« 池田エイシュン写真展へ | トップページ | ヨセミテ 10.10にCaptureOne 8は注意! »

2014.10.17

キヤノンでのテザー撮影

1
このところ、スタジオでのテザー撮影で今まではCaptureOneを使っていたのですが、キヤノンに関してはライブビューのクォリティが低いので、キヤノン純正のアプリケーションを使うことが多くなっています。

キヤノンの方も新しいアプリケーションが出ていて、、EOSUtility2が今までのもので、新しいのはEOSUtility3になっています。この3が使いにくい、、、何度か使ってみようとしていたのですが、これとDPP4の連携が悪すぎる。DPP4もそれほど使い良いというわけでもなし、、

そんなことで、EOSUtility2とDPP3の組み合わせで使っています。それとProfotoStudioを立ち上げてストロボのコントロール。

テザー撮影するだけで3個のアプリケーションを起動しないとならないというのは、、、、何とも不便です。C1ならこれすべてC1だけで済むのに。

ライブビューについてはやっぱり純正が一歩も二歩も進んでいますし、安定した動作をします。残念ながらそれが事実。

撮影はこんな感じでやっていますが、撮影後はすぐにC1で。比較とか調整とかはC1がやっぱり最高ですね。

|

« 池田エイシュン写真展へ | トップページ | ヨセミテ 10.10にCaptureOne 8は注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 池田エイシュン写真展へ | トップページ | ヨセミテ 10.10にCaptureOne 8は注意! »