援はまだまだか?

このブログでも何度か取り上げていますが、GPUを使ったアプリケーションはまだまだ課題が多いようです。
直近ではAdobeのCreativeCloudがいろいろ問題ありみたいで。

Illustrator Help /
Illustrator CC 2015 : アップデート後の表示に関するトラブル(Mac OS、Windows)

写真関係でもLRの挙動がアップデートしても直っていません。切り抜きツールでカクカクする問題ですね。これは環境設定でGPU支援のチェックを外すと正常に動作します。

ただ、GPU支援のチェックを外すと、ブラシツールなどブラシとその結果がリニアに反映されなくて、これはこれで困ります。
僕の場合、切り抜きはあきらめて、GPU支援のチェックは入れた状態で使っています。

Adobe関連だけでなく、以前はCaptureOneでもGPU支援で問題がありました。今のバージョン8.3では僕のところではまったく問題はありませんが。C1にしても、この問題はバージョン7の時代からあって、僕も悩まされた問題です。

PCのGPUがここ数年で飛躍的にその役割が高くなってきましたから、それを効果的に使う為にアプリケーションがついて行けてない感じですね。
OSのアップデートもありますから、アプリケーションメーカーは非常に負担が大きくなっているはずです。
IMG_5074.jpg
Adobeの方は頑張ってアップデートしてもらいたいですね。

| | コメント (0)

2015.06.21

代々木公園でPhase One XF

Phase One XFをお借りしています。

このイベントのためです。

モデル撮影と物撮り、そして風景写真と、それぞれのジャンルでの使い勝手をテストします。

Img_5164

モデル撮影では以前のモデルよりかなり良いと思いました。

急にセミナーをやることになり、急にカメラを借りられることになって、モデルも知り合いに頼み込んでの撮影でした。

急だったのでどうしようか??と思ったのですが、、、以前よりProfotoのB2が気になっていて、メーカーに貸し出しが出来るようになったらお願いします、と言ってました。

今回、急だったので、どうかな〜と思ってProfotoさんに連絡したら、一台だけあると言うこと。ただ配達は翌日以降になるということだったので、僕が倉庫まで取りに行くことにしました。

そんな事で空いている時間が無くなり、、テストもままならずに撮影当日へ。


Img_5173
ProfotoのB2は初めて実際の撮影で使いましたが、これは良いですね。

あれば便利だろうと思っていましたが、欲しくなりました。

モデル撮りでちょっとした補助光が必要なとき、ここまで軽くて小型だと持っていくのも苦労しないし。

ただ、値段がね〜。ユーロ高円安ということもあって、ちょっと高い。

Phase Oneデジタルバックもそうですが、ヨーロッパ製品は軒並み値上げで高く感じます。

Phase Oneの新しいカメラも価格が発表になりました。
価格表

PHASE ONE XF Camera Systems

600万って、見たこともない金額になってます。笑

世間ではキヤノンの5000万画素で話題沸騰ですが、個人的にはほとんど興味が無く、、、同じ5000万画素ならこっちが欲しい。と言っても値段が違いすぎですね。カメラボディすら買えません。

以前にも増して絶望感を感じます。歳のせいかな〜

|

最近のお仕事2015/06/21

先月の撮影でした。

食事の後のお楽しみは、も・ち・ろ・ん……!?
杉原杏璃と家デート

1

杉原さんは何度か撮影させて頂いていますが、この時はシチュエーションが恋人同士と言う目線からということで、かなりどきどきの撮影でした。見つめられると、、、ね。

| | コメント (0)

2015.06.18

最近のお仕事2015/06/18

SEIKO ASTRONのタイアップ

150618_0001

モデルと物撮り、両方やってます。自分で言うのも何ですが、両方ともそれなりに撮れる人って、それほど多くないです。
抜群にうまいわけではないけど、、、
そういうこともあって、今まで忙しくカメラマンをやってこられました。

IMG_5067.jpg

| | コメント (0)

Adobe Creative Cloud 2015 リリース

Adobe Creative Cloud 2015がいきなり リリース

この忙しい時に勘弁して欲しい。。。

よりによって今か〜

というのも次のLightroom解説を書き始めていて、それように画面キャプチャーしていたのがまるっきり使えなくなってしまった。。。ホント勘弁して!

自分で言うのも何だけど、Adobeにはそれなりに近い人間だと思うんだけど、こういうアップデートってまったく知らせがなくて、一般の人と同じなんです。まあ、そこらへんがAdobeがちゃんとしているって言う証拠なのかもしれませんが。
0K6A0778.jpg
いろいろやることが多くて、次々と新しいカメラやソフトのアップデートがあって、まいっちゃいます。

| | コメント (1)

2015.06.15

プロカメラマンはいらない?

先週、話題になったニュースですが、

シャーロット王女に王子がキス、初の兄妹ツーショット写真

この写真、キャサリン妃が撮影した写真です。
報道ではキヤノン製のデジタル一眼レフカメラをお使いで、写真が趣味だと報じられています。

たぶん、一昔前まではこういう写真は王室専属のカメラマンが撮影していたはずです。一昔前といっても、デジタルカメラが普及する以前なので、ほんの10〜20年前くらいの話ですが。

これをもってしてプロカメラマンの仕事がなくなる、とは言いませんが、このニュースを聞くと、心中穏やかではいられないプロカメラマンが多いのではないでしょうか。

まあ、子供の写真はプロがどうやっても、その親には勝てないジャンルではありますけどね。

日本でもお子さんをお持ちの方で、自分でカメラを持っている人なら、自分の子供の写真では誰にも負けないという人は多いでしょう。
それでも、753など、折に触れてちゃんとした写真を撮るという文化は残っていますし、子供の多い地域では子供写真館的なシステムもちゃんと機能しています。

ようは使い分け、だと思うのですが。

最近、怖いのはここ数年の写真ブームで、高品質な写真を撮れるカメラを、趣味の一環として購入する人が増えていること。それによって、高品質な写真が以前にも増して、プロカメラマンでなくても撮れる時代になったと言うこと。

もう何年も前から言われている話ですが、この数年の非プロカメラマンの技術向上は、恐ろしいものがあります。>プロにとってですが。

高機能なカメラを持った人は、そのカメラでどんどん写真を撮っていきます。まるで高機能なライフルを買ったハンターのように。英語では写真を撮ることも狩猟をすることも「Shooting」と言いますが、まったく同じように、獲物を撃つがごとく、写真を撮りたくなるのが、良いカメラを買ったときの衝動です。

僕の主戦場は広告写真なので、まだそれを脅かされていないですが、自然写真、風景写真、それと、モデル写真、スナップ写真は以前からプロと素人の区別がしにくい、されにくい分野でした。

今後はひょっとすると、それがジャンル問わず、すべての写真に素人が浸食してくる時代になると思います。

プロカメラマンはいらなくなるのか?

そうはなりません。

素人がやりたがらない、出来ない撮影をプロがやるようになりますから。

たとえば、工場のように次から次へと、大量の物撮りをする仕事とか、マラソンなど、競技に参加している選手すべてを撮影して、それを販売するような仕事など。・・・プロとしての技量は、そのような大量カットをある一定レベルで効率的に撮影していくというところで発揮する。

または、非常に高度な広告撮影が出来るカメラマン、タレントとか、ハイレベルの物撮りとか、合成前提の撮影とか。

あとは素人を教える先生としてのプロカメラマン。現在、多くのプロカメラマンが目指しているジャンルかもしれません。

もう一つ残るジャンルは、作家性の高い、フォトグラファーですね。
今、多くの若いカメラマンが目指しているのはこのジャンルです。
ただ、このジャンルは非常にハードルが高いですからね。

10年後、プロカメラマンはどういう仕事で残っているのか?30年もこの仕事をしてきている僕が、まったく予想が付かなくなってきました。デジタル化の波を生き残っても、写真への素人進出の波までは、まったく予想してなかった。

| | コメント (2)

2015.06.12

ソニーα7R II

ソニーα7R IIがようやく発表されましたね。

海外発表:4,200万画素+5軸手ブレ補正の「ソニーα7R II」

5月の連休前後という予想だったのに、だいぶ遅れました。来週にはキヤノン5Dsが発売になるので、邪推すればそれにぶつけてきた、と言う見方も出来るかも。

個人的にはキヤノンから5Dの新型を出すのなら、この形で出すべきだったと思っています。5Dsですね、ミラーレス化した5Dの高画素モデルとして、これはキヤノンから出すべきだった。キヤノンは従来型の一眼レフに固執しているとしか思えません。
従来型の一眼レフは5Dmk4でやれば良いのに。

5Dsが50万前後、このα7R2が予想では40万前後と言うことで、ライバルとしては十分同じ土俵です。キヤノンユーザーならα7R2と一緒にメタボーンズのマウントコンバーターを買えば実用上はキヤノン機と同じになります。動きものは無理でしょうけどね。
その辺りのことはこちらに書いています。

