« EOS-M そろそろ最終段階か? | トップページ | ひまわりを撮りに富士山まで »

2014.08.13

カメラ用リュック モンベル フォトウォーカー

Img_42311,2ヶ月前になりますが、カメラ用リュックを買いました。
以前からリュックタイプのカメラバックを探していたのですが、気に入ったのがなくて、、、行き付けのモンベルショップで見たのがこれ。

まだ発売になったばかりで、このタイプしかなかったときに買いました。大型のタイプもあったのですが、そこまでのものが必要なのかどうか?自分でも分からなかったので。

プライベートでの撮影に使う予定です。中判のマミヤ、Phase Oneデジタルバックと、レンズ数本、三脚が付けられるもの、という基準でした。

モンベルはアウトドアメーカーとして有名ですが、リーズナブルな価格と、日本人に合っている機能、使い勝手で好きなブランドです。なんと言っても安くて品質が良い。

プライベートでの撮影で1,2回使った程度だったのですが、1週間ほど前に仕事でも使いました。写真はその時のものです。

初めてのクライアントで、ギャラが不透明、、、経費込みでのギャラだと思ったので、出来るだけ交通費を安く上げるために地下鉄で現地に行くため、このような機材の運び方になってしまいました。

トローリー(コロコロ)で行こうかと思いましたが、トローリー型のバッグは引っ張ること前提の作りなので、どうしても重い。引ける場所なら良いのですが、東京の地下鉄はやたら階段が多いのです。しかも、古い駅だとエレベーターもエスカレーターもないことが多い。
結局階段を持って歩かないとならなくて、、、それだったら最初からリュック型で担いでいた方が楽じゃないか?と思って、このバッグにロケ機材を入れて、とぼとぼ歩いて行きました。

結果的に言うと、このバッグでロケに行っても支障なし。カメラ1台、レンズ3本、クリップオンストロボ1台、傘、ボックスライト、スタンド1本、三脚、、予備機としてEOS-Mも入ってますが。

取材レベルの撮影なら十分かな。重いけど、現地までの移動はトローリー型よりも楽です。
弱点はかっこ悪いことか?

クルマで行くことがカッコイイとは思わないけど、普段、クルマでロケに行っているカメラマンには、このリュック型バッグでロケに行くことは、かなり抵抗があると思います。アウトドアの撮影なら気になりませんけどね。

最近、アマゾンのアフィリエイトのやり方が分かったので、試しに貼ってます。
ステマと揶揄する人も居るでしょうけど。。。
この程度でステマ呼ばわりもね〜器が小さすぎでしょ。

|

« EOS-M そろそろ最終段階か? | トップページ | ひまわりを撮りに富士山まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EOS-M そろそろ最終段階か? | トップページ | ひまわりを撮りに富士山まで »