« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.31

Digio デジオ CRW-38M56BL USB3.0マルチカードリーダー

先日買って、しかもすぐにトラブったカードリーダーについて、書いておきます。

商品はこれ

Digio デジオ CRW-38M56BL USB3.0マルチカードリーダー

ヨドバシで2000円位で買えて、しかもUSB3.0、SDカードもCFカードも使えるという、かなりコストパフォーマンスが高い一品です。

良いと思って買ったのですが、、、先日のロケで早速のトラブル。

買ってすぐにテストもせずにロケに持っていった僕が悪かったと言えるのですが、、使っていないというのは正確じゃないですね。SDカードで何回か使っていたのですが、CFカードでは使っていなかったというのが正しい。

ロケ現場でCFカードを入れたら、ピンを曲げてしまったようで、入れられなくなってしまったというものです。
今日、時間が出来たので、ダメ元で、小型ドライバーをCFカードスロットに入れて、ピン曲がりを見た目まっすぐにまで直して、カードを入れ直してみました。
でも、入らない。。。どうやっても入らない。ここまで入らないのはおかしい!と思って、最後にやってみたのは天地を逆に入れてみました。

そしたら、、、、

なんとすんなり入りました!

あり得ない!
Img_5067
これがこのカードリーダー全景です。

表側にカードの種類がアイコンで印刷されていて、そのスロットに入れるようにと分かります。

表裏が分かりやすいように、同時にSDカードを入れてみた写真です。

カードリーダーの表側に対して、CFカードは裏返して入れるという、何とも変則的な仕様。


Img_5068
これが裏返したところです。

僕は今ままで、表裏逆で一生懸命カードを入れてました。

それで入らなかった。。。

カードリーダーの表側がCFカードだけ差し込みが逆って、アリですかね??ちょっと理解不能な仕様です。


Img_5069

差し込み口もカードよりもかなり広い仕様で、これはトラブルの原因になりますね。

安いし、小型だし、USB3.0でコードも直づけで、忘れる、紛失などがない、とスペック的には良いんですけどね。。。
もし、お買い求めになるようでしたら、お気を付け下さい。

| | コメント (1)

2015.03.27

Eye-Fi Mobi Proカード 入手!

Img_5062
Eye-Fiジャパン様から新製品発表会に呼んでいただき、行って参りました。

当初、撮影が入っていて行けないなと思っていたのですが、朝からの撮影が順調に終わり、次の撮影までのインターバルが数時間有ったので、その合間に参加できました。奇跡的!

テスト用として頂いたので早速使ってみました。

発表会の説明でも思ったのですが、今回の目玉はカードでは無いと言うこと。

クラウドのサービスが想像以上にスゴい。

Eye-Fiクラウドというものはモビのカードが出たときからありましたが、別料金だったので、たぶん、カードを買った人でもほとんどは無料使用期間を過ぎたら契約しなかったと思います。僕もそうでした。

今回はカードにクラウドの無料使用期間が1年間ついてきます。

それを利用して、撮った写真をEye-Fiクラウドにすべてアップロードすることが出来ます。しかも容量無制限。RAWデータでも大丈夫。

さらに、そのクラウドで画像を認識して、自動的にタグ付けしてくれて、分類してくれます。ちょうどLightroom5のクラウドみたいな感じ。Lightroom mobileで同じようなことをしていると勘違いしている人も居ますが、まったく違うシステムです。

Lightroom5はローカルで管理、保存するタイプで、Eye-Fiクラウドはクラウドですべて管理保存するもの。と言いつつ、実はクラウドとローカルPCを同期するので、言ってみればEvernote形式と言うべきかな。

先の容量無制限といううたい文句も、実はローカルと同期ということなので、ローカルの容量以上には保存は出来ないんじゃないかな?>ここら辺は未確認。

使用感は、撮った写真が、いつの間にかアイフォン、iPadに入っていて、しかも、それがクラウドに入って、しかも、家に戻るとPCにも入ってくる、、、みたいな感じで、未来を感じます。

