« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014.08.22

IQ280 修理上がり

Img_4300修理に出していたIQ280が戻ってきました。

修理を出そうと思ったのは、色むらが取り切れないというものでした。これは購入当初から気になっていたもので、以前のP45+から比べると、グレー〜黒の商品撮影で、色かぶりがあって、どうしようもなく、彩度を落とすなどで仕事をしていました。仕事も忙しくなくない状況になったので、自分なりにテストをして、ヒマな今を狙って修理をすることにしました。

修理と行っても、デンマーク送りですからね。1〜2ヶ月、手元には無いことになります。まだ買ったばかりなので、DNPから代換えとしてIQ160を借りていました。

今日戻ってきて、結果を見ると、エラーは認められないと、、、

一応、キャリブレーションを再度行ってもらいましたが。

これで直っていないとすると、かなり困ったことになります。

さて、戻ってきたIQ280、テストしようと思ったら、英語表記に。
しかも、時間もデンマークの時間になっていて、、こんなところに外国製品だなぁと感じます。

取りあえず、来週の撮影で様子を見てみます。


| | コメント (0)

ひまわりを撮りに富士山まで

お盆明け、仕事は相変わらずヒマな状態です。
悩んでもしょうがないので、天気が良さそうだし、富士山まで行くことにしました。
花の都公園で富士山背景のひまわりがちょうど見頃という情報を得て、行ってみたくなりました。

CF001661.jpg

家を出たのは朝の3時。そこから中央道を走って現地には4時30分くらいか?ほとんどの行程を高速道路で走れるので非常に効率的です。

現着したときにはすでに畑の中に何本もの三脚が立っていました。僕もクルマを停めて、、と言っても、初めての場所だったので、どうしたら良いのかも分からず、2,3往復して道路に止めることにしました。路肩なので、路駐がはばかれるし。でも、走行していたら日が昇ってきてしまうので、結局は路駐。

現場はこんな感じです。
Img_4284

一番上の写真はちょうど朝日が富士山に当たったときのもの。この時間が最もきれいだったかな。この後、ひまわりにも日が当たってきます。上の写真を等倍で見て頂ければ分かりますが、ひまわりに付いた朝露がきれい。
Phase OneデジタルバックのIQ160で撮っています。レンズは35ミリ。F16まで絞っても花と富士山にはピントが来ません。中判デジタルはこういうところがやっかいなところです。風がなかったからピント合成も出来るかもしれませんが、屋外ではほとんど無理でしょう。

6時を過ぎた頃、パトカーが来て路駐している車を排除。まあ、当然ですよね。まだ駐車場が開いていない時間だと、路駐するしか方法は無い。でも、それでは地域住民の人にはとっても迷惑。ひまわりの周りの畑にはズカズカと入っていくカメラマンも数人。。。相変わらずマナーが悪い人が目について嫌になります。ケント・白石さんの気持ちがよく分かる。

この日はその後、白糸の滝を回って夕方に東京に戻りました。

| | コメント (0)

2014.08.13

カメラ用リュック モンベル フォトウォーカー

Img_42311,2ヶ月前になりますが、カメラ用リュックを買いました。
以前からリュックタイプのカメラバックを探していたのですが、気に入ったのがなくて、、、行き付けのモンベルショップで見たのがこれ。

まだ発売になったばかりで、このタイプしかなかったときに買いました。大型のタイプもあったのですが、そこまでのものが必要なのかどうか?自分でも分からなかったので。

プライベートでの撮影に使う予定です。中判のマミヤ、Phase Oneデジタルバックと、レンズ数本、三脚が付けられるもの、という基準でした。

モンベルはアウトドアメーカーとして有名ですが、リーズナブルな価格と、日本人に合っている機能、使い勝手で好きなブランドです。なんと言っても安くて品質が良い。

プライベートでの撮影で1,2回使った程度だったのですが、1週間ほど前に仕事でも使いました。写真はその時のものです。

初めてのクライアントで、ギャラが不透明、、、経費込みでのギャラだと思ったので、出来るだけ交通費を安く上げるために地下鉄で現地に行くため、このような機材の運び方になってしまいました。

トローリー(コロコロ)で行こうかと思いましたが、トローリー型のバッグは引っ張ること前提の作りなので、どうしても重い。引ける場所なら良いのですが、東京の地下鉄はやたら階段が多いのです。しかも、古い駅だとエレベーターもエスカレーターもないことが多い。
結局階段を持って歩かないとならなくて、、、それだったら最初からリュック型で担いでいた方が楽じゃないか?と思って、このバッグにロケ機材を入れて、とぼとぼ歩いて行きました。

結果的に言うと、このバッグでロケに行っても支障なし。カメラ1台、レンズ3本、クリップオンストロボ1台、傘、ボックスライト、スタンド1本、三脚、、予備機としてEOS-Mも入ってますが。

取材レベルの撮影なら十分かな。重いけど、現地までの移動はトローリー型よりも楽です。
弱点はかっこ悪いことか?

クルマで行くことがカッコイイとは思わないけど、普段、クルマでロケに行っているカメラマンには、このリュック型バッグでロケに行くことは、かなり抵抗があると思います。アウトドアの撮影なら気になりませんけどね。

最近、アマゾンのアフィリエイトのやり方が分かったので、試しに貼ってます。
ステマと揶揄する人も居るでしょうけど。。。
この程度でステマ呼ばわりもね〜器が小さすぎでしょ。

| | コメント (0)

EOS-M そろそろ最終段階か?

昨晩、川崎まで映画を見に行きました。
トランスフォーマーなんですが、IMAX3Dで観たかったので。家から最も近いのが川崎の109シネマズなんですよね。
で、早めに着いたので、ラゾーナにあるビックカメラをぶらぶら。
そこで特売として出ていたのがEOS-Mダブルレンズキットでした。なんと4万円。ポイントが付くでしょうから、実質36000円と言うこと??
このキット、レンズ2本にストロボ、マウントアダプターまで付いているキットです。僕が買ったときよりも更に安くなっていますね。
そして、今朝ですが、、、アマゾンから格安のミラーレス一眼特集というチラシメールが入っていました。その中にもEOS-Mが。

もう、ぼちぼち在庫分の最終処分段階じゃないでしょうか?

欲しい人は早めに買った方が良いと思います。この金額ではボディはタダみたいなものですから。すべてばらして、バラ売りしても儲かるんじゃないかと思うくらい。思わず僕も買おうかと思ったくらい。3台目はさすがに買いませんが。
今買えば明日からのお盆休みに間に合うかも??w

| | コメント (0)

2014.08.09

Eyefi Mobiカード

Img_4228もう1週間も前ですが、、、Eyefi Mobiカードを買ってみました。

今週の外ロケで使ってみましたが。

使い勝手や転送はまあまあ。

取りあえずのだめ出しは、メモリーカードとしての性能が低すぎること。
クラス10規格だけど、今時のプロカメラマンでこのクラスを使っている人は少ないんじゃないだろうか?もっと早い書き込みスピードのものはいくらでもあるし、しかも、値段は安い。

このEyefi Mobiカードでモデル撮りなんかしたら、あっと言う間にバッファを使い切ります。そしてモデルに「ゴメン、ちょっと待って」と言い訳して、シャッターチャンスを逃します。

もっと早い書き込みスピードのEyefi Mobiカードが出たら、、、残念ですが、今のところはプロカメラマンが使うにはどうかな?というところ。

ただ、それほどシャッターを押さない人には良いですよ。僕も仕事で使わないEOS-Mには入れっぱなしです。
_MG_0671.jpg

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »