« 東北ロケ | トップページ | EOS-Mはプロ登録可能 »

2014.06.07

東北ロケでの内訳

1これが東北ロケでの使用機材の内訳です。
Lightroom5で読み込んでいるので、すべての統計が瞬時に出ます。

2000カット以上撮影して、EOS-Mでの撮影は400カットちょっと。1/5というところでしょうか。

カメラは70Dを主に使ったようです。軽いのと、メモリーカードであるSDカードが32GBのものを2枚持っていったので、気兼ねなく撮れたと言うこともあるでしょう。

使用レンズは新しく買ったEF-S10-18mmが多い。風景や店舗、施設などの撮影が多かったので、こういう結果になったのでしょう。

18-35mmとあるのは、シグマの18-35mm/F1.8のことです。このレンズもほぼ常用。開放から使えるので、ぼかしたいときには便利です。今回のようにAPS-Cカメラだけで仕事するときは、必須とも言えますね。

今、LRで撮影画像を選んでいますが、驚くことに、どれがEOS-Mで撮られたのか、ほとんど見分けが付きません。もちろん、僕が撮っているので、分かるのですが、意識していなければ分からないレベルです。
色も、画質も、キヤノンの他のカメラとほとんど同じ。APS-Cカメラなら、見分けが付かないでしょう。

サブカメラとして使う、という目的には完全に満たしてますね。

以前、サブカメラとしてSIGMA DP1&2 Merrillを何度か持っていったことがあるのですが、サブになりませんでした。画質は良いのですが、クセがありすぎて。メインカメラであるキヤノンと、色も質感も、何もかもが違いすぎて、一緒に納品できるレベルに持っていくのは、大変でした。RAWも独自の現像ソフトを使わないとならないので、面倒くさいですし。

EOS-Mは今回はサブではなく、サード、3番目のカメラですが、気軽に撮れて、そして、いつでも実際に使えて、それで仕上がりも区別が付かないというのは、ホントに便利です。

140603_0208.jpg

|

« 東北ロケ | トップページ | EOS-Mはプロ登録可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北ロケ | トップページ | EOS-Mはプロ登録可能 »