« CaptureOne徹底使いこなし術 第54回「C1 バージョン8の新機能「フィルム粒子」 | トップページ | 東芝 Flashair SDHC 16GB »

2014.12.03

Eyefi Mobiカード

最近のロケで必ず使っているもの、Eyefi MobiというSDカードです。

これをカメラに入れて、新しく買ったiPad Air 2にJPEGデータを飛ばしています。

ちょうど同時期にキヤノン7Dmk2を入れたと言うこともあり、非常に便利なロケ環境になっています。

7Dmk2はSD,CFの2スロットなので重いRAWデータはCFカードにして、軽いJPEGをEyefi Mobiに振り分け記録が出来ます。SDメモリーカードの1スロットのカメラだと、RAW+JPWGをこのカードに記録させることになり、とてもじゃないですが、記録が遅くて使い物になりません。そう書くと、「俺は使っている」と言い出す人も出てくるので困りますが、、、撮るジャンルに寄りますね。使い物になるかどうかは。少なくとも、モデルを撮るときなど、書き込みが遅いので、撮っている途中で待ちになってしまいます。

アイファイカードはこのブログにも以前書いていましたが、使用歴はかなり古いです。最初はなんとか使っていましたが、あまりに不安定だったので、いつの間にか使わなくなりました。
当時使っていたカメラがキヤノン1D系だったので、2スロットあって、それもアイファイカードと相性がよかったと言うこともありました。今のメイン機は6Dですから、、、笑
そんな事もあって、サンディスクの一番早いカードを使っていたら、とてもじゃないですけど、比較にならないくらい遅いです。

だから、JPEG専用にして使うべきカードだと思っています。(プロの場合ですよ。)

今回、ラインナップが増えて、2980円から買えるって、かなりお得ですね。昔のアイファイカードで買ってみたけどダメだったという人も多いと思います。僕もさんざんいろいろやってきましたが、今回のEyefi Mobiは買ってみる価値はあると思います。

「デジタルカメラグランプリ」

141106202903.jpg

|

« CaptureOne徹底使いこなし術 第54回「C1 バージョン8の新機能「フィルム粒子」 | トップページ | 東芝 Flashair SDHC 16GB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CaptureOne徹底使いこなし術 第54回「C1 バージョン8の新機能「フィルム粒子」 | トップページ | 東芝 Flashair SDHC 16GB »