METABONES製 SONY NEX Eマウント用 電子接点付キャノンEFアダプターVer4

この時に実用的なテストを繰り返してきました。十分仕事で使えると僕は判断しています。

なんと言ってもCaptureOneが使えて、テザー撮影も出来るという点が大きい。

ニコン用は試していないですが、Gレンズ用のマウントコンバーターを使えばニコンユーザーもα7を使うことが可能になります。ボディとマウントコンバーターを買えば、今持っているレンズはほとんど使える、、、ソニーはそこまで考えているかどうか分かりませんが、ニコン、キヤノンで争っているところに、思わぬ伏兵登場、という感じでしょうか。
P8300112.jpg
予想ではこの上のクラスでα9が5000万画素以上で出てくるでしょうから、まだまだソニーには底知れぬ野望を感じずにはおられません。

| | コメント (0)

飛鳥山公園へ あじさい

東京の北の方にロケだったので帰りに飛鳥山公園に寄りました。
ちょうどあじさいがキレイだと聞いていたので。
CF010615.jpg

初めて行ったので、あじさいがどこに咲いているのか?まったく分かりませんでした。

掃除のおじさんに聞いて、やっとたどり着いた。

と言うか、電車で行けばすぐなんですよね。線路の横ですから。

クルマで行くと、駐車場の反対側なのでちょっと歩きます。

あじさいの小道というのがあって、そこは狭い路地の片側全部があじさいです。

あじさいは可憐で好きなのですが、写真は難しいかな。何かと絡めないとダメかも。鎌倉があじさいで有名な場所ですが、寺など背景がいろいろあるのであじさいと絡めやすい感じがします。ただ、かなり混んでいるようで。。。あじさいで有名な寺は開門までにカメラマンがかなり行列を作るという噂は良く聞きます。

どこに行ってもカメラマンだらけですね。。。

このあじさいの小道でも数人のカメラマンがいました。でも若い女性の比率が高い。平日のこの時間にここにいられるって??おじさんが話しかけると怪しまれるので横目で見ていただけですが。

飛鳥山公園は王子駅からすぐ。平日でも結構人が多いです。しかもかなり狭い路地で、団体の老人クラブみたいなのと遭遇すると、ちょっとつらい目に遭います。あじさいも今が見頃です。オススメは雨の日かな。

| | コメント (0)

2015.06.11

IQ280でCapturePilotアプリ

Img_5134
IQ280がようやく修理から帰ってきたのは先月のことでした。

それ以来、不具合がありました。

CapturePilotアプリが繋がらなかった。

IQ2シリーズの売りはWi-Fi内蔵と言うことで、これが使えないのなら100万円安いIQ1シリーズにしとけ、って言う話です。

無理してIQ2シリーズを買ったのですが、現実的に現場で使えない事が多くて、失敗したかなーと思ったものです。

修理に行った期間が長く、ほとんど手元に無かったので、自分のIQ2が悪いのかどうかも分からず。

やっと自分のものを使える用になって、やっと時間も出来たので、Wi-Fiもテストしてみました。

やっぱり繋がらない。。。。

あきらめようかと思ったところ、設定をすべて初期化して、もう一度チャレンジ。

やっと繋がりました。終了したり、切断したりしてテストしてみましたが、再接続も出来るし、今のところ、問題なし。

このまま順調に使えることを祈ります。

今日、銀一でPhase Oneのイベントがあったのですが、ロケの帰りに寄ってきました。

新しいカメラXFシリーズを触ってきましたが、、、かなり良い。

欲しくなりました。買うつもりはなかったんですが、、、は〜〜〜〜デジタルバック貧乏ですね。もう。仕事も順調とは言えないのに。

まあ、健康で生きていられるのだから、悔いの無いようにカメラマン人生を終われるよう、欲しいカメラは手に入れたいものです。

| | コメント (2)

マグリット展へ

行きたかったマグリット展へ行ってきました。
ちょうど一日空いていたと言うことと、もう今月末で終わりという焦りから、急に行くことにしました。
Scannable_20150610_20_18_32__2
これはチケット。
この絵は良いですね。複製を買って家に飾ろうかと思ったくらい。

Scannable_20150610_20_18_32__1
久しぶりにオーディオガイドを借りました。

やっぱり分かりやすいですね。

絵の横にタイトルと簡単な解説は書いてあります。オーディオガイドはその解説をもっと長くした感じです。耳で聞きながら絵を見られるので、分かりやすく、そして見やすい。

これが無いと、説明文を読むことに一生懸命になって、肝心の絵を見る時間よりも解説を読む時間の方が長いという人が多いです。

絵の前は空いているのに、タイトルの前に人垣が出来ている・・・良くあります。

Img_5133

朝イチから行っていたので、見終わったときはちょうどお昼でした。

平日にこういうところに行くのも滅多にないので、ランチはちょっと奮発するかな〜と思って、土日は絶対には入れないポール・ボキューズにしました。

ランチは2200円のコースのみ。オプションはちょっとありますが、1コースです。

高級レストランの部類なので、ちょっとは期待していましたが、、、所詮2200円クラスではイマイチです。5000円くらいのコースがあっても良いと思うのですが、それほど食べる人が居ないでしょう。商売としては2200円クラスがちょうど良いのかもしれません。

入る前は見た目の雰囲気の良さに惹かれていましたが、入ってしまえば普通のレストラン。味も今ひとつだし店員もイマイチでした。期待値が高いとつらいですね。

肝心のマグリットは素晴らしかったです。でも、商業的と感じる人も多いかな。実際、広告デザインを長くやっていた人だから、作品もその影響が大きいです。
僕は広告系のカメラマンなので、むしろそういう作品が好きなのですが。

期間も残りわずかです。お時間があれば行ってみても損はないです。

| | コメント (0)

2015.06.09

開発者トーマス・ノールが語る「PhotoshopとLightroomが目指すもの」

開発者トーマス・ノールが語る「PhotoshopとLightroomが目指すもの」が公開されました。

先月、来日されたときにインタビューした記事です。

編集後記に書いていますが、かなり緊張していました。というか、この依頼があった一月前からずーっと夜も寝るときに考えてしまったり、、、

解説を書く仕事もそうなんですが、かなりずーっと考えています。そればっかりを。そうしないと良いアイディアが浮かばないし、凡人だからそれくらい考えないと、他の人よりも見劣りした解説になってしまいますから。

今月もLRの解説を書かないとならないのに、まだなんのアイディアも浮かんできません。。。やれやれです。
Img_5114
この写真は取材の最後にカメラマンさんの坂上さんにiPhoneで撮ってもらったカット。


| | コメント (0)

賃貸と持ち家、どっちが良い?

「賃貸と持ち家、生涯コストは同じ」のウソ
良くこういう感じで取り上げられます。

一般のサラリーマンと違って、僕たちカメラマン、フォトグラファーにとってはどっちが良いのでしょうか?

僕の周りのカメラマンだと、たいていは都内でマンションを持っていたり、一戸建てを持っていたりします。客観的に見ると持ち家率が高いのですが、完全に自分で買った人は多いかというと、そうでもないかも。というのは東京生まれの東京育ちという人も居て、親の持ち物だったという恵まれたおぼっちゃんも多いみたいですから。

僕の価値観ではカメラマンなら都内にマンションなりを持っていた方が良いと思います。
というのは、カメラマンの寿命が短いから。
良く先輩から言われていたのは「50も過ぎればだんだん仕事が少なくなって、60過ぎまで仕事がある人なんてホントに少ない」ということ。たぶん、40歳前後が仕事もピークでそれが一生続くかのように思ってしまう。
現実的にはやはり先輩方の言う通り、徐々に少なくなってきます。

つまり、稼げる50歳までに残りの人生も考えておかないと行き詰まるということ。

賃貸でも良いんですが、家賃を払っていくのが厳しくなるでしょう。都内に事務所を構えていたカメラマンが六本木から目黒、そして調布や練馬など近郊の自宅兼になる、、、僕もそういうカメラマンを何人も見てきました。
だからそうならないようにしたいと思って、都内に事務所を買ったり、マンションを買ったりしてきました。
これでまあ安泰かと思っていたけど、、

今月、固定資産税の支払いのお知らせが来ていましたが、事務所と自宅、両方で年間50万の支払いになります。両方とも港区にあるので、それなりに高いと思うのですが、50万を払い続けるって、それはそれで結構大変なことです。
持ち家なら絶対大丈夫、と思いたいけど、固定資産税と、管理費など合わせると、うかうかしていられないな〜と。
まあ、仕事がなくなったら誰かに安く貸せば良いと思っていましたが、固定資産税を考えると、やっぱりそこそこの値段で貸さないと難しいと思います。
都心部は家賃が高い、だから都心には若い人が住めないと思いますが、事実上、安い家賃には設定できないんですよね。

若いカメラマンでここを読んで頂いている人が居るかもしれませんが、頑張って都内にマンションを買いましょう。独身なら家として使っても良いし、結婚したら事務所としても使えるし、駅からのアクセスが良いところだったら、それほど値下がりもしないでしょう。

