« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.22

行くぜ、東北。×All About 春夏秋冬 東北旅

行くぜ、東北。×All About 春夏秋冬 東北旅 が公開されました。

ご覧頂ければうれしいです。
この写真はそのロケの最中に撮影したもの。

まだ福島は11月とはいえ紅葉がきれいでした。

結局、今年は忙しくて、紅葉を見られたのはこの時くらいだったかも。。

撮影はキヤノン7Dにシグマ35ミリ/1.4

APS-Cのカメラにシグマの35ミリはホントに抜群の相性だと思う。シグマの35ミリを買わなかったらキヤノンの70Dも買わなかっただろうな。
APS-Cのカメラを持っている人にはシグマ35ミリはオススメです。

| | コメント (0)

2013.12.20

KIRK EOS 70Dボディ専用L-ブラケット

KIRK EOS 70Dボディ専用L-ブラケットが届きました。

KIRK EOS 70Dボディ専用L-ブラケット

_mg_2406

最初は小型なカメラだし、アルカスイスプレートを付けずに使うか?と思っていましたが、三脚に付けるとき、いちいちクィックプレートを付けてから雲台に付けるのでは面倒くさい!ということで贅沢にもL型プレートを買いました。10万円程度のカメラに13000円のクィックプレートですからね。ちょっと考えてしまいましたが。。。

_mg_2407買う前に気になったのは、液晶の角度に干渉するのではないか?と言う点。

販売店の説明にもあるように、角度によってはぶつかることがあると言うことで、L型ではなく、普通のボディ下に付くだけのプレートにしようか?迷いました。でも、縦位置の固定にはLしかないし。

_mg_2409写真でもお分かりのように、完全には可動しません。

横に開いてからの上下方向にねじるという動きはほとんど出来ない状態です。

つまり、ローアングルから液晶だけを上向きにするとか、ハイアングル時に液晶を下向きにするとか、そんな使い方は出来ません。

_mg_2410まあ、それでも良いと割り切れば、いいのですが。

また、ボディ横の端子を使うとき、ふたが開かなくなります。

これはボディにピッタリと付けた場合は開かなくなると言うことで、少し横にずらせばふたも開けられます。

_mg_2411僕の場合、PC接続のテザー撮影もやりたいので、少しずらして付けることになりますが、、、ただ、それだと、70Dという小型軽量ボディをスポイルしてしまうので、スタジオ使用時にネジを緩めて、横にスライド、ネジを締め込むと言うことをやるかな、と思っています。

風景を撮るとかの人には関係ないのですけどね。

それと、70Dの根本的な問題として、リモートレリーズの端子が上位機種とは違うという点。これも仕様とはいえ、何とかして欲しかったですね。レリーズを2種類持たなければならないって??同じキヤノンなんだから考えて欲しかった。Kissレベルではないんですから。

KIRKのLブラケットは非常に満足しています。値段も高いとは思いますが、他社のものを海外通販で買ったとしても、このくらいの金額にはなります。ひょっとするともっと高いかも。それを考えると、国内で買えて安心もあるし、KIRKの品質も良いし、良いことづくめだと思います。


| | コメント (0)

EF50mm F1.2L USM 修理上がり

EF50mm F1.2L USMが修理完了したというご連絡をキヤノンからあり、クリスマス前のこの金曜日、銀座まで行ってきました。当然のごとく混んでいて、、、クルマで行ったことを後悔・・・

ま、それは置いておいて。

修理内容はレンズの解像力調整とピント調整をしたと言うこと。金額は4725円。部品交換などはありません。プロサービス価格なのでご注意下さい。

さっそくですが、撮ってみたのですけど。
開放の1.2で撮ってます。

ものすごいボケですね。収差というか、独特です。

これはこれで面白い表現になるのですが、、、僕的にはどうかな。。。1.4のレンズも買ったことだし、1.2Lは処分の方向かもしれません。モデル撮影など、限定使用向きなのかもしれません。現に、85ミリ1.2Lも持っていますが、モデルの時しか使いませんから。単純にモデル撮影なら良いのですが、商品がらみのモデル撮影ではこのクラスのレンズは使いませんし。なぜなら商品にピントが合わないから。合っても商品向きの解像感ではないし。絞れば良いんですけどね。そんなことで僕向きではないんでしょうね。

キヤノンのL玉は憧れもあって、買うことは多いのですが、期待が大きすぎてがっかりすることも多いです。決して万能のレンズではないのですが、万能を期待してしまうんでしょうね。この50ミリ1.2Lは使い方が難しいレンズなのでしょう。僕にはそれが出来なかった、、、

| | コメント (0)

CaptureOne7.1.6でキヤノン70D

131220_0001予告通り、アップデートが出ました。
詳細はこちら。

Capture One 7.1.6 リリース

予想通り70Dもサポートされました。やっと、、良かった!確認せずに購入したのはミスでしたが、タイミングは良かった。運が良い。

これであとはバグがなければ万歳ですかね。そうなってくれることを祈るのみです。取りあえずは使ってます。

| | コメント (0)

「未知が、満ちてる。」豪州ノーザンテリトリー特集

今年の秋に行ったオーストラリアロケの写真が公開されました。

「未知が、満ちてる。」豪州ノーザンテリトリー特集

ご覧頂ければうれしいです。

自分で見ても良い写真が多くて、、、懐かしくて、泣きそうになりました。ホントに楽しい、ちょっとだけ大変なロケでした。毎日にように日の出前から撮影だったし。移動も多く、なかなか行けないようなところばかり行きました。

ホントにホントにありがとうございました。僕にとっても良い経験と、楽しい思い出になりました。>関係各位
写真は関係ないけど。

| | コメント (0)

2013.12.19

CaptureOne 7.1.6 ようやくアップデートか

DNPからCaptureOneが明日早朝にアップデートされるというお知らせが。

バグ問題もようやく決着ということみたいです。

手こずりましたね〜今回は。これで落ち着いてくれると良いのですが。

もう一つの雄、Lightroomはバージョン5になって、それほど大きい変化はなかったせいか、落ち着いています。対極ですね。

昨日、外のスタジオで撮影だったのですが、そこで初めて70Dを持っていって使いました。

で、C1で繋いで撮影と言う段になって、、、、つながらない。もう、こういうときに!!

と思ったのですが、冷静になってみると、現状の7.1.5は70Dに対応していないことに気がつきました。

いや〜〜ビックリ。70D発売後、相当経っていますが、いまだに対応していなかったとは。しかも、テザーだけでなく、70DのRAWも未対応で、C1で見ることさえも出来ません。

僕がうかつでしたが、これほど対応が遅いというのも、想定外でした。

まあ、そういうことがあっても仕事は進んでいくのですが。。

| | コメント (0)

呼応し合う、二つの精密機械 Nikon Df × Porsche 911

久しぶりにニコンを使ったというお仕事はこちらでした。

呼応し合う、二つの精密機械

小川義文さんと言えば、自動車関係のカメラマンだったら知らない人は居ないでしょう。知らない人はモグリですね。笑
日本を代表する、自動車を撮らせたら第一人者という小川先生を撮影して欲しいという、オファーを受けたのは1ヶ月以上前でした。
打診されたとき、「え?そういう写真って、だいたい元アシスタントの人が撮るもんじゃないの?」と聞き返したことを思い出します。
担当者は僕に撮って欲しいと言うことで、たってのご希望でした。

カメラマンなら誰もが嫌な仕事が、同業者を撮る仕事です。

撮る方も、撮られる方も、嫌なものです。

僕もオファーが来たときには、正直に言うと躊躇しました。でも、すでにこの歳になると、大御所の現場を見ることは千載一遇のチャンスなんです。どういう風に撮っているのか?見てみたい。。。それが仕事を受ける動機になりました。

問題なのはニコンの機材。前にも書いたように、物撮りをするためのラインナップなので、こういう撮影に向いていません。結果、70-200/2.8を借りて、なんとか仕事は済ませましたが。

ロケの朝、初めて小川先生と対面、ご挨拶をいたしました。

開口一番、「撮る方も嫌だと思います。何でも言って下さいね。」と優しいお言葉。

そうなんですよね。そういうことが分かっている人なんですよね。その言葉がいちばん心に響きました。
カメラマンの気持ちをまったく分からない人も、中には居ます。と言うか、むしろ意地悪をするような人も居なくはないでしょう。カメラマンにはそれぞれのやり方があるし、それは撮られる方の写真家から見れば、「こいつ、バカじゃね〜の?」って思われることもあるでしょう。

でも、こちらも仕事なんです。自分のやり方で撮影をするプロなんです。

それを嫌だとか、文句付けるのなら、自分の気に入った人に撮らせて欲しいと、僕は以前から思っています。アーティスト気取りで、撮影に来たカメラマンにだめ出しするなんて、その人の器の小ささを露呈しているだけです。
すみません、、、これは過去にそういう人が居たので。。。つい愚痴が、、、笑

結果的には小川先生を撮った写真は気に入って頂けたようでした。僕の仕事もコンプリート。

| | コメント (0)

2013.12.17

品川の巨大クリスマスツリー

品川のソニーの横の工事中ビルに巨大なクリスマスツリーが光ってます。
_MG_2480.jpg
なかなか粋なことをやります。

Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0)

Canon EOS 70D

_MG_0018.jpg頼んでいたカメラが本日届きました。

Canon EOS 70Dです。

いまさらAPS-Cのカメラを増やすつもりはなかったのですが、扱いの小さい撮影も多くて。全部フルサイズでやっていると、その効率もやはり良いとは言えません。かと言って、ミラーレス一眼で仕事は出来ないし。プロカメラマンでミラーレス一眼を使って仕事している人っているのかな〜。ちょっと特殊かもしれませんね。カメラマンと言うよりもフォトグラファー、写真家というジャンルでしょうね。

APS-Cのカメラに躊躇していた理由は、フルサイズと比較して、同じような色が出ない点がありました。いまでもそう感じています。ただ、比較対象として並べて比べたときの感覚で、実際に問題になるかどうか?人それぞれでしょうね。APS-Cのカメラで問題ないという人も多いし、現実的に多くのプロカメラマンは使っていますから。

APS-Cのカメラはキヤノンはダメだと言うことで、ニコンのD7000も使ってきました。結局、ニコンD7000はスタジオでの物撮りに難点があり、取材専門となっていました。それで1年ほど使ってきたのですが、両方揃えているのもやはり難しいと言うことで、再びキヤノンに集約してきたここ1年でした。

7Dはそういう意味で長く使えている良いカメラと言えます。

さすがに7Dが1台だけというのもどうかな?と思っていたのですが、7Dの後継が出ると思って待っていてもいっこうに出ません。そんなことで70Dを買ってみたというところです。

出てすぐは買いたくないですからね。高いし。そろそろ買っても良いカナという時期でしょう。

70Dは進化してますね。ビックリしました。新製品発表会があったと思いますが、そんなの行く時間も無いし、、、、ほとんどさわったこともなかったのですが、先日、銀座のキヤノンに修理に行ったときに触って、まあ良いかなと思って、買ってみました。

使った感じはまず、シャッター音が良くない。撮る気が失せる音で、、、僕は過去に何度か書いていますが、5D系の音が嫌いです。だから今まで一度も5D系を買って来ませんでした。今でも、取材現場で5Dmk3をお使いのカメラマンの人のシャッター音を聞く度に、うわ〜って思います。6Dは結構良いんですけどね。70Dは5D系の音で、それがたまりません。もう少し何とかなんないのでしょうか。

あと、撮影後の液晶画像、再生時に6Dはボタン一発で100%拡大画像が見られるんですが、これが非常に便利!てっきり6D以降のカメラはみんなそうなっているのかと思ったら、70Dはそうなっていない。。。。その代わり、液晶画面を指2本でスマホと同じ要領で拡大が出来ます。一般的にはこちらの方が便利なのでしょう。

ま、あまり文句を言うものね。プロ用カメラではないですからね。それを承知で使うのが筋でしょう。

上の写真はシグマの18-35で撮ったのです。LR5で現像。レンズ補正を入れていませんから、結構色収差が出ています。が、レンズ補正をオンにすればほとんど消えます。

| | コメント (5)

2013.12.16

EF50mm F1.4 USM

_mg_2374EF50mm F1.4 USMを買いました。

今ちょうど、50ミリ/1.2Lを修理に出しているところで、、、50ミリがないのは寂しいかなと思って。
と言いつつ、50ミリは何本も持っていたりするのですが。基本、マクロレンズか、マニュアルピントのレンズだから、最近の僕には厳しいレンズと言えます。自分の目視でピントが合っていると判断出来ませんから。すっかりAFだよりです。

この写真を撮っているのはシグマの35mm/1.4です。相変わらず開放から使えることに驚きます。

そう言えば先日買ったシグマの18-35mm F1.8ですが、ここのところの取材系ロケで大活躍でした。さすがに明るいレンズは良い。絞ってもF2.2とか、、、開放2.8のレンズよりも明るいわけで、それでいて開放からシャープで、ピントが合えばバッチリ使える。
ピントを外すこともありますが、僕の場合、一律どこかに外すと言うことではないので、自分のAFの使い方が雑だったと言うことだと思います。

買う前はUSBDockも一緒に買って、ピント調整をしないと使えないレンズなのか?と危惧していましたが、まったくそんな事はありませんでした。

今回のキヤノン純正50ミリ1.4は以前から避けてきたレンズでした。

なぜって?

持っている人が多いから。笑

みんなが持っているレンズは出来れば使いたくない。だからあえて1.2のレンズを買っていたわけです。でも、1.2の開放での撮影はほとんどピントを合わすことが出来ず、自分の能力のなさを痛感して、すっかりお蔵入りでした。

今回は僕にとって、高校生の時、そして、写真学校の一年生の時に買った50ミリ以来、久しぶりのレンズとも言えます。

先日のニコンを使ったロケで50ミリだけでも何とかなるな、と、そんな事がなければたぶん買わなかったでしょう。

なんか最近、レンズばっかり買っているような気がしますが、、、頑張って仕事します。


mt.fuji 20131205-5

| | コメント (0)

フォトグラファーのためのタブレットPC活用術

本日発売のコマーシャル・フォト 2014年1月号の特集「フォトグラファーのためのタブレットPC活用術」に出ています。

コマーシャル・フォト 2014年1月号

川本さんからお話しを頂いた時に、何ページになるのか?まだ確定していなかったのですが、意外と多いページ数で掲載して頂き、ビックリしました。

お話ししているときから、これは10ページくらいの特集でないと、載せきらないとは思っていましたが。笑

誌面では限界があるので、使い方紹介だけになっています。

決して僕が進んでいるわけでもないと思います。iPadを使っているフォトグラファーの多くはこのくらいはやっているでしょう。

また、初期型のiPadを未だにお使いの人を見かけますが、早いところ処分して、新しいのに買い替えた方が良いです。遅くて使い物になりません。この手のデバイスは買い替えて使っていくしかないと割り切るべきでしょう。たぶん、デジタルカメラ、パソコンもそういう感じ。それに対しての愚痴を言っても逆らうことは出来ないのです。作家として生きるのなら話は違いますが。
_7D_5380.jpg

| | コメント (0)

2013.12.13

紅葉も終わり、、

昨日、沖縄から帰ってきました。

天気が悪かった、、もう参りました。おかげで最終日の撮影は1つなくなってしまい、早めに帰ることが出来ましたが。
沖縄ロケって、雨が降らないくらいではダメなんですよね。だって、沖縄に求めている写真って、青い海、青い空!でしょ。だから雨が止んで撮影、と言っても、クライアントの満足のいく写真にはならない。でも、仕方ないから撮影はしますが、後処理で空を青くするとか、結構大変なことになります。

沖縄は皆さん行きたがるけど、カメラマンにとっては、リスク要因が多くて、、、僕はあまり好きなところではないです。遊びなら良いんですけどね。

で、東京に戻ったら思いっきり良い天気!って、、、ナンだよって感じです。

東京の紅葉も終わりですね。

_7D_5370.jpgシグマ18-35mm F1.8 DC HSM

沖縄でもかなり活躍のレンズでした。
今日も取材ものが2本ありましたが、半分くらいはこのレンズで撮っていたかな。良いレンズです。

同時にキヤノン50mm/1.2Lを使ったのですが、、、ピントを全部外していた、、、、参りました。

明日、朝イチでキヤノン銀座に修理に出す予定。

くだらないことに時間を取られます。

| | コメント (0)

2013.12.11

Holux M-241が2個目

Img_3442Holux M-241を買いました。

これは2個目。

何度かこの話題はしていますが、写真にGPSデータを付けるのに使っていたのですが、今年の春くらいからかなり調子が悪くなっていました。

別なロガーを探していたのですが、なかなか良いのがなくて。。。iPhoneでGPSロガーアプリがいくつも有るのですが、それも有料のものをいくつか買って、テストしています。

が、、、結局どれも今ひとつ。

旅ものの撮影で、納品データにこのGPSデータを付けて欲しいという要望もあるので、ここは何とかしないと、、、

で、沖縄に行く前にいろいろ試していたのですが、結果的に、同じものを買うということにしました。

でも、沖縄ロケには間に合わず、、、、戻ってきた今日、不在票があったので、連絡して今手にしたところです。

輸入物なので、アフターサービスや、保証。故障時の対応がないのかも。というか、問い合わせもしていないのですが。5000円台で買えるので、修理とかよりも買い換えでしょうね。

自分で薦めていてなんですが、なかなか一筋縄ではいきません。Mac環境のせいか?

これが使えると便利なんですけどね。

| | コメント (0)

2013.12.08

CaptureOne徹底使いこなし術43「Fujifilm X-TransのRAW現像対応」

CaptureOne徹底使いこなし術43「Fujifilm X-Trans CMOSのRAW現像対応」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

今回はフジのRAFファイルのお話し。ちょっと前にこのブログでも書いた内容を発展させたものです。
フジのXシリーズをお使いの方には是非お読み頂きたいと思っています。
残照 2013-4

| | コメント (0)

シグマ18-35mm F1.8 DC HSM その2

シグマ18-35mm F1.8 DC HSMを持って通勤の間を撮ったり、近場の増上寺に行ったりしてます。そうなんです、土日も仕事で、どうにもなりません。とにかく休みがなさ過ぎる。平日は通常の撮影仕事が多いので、当然仕事ですし、土日は原稿を書く仕事をやってつぶれるケースが多いです。でも、Lightroomの解説も今月で終わったので、今月からは多少楽になるかもしれません。もっと簡単に書いちゃえば良いんですけどね。出来なくて。

シグマ18-35mm F1.8 DC HSMですが、良いレンズだと思います。

ただ、なぜかピントを外すことがたまにあります。どう考えても外すシーンではないのに、結果的に合っていない。理由はまだ分かりません。僕が適当に撮っている場合も多いかも。

Flickrに何枚も上げていますので、興味のある人は見てみて下さい。
_7D_5342.jpg
開放でこういうシーンを撮るんだったら、このレンズは良い選択です。

ただ、APS-Cのカメラにここまでのレンズが必要なのか?

その点だけが引っかかります。

僕もそうですが、多くのプロカメラマンのスタンダードはすでにフルサイズに移行しています。5Dmk3が80%くらいじゃないかと思うくらい。残りがニコン600,700、800かな。プロ以外のアマチュアカメラマンでも、多くの人がフルサイズを使っているでしょう。それはハイアマというレベルの人ほどそうだと思います。

そこに来て、このAPS-Cの専用レンズ、しかも、極限まで高画質を狙ったレンズという立ち位置は、ニーズがあるのだろうか?と、余計な心配をしてしまいます。

これを7Dに付けて撮影するくらいなら、6DにEF24-70/2.8L-2を付けて撮影しても、ほとんど同じ大きさ重さじゃないでしょうか?
サブ的な立ち位置のAPS-Cのカメラにここまで掛ける人がどれだけ居るんだろうか?と。

と言いつつ、自分は買っているんですけどね。

僕がこれを使おうと思うのは、最近増えてきた取材系のお仕事のためです。

以前はそれほど多くはなかったのですが、ここ数ヶ月、特に夏以降、旅ものが毎月のように入ってきてます。僕がやっている旅ものの撮影は、ウェブ媒体が多いこと、それもあってAPS-Cのカメラで十分なんです。それでも6Dを使っているのは、ボケがきれいだったり、解像感、それと、色の調整範囲が広いとか、そんな理由からです。6Dは良いんですが、クローズアップや、望遠だとAPS-Cのカメラも捨てがたい。だから今は7Dと6Dの2台で撮影しています。
今のところ、この組み合わせが一番かな。

シグマの35ミリ/1.4を買ってから、そればかり使っていて、、、フルサイズだとちょっと広角、7Dに付ければ標準レンズになるという点が、非常に気に入ってます。しかも開放からバッチリ使えるのは、暗い現場でも便利です。

実はシグマの35ミリ/1.4をもう一本買おうか?とも思ったことがあり、、でも、2本買うのもどうなの?
1本は7D専用、もう1本は6D専用にしようかなと。

それならシグマ18-35mm F1.8も評判が良いから、7Dはそれにするという案もありかな〜ということで買った次第です。

ここ2日間使ってみて、惜しいなと思う点は、、、

まず、望遠側が不足。せめて50ミリだったら、、、

この一点だけですね。重いのはまあ仕方ない。18ミリから35ミリってメーカーは「35mm判換算27mmから52.5mm相当の単焦点大口径レンズ数本分の画角をカバーする」って言ってますが、かなり狭いレンジですよね。
広角側も足りない、望遠側も足りないのが、このレンズの特徴です。
このレンジでもいいというシーンはそうそうないかもしれません。

この1本ではしょうがないので、更に広角と、更に望遠の2本を持っていくことを考えると、このレンズをどう使ったら良いのか?まだ自分の中でのポジションが決められません。

明日からは沖縄ロケなので、もちろん持っていきますが。。。

そのロケでポジションが決まれば良いなと思っています。
_7D_5353.jpg

| | コメント (0)

2013.12.07

シグマ18-35mm F1.8 DC HSM

ついに購入しました。悩んだ末・・・
_7D_5314.jpg
今日も仕事してます。w

| | コメント (0)

2013.12.06

久しぶりのニコン

昨日は朝4時集合で富士山、山梨方面にロケでした。終わって戻ったのは11時半くらいだったか、、20時間という長時間のロケは久しぶり。ロケバスだったので運転もないし、寝ていられたから全然ラクチンでしたが。

ある事情から久しぶりにニコンを使うことになりました。ほとんどスタジオ専用とかしていたD800を持ち出したのは1年ぶりかも。

仕事で使うにはあまりに偏ったレンズ構成で、、、手持ちのレンズは3本のシフトレンズ、それと、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G、シグマの150マイクロのみ。見事に物撮り専用の構成です。

これでは仕方ないので、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIをレンタルして持っていきました。

このレンズ、スゴイですね。ビックリしました。同じクラスのキヤノン70-200ミリ/2.8Lの新しいのもかなり良いレンズだと思いますが、それ以上かもしれません。久しぶりに欲しくなったレンズでした。でも、キヤノンでも70-200/2.8はほとんど使わないので、ニコンだとなおさら使うシーンもないから、、、

それにしても、レンタル機材は面倒くさい。借りに行く、使う、返しに行く。どうしてもこれを3日間の間にやらないとなりません。特に返しに行くのが面倒。よほどヒマじゃないとやってられないでしょう。

特殊な機材なら借りても仕方ないと思いますが、このクラスの使うレンズは買っていかないとカメラマンとしては先がないんじゃないかなと思います。借りた機材で仕事してては、利幅も少ないですから。ギャラ以外にレンタル代が出るのならそれでも良いかもしれないけど、、、それでも買った方が良いと思います。
機材は買って、それで良い仕事をしていく。それが正統派でしょう。良い仕事をすれば結局は自分のためになるのですから。
写真機材、特に、小型カメラ、レンズ類は中古でいくらでも処分出来ます。その点が他の業種よりもカメラマンは恵まれている点です。
Reflection
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

安いのに良いレンズです。キヤノンもこういうのが欲しい。

| | コメント (0)

2013.12.03

忘れ物はなんですか?

今日も朝から撮影でした。
医療機器の会社で医療器具の撮影。ベットとかもあるので、先方の会社の会議室で撮影です。いつものようにプロフォトD1を4トウ持ち込み、いざ撮影!となった時に、ハタと気がつきました。

あ、、、シンクロ忘れた。。。

そうなんです、プロフォトAirの無線シンクロを、しっかりと忘れていたのです。

かなり焦りました。頭の中でどうしようか?瞬時に回転。

モデル撮影でなかったから、まだラッキーでした。4分の1秒くらいにシャッターをセット。シャッターボタンを押したらすかさずストロボのテストボタンを押す。。。非常にアナログなシンクロをやりました。
会議室とはいえ、蛍光灯を消せば結構暗くなったのもラッキーでした。

僕の場合、昔から忘れ物が多いので、クルマの中にシンクロコードなど、忘れそうなものは一式入っています。何度もそれで助かった思い出があります。USBケーブルやファイヤーワイヤーケーブルも、、、それで助かった思いがあります。

車の中のシンクロコードもすぐに思いついたのですが、、、実は、予備として入れていたのは、一般的なフォンジャックのシンクロコード。プロフォトD1はミニジャックのシンクロなんです。

これじゃどうにもならないと、瞬時に判断。上に書いたようなやり方で、今日はごまかしました。

プロフォトに買い換えてすでに2年ですから、シンクロも変えておくべきでした。今回はなんとかなったものの、次回の課題にしておかないと。

| | コメント (0)

Lightroom 実践力アップ講座「第33回快速ワークフローを実現する自動補正」

Lightroom 実践力アップ講座「第33回快速ワークフローを実現する自動補正」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。
_MG_9604.jpg

| | コメント (0)

2013.12.02

悪いことは出来ないな

先週、あるイベントの撮影でした。

僕はウェブサイトのお仕事で、そのメーカーのタイアップでの撮影。

行った先で、知っている顔が、、イベントのオフィシャルカメラマンが知り合いでした。
その後、イベントが始まり、数人のカメラマンが入っていたのですが、そのうちのお一人から、「湯浅さんですよね?」と声を掛けられました。「ブログをいつも読んでます。シグマの35ミリを付けていたので、そうじゃないかと思いました。」と。

シグマの35ミリで僕と判別して頂くとは、、、笑

確かにこのところ、ロケでは必ずシグマ35ミリは持って行ってます。この日も、持っていく機材をどうしようかと悩んでいて、、、結局、24-70/2.8をやめて、シグマ35/1.4にしました。たぶん、その日、行ってたカメラマンで24-70を使っていなかったのは僕だけじゃないかなと思います。

もう、なんだかんだと言って、52歳ですからね。30年くらい、この業界に居るから、顔見知りも多いと思いますが、、、

僕の場合、日頃は自分のスタジオでの撮影が多いので、こういう現場で他のカメラマンと一緒になると、すごく勉強になります。

いつも思うんです。

自分が時代からずれているんじゃないだろうか?って。

それは撮り方もそうだし。

カメラマンが仕事がなくなるのは、年齢もそうなんですが、時代からずれていくんですよね。何もかもが。

以前、将棋の米長邦雄さんを撮影したときに、確か、そんなお話をしていたと思います。うろ覚えですが。

将棋も時代によって差し方が変わります。

頂点を極めた米長邦雄さんでも、その時代に取り残されたそうです。ある日、若いプロ棋士に「何もかもが古い」と言われたそうです。PCが将棋の世界に入ってきて、過去のあらゆる棋譜が記録されていますから、若い世代はそれを基板に将棋を指しているそうですが。
それからは、若い世代を集めて私塾みたいなものを作って、そこで自分にはないものを吸収していったというお話しを伺ったことがあります。

カメラマンはたぶん、もっと取り残され率が高いのだろうなと思います。

他のカメラマンのやり方を見ることは、たいていの場合、ありませんから。アシスタント、スタジオマン時代を卒業すると、他のカメラマンと接する機会はほとんどありません。自分のやり方を試行錯誤して自分のスタイルを築いていくのがプロです。
それが花開いて、時代とマッチする、、、
30代がそのピークだと思います。
ジャンルによってそのピークが長い短いはありますが。

自分が古くなっているかどうか?誰も言ってくれませんから、40を超えたら、常にそれに気をつけていかないと。僕はそう思っています。

でも、それでも、置いて行かれてるんでしょうね。

_7D_4744.jpg

| | コメント (2)

2013.12.01

決定版 PC・タブレットの選び方

撮影させていただきました!

決定版 PC・タブレットの選び方

Spirit of ecstasy in Autumn

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »