« 中判デジタルのすすめ「第14回:IQ2シリーズのWi-Fi機能」 | トップページ | 500PXでもParis »

2015.01.08

あけましておめでとうございます。2015

あけましておめでとうございます。
本年もこちらのブログをよろしくお願いいたします。

年末年始はパリに旅行してました。ヨドバシの撮影がなくなったので、久しぶりにこの時期に休みが取れることになったからです。女房と一緒に休めるのはこの時期だけなんですよね。もうヨドバシの撮影はこの先もやらないので、しばらくは普通の人と同様にお正月が過ごせそうです。

パリへは2度目です。以前は仕事で行ったのですが、仕事なのでほとんど観光地など見ることもなく、、、フリーの時間が数時間あったので、街中を歩き回った記憶があります。

今回は女房がぜひにも行きたいと言うことで、行くことになりました。しかもパリの市内のみで7日間。普通フランスに行くとなると、この数年流行りのモン・サン・ミシェルへ行くのが日本人なのですが、、、僕も、行ってみたかったので女房に打診したら、「全然興味ない」と一喝。。全日程をパリにしたのです。
せっかくのパリなので、行きたいところに時間を掛けていくようにしました。ルーブル、オルセーの美術館、エッフェル塔、凱旋門、、、もう、パリ初心者ですね!

年越しは絶対に行ってみたかったシャンゼリゼへ。

IMG_5008
このためにシャンゼリゼに歩いて行ける距離の場所にホテルを確保しました。ものすごい混雑だと推測されたので、電車など、交通機関で移動できるかどうか?最悪、移動できないときでも歩いて帰れればそれで良いので。

夜の12時を待って、ホテルで待機。10時頃からそろそろ準備して、地下鉄で向かいました。場所はコンコルド広場です。事前に、31日の昼間には観光も兼ねてロケハンしておきましたから。

この写真を撮ったのはCanon 6D EF70-300で三脚を据えて撮りました。

撮影場所に到着したときにはすでに数人のカメラマンが三脚を据えてたので、これじゃダメだと思って、1ブロックくらい凱旋門方面に歩いて、場所取りをしました。

パリに行ったことのある人ならお分かりでしょうけど、シャンゼリゼ大通りはかなりデカい通りです。そこがホコ天になります。その中央線から撮るのがベストポジション。旅行なので、脚立は持っていけませんから、三脚を出来るだけ高く上げて、ライブビューで撮影しました。ファインダーをのぞけないので。
持っていった三脚はこれです。

いや〜、これを海外に持っていくのはなかなか大変。でも、Phase Oneデジタルバックで撮影するつもりだったので、これくらいが欲しい。軽くするためにセンターポールは外しました。

このリュックに付けて、パリのあちこちを持ち歩きました。

その日によってCanonのセットにしたり、Phase Oneデジタルバックのセットにしたりで、三脚もリュックに付けられるし、かなり便利でした。

行き帰りの飛行機では機内に持ち込むのはこのリュック。CanonとPhase Oneデジタルバックの2セットをこのリュックに入れて機内に持ち込みます。三脚はスーツケースの中へ。
仕事でもこのスタイルですが、今のところ、問題は起きていません。

パリでの話は順次上げていきます。

昨日、パリでの事件がありましたが、その現場近くも歩いていました。こんなことが起きてしまうとは、、、時期的にパリの話をするのもためらわれますが、再び魅力的なパリになってくれることを祈って、パリの写真を上げていきます。

|

« 中判デジタルのすすめ「第14回:IQ2シリーズのWi-Fi機能」 | トップページ | 500PXでもParis »

コメント

リュックの中にカメラやレンズを入れる時は何かに包んだりしますか?それともそのままですか?

投稿: ブログFAN | 2015.01.10 19:31

ブログFANさん、ありがとうございます。
リュックの中に入れるものに寄ります。短時間の撮影くらいだとカメラだけと言うこともあるので、その時は裸で入れています。他のものと擦れることがないから。
レンズを数本、または他の何かと一緒に入れるときは袋かカバーに入れてます。レンズポーチはこれもモンベルから出ているものですが、フリースのものを使っています。カメラはPhase Oneデジタルバックを買ったときに付いていたラップ状のものを使っています。

投稿: tats | 2015.01.13 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中判デジタルのすすめ「第14回:IQ2シリーズのWi-Fi機能」 | トップページ | 500PXでもParis »