これって、もうライトルームのクラウド版なんです。クラウドにしていることで、画像認識のバージョンアップは常に可能。どんどん賢くしていくことが出来ます。しかも、世界中から写真がじゃんじゃん集まって、その解析データを蓄積していくわけですから、、、Lightroom5みたいなローカルに依存するタイプでは追いつくことが出来ないバージョンアップが可能となります。

写真はすべてクラウドに保存、管理する時代に、本当になりました。

ただ、プロカメラマンが仕事で使えるか?というと、ちょっと違うかも。まだ数時間しか触っていないので使い方が分からない状態ですが、プロカメラマンの期待する使い方をするには設定を考えないと、、

それをどうするか?時間が出来たら、また書いてみたいと思います。

時間が出来たら、、、って土日も仕事なので、当分無理ですけど。w

| | コメント (0)

CaptureOne8.2 リリース

C1が8.2になりました。

その中でもトピックなのがこれですかね。

3-way を採用したカラーバランスツール

早速使って見たのがこれです。

CF001371.jpg
写真のハイライト、中間調、シャドーとそれぞれ分けて調整が出来るという機能らしいです。

まだ数分しか使っていませんが、、、写真をイメージ調にするには使えると思いますが、それ以外はどうなんだろう?普通に仕事で使うには必要ないかもしれません。まあ、まだもっと使ってみないと分かりませんが。

| | コメント (0)

C1 8.2でテザー撮影は快調に

Img_5063
今週は月曜から撮影が続き、かなりハードな毎日を送っています。コメントいただいた方、申し訳ありません、返信が出来なくてすみません。

先日、C1が8.2にバージョンアップされました。いつものことですが、僕は即日アップデート。その翌日の本番撮影にダメ元で使ってみました。すると、今までの不調がウソのようにノートラブル。その日はモデル撮影が朝から2本あって、Leafを使いまくったのですが、C1のトラブルはありませんでした。

さて、今日もこれから撮影です。

| | コメント (0)

2015.03.24

人手不足

この前に書いたスレッドでロケアシさんを怒った、と書きましたが、早速、その会社からクレームが来てしまいました。
「もう少し穏やかな対応をお願いします」

怒りすぎましたね。

お客(僕のこと)から怒られると萎縮してしまってもっと動けなくなりますから、と言うことでした。更に辞められると困ると。
人材の確保が大変らしく、、、

僕としてもこの会社に断られると、自分の仕事に支障が出てしまいます。

僕の考えがもう古いんでしょうね。アシスタントをしかって、というのは、今は通用しないことなんだと、改めて愕然としました。

その前のスレッドでもロケアシに来てくれた女性の話をちらっとしましたが、僕の認識の古さを、今回も思い知りました。

僕レベルのカメラマンでは、アシスタントを怒ってはいけない。仕事をして頂いているだけでもありがたいと思わないといけない、、、もうそういう時代になってしまったんですね。
IMG_7984.jpg
ホント、このところため息ばかりです。

| | コメント (5)

C1が絶不調に、、

ここのところ、C1がなぜか絶不調です。

自分のスタジオでの撮影ではまだ良いのですが、ロケでダメなことが多い。モデル撮影がかなり問題あり、、、

モデル撮影の時に、じゃんじゃんシャッターを切ると突然終了してしまいます。転送できなかったカットはもちろん消えてしまいます。調子よく撮っているときのことなので、モデル撮影ではかなり神経を使うようになってしまいました。

これは最初、Leafを使ったときの問題かと思っていたのですが、キヤノンを接続しても同じように、突然の終了。

問題点はC1かMacBookProか?どちらかということになります。

Img_5059

昨日のロケではあまりに不調だったので、途中からキヤノン純正のEOSUtilityとDPP4に切り換えました。さすがに純正だけあって、不具合はまったく起きない。使いにくいですが、特にDPP4は慣れていないので。
でも背に腹はかえられない。とにかく昨日は早朝から夜までタイトなスケジュールだったので。

昨日は特についていなくて、お願いしたロケアシさんが、まったく出来ない人で、、、何をやらせてもピント外れ。意味不明の行動をしてくれて、久しぶりに怒ってしまいました。現場でアシスタントを怒るのはよくないですが、朝から何度言っても同じ行動をするので、頭にきてしまいました。現場の空気が悪くなるのでやってはいけないことです。

終わったら終わったで、今度は別の問題が、、、

Img_5061
ヨドバシ行った時に買ったカードリーダーが使えなかった、、、

どうやらCFカードの部分、中のピンを曲げてしまったようです。と言うか、構造的にカードがまともに入りにくい構造で、それで曲がった状態でカードを入れてしまい、ピンを曲げてしまったようです。

カードリーダーの予備を持っていけばよかった。新しく買ったカードリーダーだから安心していました。

不運が続きますが、たぶん、原因は自分。事前にいろいろなことを想定してチェックしていれば良いだけの話ですから。

今週は撮影が続きますが、めげずに行くしかないですね。

| | コメント (5)

2015.03.22

お彼岸で墓参り

IMG_7985.jpg
お墓参りに行ってきました。

僕の方ではなく女房方のお墓です。

東京にあるので、よほど仕事が立て込んでいなければなんとか行くことが出来ます。女房は東京生まれの東京育ち。
僕は地方出身者なので、よくその差を感じます。

生まれたときから都内に住んで、なんの不自由もなく育ってきた人間と、地方から東京に出てきた人間では、やっぱり違います。良くも悪くも。

いまだに貧乏生活が染みついていて、何かを買うのもついつい貧乏性になってしまうのが僕です。たぶん、一生直らないですね。

カメラマンという商売は、結局のところ、貧乏人がなる商売じゃないな、と思っています。もともと、金持ちのボンボンが親にカメラ買ってもらって写真を撮っていたのが、普通でしたから。カメラはとても高価なもので、そうそう持てるものではなかった。
今はそうではないですが、カメラマンの周辺は変わらないと思うし、金のないヤツはこの業界には入らない方が幸せだと思っています。あくまで個人の感想ですが。

先日、ロケアシで来てもらった女の子といろいろ話していて、今の写真業界を目指す若い人の驚くような一面を知りました。若い人ほど現実をよく見ている。へたに夢や希望だけでぼーっとしているわけじゃないんだな〜と、すごく感心しました。

その話は書けるかな〜。時間が有ればまた。

| | コメント (0)

2015.03.21

CapturePilot 活躍中

Img_5056
CapturePilotアプリ、活躍しています。

ほとんどの撮影の時に、こうやってiPad併用で撮影しています。

このところ、ロケが続いたのですが、安定してロケでもCapturePilotアプリを使えるように工夫したので、最近はロケ現場でこそ便利に使えている感じ。

その工夫は、、、時間が出来たら紹介します。

先日、某メーカーの方にもご覧に入れていますが、これを使っちゃうと他のアプリケーションでテザー撮影なんて出来ません。それほどに便利。

難点はiPadは画像がキレイに見えすぎると言うこと。その印象まで本番画像を補正して持っていくのは大変です。

それほど忙しいという感じはしないのですが、なぜか時間がない。

土日は休めるかと思ったのですが、結局、仕事。月曜納めという案件があるとそうなってしまいます。

土日はフィットネスクラブにも行きたいし、今週はお彼岸だからお墓参りも行く予定だし、、、そりゃあっと言う間です。

さてと、そろそろフィットネスクラブに行ってきます。今日はいつもの銀座店ではなく本店まで。

| | コメント (0)

2015.03.18

ニコンから画像活用ソフトウェア「ViewNX-i」の無償ダウンロード

1

ニコンから新しい画像活用ソフトウェア「ViewNX-i」が無償ダウンロード開始しています。

早速インストールしてみましたが、、、、

かなり厳しい感じ。

ニコンの同じくNX-Dも無償ダウンロード提供されていますが、これと同様、かなり厳しい感じ。。。

NX-Dは広くベータテスト方式で改善意見を求めているはずですが、状況的には良くなっていないと感じてます。それでまたこのビューワーか〜という、かなりガッカリ感。

もう少し何とかならなかったんだろうか??

もうLightroomにはどこも勝てない、Adobeの先見性にはただただ驚くのみです。

| | コメント (0)

春は着実に

IMG_7952.jpg
春は着実に来てますね。

暖かい太陽を感じると、やっぱり春は来ているんだな、と思います。

この写真はEOS-Mで撮っています。でも、マクロレンズではありません。22ミリの単焦点。この22ミリレンズは良いレンズです。クローズアップもそこそこ出来るし。小さいからいつも付けっぱなしです。

22ミリがいくらクローズアップが出来ると言ってもここまでは寄れません。

実はレンズを逆向きにして使っています。

知識のある人なら分かると思いますが、等倍以上の接写をするときにはレンズを逆向きに付けるというのは昔からある手法です。

ミラーレス一眼なので、レンズを外して、そのままマウントに手でくっつけて撮れば、そのままでも結構撮れるものです。本来はアダプターが必要なのですが、そんなの買わなくても単純に外してくっつけて撮る。

あ、でも、メーカーは推奨していません。しかも、不安定だからレンズ、カメラを落とす心配もありますので、事故があっても知りませんよ。あくまで、僕はそうしているだけですから。

| | コメント (0)

2015.03.16

ヒアリング

今日はあるメーカーさんから開発の方がいらしてヒアリングを受けました。

現像ソフトとか、テザー撮影とか、実際に僕のスタジオで撮影してみて、それについての意見を言う、と、そんな感じのです。

もう10年くらい前から、だいたい2年に一度くらい、そのメーカーさんはいらっしゃるのですが、今回はかなり早いタイミングな感じでした。前回は去年の後半でしたから。

このように積極的に市場調査をやっているメーカーさんもあります。どのメーカーさんがいらしても忌憚のない意見を言うようにしています。そうじゃないと意味ないし。
残念なのは本来は真っ先に直さないと行けないようなメーカーさんに限って聞きに来ないんだよね〜〜。良いものを作っているのに、ソフト的にダメって、残念すぎます。

Dancer in Blue

ここをお読みだというお話しは以前からされていて、このブログでもっと吠えて下さい!と帰り際に言われましたが、、そう言われても・・あまり書くと単なるクレーマーと思われるから。

すべてのメーカーさんにはコンタクトを頂ければなんでもお話しいたします。それで僕たちカメラマンが使うモノが良くなるのなら。僕が協力できることはそのくらいですから。

| | コメント (0)

再び白内障手術へ

1月ほど前から眼鏡を拭く回数が増えました。

スッキリ見えないので、眼鏡を拭く、、、メガネが曇っているかと思ってする行為ですね。実はこれ、白内障の前段階です。見えにくいという意識があって、メガネをキレイにする、、けど、それほど改善されない。それを繰り返して、実は自分の目が曇っていることに気がつく。

去年、右目の白内障手術をして、自分では白内障についてはかなり詳しいと自負していました。

けど、今回残りの左目が白内障になりました。

医師からは去年の右目の手術の時に、遅かれ速かれ左も白内障が進行すると言われていましたから、それほどの驚きはないのですが、利き目ではない方の目が白内障になると、発見がかなり遅くなるな〜と自分でも本当に驚きました。気がついたときにはかなり進行しています。これが利き目の方なら不具合に気がつくのがもっと速いのです。

今日、再び井上眼科に行って、診察を受け、手術することになりました。

まあ、二度目なので、前回ほどの不安はありません。前回は、不安で不安で、、今は淡々と説明を聞いて、日程を決めて、速く自由な身体になりたいという思いだけです。

経験上、この手術をするまでの一月間が最も嫌な時期なのです。白内障は進んでくるし、仕事はしないとならないし、、、特に車の運転に支障が出てくるのが進行が進んだこの時なのです。僕はまだ通勤がクルマではなく電車で通勤できるし、都内の運転ばかりなので対向車のヘッドライトに幻惑されると言うことも少ないからまだ良いと思います。ちょっと地方行くと、真っ暗闇ですからね。ホント怖い。

来月早々には手術になって、順調にいけばゴールデンウィーク開けくらいには再びコンタクトレンズを付けられるようになります。不自由なのは後1,2ヶ月。何事もないことを祈ります。
IMG_5046.jpg

| | コメント (0)

2015.03.15

久しぶりの終日撮影



先週末、久しぶりの朝から夕方までビッシリの撮影でした。

使ったのはマミヤリーフ。モデル撮影では、かなり快適です。トラブルが無ければ。。

この日はなぜかC1Proが落ちまくり。連写すると落ちてしまう症状でした。

翌週月曜日もモデル撮影でしたが、使ったカメラはキヤノン6D。やはり連写すると落ちてしまう症状でした。

カメラ側の問題ではなくて、アプリケーションかPC側ということいなりますね。

経験則ですが、C1Proは同じOSで長期間使っていると、不安定になるような気がします。

撮影ではMacBookProを使っているのですが、時期を見て初期化しようと思います。いろいろやるより、初期化してしまう方が確実に安定しますから。

| | コメント (0)

2015.03.12

iPhone 6 plus のケース

iPhone 6 plus のケースを変えました。

6に換えてから使っていたのはここにも書いています。

第14回:IQ2シリーズのWi-Fi機能

これは最高に便利でした。ただ、シリコン製なのでポケットなどにいれると引っかかる。それが気になって、、、更に引っかかるだけなら良いんですが、引っかかって、カバーだけ剥けてしまうこともあって、ちょっと怖くて。

で、何かイイのないか?と思っていたのですが、なかなかなくて、、、まあ、暫定的に安いのを付けておくかな〜と思ったのがこれ。



僕が買ったときも980円でしたが、なんか期間限定みたいな価格らしいです。


Img_7904

Img_7905

1000円という価格なら文句も無し。

Img_7906

スイカ対応ではないですが、カバーの中に入れて使っています。
スイカとiPhoneの間に電波遮断のシールを貼っていますから、これで改札で引っかかったことありません。非常に快適。
ストラップは余っていたストラップを適当に付けて解決。

今のところ、まあ気に入ってます。

本来はレザーか、フェイクレザーのスイカ対応カバーにしたいのですが、そういうのがなくて。

これも暫定的かな〜。iPhone5の時も3,4個くらいカバーは換えていましたから。

| | コメント (0)

2015.03.11

3月11日を迎える。

DSC_0872.jpg
この写真は4年前の3月16日の撮影。

4年ですね。もう。

3月11日の写真があるかと思って探したのですが、有りませんでした。その前日の10日のはありましたが、11日よりも後というとこの16日が直近でした。
11日のその日はスタジオで撮影でした。その翌日土曜日も撮影、その翌々日の日曜日も撮影、月曜日はロケでした。忙しい日々を送っていた4年前でした。
もちろん、仕事での写真はあります、この写真はプライベートの写真、
あまりの出来事になすすべもなく、気が動転していて、プライベートの写真どころではなかったのでしょう。ようやく写真を撮る気になったのが16日だった・・・

風化させない、とか多くの人が言いますが、忘れてしまう方がいいのかも。。。そう思うときも多いです。そりゃあ未だに避難生活を送っている人も多いと言うことも知っていますが、それ以上に、日常を取り戻しつつある人も多く居ます。
以前、福島に行ったとこのことをここに書きましたが、忘れてしまい、他の地域と同じように福島のことを思える、そうなるのが一番良いと、今でもそう思っています。

FBなどでは今でも裏付けのない放射能汚染の話をシェアしまくる人たちは多いです。気持ちは分からないではないですが、それがウソでもなんの責任も感じないというのは、あまりにひどすぎます。

友達という間柄ですが、そういう人はフォローを外して、僕のFBからは見えないようにしています。

だって、そういう人って、一事が万事、すべてそうなんですよね。自分がさも知っているかのごとく聞きかじった情報をまき散らす。たちが悪いです。それが間違っていても自分には責任がないと思っている。

くだらないことを書いてしまいました。こういう話はここでは書かないように・・・

前を向いて生きていきたい。

|

2015.03.10

中判デジタルのすすめ「第15回:PHASE ONE IQ2シリーズの長時間露光について」

中判デジタルのすすめ「第15回:PHASE ONE IQ2シリーズの長時間露光について」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

残念ながらこの連載は今回で終了です。長い間、ご愛読頂きありがとうございました。

中判デジタルの情報はかなり少ないので、また何かの機会に書くことが出来れば良いのですが、、、
_MG_0070.jpg

| | コメント (0)

2015.03.09

懐かしの原宿

150309_0265
朝から原宿で撮影。

久しぶりでした、原宿に来たのは。

この写真、今の浜松町に事務所を持つ前に僕の居たマンションです。会社を辞めて1年後、このマンションに事務所を構えました。懐かしい、、、撮影現場はこの近くだったので、思わず懐かしくて写真を撮ってしまいました。

原宿に事務所を構えたのは僕が好きな街だったから、、、ナ〜ンテことありません。僕よりも先にフリーになっていた女房が事務所にしていたのが原宿のマンションだったからです。
会社を辞めることになった僕がそこに転がり込んだという感じ。フリーに成り立ての数ヶ月、4畳半一間のそのマンションで撮影していました。物撮りをするとまるでジャングルジムのよう、、、ストロボを焚くとエアコン掛けているような夏場はブレーカーが落ちてしまい、エアコン無しで撮影していました。暑かったので短パン一枚で汗だくで、、、、

とてもじゃないけど、こんな環境では良い写真は撮れないと思って、自分で安いところを探してきたのがこのマンションでした。

結局そこに5年以上、居たかな。

まだ裏原と言う言葉もなかった、そんな時代です。

原宿は面白い。今日行ってもそう思いました。

フィルム現像を表参道のクリエイトに出しに歩いて行くのですが、表参道を歩いている人たちがいつも刺激的で。浜松町に移って、最初に感じたのは街から受ける刺激ですね。原宿ほど歩いているだけでも楽しい場所は地球上でもそうはないでしょう。

家賃が高いので、カメラマンの事務所として維持していくのは大変ですが。

この周りもだいぶ変わってしまいました。でも、路地裏の感じとか、ホント懐かしかった。

写真は久しぶりに使ったシグマの12-24mm。それの12ミリ側です。

新しい、キヤノンの広角ズームが欲しいところですが、この辺りの焦点距離で大きく使う仕事がないので、取りあえずはこのシグマで良いかな〜。画角内に光源が入るとつらいんで、使い方が難しいですけど。

| | コメント (0)

2015.03.08

G-RAID その後

G-RAIDですが、毎日データのコピーをして、ようやく実用になる感じです。

EEDV8711
この写真は2005年の撮影。

懐かしい。

Lightroom5で管理している写真が膨大で、しかも、プライベートと仕事を途中まで一緒にしていて、更に更に、それを数年前にやっぱり分けようとやり出したのが途中の状況で今に至る、という感じで、自分でも何がなにやら、、、仕事のヒマなときにデータの移行をやっていて、仕事が忙しくなるとそのまま放置、そして忘れてしまう、、、と言うことを繰り返してました。

それでもなんとかここ数年のは分けて管理してるので、また時間が出来たときに昔の写真を仕分けする予定。

G-RAIDですが、速くて快適です。

やっぱりすべてのデータをこれに移したかいはありました。今までUSB3.0の単独HDDをいくつか繋いでやっていましたが、それとは異次元。圧倒的に速くて、Lightroom5もCaptureOneも、快適そのものです。新しいMac Proの本来のスピードがようやく生かせた感じです。

取りあえずDROBOのデータもほとんどすべてG-RAIDに移してしまったので、後はここから日常的にはいらないデータを外付けHDDに移し替えて、そのHDDを外して保管する予定です。

Lightroom5ではスマートプレビューを使えば、外したHDDのデータも当座の使用には問題ありませんから。過去の仕事のデータはすべてそうやってスマートプレビューを作って保管しています。

それと、日々の撮影データもコピーが早く済むことも大きい。

昨日は久しぶりにLeafで終日モデル撮影でしたが、1日の全データ量が75GB。バックタイプでモデル撮りするとこのくらいは行っちゃいますね。これでも僕のLeafは2500万画素のモデルでデータ量は小さいのですが。
事務所に戻ってから、データをバックアップした外付けHDD(Thunderboltの2.5インチ)からデータコピーするわけですが、これも速くて楽。今までのMac Proだったらそのコピーだけでも相当時間取られていたし。まあ、その間にご飯食べるとかね、そうやってた時間が今はありません。

まだまだいろいろありますけど、だんだん環境を自分のスタイルにしていきます。

|

2015.03.06

CaptureOne徹底使いこなし術 第57回「より強化された部分調整ツール」

CaptureOne徹底使いこなし術 第57回「より強化された部分調整ツール」が公開されました。
Dsc00695


お読み頂ければうれしいです。

上の写真は関係なし。

外付けハードディスクにiPhotoのライブラリを移しているときに見つけた適当な写真。

iPhotoとかiTunesとかのライブラリがかなり大きくて、iPhotoだけで53GBも有ったことに驚く。LRメインになってからはiPhotoはそんなに使っている印象がなかっただけに。

ただ、iPhoneで撮った写真はすべてiPhotoに入れているし。

iPhoneユーザーのウィンドウズマシンの人には分かりにくいと思うけど、iPhoneはMacと一緒に使ってナンボの機械。それも、音楽はiTunes、写真はiPhotoにやらせるのが一番良い。

誰かが言ってたけど、アップルの商品はすべてAppleで揃えてこそAppleのコンセプトが理解できて、そして使い勝手が最高になると。iPhoneが出てからもそれは変わっていないと思う。

今は最後の難関、LRに蓄積している写真をすべてG-RAIDに移す作業。14時間かかるらしい・・・
150118_0140-2.jpg

CaptureOne |

2015.03.05

Amazon にて Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版

Amazon にて Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版が予約受付していましたが、今日、再度見てみると削除されてますね。

フライングにAdobeから削除要請?ってとこでしょうか。

こちらにリンクがあったときの内容が書かれています。

3月20にLR6が出るようですが、今回は過去のバージョンと違って異例です。

なんと言ってもベータ版が出ない。いえ、今のところ出ていないというのが正しいかも。

いつも新しいバージョンが出るときはAdobeLABにベータ版が登録されていました。これはバージョン1の前からそうでした。ベータで出さないのはLR6が初めてのことになります。

なぜか?

僕も内情は知りません。あくまで推測ですが。。。

LR5までと6の違いは何か?そこにポイントが在ると読んでいます。

つまりLR5からクリエイティブクラウドにLRは組み込まれたことが理由だと推測しています。

クラウドと繋いでいる以上、ベータ版を出しにくい。なぜならAdobeIDで紐付けされていますから。そこに期間限定のLRを入れ込むのはシステム上難しいのではないか?しかも、LR5からクラウドでシンクロさせるLightroom mobileが入っています。今回の新しいバージョンはそれを更に充実させてくるはずですから、クラウド無しでのLRは考えにくいアプリケーションになっていると想像しています。

だから期間限定バージョンをここで作ると余計なリスクを背負い込むことになる。というのがAdobeの判断なのではないか?

だから、AdobeからはLR6がいきなり出てくる。

ただ、現在のフォトグラファーズプランの人がそのままLR6に同じ金額のまま使えるのかどうか?それは分かりません。

想像としては2つ。

Aプラン:月額そのままでLR6もPhotoshopも使える
Bプラン:LR6にバージョンアップしたい人はプラス数百円のバージョンアッププランを提供する。

このどちらかでしょうね。
Aプランで行ってくれるとうれしいのですが。



サブスクリプションに移行してもう1年以上になりますが、最近では誰もそれに対しての批判をする人が見受けられなくなりました。やはり慣れるんですね。批判してもどうにもならないと言うこともありますけど。
もちろん良い面もあって、常に最新のバージョンのPhotoshopが使えるのはありがたいことですから。

| | コメント (0)

G-Tech G-RAID Studio

いろいろ悩んだ末、G-TechのG-RAID Studioを買いました。
10986455_10205850700247390_63654251
円筒形Mac Proに入れ替える前から分かっていたことですが、外付けハードディスクのお金が掛かる。。。

安く、USB3.0のHDDにするつもりでしたが、高いMac Proに買い替えているのに、HDDでケチってどうする??と自問自答。
どれだけ外付けの種類によって違うのか?なんの仕事をやらせたときに違うのか?自分なりにテストしていましたが、USB3.0で1HDDを単独で使っている状態ではやっぱり遅い。USB3.0はそこそこ速いのですが、円盤を回しているHDDでは所詮スピードが上がらない。かといってSSDにすると容量がまったく足りない。

で、HDDをRAIDで使う外付けドライブという選択肢になりました。

USB3.0でも良いんですが、やっぱりそこはMac Proなんですから、Thunderbolt接続でしょ?

ってことでThunderbolt接続のHDDを2機使ったストライピングの外付けハードディスクを買うことにしました。最初はWDの4TBにしようかと思っていたのですが、8TBの値段を見ていたら、何となくその気になって、、、8TBあれば当座の仕事分とプライベートの写真、音楽データなど、ほとんどが入ります。

心配なのはRAID0。当然、トラブルの確立は倍になるわけで、速くてもトラブルが怖いんじゃ意味がない。リスクマネジメントでバックアップを取るわけですが、今使っているDROBOが8TB以上の容量があるので、新しく買うRAIDを丸ごとバックアップが取れます。これを毎日定時、それと、仕事のフォルダだけ1時間ごとの自動バックアップを設定しておけば、万が一RAID0が飛んだとしてもほとんど問題ないでしょう。

ということで、8TBのRAID0、Thunderbolt接続のHDDという選択肢になりました。

FBのお友達の中でG-Techのアンバサダーになっていらっしゃる斎賀先生にメールで相談したら、「値段差が少なければ黒い方を」というアドバイスをいただき、その足でヨドバシカメラに行って買って来ました。斎賀先生、ありがとうございました。

先ほど繋いでスピード計測してみました。
1_2
いまデータ移行前使っていたUSB3.0の外付けハードディスクからデータを移行しています。コピーの時間もまあまあ早い感じ。と言っても8時間くらいかかるみたいですが。

お金は掛かりましたが、まあこれでしばらく悩まなくなると思えば、、、

その時間で稼いでいくのがプロですし。

| | コメント (0)

象印マホービンの『圧力IHなべ“煮込み自慢”』All Aboutタイアップ

1
先月の撮影です。

この商品、かなりオススメ。撮影していて欲しくなっちゃいました。煮込みがホントに楽に簡単にできます。誰でもね。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »