« Pen+ デザインラボ / クリエイターの秘技 | トップページ | チューリップを撮りに昭和記念公園まで »

2014.04.16

今度は大腸ガン?

昨日、大腸の内視鏡検査に行ってきました。

先月の人間ドックの際、検便で便潜血ということで引っかかりました。

便に血が混じっていると言うことなのですが、その理由は痔の場合と、腸内の出血の場合の2種類になります。
そんな事で、医師からは選択の余地もなく大腸の内視鏡検査をするようにと言われ、昨日、行ってきた次第です。
これをやった人は分かると思いますが、肛門から胃カメラのようなファイバースコープを入れるので、腸内に何もない状態にしてから検査になります。
まず、前日の食事をすべて腸内検査用のセットにしました。これはグリコから出ているエニマクリンというレトルトのおかゆと、おかずで、3食+おやつで1セットになっているものです。
消化が良いので、翌日に出しやすいというものです。

そして、検査当日、朝から食事はなし。
代わりに下剤を入れたポカリスェットみたいな飲み物を2リットル、飲みます。
コップ3杯くらい飲むと、下痢が始まり、1リットルくらいで、水のように透明な下痢になります。その時点で、内容物はなくなったと判断、飲むのは終わりです。

検査は午後3時半から。それまで空腹に耐えています。パソコン仕事がたまっていたので、その時間に仕事が出来たのは助かりました。ただ、血圧も低く血糖値が下がっていて、ふらふらですが。

時間になったので、事務所から病院まで行き、検査。

胃カメラも大変でしたが、大腸の内視鏡検査も、これはかなり気持ち悪い。痛くはないのですが、内臓を棒で内側からつつかれているような、何とも言えない気持ち悪さ。

検査は30分ほどで終わり、医師からは問題ないので、もう病院に来なくても良いです、とその場で検査結果を伝えられて終わり。

いや、、、助かりました。
大腸ガンだったらどうしようか、とず〜っと悩んでいました。
取りあえず早期なら大丈夫でしょうけど、義理の弟の件もあるので。
ガンを治療しながら仕事が出来るのか?元気なうちにやりたいことをやっておかないと、、、といろいろなことを考えました。

この2日間、特に、食事が出来なかったことがなんにせよつらかった。街を歩けばおいしそうなニオイを出しているお店がいくつも有ります。その前を通って病院に行くときの気持ちって言ったら、、、

食べたいものを食べられるという幸せは、普段は想像もしなかったことです。

僕の人生もすでに後半ですから、これからもいろいろなことがあるんだろうなと、改めて感じました。

|

« Pen+ デザインラボ / クリエイターの秘技 | トップページ | チューリップを撮りに昭和記念公園まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Pen+ デザインラボ / クリエイターの秘技 | トップページ | チューリップを撮りに昭和記念公園まで »