« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014.03.28

カルソニックレディ2014

カルソニックレディ2014を撮影いたしました。
まだ顔だけしか公開されていませんが。
そのうち全身の写真も公開されると思います。

| | コメント (0)

2014.03.26

散財、、、

Img_3561
最近買ったレンズです。

どちらもマミヤ用のレンズ。

望遠はヤフオクで。広角は新品を銀一から。

望遠の300ミリは新品同様だったのですが、ヤフオクで人気がないようで、、、9万円ちょっとで入手。マミヤで手持ちの望遠は150ミリだったので、もう少し望遠が欲しかったところ。ただ、すでに廃盤になっているレンズで、デジタル対応でもないし、どれだけ写るのか?未知数なものにお金掛けるのって、、と躊躇していました。

もう一つのレンズ、これは広角の35ミリ。

持っているレンズがデジタル対応ではなかったのです。8000万画素のIQ280を買ってから、そのあたりがどうも気になって、、、以前のテストではそれほどの差がないと、断言していたのですが、それは3900万画素レベルでの話。その倍という高精細で、最もよく使う35ミリに不安を抱えながら撮っていくのはつらい。

悩んだ結果、買うことにしました。これも、消費税の増税前だと言うことが大きかったですね。

昨日、今日と、合間を見て外でテストしているのですが、、、、よく分かりません。というのは解説でも書いているように、同じところにピントを合わせるのが非常に困難。IQ280のライブビューでその点も解決するかに思えたのですが、、、そうはなりませんでした。

開放で、同じところにぴったりと合わせる。。。外では至難の業です。スタジオならまあ何とかなりますけどね。

そんなことで仕事に使うこともないものに散財しまくり。。。
ヨコハマ赤煉瓦-1

| | コメント (4)

2014.03.25

偕楽園 夜の梅 2014

偕楽園 20140316-2先週の日曜日、女房も休みが取れたので、水戸の偕楽園に行ってきました。

偕楽園の梅は咲き始め、、70%位の開花だったそうです。

梅の花の時期に行ったのは初めてでした。

いや〜〜〜混んでました。駐車場に入るのに、裏のルートで行って、30分以上の待ち。園内も人が多くて。

写真が撮れるかな〜と思って買ったばかりのIQ280を勇んで持っていったのですが、、、、あえなく撃沈。

まあ、東京から日帰りで行った人間が、ほいほい良い写真を撮れたら、誰も苦労しないですよね。

昼ご飯、夕ご飯を、地元の人に教えてもらったお店に行ったのですが、日曜の、しかも梅が見頃なタイミングでは、、、主立ったお店は予約のみと言う対応で、無策な僕たちはご飯を食べるのも一苦労でした。

そんな状態でも、夜まで粘って、ライトアップされたところを撮ってきたのが、この写真。

ま、誰でも撮れる写真ですが。

難しいですね、写真って。

| | コメント (0)

ようやくeBayから到着

Img_3559eBayで買ったものがようやく到着しました。

1月くらい掛かったか??

Phase One IQ280と同時期に買ったのですが、不安になるくらいに遅かったですね。

ものはPhase One用のバッテリーです。

IQ280を買うにあたり、ライブビューやWi-Fi接続をすると、電池の消費がスゴイので、手持ちでは足りなくなると予想したからです。

国内で買うと1個1万円なので、2,3個買うのも躊躇していました。ネットで調べたら、少数ながらあるようなので、それを買ってみました。
でも、、、、

容量が少ないんです。。。

現物で試すしか方法がないと思って購入。

値段は2個で4000円くらい。送料も込みです。圧倒的な安さですが。

取りあえず充電して、使っています。

外に出る時間が取れないので、本格的に使っていませんが。
偕楽園 20140316
先週、水戸の偕楽園に行ったのですが、IQ280の電池の持ちが悪い、、

やはり、こんな怪しいバッテリーでもないよりはマシかな〜

| | コメント (0)

ヨドバシカメラ春の写真館

10147890_602545359833836_15608719593連休の後半はヨドバシカメラ春の写真館のお仕事でした。

例年、お正月のイベントであるヨドバシカメラでの撮影ですが、今年は消費税前の繁忙期と言うこともあるようで、このイベントをやることになったようです。

写真はいつもいらしていただいている方から頂いたものです。

Img_3554使用カメラは前回同様EOS70D。それにシグマの18-35/1.8を付けています。フードが大きくて、そこらへんがプロっぽさを演出しようかと、そんな作戦です。実は、LEEのソフトフィルターを使うためなんですけどね。

お正月はノーフィルターだったので、かなりクッキリスッキリと言った仕上がりにしていました。

2Lのプリント渡しなので、画素数も要らないし、、、ただでさえ写りすぎな感じになってしまうので、今回はこれで行って見ました。


Img_3556セットはこんな感じ。。

行ってみてビックリだったのは、あまりに狭いこと。

長年やっていますが、こんなの初めてなくらい、の狭さ。グレー背景のバックアールもほぼ直角だし、その近くにモデルを立たせないとならないくらい。出入り口のすぐ横なので、カメラの引きもありません。


Img_3558ボックスライトは持参です。

これは最初からそうしています。

支給されるのはコメットの傘バン2発だけ。

傘でも良いのですが、眼鏡を掛けている人、ご老人などは老眼鏡なので、ライトが眼鏡に映りやすい。
そこで傘が写るとカッコ悪い。

細かいところですけどね。。でもプロなんだからそういうところに気を遣わないと。

Img_3557今回の最大の問題点はプリンタ。

まあ、ある事情で、そうなってしまったのですが、とにかく使えないプリンタで、、、それを大っぴらにも言えない雰囲気、、、迷惑するのは現場だけって感じです。というか、お客様が一番かわいそう、、、みんな喜んでくれていますが、毎年いらしている人なら、今年のプリントは良くないというのはすぐ分かったと思います。

お客様の喜ぶ笑顔が、、それだけが唯一の励みです。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2014.03.18

クィーンエリザベスを撮りにヨコハマへ

Queen Elizabeth 2 in Yokohama_7仕事がなかったので、ラジオで横浜港にクィーンエリザベスが寄港していると聞いて、行ってきました。

たぶん混んでいるだろうなと思って、クルマをどこに停めるか?悩みました。

僕が付いた頃は夕方の4時。やはりクルマがかなり多い感じです。倉庫の敷地内にある駐車場はすでに満車、、、待っているクルマの列に取りあえず並びました。夕景が撮れれば良いかなと思っていたので、ちょっとくらい待っていても、まあ大丈夫かと。

結果、20分くらいの待ちで駐車できました。

今日のラジオ放送を聞いていたら、出航の23時頃だと渋滞でそこにたどり着けなかった人もいたそうです。

写真を撮るのも、計画性が必要、、、計画性と運かな。

で、そこから夜の8時過ぎまで、歩き回って写真を撮ってきました。

Flickrに何枚か上げています。すべてPhase One IQ280で撮ってます。100%画像も見られますので、ご覧下さい。8000万画素の画像です。

追記ー2と書いてましたが間違いでした。修正しました。

| | コメント (2)

今日は集合撮影

_mg_8408今日は久しぶりの集合撮影でした。

ある団体の総会があって、その終わったときに集合撮影をして欲しいと言うことで、ホテルに向かいました。

ひな壇もないし、30人以上は現場のイスを使ってどうにかするか、と思って行ったところ、掛かりの人が気を利かせて宴会場の方で撮影するように用意して頂きました。

ただ、、、料理の並んでいる中での撮影で、それを暖めるための電源を取られていて、撮影用の電源は取れません、と言われて、、、ま、普通なら焦るところでしょうけど、もう僕もベテランのカメラマンですから、笑、、、そんな事もあるかと、バガボンド(100Vのバッテリー)を持って行ってたのです。モノブロックの2灯をそこから電源を取り、普通に撮影。

カメラはPhase Oneを使いました。そんな画質は必要ないのですが、、、そういう現場でも使っていって、経験を積んでいかないと。いざ、大集合でバックタイプを使うときに焦らないように。

IQ280は楽です。Pシリーズのように撮影後、すぐに画像確認したいのに、若干手間が掛かるようなことはありません。ほんとに35ライク。


| | コメント (0)

CREA4月号別冊付録オーストラリア特集

CREA4月号別冊付録オーストラリア特集に僕の撮影したエアーズロックが掲載されています。
Img_3553去年のオーストラリアロケの写真です。山手線の車内吊りでエアーズロックの写真を見たとき、僕の写真とあまりに似てて、「エアーズロックって、誰が撮ってもやっぱり同じようになっちゃうんだな〜」と落ち込みました。

実は僕の写真だったというオチでした。笑

| | コメント (0)

2014.03.15

CaptureOne徹底使いこなし術45「バッチリネーム」

CaptureOne徹底使いこなし術45「バッチリネーム」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。
梅 20140307-1

| | コメント (0)

Phase One IQ280

shinagawa 20140315
天気が良かったので近くでさっと撮影してみました。

使いやすくなったなと思いました。借りたときもそう思いましたが、自分のじゃない機材だから、どこか人ごと。借りた機材でインプレッションなんて、所詮は他人事なのかもしれません。

このカメラで何を撮るのか?いまだに答えを手にしていない感じ。でも、それはこれからでも良いか。

| | コメント (0)

2014.03.14

こんなこともあったのか、、、

ふと僕の昔のウェブを見たら、、、

Nikon D1を買ってしまった。

いや〜〜恥ずかしい、、、でも懐かしい。そんな事もあったな〜。

そして今日、頼んでいたPhase One IQ280が届いた。

2000年にニコンD1を買ってから14年。とうとう世界最高のデジタルバックを買うことになるとは。感慨深いものがあります。
Sunset 20140202

| | コメント (0)

2014.03.12

USBプロテクター

去年のPHOTONEXT 2013に参考出品されていたUSBプロテクターが発売になるようです。

キヤノンEOS用の「USBプロテクター」が一般販売

この展示に僕も行きまして、この商品を見ました。その時にそこのメーカーの人に「このプロテクトするだけの商品ではなくて、どうせならこの下の部分をアルカスイス規格にしてくれれば三脚に付くので、ぜひそうして欲しい」と要望いたしました。

で、製品化されて、この状態。。。

ま、僕の意見などその程度のものですが。笑

ちなみにそのメーカーの人は「アルカスイスってなんですか?」と僕に聞き返してきたので、僕もその時点で、ダメだな、と思いその場を去りました。

こういう商品は結構欲しいという人は多いと思います。が、この値段では、、、せめてアルカスイス規格になっていれば、このまま三脚に付けられるのに、、、

メーカーに頼ってばかりでは自己防衛にならないので、僕はこうしています、という例をご紹介します。

以前ここに何度も書いてますが、三脚プレートをアルカスイス規格のプレートに統一しました。カメラ一つ一つにすべてこの規格のプレートを付けています。しかもL字のもので、縦位置にも対応しています。
1403125969
これはEOS70D。
35タイプのカメラはUSB端子がカメラ左側に出ています。L字アダプターはその口を遮ってしまうので、70Dの場合は少し左にずらして固定しています。
1403125979

そこにこの写真のようなUSBケーブルを挿します。

これは縦位置にしたときでもケーブルが邪魔にならずにカメラを縦位置に固定できるようにです。


1403125970

70Dを横方向から見たところです。ゴムのふたを開けられます。
このようにL字アダプターの中を通るようにケーブルが出ます。

1403125971

コレはそのアップ。

こんな感じですね。


1403125972

この写真は7D。
7Dの場合、L字アダプターをずらさなくてもこのようにケーブルを出せます。
1403125973

7Dを縦位置に取り付けたところ。

1403125974

ケーブルの引き出しはこんな感じです。

1403125976

6Dはこんな感じです。

プロテクターではないですが、実質的にこれでプロテクトできます。

僕はしていませんが、L字プレートに結束タイラップでコードを結びつけてしまえば、ケーブルに掛かった加重は直接端子には掛からないように出来ます。

それと、もう一つコレの良い点があって

1403125969_2このように、アダプターを介しての接続になるので、万が一、ケーブルを足で引っかけても、ここから外れて、カメラを引き倒してしまうという事故を防げます。
写真はカラビナでストラップに止めていますが、このカラビナ部分を外せば、簡単にケーブルが外れるようになるので、万が一のヒューズ的な役目になります。

僕の場合、これで十分便利に使えていますし、端子の破損も今のところありません。

ちなみにですが、L字のクィックプレートはカークのものを使っています。値段は2万円以下で買えます。


| | コメント (0)

2014.03.11

3年、、、

Moment
写真は震災後、山田久美夫さんの呼びかけで開催された、チャリティー写真展に出品した写真のひとつです。

3年経ちました。

この写真を選んだのは、震災後、被災者の方は海も見たくなかっただろう。でも、やがてまた、今まで通りに海を見られる日が来る。そう思って海の写真を選びました。
僕なりに海の写真が果たして適しているのかどうか?結構悩んだ結果です。

3年経って、海をどういう気持ちで見ているのだろうか?

僕の環境も変わったように、誰もがこの3年間で変わったと思います。良くも悪くも。でも、それが生きると言うことですから。

| | コメント (0)

2014.03.10

やっぱりLeafでモデル撮影は快適

Img_3540先日の土曜日は朝から夕方まで着物の撮影でした。

毎年やっているイベントなのですが、インターナショナルスクールのご家族に着物を着付けて家族写真を撮るというイベントです。海外から日本に赴任している家族が多い学校なので、数年間だけの日本在住という人が多いのです。日本にいる間に日本的なもので記念写真ということから始まりました。僕がこれに関わってすでに何年だろう?5,6年以上は経つでしょうか。

朝から夕方までだいたい30〜40組くらいのご家族を撮ります。

使う機材は中判のバックタイプを使っています。

最初の頃はキヤノン1Dsmk3、それから中判デジタルになり、ハッセルにPhase OneのH25を付けたもの。その後、マミヤボディになってP25+、去年まではP45+,そして今年はMamiya DM28(Leaf Aptus-II 6と同等)と変遷しています。

今までは中判に関してキャプチャーレートの速いものを使って来なかった(持っていなかった)ので、撮影時にそれなりの苦労はありました。

去年、マミヤDF+ボディが欲しくて、ちょうどデジタルバック付きのDF+が比較的安く売っていたので、付属のデジタルバックは後で売るつもりで買ったのがこのMamiya DM28(Leaf Aptus-II 6と同等)です。

手放す前にLeafを使い倒してからと思って、いろいろに使ったのですが、結構良い感じだったので、売らずにそのまま手元に置いておきました。

僕の仕事はモデル撮影が多いカメラマンでは決してないので、4433のデジタルバックはいらないのですが、、、使ってみるとそれなりに便利です。

そもそもがそれほどの画素数がいらない仕事が多いこと。35フルサイズくらいでほとんどの仕事は十分ですからね。このMamiya DM28(Leaf Aptus-II 6と同等)は2800万画素でD800よりも少ないし。

でも、使ってみれば分かりますが、ニコンD800とは全然違う解像感の写真になります。これは画素数とかの分かりやすい数字で出てこないところが、人に伝わらない点なのですが。

Mamiya DM28(Leaf Aptus-II 6と同等)はマミヤとしても不人気だったようで、モデル後期はかなり安く売られていたし、現在でも在庫があればかなり安い金額になっていると思います。

このクラスのデジタルバックを、35のニコンD800がすごい!と言っている人にぜひお使いいただきたい。

やっぱり中判、という意味が分かるはずです。

今回はテザー撮影ではそれほどのトラブルもなく、一日何とかなりました。

ダメだったのが、VグリップのProPhotoAirシンクロ。午後くらいまでは快調だったのですが、後半は不発が多くなって、バッテリー交換。それでもダメになり、Vグリップを外してボディ単体に、エアシンクロを付けての撮影に切り換えました。

このVグリップ、一度、ストロボが飛ばないので修理に出しているのですが、、、根本的に何か問題があるのか??
来週のモデル撮影が終わった段階で再度修理に出すつもりです。

無線シンクロをホットシューに付けないでいいというメリットは、ロケとかで便利ですからね。そのために15万もするグリップを買ったわけで。。。何とかなってくれないと。
梅 20140307-5
この写真はP45+で撮ったもの。
最近は中判デジタルか、SIGMA DP2 Merrillか?のどちらかでプライベートの写真は撮っている感じです。

| | コメント (0)

2014.03.07

人間ドック

時間が有ることもあり、今まで行けなかった人間ドックに行きました。

フリーの立場なので、自分の身体の管理は自分次第です。

フリーになってもうそろそろ20年近くなりそうですが、会社員時代は会社の定期的な健康診断があり、それを毎年受けていました。会社辞めてからは住んでいた地域の自治体の検診を2回ほど。

フリーカメラマンの人で自治体の検診を受けている人は多いと思いますが、、、2回受けて感じたのは、「この程度の検診で何か見つかるようだったらもう手遅れかも、、、」と言うことでした。
会社員の健康診断も同じレベルだと思いますが、一人に掛けられる時間、人は限られます。無料検診ではそうならざるを得ないというのは、誰もが想像できると思います。

かと言って、民間病院の人間ドックは結構お高い。

毎年受けるとなると、ちょっと腰が引けますよね。

浜松町にスタジオを持ってから数年経って、近くに人間ドック専門の医院が出来ました。そこは5万程度で受けられると言うこともあって、2回ほど行きました。

ただ、人間ドック専門の医院ということで、やはり信頼性がどうも、、、>個人的感想です。

そんなことで、事務所からはそう遠くない東京済生会病院の人間ドックに行ったのが1年半ほど前です。ここは総合病院の中にあり、人間ドックに特化した施設を持っています。中の医者は総合病院の医師なので、そう言っては何ですが、何となくの信頼感があります。また、そこで何か発見されたときも、すぐにその病院で受診できるという点も良いと思います。

そこの金額は75000円。大手の病院にしてはリーズナブルな料金です。

去年、僕の女房の弟さんが癌になり、入院、手術しています。そんな事もあって、ちゃんと調べて欲しいということを女房からいつも言われていました。

前回のドックからは1年以上経っていますから、そろそろ受けないと、、、と思いつつ、数ヶ月経ってしまいました。このクラスの病院でのドックは予約が1,2ヶ月先なので、予約しても、当日の仕事がどうなるか分からないので、結局受けられないと言うこともあります。そうすると、また1,2ヶ月先を予約し直すことになって、ず〜っと受けられない、、みたいなことになってしまいます。

幸いにも?今はヒマなので、キャンセルすることもなく、今日、受けられました。

取りあえずは目以外は大丈夫そうです。目は、、、白内障が進んできているので、こちらもそのうちに何とかしないとならないでしょう。その判断をいつするか?

帰り道、増上寺の隣の公園で梅が見頃でした。
梅 20140307-2
Phase One P45+にマクロ120ミリ。手持ちです。
使えるカットが少ないかと思いましたが、意外にも何とかなっていますね。100%画像はFlickrにあります。

| | コメント (0)

2014.03.06

バガボンドに2400w/s

Img_3535ちょっと悪巧みを考えていて、、、笑

外ロケで電源が取れないところで、使えるかと思って持っていた2400のコメットにバガボンドを繋いでみました。

見事に使えない、、、

やはりこのクラスのジェネをチャージさせるのは無理でした。特にこのジェネはスローチャージがないタイプなので、そのせいもあると思います。

2400がダメなので、同じくコメットの1200でテストしたところ、こっちはバッチリでした。Cs-b1200です。

Phase OneのIQ280が来るので、仕事以外にどういう写真を撮っていくか?考えています。あのカメラでなければ撮れないものがある、、、そんなのが撮りたいと思っています。


| | コメント (0)

6Dのシャッター回数

最近とみにヒマで、、、と言いながらもここはあまり書き込んでいないのですが。

フリーカメラマンって仕事無いと落ち込みますからね。ブログ書く気にもならない、、、

と言いつつ、先日テストしていたIQ、結局さんざん悩んだ末に買うことに決めました。金額がかなりデカいので、久しぶりに悩んだ感じです。僕がフリーになった時の最初の機材を買った総経費が200万ちょっとでした。その時も相当悩んだし、その後、自分のスタジオを持つときにはその10倍くらい掛かったし、、、それは夜も眠れないくらい、悩んだものです。

今回は自分の車よりも高い買い物だし、そのカメラで撮るものはなんなのか?それが自分でも確固たる方向性がなかったこと。それで悩みました。

その話はそのうちに、、、

で、お金も仕事も無いので、あまり使っていないカメラを処分することにしました。

キヤノン1Dsmk3、2台持っていたうちの残りの一台です。1台は今年の1月に処分しています。残してみたものの、結局使わない。中判か6Dになってしまうので。

時間の有るうちに処分しようと思い、キヤノンプロサービスへセンサー清掃とシャッター回数のチェックに行ってきました。

1Dsmk3は6万回あまり。一緒に持っていった6Dは3万回以上。発売されたときから持っている1Dsmk3が6万回程度で済んでいるのは、同じ機種を2台持っていたからでしょう。とくにこの一台はサブ機で、それほど使っていませんでしたから。
それに引き替え6D,まだ1年ちょっとだと思いますが、すでに3万回以上って、、、やっぱり使っている感じです。でも、この6Dも2台持っているので、これでも少ない方でしょう。

6Dのシャッター耐用回数は10万回で、1D系、5Dkm3の30万回とはレベルが違います。

今日気がついたのですが、シャッター回数、ミラーアップしてのシャッター回数と、2種類の回数をキヤノンは教えてくれます。以前は単純にシャッター回数でしたが、、、いつからか、この2段階の回数になったようです。

キヤノンの場合、ライブビューを使っている人が多いので、ライブビューしたままシャッターを切ることが多いという人がいます。僕もそうですが。そうすると、ミラーの上げ下げの回数と、シャッター膜の回数はイコールではなくなります。
修理交換の際、ミラーボックスのミラー、シャッターすべて交換と、シャッター機構のみ交換の2種類の修理があるということです。その時に、この回数を参考にします。

6Dはプロ用ではないので、シャッターを切る数が多いカメラマンは、5Dmk3にしておいた方が良いでしょうね。
_MG_0453-Edit.jpg

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »