« パリの空気は悪い | トップページ | ソニーα7-Ⅱ かなりです。 »

2015.01.16

パリで年越し シャンゼリゼ通り

IMG_4999.jpg
今回の旅行のメインイベントはズバリ!

「パリでの年越し」でした。

まあ、文字だけでも憧れますよね。笑

パリに行きたいと言い出したのは女房ですが、年末出発、年明け6日に帰る日程だと、絶対に年越しを旅行中に迎えるわけで、それなら年越しはパリで!と思い立ちました。
2年前にアンコールワットに行ったときもこの時期でしたが、カンボジアはキリスト教の国ではないので、それほど大げさに祝うこともありませんでした。
今回はパリなので、有名なシャンゼリゼ大通りでの年越しがどんななのか?すごく楽しみでした。
もちろん、写真を撮る気です。

日本出発は30日。仕事終わってからですから、ここまで押し迫りました。パリ到着は同日30日の夜。

ホテルはシャンゼリゼ大通りから近いことと、空港からのアクセスが良いことでオペラ座の付近にしました。
大晦日をシャンゼリゼで過ごすことを考えると、出来ればその付近のホテルが良い。でも高いですからね。ほどほどという妥協点がここでした。
31日、朝からパリ市内をうろつきます。地下鉄移動で簡単にあちこち行けるのがパリの良いところ。

事前に凱旋門とシャンゼリゼ大通りに行って、ロケハンしてきました。

通りが人で一杯になると言うくらいしか事前情報がないし。
ロケハンはコンコルド広場から歩いてシャンゼリゼ大通りへ行きましたが、まあ、どのくらい人が来るかも分からないし、、、ということで終了。
Img_4949

夕方にはホテルに戻って一休みします。ベッドに横になって仮眠を取って、気がつくと夜の10時過ぎ。そろそろ行くかと言うことで、コンコルド広場へ移動します。

機材はCanon 6Dとレンズ、70-300mm、40mmパンケーキ、16-35mmの3本。三脚はジッツォです。

最初に向かったのはコンコルド広場からすぐの交差点でしたが、すでにカメラマンが数人、三脚を立てて僕が入る隙間はありませんでした。
出遅れたか!・・とかなり焦りました。

そこから1ブロックほど凱旋門の方向に行き、道路の真ん中に三脚を立てました。
IMG_4991.jpg

周りはこんな感じ。

みなさん、12時を待っています。カップルは抱き合ってる。

僕たちの後はこんな感じ。
IMG_4986.jpg

さて、シャンゼリゼ大通りはすべてホコ天になります。コンコルド広場から凱旋門まで全部がホコ天で、凱旋門に近づくほど人が多くなります。僕は三脚を立てる目的だったので、ある程度人が少ないところと言う目論見でしたから、コンコルド広場に近いポイントになりました。

セットして、しばらくすると始まりました。年越しのイベント。
IMG_4996.jpg

この写真のすごいところは拡大してみないと分かりません。

拡大がこちら。

IMG_4996-2.jpg

この白い点すべてスマホです。

ここ数年、スマホの普及と、それで撮った写真をSNSに載せることが流行しているので、ほとんどの人がスマホで写真を撮っています。香港の学生運動での道路占拠でもそうでしたね。
IMG_4999.jpg
どういう流れになるか?まったく分からなかったので、最初は300ミリの最望遠で撮っていました。突然花火が上がったので、ズームで引きます。

右下の方に白のニットキャップをかぶった外人が写っていますが、この人が背が高い。しかも僕のレンズ前に立ってしまい、凱旋門に掛かってしまうようになりました。と言うことで、急遽、横に移動したのがこのカットです。

IMG_5008
年越しのイベントが最高潮のところで、その外人カップルがキス。僕は狙っていませんでしたし、しかも、その場ではキスしていたことも知りませんでした。で、日本に戻って画像を確認していたら、キスしているし。でこの写真が撮れました。

年越しの瞬間は、、、よく分からずに過ぎていました。ウワサでは隣の知らない人ともキスをするとか、きいていたので楽しみにしていたのですが、、、笑
女房とはしましたけどね。

IMG_5027.jpg
花火は終わり、ライトがこんな感じに動いていましたが、日本の年越しよりも山がない感じでした。僕が居た場所が凱旋門から遠かったので、そうだったのかもしれません。

中心は凱旋門です。
もし、パリに年越しに行こうと言うことなら、凱旋門に近づくほどカオスの状態になります。

IMG_5024.jpg
あちこちでラッパ飲み状態。

ちなみにですが、お店は一切開いてません。途中でコンビニ寄って、、な〜んていう日本の発想だと、飲まず食わずになります。ラッパ飲みしている人たちはすべて持参です。

さて、年越しが終わると、皆さん一斉に帰って行きます。

だいたいは地下鉄に乗るのですが、駅には入れないくらいの大混雑になります。

これは予想していたので、ホテルまで歩いて帰ることにしました。

途中で、道に迷っている風のアジア系の女の子が居たので、声を掛けてみましたが、日本の女の子でした。たった一人でホテルまで歩いて帰るそうで、、、、

夜中の2時過ぎです。

話を聞いたら地下鉄で帰るつもりだったのに、地下鉄が1時過ぎに終了になって、歩くしか方法がなかったと。
夜中の2時過ぎに女の子が一人でうろうろするのは危ないから、大丈夫なの?って言ったのですが、その子はもうあと2駅くらいなので大丈夫ですと言って、別れました。

てっきり地下鉄は24時間やっていると思ったんですけどね〜

パリは安心ですと言うつもりはないですが、そこまで危ないという感じはしませんでした。

パリでの年越し、憧れてました。もうそれほど経験することもないとは思いますが、良い思い出になりました。

|

« パリの空気は悪い | トップページ | ソニーα7-Ⅱ かなりです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリの空気は悪い | トップページ | ソニーα7-Ⅱ かなりです。 »