« エアーズロックを撮影する | トップページ | CANON EF16-35mm F2.8L USM »

2013.10.10

海外での撮影 カメラの時刻設定

Img_0118海外での撮影でいつも思うのは、カメラの時刻設定をどうしたら良いのか?と言うこと。

今のデジタルカメラはワールドワイド使用が前提なので、言語もそうですが、時間も世界中どこの場所で撮ったか?設定できるようになっています。

オーストラリアの時差は日本とかけ離れているわけではありませんが、今回行った場所がまた微妙で、、、

日本時間と1時間違いの場所と、30分違いの場所が有ったのです。

写真はアデレード標準時に設定したところ。日本とは30分の時差です。

この30分って、??今まで、時差は1時間刻みかと思っていましたが、こんな微妙な時間も有るんですね。初めて知りました。

海外での撮影ではいつも、カメラの時刻設定をいじらず、日本時間のまま撮影していました。

今回試しに、2台持っていったEOS6Dのうち1台を現地時間にしてみたのですが、、、これが大失敗。

すべての写真をLightroomに読み込んで、時系列で見るのですが、当然、設定時間が違うので、2台がバラバラになってしまいました。更に、GPSロガーからのデータを合わせて、マップにリンクさせるときも、時差分、違った場所にリンクされてしまい、それの修正に時間を食いました。

焦らなければなんてことない作業なのですが、、、

結論として、海外での撮影では日本時間のままカメラを使った方が良いです。
特にLightroomをお使いの人は。Lightroom上でいくらでも撮影時間を現地時間に直すことは可能です。GPSロガーを使うときも日本時間のままリンクできます。へたに現地時間に直すと全然違った場所を指してしまいます。

カメラのメニュー設定を見るとワールドワイド使用なので、ついつい現地時間に直したくなりますが。グッとこらえて、そのまま使いましょう。もちろん、Lightroomなどを使わないで、自分でファイル管理している人は、現地時間でも良いでしょう。

|

« エアーズロックを撮影する | トップページ | CANON EF16-35mm F2.8L USM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エアーズロックを撮影する | トップページ | CANON EF16-35mm F2.8L USM »