僕の知り合いのカメラマンも、僕と同世代ですが、今年、マンションを買いました。自宅とは別に。

50を過ぎたときの将来を、40の時から考えておくべきです。
60になれば今度は親の面倒を見なくてはならない状況になります。介護と仕事の減少がダブルでやってきます。

頭もひげも真っ白な爺さんに、だれも仕事なんか出しません。よほどの有名写真家か、特殊な才能、技能がある人でなければ、若いカメラマンの方が良いに決まってますから。

若いカメラマンさんは、とにかく稼げるうちに稼ぎまくって下さい。稼いだら、ベンツとか乗らないで、ロレックスとか買わないで、マンションを買いましょう。w
IMG_9224.jpg

| | コメント (0)

2015.06.02

フォトネクスト2015へ

撮影の合間を縫ってお台場でやっているフォトネクストへ。

うちの事務所からはクルマで15分くらいで行けるので、2,3時間空いていれば、ちょっと行ってくると言うことが可能です。

でも、そんなことも今年限り、、、

来年からは横浜みなとみらいでやるみたい。。。もう、なんでそうなっちゃうかな〜。あんなところでイベントやったら、行けないじゃん。丸一日つぶれるから、もう行くことないかも。でも仕事がなくなって暇になったら行くか。。。ちなみにCP+も一般人としては一度も行ったことない。

で、いきなりですが、Phase Oneから新型カメラが出ました。

昨日、中国のサイトでリークされていましたが、そのリーク通り。予想以上に速いですね。

ちなみにC1も8.3にバージョンアップ。見た目の変更点はキャプチャーツールくらいのような感じです。

ウワサではすでに実機が日本にあるらしく、ひょっとして明日のフォトネクスト会場にその実機が来るんじゃないか?というのが、かなり根も葉もないウワサとして飛び交っています。

お時間のある方は明日のフォトネクスト、DNPブースに寄ってみて下さい。

なお、僕は明日、ロケが2本立てなので、とてもじゃないですが、行けません。
まあ、お仕事が第一です。そんなイベントに行くヒマもないというのがまっとうなプロカメラマンです。というか、そうありたい。
そのくらい仕事しないと、新型のデジタルバックは買えませんからね。笑
まだまだ頑張って仕事していかないとならないというのは、気が遠くなります。

| | コメント (0)

GoogleフォトはLeafに対応していない?

Googleフォトで写真のバックアップ、続編です。

1

MOSファイルでアラートが出ました。

LeafのMOSに対応していないのかな?と言っても、LeafのMOSファイルは圧縮されているものと、非圧縮の2種類あるので、C1を使って画像取り込みをしている僕の場合、圧縮のMOSファイルと言うことになり、それの対応が怪しいと言うことですね。

圧縮のMOSファイルはAdobeも対応していない位なので、声高に言う話ではないですが。。C1での撮影では無条件で圧縮のMOSファイルなので、その点が残念。

と言っても、GoogleフォトではオリジナルRAWがバックアップされるわけではないので、(中判デジタルの場合)バックアップには使えないと言うのが正確なところですが。

それはそうと、自動でアニメにもなっちゃうんですね〜すごい。これは連続で撮ったカットです。それを繋いでアニメにしている。このほか、車の撮影で連写したカットもアニメになっています。イヤになるな〜こうなると。

| | コメント (0)

2015.06.01

Googleフォトで写真のバックアップ

Googleフォト、早速インストールして試しています。
ヤバいっすね、これ。写真のバックアップはもうこれで良いかも。
Eye-Fiクラウドも霞んでしまいます。
1
適当に設定してると、バックグラウンドでPCに入っている画像がどんどんクラウドに上がっていきます。
この写真は昨年撮影した仕事の写真。
いったいどこまでさらっていくんだろう?

同様にスタジオ使用しているMacBookProにもインストールしていますが、こちらの方もスゴい。

撮影はC1でしていますが、撮影するそばからクラウドに上がって行ってしまいます。しかもPhase Oneデジタルバックでのデータも。
もうネット環境がある場所なら、撮影時のバックアップすらいらなくなるかもしれません。

ただ、ネットのスピードがネックで、物撮りくらいのスピードなら撮っているそばからクラウドに上がりきりますが、モデル撮りのスピードでは当然無理。でもインターバルもあるから、実際にはイイ線行くかもしれません。
IMG_9258.jpg
Googleは嫌いな人多いですが、写真をやっているなら一回お試し下さい。感動しますよ。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »