« ロケ用ストロボとしてのV850 | トップページ | 写真と地図をリンクさせたオーストラリアの観光誘致サイト »

2014.02.17

雪の東京 ボルボV60

東京はこの1,2週間、雪に見舞われて大変なことになっていました。

東京は雪に弱い、とかしたり顔で言う人は多いですが、年に数日もない積雪に備えるのはそうそう出来ることではありません。もちろん、それに備えるのは可能ですけど、そのためにいくらの金が掛かるのか?そんな事を考えもせずに、政府のせいとか、自治体のせいにするのは、僕は違うと思っています。
除雪車もほとんど無いですからね、東京は。それと自治体ごとに持つのは不経済でしょう。

と言いつつ、僕の車にはスタッドレスタイヤを履かせています。すでに2シーズン目になりますが、今年ほど買って良かったと思えたのはうれしい誤算でしょう。

もともとはこの時期に写真を撮りに行くとき、クルマで行こうとすると北の方面は選択が出来ないことが悩みでした。行った先で動きが取れなくなったらどうしよう?と。と言うことで冬の写真は雪景色は撮れないことになります。

それももったいないですからね。写真を撮れる時間も残り少ないのに。

V60を買った年の最初の冬にスタッドレスを買いました。ホイールとか入れると、新品で買うと15万以上はします。都内がほとんどなので、そこまで掛けるのもどうかと思いましたが。縁があって中古のホイールを譲ってもらい、タイヤだけ新品で入れて安く上げることが出来ました。

僕は昔から四駆乗りだったこともあって、雪の道は良く行っていました。最初はジムニーで4輪スパイクタイヤ。ほとんど無敵でしたね。笑
その後、ランドクルーザープラド。
この手の四駆は走るのは強いのですが、止まりません。車重が重いので、慣性が付くとグリップしない路面では止めようもないのです。それと、ショートのクルマだと、コーナリング時にスピンしやすいのです。これはリジッドの四駆の方がよりスピンします。前後のデフが直結なので、全後輪で回転数が違うようなコーナーではそれが災いするんですね。
それと、四駆乗っていても前のクルマが普通のクルマでチェーン着けていたら、結局はそのクルマのペースで走るわけで、自分だけ走れて意味がないと言うことを、何度も味わいました。

そんな事や、都内の仕事にクロカンタイプの四駆は使いにくいこともあって、ゴルフのワゴンやボルボのワゴンになっていったのです。

今回、V60でスタッドレスという初めての経験だったのですが、コレは異次元ですね。2輪駆動でまったく問題なし。ただ、クルマにスタビリティコントロールが付いているという前提です。ホントに簡単に走れます。ジムニーにスパイクタイヤの組み合わせよりも遙かに楽。もちろん、積雪が多くなると、車高が高い方が有利ですが。

山形に住んでいる友人デザイナーにクルマはどうしているのか?と聞いたところ、去年車を買い替えて、レクサスにしたんだけど、2輪駆動だけど全然平気ですよ!という話。雪国はほとんど除雪されていますしね。スタッドレスにスタビリティコントロールがあれば全然普通ですね、といってました。

今はそういう時代ですね。

雪のあるところに撮影に行きたいと思っていましたが、東京からの高速は軒並み通行止め。東京から出るのも難しい状況の数日でした。
やっぱり雪は雪国で降って欲しいものです。
増上寺 雪 2014

|

« ロケ用ストロボとしてのV850 | トップページ | 写真と地図をリンクさせたオーストラリアの観光誘致サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロケ用ストロボとしてのV850 | トップページ | 写真と地図をリンクさせたオーストラリアの観光誘致サイト »