« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.28

8000万画素のIQ280はどう?

Tokyo Nights 20140228昨日触れたように、新しいデジタルバックをテスト中です。

現在世の中にある最高画質が撮れるデジタルバックの1つです。(ワンショットで)

今日一日、コレで仕事していましたが、スゴイの一言です。画素数もさりながら、それでいて使いやすい。ライブビューもPシリーズとは比べものにならないくらいスムーズ。IQシリーズはすでに2世代目ですから、その進化は想像以上でした。

値段も高いですけどね。。。

これを使って写真を撮りたい。でも、コレでなければならない写真ってなんだろう?そんな事も考えてしまいます。

| | コメント (0)

2014.02.26

お試しか?

Img_3531お試しです。

欲しいとは思うのですが、、、先立つお仕事が、、、

良くある話で、仕事が先か?バックタイプが先か?

駆け出しのカメラマンだってカメラを買うのが先か、コンスタントに仕事がある方が先か?悩むのと同じで、カメラマンである限り、その悩みは永遠なのかもしれません。
増上寺 雪 2014-5

| | コメント (0)

2014.02.24

MacPro内蔵SSDのスピード

1MacProに内蔵させたSSDのスピードを測ってみました。

ちなみにSSDはこれです。

【Amazon.co.jp限定】SanDisk SSD UltraPlus 256GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHP-256G-G25AZ

アフィリエイトやっていないので、クリックしてもしなくても大丈夫です。笑

比較的安価でそこそこの性能のようなので買ってみました。キヤノンMJの扱いというのがビックリですが。
2
速度の方ですが、今まで使っていたHDDを図った結果がコレです。

普通のハードディスクに比べれば倍くらい速いので、体感としても十分速さは感じるのでしょう。

ちなみにですが、おなじ計測ソフトを使って新型MacProの内蔵SSDを測ったというWEBサイトを見ると1000くらい行っているようなので、尋常ではない速さが新型MacProということでしょう。

ちなみにですが、以前ですが、手持ちのディスクをいろいろ測った結果がこちらです。

ハードディスク、SSD、USB3.0、もろもろスピードテスト

| | コメント (0)

2014.02.23

MacProにSSDとOS10.9へ

先週くらいまではそれほど忙しくなかったのですが、今週はかなり忙しくなってしまいました。

ヒマなときにやっていたことですが、メイン機のMacPro、それのOSを10.9に上げることでした。

それにかなり手間取ってしまい、、、、

まず、別HDDに10.9をインストール、移行アプリで10.8の環境を移行しました。

で、メールアプリで毎回パスワードを求められるようになってしまったこと。これはその時に書きましたね。

その後、それ以前の環境である10.8をダイレクトにアップデートしてみました。

結果、やはりメールアプリでパスワードを求められることに。

ネットで検索して、パスワードを求められる現象を解決するべく、様々な方法を試しました。そんな愚にも付かないトラブルで半日、、、しかもどうやってもそれを解決することは出来ませんでした。そのまま使うことも考えましたが、メールを起動するごとにパスワードを求められては仕事になりません。そんな事を永遠に続けることは出来ない。

その他にも、Photoshopでワコムのペン、マウスを使っていて、選択ツールがおかしいとか、解決できない問題がありました。

もうこれは10.9をクリーンインストールするしかないなと、決断。10.8に戻すと言うことも考えましたが、いつかは10.9にする日が来るのは分かっていることです。Macを使う限りは。

どうせ10.9にするなら、SSDにしようと思い、SSDをアマゾンから購入。そこでお金をけちって250GBのものを買ったのが更に時間が掛かることになってしまいました。

SSDが届いてから再度、10.9をクリーンインストール。そこから移行アシスタントを使って環境設定、アプリケーションなどは移行せず、書類、写真、音楽だけを移行させようと思いました。

が、250GBに入りきらない、、、音楽だけでも100GB以上あることに気がつきました。

そこから新しいSSDに入れる必要のない、音楽、写真を別のHDDに移す作業、、、もう、気が遠くなりそう。

移し終えてから再度、iPhoto、iTunesなどを設定し直します。

もう、10.9にしなくていいか、SSDにしなくてもいいか・・・と何度思ったことか。

でも、いつかはこの作業はやることになるはず。なぜなら、新しいMacProを買ったとしても、買わずにMacBookProをメイン機にしたとしても、内蔵のシステムはSSDになる。(MBPはHDDを選べますが、今更SSDにしない理由も無いでしょう) その時、500GB程度のSSDにシステムその他を入れることになるわけで、今の状態では移行できないのは分かっています。

将来、必ずそうなるなら、今やっておいた方が良いでしょう。

なんとか使える状態まで設定し直して、やっとまともに仕事が出来るようになったのが今週でした。

それにしても10.9は使いにくい。細かい点で10.8とは違う仕様にしてしまったのは、アップルの落ち度だと思います。

メールアプリのパスワードを求められるトラブルは解決。でも、ワコムのペン、マウスの選択ツール使用時の問題は解決せず。結局、アップル純正のマウスを使うことでPhotoshopを使っています。

あとは起動が速いのは快適です。当たり前ですが。

SSDをMacProに入れなかった理由。

これを書いたのは1年前。思えばその時にシステムディスクをスリムにして、SSDにしてしまえば良かったのかもしれません。その時は「どうせ新型MacProにするから、その時にやればいいや、」という気持ちもたぶんあったのでしょう。新型MacProが僕が思うようなMacでなかったのは残念だし、時代の流れを感じてしまいます。

| | コメント (0)

写真と地図をリンクさせたオーストラリアの観光誘致サイト

以前の解説ですが、Lightroom実践力アップ講座第23回のマップモジュールのところに、写真と地図をリンクさせたオーストラリアの観光誘致サイトの紹介が入りました。一番下の部分です。
1

ご覧頂ければうれしいです。

| | コメント (0)

2014.02.17

雪の東京 ボルボV60

東京はこの1,2週間、雪に見舞われて大変なことになっていました。

東京は雪に弱い、とかしたり顔で言う人は多いですが、年に数日もない積雪に備えるのはそうそう出来ることではありません。もちろん、それに備えるのは可能ですけど、そのためにいくらの金が掛かるのか?そんな事を考えもせずに、政府のせいとか、自治体のせいにするのは、僕は違うと思っています。
除雪車もほとんど無いですからね、東京は。それと自治体ごとに持つのは不経済でしょう。

と言いつつ、僕の車にはスタッドレスタイヤを履かせています。すでに2シーズン目になりますが、今年ほど買って良かったと思えたのはうれしい誤算でしょう。

もともとはこの時期に写真を撮りに行くとき、クルマで行こうとすると北の方面は選択が出来ないことが悩みでした。行った先で動きが取れなくなったらどうしよう?と。と言うことで冬の写真は雪景色は撮れないことになります。

それももったいないですからね。写真を撮れる時間も残り少ないのに。

V60を買った年の最初の冬にスタッドレスを買いました。ホイールとか入れると、新品で買うと15万以上はします。都内がほとんどなので、そこまで掛けるのもどうかと思いましたが。縁があって中古のホイールを譲ってもらい、タイヤだけ新品で入れて安く上げることが出来ました。

僕は昔から四駆乗りだったこともあって、雪の道は良く行っていました。最初はジムニーで4輪スパイクタイヤ。ほとんど無敵でしたね。笑
その後、ランドクルーザープラド。
この手の四駆は走るのは強いのですが、止まりません。車重が重いので、慣性が付くとグリップしない路面では止めようもないのです。それと、ショートのクルマだと、コーナリング時にスピンしやすいのです。これはリジッドの四駆の方がよりスピンします。前後のデフが直結なので、全後輪で回転数が違うようなコーナーではそれが災いするんですね。
それと、四駆乗っていても前のクルマが普通のクルマでチェーン着けていたら、結局はそのクルマのペースで走るわけで、自分だけ走れて意味がないと言うことを、何度も味わいました。

そんな事や、都内の仕事にクロカンタイプの四駆は使いにくいこともあって、ゴルフのワゴンやボルボのワゴンになっていったのです。

今回、V60でスタッドレスという初めての経験だったのですが、コレは異次元ですね。2輪駆動でまったく問題なし。ただ、クルマにスタビリティコントロールが付いているという前提です。ホントに簡単に走れます。ジムニーにスパイクタイヤの組み合わせよりも遙かに楽。もちろん、積雪が多くなると、車高が高い方が有利ですが。

山形に住んでいる友人デザイナーにクルマはどうしているのか?と聞いたところ、去年車を買い替えて、レクサスにしたんだけど、2輪駆動だけど全然平気ですよ!という話。雪国はほとんど除雪されていますしね。スタッドレスにスタビリティコントロールがあれば全然普通ですね、といってました。

今はそういう時代ですね。

雪のあるところに撮影に行きたいと思っていましたが、東京からの高速は軒並み通行止め。東京から出るのも難しい状況の数日でした。
やっぱり雪は雪国で降って欲しいものです。
増上寺 雪 2014

| | コメント (0)

2014.02.12

ロケ用ストロボとしてのV850

Img_3518ロケ用ストロボとしてV850は重宝しています。

ロケ現場で焦るのは、ストロボのパワー。どれがどのパワーで飛んでいるのか?覚えきれません。

スタジオ内でも同じ問題があって、、、でもProPhotoAirを使っているので、C1のplug-inからC1の画面内で使っているストロボのパワーは確認できます。スタジオで僕が使っているProfotoにはすべて個別のナンバーが振ってあります。それも数メートル離れても見えるように大きくステッカーを貼っています。

同じようなことをV850でもやりました。

V850の場合、首の角度を変えられるので、場合によっては見えにくいこともあり、発光部の4面、すべてにナンバリングのステッカーを貼りました。

これでロケ現場では混乱しなくて済むでしょう。

Tokyo Nights 20140207-2

| | コメント (0)

キヤノン1D系バッテリー ご臨終

Img_3509キヤノン1Dsmk3の使用頻度が激減しているこの頃、、久しぶりに使おうと思ってバッテリーを充電したら、、、1個が使えなくなっていました。

このバッテリーも古いですからね。確か、今は新型になっていると思いますが。僕はカメラ購入時のまま、3,4年は経っていると思います。

なんでもかんでも1Dsmk3で撮影していた時代が懐かしい、、、

バッテリーが1個になってしまったので、予備を買うかどうか・・・悩みます。この際、カメラも処分して、他のカメラでフルサイズは使っていくとか、、、

ニコンが予想以上に使いにくかったのが、僕のミスですね。
Tokyo Nights 20140207-3

| | コメント (0)

2014.02.07

OS10.9

去年、仕事のメインだった雑誌が休刊になって、やっぱりヒマなときが増えました。

年齢も考えると、この程度が良いんだろうなと思うのですが、、、やはり不安になりますよね。

そんな事を言っててもどうにもならないので、時間が有ったらやることを粛々とやるようにしています。

このところのテーマは手持ちのMacをOS10.9にアップデートすること。

手持ちのMacと言っても、会社全体と自宅も含めると、6台のマックが有ります。コレすべてを僕一人でメンテナンスしているのです。女房のアカウントで登録してあるのが3台、僕のが3台という感じです。
順次アップデートして言ってるのですが、そろそろ本丸である僕のメイン機MacProも10.9にしていく予定です。
と言うか、10.9に何度かしているんですけどね。旧型MacProの場合、HDDベイが4基あるので、そこに余っているHDDを入れて、10.9にしたものが2個あります。どちらもテスト用として作ったものです。

テスト用と言っても、万が一の時、予備のシステムになるので、それはそれで安心なわけですが。

新型MacProはこういうことが出来ないのが難点ですよね。

話は元に戻りますが、昨日アップデートしたのはスタジオにある撮影用MacBookPro。主に使っているC1が7.2にアップデートしたことを受けて、そろそろ良いだろうと思って、システムを上げました。

僕のやり方は仕事に支障のない順番でアップデートしていきます。最初は自宅で使っているMacBookAir、次にスタジオ用MacBookPro、最後はMacPro、と言う具合。

現時点で残すはMacProだけになりました。

システムはほどほどの新しさが良いと思っています。あまりに古いと、アプリケーションが対応してなくなりますから。今回のC1、7.2ですが、10.6が切られました。10.7以上のサポートです。現状、10.9ですから、3バージョン前のシステムまで、サポートすることはないと、個人的には思っています。そうしないと、それが足かせになって、新しいことが出来なくなりますから。

7.2になって、いよいよ新しい時代に入ったと思いました。

さて、MacProですが、テスト用で作ったシステム10.9で何日か使っていたのですが、不具合が、、、まず、メールが、iCloudのアカウントだけ、受信の度にパスワードを求められるようになってしまったこと。これは他のマックではなっていないので、僕のMacProだけの問題です。
それと、写真のアプリ、PhotoMechanicが、アカウントを使い切ってしまい、新たにアカウントを購入しなければならない点。
これも、今使っている10.8のシステムをアップデートした場合は大丈夫だと思います。別HDDにシステムを入れて、PhotoMechanicを起動させると、別のマックとみられるようで、新たに購入を迫られます。
なぜ、そう思ったかというと、MacBookProは古い10.8を単純にアップデートして使っているからです。その状態でなんの問題も出ていません。

ということで、時期を見て、MacProの方は今使っている10.8を上書きアップデートする予定です。

最近悩んでいるのは、次のメイン機をどうするか?と言うこと。

仕事も少なくなってくるだろうし、新型MacProのパワーはスチルのレベルではいらないという考えは変わりません。

鹿野さんがShuffleサイトで同じようにMacProではなくMacBookProで仕事をしていく、というようなことを書いていましたが、僕も同じ意見です。

ノートなら会社内でも移動は楽だし、ロケにも使えます。昔と違ってマシンパワーも十分だし、僕がやるPhotoshop程度はなんの心配もないでしょう。

新型MacProを買うくらいなら、MacBookProを毎年、もしくは2年ごとに買い替えていく方が現実的に僕の仕事には良いのかな?と思います。
予備機をどうするか?と言う問題もありますが。

Adobeのクリエイティブクラウドも2台までの決まりなので、ノートをメイン機にして、予備はMacBookAirにしようかと、8割くらい考えが固まりつつあります。

ま、なんにせよ、仕事がないとね!
Tokyo Nights 20140207-1
今日からオリンピック。東京タワーはそれを祝って5色にしています。

| | コメント (2)

2014.02.06

中判ミラーレスはすぐそこ

ソニー製の中判デジタル用CMOSセンサーのおかげで、中判デジタルが少しはアツくなってきた感じがあります。
やはりペンタックス645Dの新型はこのソニー製CMOSを入れてくるようですし。

更に面白くなりそうなのはこちら。
ALPA12FPS

こちらで紹介されています。ALPA IQ250 のファーストレビュー

いままでALPAと言うカメラはあったのは知ってましたが、ごくごく特殊なカメラという認識でした。

これがIQ250が出れば、フレーミングなどのためにファインダーなどは一切いらなくなるし、ピント合わせも楽々出来るようになります。

そう、これはもうミラーレス一眼なんです。

中判デジタルのミラーレスが出たら面白いよね〜って言う人は以前から居ましたが、もうそういう時代がそこまで来ています。

しかもこのALPA12FPS、面白いのはキヤノン、ニコンマウントが付けられる。もちろん、マミヤ、ハッセルのレンズも付きます。
ミラーレス一眼でマウント遊び、なんていうのが流行っていますが、これは仕事でも使える本気のマウント。

まあ、値段が高いですけどね。。デジタルバックを買うだけでほとんどの人はかつかつでしょうから、なかなかこれを買える人は居ないと思いますが。。。久しぶりに欲しいと思ったカメラです。
park 6

| | コメント (0)

2014.02.05

オーストラリアロケの写真

ヤフーニュースを見ていたら、、、
140205_0001_2
僕が撮った写真でした。

オーストラリア紹介のサイト、あちこちで最近見かけます。

見かけましたら是非クリックして下さい!

| | コメント (0)

Capture One Pro 7.2リリース

予想通り、Capture One Pro 7.2がリリース。

Capture One Pro 7.2

新しいデジタルバックのIQ250が今月発売だそうで、それの対応バージョンと言うことでしょうね。各種バグフィックスと、、、

先ほど銀一に行ってきましたが、消費税が上がる前と言うことで、高額商品の動きが良いようです。この手のバックタイプは300万前後しますからね。値上げ分の3%は結構大きい。

それと、いい話が、、、

バックタイプみたいな高額商品はリースで入れるという人も多いのですが、このリース契約、3月末までに契約して現物が納品されれば、リース期間中は消費税5%でいいそうです。
たとえば5年リースだとしたら、今後5年間、消費税は5%です。来年後半、消費税が10%になったとしても、リース期間中は5%です。

審査とか、契約の時間を入れるとすぐにでも契約しないと3月末には間に合わないでしょう。迷っている人はお早めに。
Tokyo station 1

| | コメント (0)

2014.02.04

「中判デジタルで夜景撮影」

中判デジタルのススメ 第11回:「中判デジタルで夜景撮影」が公開されました。お読み頂ければうれしいです。

Roppongi 1

| | コメント (0)

V850はいろいろ使える。

1402043002
この写真は今日のロケ風景。

こんな具合にサブのストロボとしてロケで使えます。


Img_3505
この写真はスタジオに戻ってきてからの物撮りで。

乳半のアクリルにバックライトを仕込んで透過光のセットでの撮影です。

この時、4台のV850をアクリルの下に入れて、透過光のストロボとして使いました。4個あるので光源を自在に配置出来るから、配光特性が良くなくても台数でカバー出来るという使い方です。

なお、老婆心ながら、これらの使い方ではスレーブ発光で同調させています。V850の場合、スレーブ発光も割に何とかなります。
気をつける点は自動スリープがデフォルトでオンになっているので、それを切っておくことでしょうか。肝心なときに飛ばないことがありますから。

単3を使わないスタンドアローンのクリップオンストロボ。結構使い道はあります。

Sunset 20140202

| | コメント (0)

V850追加

Img_0167V850のセットを追加購入しました。

今回もeBayから。多少円高になったので、この機会を逃さないうちに買っておこうと思って。今回はちょっと違うセットにしてみました。これで319ドル。

V850は取材系ロケに重宝しているのですが、やはり2個だけでは不安。というのもリチウムイオン電池で、僕の場合、予備電池も持っていないし、、、国産ストロボと違って、今ひとつ信頼性がないのと、故障時のリスクを考えて。僕のように海外からこれを買う人も居ると思いますが、故障したら終わりと思った方が良いです。国内で修理は出来ないでしょう。国内で扱っている業者さんも居ますが、自分のところで売ってない物を修理はしないでしょうから。故障が心配な人は国内業者さんから買うことをオススメいたします。
僕の場合、故障したら捨てる覚悟です。

4台になったので、いろいろ使えそうです。

Past time 2

| | コメント (4)

2014.02.03

V850の色 他のストロボとの比較

V850ネタの続きですが、、、僕が使っている他のストロボとの色の比較をしてみました。

_MG_7765
まずV850に改善策としてユポを張ったもの。


_MG_7769
V850そのまま。いわゆる直です。


_MG_7768
こちらはニッシンのストロボ。直です。

_MG_7773
僕のメインストロボ。ProPhotoAirです。これも直。


_MG_7778
これは軽いロケ、取材用に使っているプロペットのモノブロック。直です。

すべての画像は、EOS70D、シグマ18-35ミリで同じ場所から同じ設定で撮っています。露出も同じになるようにストロボのパワーを調整しました。撮影設定はJPEGラージスタンダード,太陽光です。
なお、オリジナル画像はFlickrからダウンロード出来ます。

色の差は、実はなんとでもなります。が、すべての光源を同じストロボに統一した前提での話。光源がバラバラでは、あとで微調整をしようと思っても、難しい判断になります。
同じことはカメラの感度を上げて撮ったときにも言えます。地明かりの影響を受けてしまうためですね。以前、ニコンのユーザーは最低感度が200の時代、それが良いという意見がありましたが、ストロボを使わない人ならそれでも良いこともあるでしょうけど、ストロボを使う人は、最低感度は低ければ低いほど良いと思っています。

キヤノンもロアーレベルのカメラは感度が100までなので、結構つらい局面があります。出来ればキスクラスでも感度50まで下がると良いのですが。

あと、気になるのが、やはり、V850の直でのライティングの場合、イヤなムラを感じます。やはり、配光特性が、僕には良くないと感じました。まあ、すでにデフューザーを張って使っているから個人的には問題ないのですが。

また、総じて、クリップオンストロボは光の周りが良くありません。いわゆる「光がまわらない」と表現されるものですが。発光するチューブがレンズの奥に有るので、どうしても集光してしまうんですよね。その点、大型ストロボはチューブむき出しですから、光がまわります。
Img_3504_2

クリップオンをライティングのメインにするにはこの問題を解決することですね。数を多く使うというのはかなり有効かな。


撮影セットを追加します。

futari

| | コメント (0)

CaptureOne徹底使いこなし術44「青空の表現」

CaptureOne徹底使いこなし術44「青空の表現」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。
sunset 20140202-2

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »