« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.30

上野 不忍池で蓮をPhase One IQ160で撮る

_mg_5664月曜日の早朝、上野の不忍池まで蓮を撮りに行ってきました。

蓮を撮るのは初めて。ほぼですけど。

ここまで朝早起きして、気合いを入れていったのは初めてでした。なんたって朝3時30分起きで、現地には4時に着いていましたから。

その前の週、事前に下見に行ってきてました。早朝で暗い中、蓮を求めてうろうろしていたのではタイミングを逃すと思って。

上の写真は一段落したときのもの。

わざわざ月曜日を選んだのは、人(カメラマン)が少ないだろうなと思って。案の定、4時の時点では僕一人。電車が動き出した頃からぼちぼち人が出てきましたが、それよりも、ジョギング、散歩をする人が多くて、参りました。

というのは、撮影スポットだった場所が池に浮かんでいる桟橋状のデッキだったので。そこに三脚を据えていたので、人が通る度に上下動します。

140728_0001

IQ160を使っているのは、、、実は自分のIQ280が修理で、デンマーク送りになっていて、その代わりにお借りしているものです。

いつも使っている8000万画素の280ではないので、結構楽。ただ、普通に使う分にはコレで十分だろうなと思いました。6000万画素もあれば、それ以上はいらないでしょう。等倍でこういう絵が撮れます。こういうのを見ちゃうと、35ミリサイズでの撮影に戻れない。。。
ただ、D800などで、ズームを使って、最初からこのくらいまでクローズアップで撮れば良いんです。
バックタイプの高画素機のメリットって?なに?という感じです。
引いた絵から拡大してもここまで撮れているというのはスゴいことですが、一般的な写真愛好家にはピンと来ないかもしれません。
やはり、プロ向きなんだろうな。

ちなみにこの写真の100%データはこちらです。
CF000810.jpg

|

Pen+(ペン・プラス) 1冊まるごと アドビのすべて。

Img_56662014/07/29に発売になったPen+(ペン・プラス) 1冊まるごと アドビのすべて。 (HC-ムック)に取り上げていただきました。

内容的にはLightroomに関してです。


Img_5667


| | コメント (0)

ありがとうございました。Try out Phase One/ MamiyaLeaf in スタジオD21

先週の土曜日はTry out Phase One/ MamiyaLeaf in スタジオD21でした。
いらしていただいた方、ありがとうございました。

不手際がありましたが、無線ものはいつものことながら繋がらないとまったく話にならなくて、、、ダメな時用にいろいろ手立てはしたつもりでしたが。

これに懲りずにまた機会がありましたらいらして下さい。

CF005468.jpg

| | コメント (0)

2014.07.24

CaptureOne徹底使いこなし術50「ポートレート のフィニッシュワーク 木陰編」

CaptureOne徹底使いこなし術 第50回は「ポートレート のフィニッシュワーク 木陰編」です。

お読み頂ければうれしいです。

今週末の26日土曜日に中判デジタル、CaptureOneのセミナーをやります。

セミナーの方はそうそうに定員に達してしまい、すでに締め切っていますが、イベント自体はいらっしゃれます。プロカメラマン対象ではありますが、アマチュアカメラマンの方も参加できます。無料ですので、お時間のある方は見にいらして下さい。

セミナーの方は当日来ない人が必ずいますので、待っていれば入れる可能性も有ります。運がよければですが。そのあたりは保障しません。

IMG_7285.jpg

| | コメント (0)

Adobe Museでホームページ作成  2014/07/24

相変わらずヒマな毎日です。かなりやばい感じ。

ま、暗い話は置いておいて。

時間が有るので、Adobe MUSEでいろいろテストしています。取りあえず女房の方だけ暫定的にWEBサイトを作ってみました。

スタイリスト湯浅悦子のWEBサイト

何もない状態からここまで2,3時間で出来ました。

慣れればこのくらいはすぐに出来ます。

暫定版を公開できるようになっています。Adobeのbusinesscatalystというソリューションですが、Museからダイレクトにここに公開できます。Adobeクリエイティブクラウドメンバーであり続ければ、そのまま自分のWEBサイトにしてしまうことも、可能かもしれません。

ちなみに上記サイトは暫定版なので、いつかは削除します。

webをリニューアルすると言うことで、いろいろな写真家、撮影スタジオのwebを見ていますが、おおよそこのレイアウトが多いようで、それを真似してみました。全体の統一感があるし、最近のwebという感じですね。

僕たちの世代だと、自分のwebを作ることが初めて出来た世代です。同時代のカメラマンでも、多くの人が作りました。しかも、自分で。当時は素人用のweb制作アプリが結構あったので、それを使った人も多かった。僕もその当時に作りました。

その後、blogが流行り、日記的なものはブログに移行、その役目は今はSNSに移ったという感じでしょう。

と言う時代の変遷があったので、最初に作ったwebはもう何年も放置されたままという人が多いのでは無いでしょうか?

僕はwebに詳しいわけでは無いので、偉そうに言えませんが、今やwebは最先端のメディアです。常に新しい表現、仕組みを取り入れています。だから、数年前に作ったWEBサイトは今見ると陳腐化も甚だしい。放置されているから、内容も陳腐化していますから、余計に。

webで仕事が来る、とは思いませんが、やるべきことはやっておかないと。

素人でもなんとかそこそこ見栄えのいいものが、時間を掛けず、しかも簡単に、勉強もせずにできれば、、そのあたりをちょっと模索しています。
_MG_3890.jpg

| | コメント (0)

2014.07.18

AdobeLabでAdobe Photoshop Camera Raw 8.6 RC

AdobeLabでAdobe Photoshop Camera Raw 8.6 RCが出ています。

ちょうど発売になったばかりのニコンD810のRAWに対応してます。

13
D810のRAWを表示させてみると、ちゃんとフラットのカメラプロファイルもあります。

ただ、他のニコン機のRAWを表示させても、このフラットとモノクロームは表示に出てきません。

フラットはかなり画像素材を想定したような、文字通り、フラットな仕上がりになります。

ニコン純正ソフトのNX-Dと同等なのか?見ていませんが、処理の幅が広がるのはいいことです。

残念なのはLightroomの対応バージョンは現時点で出ていません。Photoshop版のみです。

直近のCameraRAWでも、Photoshop版とLR版で機能差を付けられていますが、今後、この機能差を普通のものとして、Photoshop版ではフル機能、LR版ではそのライトな機能という歩みになるのかもしれません。憶測ですが。
_MG_5302.jpg

| | コメント (0)

2014.07.16

Adobe Museでホームページ作成 2014/07/16

撮影がない日が続いているので、今まで忙しくて出来なかったことをポツポツとやっています。

自分のと言うか、会社のホームページがほったらかしだったので、そのリニューアルを考えています。もう何年もの間、放置でした。
AdobeのMuseというアプリケーションがあり、それで作ってみたらどうか?と考えています。

このアプリ、実はふとしたことからかなり以前より触れていました。まだ日本語版になる前から。。アメリカではベータ版でのテストがあって、それをいじっていました。

期待は相当高く、ウェブの素人でも高度でカッコイイサイトが簡単に作れるという触れ込みでした。

まあ、ベータ版の時から、使い方にクセがあって、挫折したのですが。

Adobe クリエイティブクラウドになって、このMuseも追加料金なしで使えます。使わなきゃ損、とばかりに、この数日、四苦八苦しながら使っています。

自分のサイトをリニューアルと言っても、今あるものをすべて捨てて、とは行かないところが難しいところです。一部を活かして、さらに付け足すとか、、、そんな古い旅館の建て増しみたいなことをやっていると、どうにもならないのは、分かっているのですが、、、古いのが捨てられない。

とりあえず、一部だけテストで作ってみたサイトです。

Private Models

ま、素人丸出しですみませんって感じです。
_MG_5443.jpg
道のりは長い。。。当座、かなりヒマなので、その時間は有るのが、悲しいところ。。。

| | コメント (0)

2014.07.10

白内障の手術から2ヶ月

Img_3867白内障の手術から2ヶ月経ちました。

経過は順調で、2週間前にコンタクトレンズを入れられるようになりました。
2ヶ月ぶりです。

写真はその間に作ったメガネ。これ以外に家と車用があるので、全部で4個作りました。

コンタクトレンズにしたのは、乱視の矯正力があるので。メガネでもいいのですが、乱視を矯正すると、ものの大きさが左右で違って見えて、かなり疲れるんです。コンタクトレンズだと左右の見え方の差は気にならなくなります。

カメラのファインダーを見るのもすごく楽になりました。

ファインダーを覗くのは去年から左目にしていましたが、コンタクトにしてから、元通りの右目で見えるようになりました。

左目の黄斑変性も5月くらいに再度、変性部が大きくなった感じがあったのですが、その後、気にならないくらい小さくなって、今はほとんど分からないくらいのレベルにまでなりました。
サプリメントも最近は飲んでいないし、何がいい影響なのか?たぶん、仕事がヒマなせいでしょうね。忙しいとやっぱり変性部が大きくなるような気がします。

このまま、なんとか一生を終えるくらいまで行ってくれれば。

あとは左目の白内障の進行もゆっくり行ってくれれば。

_MG_5301.jpg
もう神頼みです。

| | コメント (0)

浅草 ほおずき市へ

_MG_5379.jpg
雨の中、浅草、浅草寺まで行って参りました。
ほおずき市だったのです。

台風の影響で雨だとは分かっていたのですが、例年、かなり忙しかったこともあって、行きたくても行けないで何年も経ってしまいました。今年はかなりヒマで、、雨だろうが行くべきかなと思って。

初めて行ってみました。

傘を差しながら写真を撮るのはかなり厳しい。
それ以上に、この雨の中、ほおずきを売っている人はもっと大変です。

雨のせいでただでさえ人が少ない中、2日間でそれなりに売らないとなりません。人件費だって掛かっていますし。
僕のように写真を撮りに行った人はかなり多くて、雨の中、絵になるところを探してました。この写真は、数あるお店の中でも最も絵になる場所だと思います。
そのせいか、カメラマンが多い、、、多いときは、お客よりも多いんじゃないか?とおもうくらい、あちこちから狙われてました。
本来なら、写真なんか撮らないで、商品を買ってあげるべきなんでしょうね。お金も落とさず、写真だけ撮ってくる姿勢に、最近はかなりブルーになってしまいます。

他人のことは言えなくて、僕もその一人なのですが。

カメラを持って行ってると、余計な荷物を持てないんですよね。ほおずきなど買ってしまったら、もうその日はそこで終わりですから。だから買わずに写真を撮る。。。お店の人はそれはいい気持ちはしないでしょう。撮るだけ撮って終わりですから。

もう何度も書いていますが、カメラマンの数が多すぎます。どこに行っても。

だったらおまえが行くな、と言われそうですが。

そうなんですよね、、、その片棒を担いでいるのは僕たちプロカメラマンですからね。

深く考えると写真は撮れなくなる。けど、浅い考えでは写真は撮れない。矛盾することですが。
_MG_5357.jpgほおずき市は今日まで。
一鉢2500円です。
写真なんか撮らずに買ってくるべきだったのかな・

追記:Flickrに何カットか上げています。
すべてEOS-Mで撮っています。レンズはコンバーターを付けてEFレンズを使っていますが。いつもはサブカメラだったので、本格的に使い込んでいませんでした。
これ一台で撮影してみると、やっぱりつらいですね。AFが遅いと言うよりも、意図通りの場所にピントを持っていけない。AFでは無理なのでMFで撮っています。シャッターのタイミングも意図通りに撮れないし。でも、そこを何とかするのがプロですが。それでも、今はもっと使いやすい機材はいくらでもあるところに、このカメラを使うというのは、、、
それと、レンズ交換時にセンサーがむき出しなのは精神的に嫌ですね。ゴミも付くだろうし、昨日のように雨が降っていると、水滴も入りそう。一眼レフはそういう意味で、センサーまでに遮蔽物があるので、悪条件下でのレンズ交換も何とかなります。

このクラスのミラーレス一眼だけで仕事するのは、僕にはやっぱり厳しいなと感じた夜でした。写りはいいんですけどね。

| | コメント (0)

2014.07.08

Try out Phase One/ MamiyaLeaf in スタジオD21

今月末に中判デジタルとC1関連のセミナーをやることになりました。
ご興味のある方はいらして下さい。

Try out Phase One/ MamiyaLeaf in スタジオD21

日程: 2014年7月26日(土) 11:00 – 16:00
場所: 株式会社スタジオD21 東京都新宿区本塩町11
費用: 無料 

内容的にはC1を使っての撮影デモが中心になります。
日常的に僕がやっている撮影の再現です。出来るだけ若い人に見ていただきたいと思っています。50歳以上の人はご遠慮いただきたいと書きたかったのですが、そうもいかず、、、
この手のセミナーを見ていていつも思うのですが、難癖を付けたいが為だけにいらっしゃる人も居るので。特に熟年層が多いと感じます。本来の目的はそういう層ではなく、これから活躍して行くであろう世代の人に見ていただきたい。そういう人たちに有益なセミナーにしたいと思っています。
CF005704.jpg

| | コメント (0)

2014.07.07

Lightroom 実践力アップ講座36「Lightroom mobileを使いこなす その3iPhone編」

Lightroom 実践力アップ講座36回「Lightroom mobileを使いこなす その3iPhone編」が公開されました。お読み頂ければうれしいです。

今回は久しぶりにEye-Fiカードを使ってのソリューションを紹介しました。
Eye-Fiカードはたぶん日本でも一番早い時期から使ったプロカメラマンだと自負していますが、ここ数年、ほとんど使っていませんでした。理由は不安定だからと言うことに尽きます。
撮影現場で繋がらなかったり、画像が転送されなかったことは何度もありました。それに神経が行ってしまうと本来の撮影がおろそかになりかねません。
もっと安定していて、しかも、画像のセレクトでも手間がない、と言う点で、キヤノン6Dのような無線LAN内蔵のカメラを使うことに今は落ち着いています。

今回、Eye-Fiカードを使ったのはLightroom mobileがiPhoneに対応した点です。これが使ってみると快適。実際の仕事では使っていませんが、毎日のように撮影している好きな写真、これはEOS-Mで撮っていますが、これにEye-Fiを入れて、ちょこっと時間が出来たときにiPhoneに飛ばして見るということをやっています。

これが快適。

仕事ではないので、そんなに切迫感がないし、万が一、転送されてくてもOKです。

今のところ、それほど転送ミスもないので、仕事でも使えるレベルだと思いますが。撮影画像がすべてiPhoneに流れてくるのも、仕事のようにカット数が多くなると、それはそれで却って使いにくくなります。

仕事でも使えますが、、、やり方によっては。Eye-Fiの設定で、チェック画像だけ、転送の設定にしておけば、大量に転送されると言うこともなくなります。が、そのチェックも面倒。
どっちがいいか?という問題ですが。

やっぱり、仕事でない写真がEye-Fiには似合っていると思います。
_MG_5279.jpg

| | コメント (0)

2014.07.04

CaptureOne徹底使いこなし術49「キャプチャー設定と基本特性」

CaptureOne徹底使いこなし術49「キャプチャー設定と基本特性」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。
_MG_0092.jpg

| | コメント (0)

2014.07.03

EOS-Lを切望

本日の那和さんのブログから

キヤノンがEF-M 55~200ミリを7月10日発売、キットも

キヤノンがミラーレス一眼に徐々に注力していくか?というお話しだけど、書かれているようにキスが売れている以上、難しいというのは僕も同じ意見。

先月、キヤノンの人とお話しする機会があったけど、その時に、僕はEOS-Mを買ったばかりと言うこともあって、Mはいいですよね〜と盛り上がった。

そこでキヤノンの人に希望を出したのは、EOS-Lを出すべきだという話。

ソニーのα7が出ている以上、フルサイズのミラーレス一眼はキヤノンも出していいんじゃないか?というか、キヤノンが出した方が、もっと使いやすいフルサイズミラーレス一眼が作れるはず。

フルサイズのEFレンズはマウントコンバーターですべて使えるし、フランジバックが少ないから、大判の後に付けてアオリを使った物撮りの用途にもバッチリ。

ちまたでは5Dmk3の後継を望む声が大きいが、MK4が出るとしたら、むしろミラーレス一眼にしてしまった方がいいのではないか?とさえ思う。
5Dmk4ミラーレスだ。

連写だとかスポーツで使いたい人は7Dもあるし、mkXもある。5Dはあくまで小型軽量のフルサイズとしてコンセプトをしっかり持つべき。だったらミラーレス一眼にしてしまってもいいんじゃないだろうか?

ま、キヤノンの人に伝えたけど、笑ってました。

ニコンが出しても良いと思うんだけど。D820ミラーレスみたいな感じで。
_MG_0041.jpg

| | コメント (0)

2014.07.02

GODOX V850 バッテリートラブル

ここをお読みの方の中でもGODOXストロボをお使いのカメラマンは多いと思います。

僕は今年の2月に4台購入していますが、本日のロケで2台のストロボが飛ばなくなり、調べたらこの動画のように極端に使用回数が減ってしまう症状になりました。

4台のうちこれまでに3個のバッテリーがダメになってしまいました。

お使いの方はお気を付け下さい。

今日は4台持っていったので、なんとか撮影できましたが、もし2台だったら、、と思うとぞっとする。
先月もここで壊れたことを書きましたが、あまりに信頼性がない。バッテリーに関してですが。

| | コメント (6)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »